http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1340232365/





咲「京ちゃん……? どうして……」

京太郎「……ごめん」

咲「今日のお昼はタコスだったの?」

京太郎「…え?あ…そ、そうそう、いやー参ったよ。学食のタコスにはまっちまってよ」ハハハ

咲「私と一緒にランチ食べるって約束してたのに……」

京太郎「それについては本当にゴメン。帰りに駅前のクレープ奢るから勘弁、な?」

咲「」ジー

京太郎「ど…どうした?」アセアセ

咲「もう一回してくれたら許してあげてもいいかなーって」

京太郎「も、もう一回ってキスを……か…?」

咲「んっ」


バーン

優希「またせたな京太郎!昼の続きをやるじぇ!」

優希「じぇ?京太郎、何をしているんだ?」

京太郎「ゆ、優希…これには深い訳が…」

優希「咲ちゃん…私の嫁と何してるじぇ?」

咲「///」

優希「そうか、そういう事だったのか」

京太郎「優希?」

優希「京太郎!!」

京太郎「は、はい!」ビクッ


ムチュー

咲「ぇ…」

京太郎「っ!?優希、いきなり何を…」

優希「京太郎は私の嫁だじぇ!!いくら相手が咲ちゃんであったとしても絶対に渡さないんだじぇ!!」

咲「」ウルウル

咲「きょ、京ちゃん…これって…どういう事……なの?」

京太郎「咲……」

優希「京太郎!タコス食いに学食にいくじょ!!咲ちゃんは一人でツモ切りの練習でもしてればいいじぇ!」

咲「うっ…ぅ」パチ

咲(京ちゃん、片岡さんと付き合ってるのかな……)パチ

咲(さっき、キ…キスしてくれたのに)パチ

咲(そんなのって、あんまりだよ)パチ


ガラガラ

和「宮永さん?」

咲「は…原村さん?」パチ

和「宮永さん、泣いてるんですか?」

咲(ぁ…泣いてるの見られちゃったかな。しっかり…しなきゃ……だよね……)パチ

和「何か辛いことでもあったんですか?」

和(あぁ…泣いてる宮永さん…とってもいい!!涙ペロペロしたい!!)ハァハァ

咲「ううん、大丈夫。目にゴミがはいっただけだから」

咲(原村さん…すっごい真剣な顔。私の事、本気で心配してくれてるんだ)パチ

和「そうですか…。何かあったら必ず私に相談してくださいね」

和(そしてあわよくば……あぁ、駄目よ宮永さん、私達まだそんな関係じゃ……あぁ…いい、すっごくいいわ)

咲(原村さんになら相談してもいいかな……)パチ

咲「は、原村さん。一つ…相談が……」パチ

和「!!はい、なんでしょうか」

和(キタ!相談きた!!)

咲「実は……」パチ


カクカクシカジカ

和「」

和(ちょっと待って。今の話をまとめると……宮永さんは須賀君の事が好きってこと?)

和(ううん、そんな事ありえない。だって宮永さんは私と結ばれる運命だもの)

咲「原村さん……私…どうしたらいいのかな?」パチ

和「少し、様子を見るのはどうでしょうか」

咲「様子?」パチ

和「はい、今から学食に行ってみませんか?二人が今何をしてるのか気になりますし」

咲「…うん」パチ

和「そうと決まれば早くいきましょう。ささ、ツモ切りの練習はまた今度にして。私と手を繋いで学食にいきましょう」

咲「うん…ぇ?手を繋ぐの?」

和「はい、繋がなければなりません。これは決定事項なんです」




ーー学食ーー

チラ

和「あそこにいますね。声が聞こえるとこまで近づいてみましょう。絶対に手を話したらダメですよ?絶対ですよ?」


京太郎「やっべー!レディースランチちょーうめー」モグモグ

優希「私に感謝するじょー!タコスうみゃー」ガツガツ

京太郎「おう、やっぱ優希は最高だぜ!大好きだ」

優希「素直だな京太郎、だがそんな貴様も私は大好きだじょ」

咲(京ちゃんと片岡さん、お互いに大好きだって……うぅ…私もう堪えられないよ)

咲「原村さん、胸借りてもいいですか」シクシク

和「!!はい、どうぞ好きなだけ!」

和(揉んでもらっても構いません)


ウァーンウァーン

優希「何事だじぇ?」

京太郎「なんだなんだ?」

京太郎「!!…咲」

咲「京ちゃん…京ちゃんがぁ……うぁぁぁぁん」

京太郎「…咲」

咲「京ちゃんが……京ちゃんが私のこと好きって言ったのに…」ヒックヒック

優希「どういうことだじぇ?京太郎。貴様は私の事が大好きじゃなかったのか?」

和「京太郎さんどういう事なんです?」

京太郎「…」

京太郎「…咲、俺は…お前の事が好きだ!大好きだ!!」ドン

一同「!」

京太郎「だが優希のことも大好きだ!!」ドドン

一同「!!」

京太郎「そして和のおっぱいも大好きだ」ドドドン

一同「」

京太郎「でもな、俺はな…この中から誰かを選ぶなんて残酷なことは出来ない!」

京太郎「でも、選べない事と愛せないことは必ずしもイコールではないんだ!!」

京太郎「だから俺はみんなを愛する道を選んだ!!それだって一つの答えだろ?」

京太郎「だからさ、咲……帰りに駅前のクレープ屋にいこうな」

京太郎「優希……また、一緒にタコス食べような」

咲「……京ちゃん」

優希「……京太郎」

和「……京太郎さん」

京太郎「さぁ!!皆でまた卓を囲もうじゃないか、俺たちはそれでわかり会えるのだから!!」







和「でも、あなたが宮永さんとキスをした事実は消えませんよ?」ニコ


京太郎 Dead End