http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1341663596/




咲「大会に出てるうちに気付いちゃったよ」

咲「私、麻雀が強く強いんだって!」

咲「私がいなきゃ清澄も全国行けなかったんじゃないかな!?」

咲「うん、考えれば考えるほどそんな気がしてきたよ・・・!」

咲「・・・の割には部内の私の立ち位置っておかしいよね」

咲「そうだよ・・・みんなもっと私に感謝すべきなんだよ・・・」




清澄高校

部室

優希「これを捨てるじょ!」ポイ

咲「それカン!もいっこカン!もいっこカン!リンシャンツモ!!」

和「大明槓・・・責任払いですね」

優希「じぇええええええええええええええええええ!?」

咲「えへへ。トップ狙い撃ちだよ^^」

優希「ああーーーん!!また飛んだじぇー!」

咲「^^」

和「優希・・・」

優希「さっきから咲ちゃんばっかりトップでつまんないじぇ~!」

京太郎「にしてもやっぱ咲は強えなぁ」

咲「最強ですからね」

和「え」

咲「え?」

和「い、いえ・・・」

咲「私清澄で一番強いしこのメンツだったら毎回トップになっちゃうよね」

京太郎「・・・」

咲「あ!そういうこと?そういうことだったんだ!」

和「えっ」

咲「ごめんね。空気読めなくて」

咲「私がいるとつまんないよね。でも安心して!抜けるから!」

京太郎「・・・」

咲「ささ、部長。私の代わりにどうぞ」

優希「咲ちゃん・・・」

久「ちょっと咲。その発言は調子に乗りすぎじゃない?」

咲「いやー、そうでもないと思いますよ^^」

久「そうかしら」

咲「そうですよ」

久「・・・」

咲「^^」

京太郎「おい咲!部長になんてことを言うんだ!」

咲「なんてこと?私何か変なこと言ったかな?」

京太郎「おまっ」

久「いいのよ須賀君」

京太郎「でも・・・」

久「別にいいの。ほら、早く麻雀始めましょ」

京太郎「はい・・・」

京太郎「・・・」パチ

久「・・・」パチ

和「・・・」パチ

優希「・・・」パチ

京太郎「・・・」パチ

咲「うーん、どれどれ」

京太郎「・・・」パチン

京太郎(ほいきたテンパイ!)

京太郎「よおしっ!リーc」

咲「えぇ?そこでリーチしちゃうの!?」

京太郎「えっ?」

咲「京ちゃん、そのプレイングは無いよw高度過ぎるってw」

京太郎「でもテンパイだし・・・」

咲「京ちゃんこれ。これ見えない?」

1筒2筒2筒3筒3筒4筒8索9索東東東中中

咲「ほらこれ。4筒と1筒変えるだけでイーペーコーとチャンタが付くよ」

京太郎「あ・・・うん・・・」

咲「待ちも言うほど良くないんだからリーチしなくていいんじゃない?役無しならまだしも東で上がれるんだからさ?」

京太郎「そうか?じゃあリーチやめとくわ」

咲「ここでやめるw?もうテンパイなのばれてるんだから意味ないってw」

京太郎「・・・でも咲がリーチやめろって言ったんだろ」ムカ

咲「それはリーチ宣言する前の話に決まってるでしょw」

京太郎「・・・」

京太郎「・・・リーチ」

咲「ほら。リーチ棒出さなきゃ」

京太郎「・・・それぐらいはわかるって」ポイ

久「早いわね。ここは現物にしておこうかしら」パチ

京太郎「頼む!誰か振り込んでくれ~!」

咲「出るとしたら優希ちゃんぐらいかな」

優希「・・・」イラッ

咲「まぁ無理だと思うけど」

京太郎「・・・」

和「・・・」パチ

優希「・・・」パチ

京太郎「こい一発!!」

京太郎「あー、一発ならずかー・・・って1筒!?」

咲「ほらー!私の言った通りになったじゃんー!」

京太郎「でも咲もリーチしろって言ったじゃねーか!」

咲「それはバレたからだよ!普通にやってたら私ならリーチかけないってことだよ」

京太郎「くっ・・・」

咲「あーあ、満貫捨てちゃったよこの人」

京太郎「・・・」イライラ

京太郎「今度こそツモ!こい!」ピッ

京太郎「中か・・・」

咲「ほら。これもリーチかけなかったら中で1飜ついたのに」

京太郎「・・・」

咲「リーチ、チャンタ、イーペーコー、東、中。跳満だったよ。残念」

京太郎「・・・」

久「・・・」パチ

和「・・・」パチ

優希「・・・」パチ

京太郎「・・・」

咲「京ちゃん!早くツモらなきゃ!」

京太郎「わぁってるよ!ちょっと考え事してたんだよ!」ピッ

京太郎「9索か・・・」

咲「あーあ、さっきのでリーチなら一発ツモついて倍満だよ・・・勿体ないなぁ」

京太郎「別にいいし・・・」ケッ

咲「ちょっと裏見てみよ」スッ

咲「どれどれ」チラ

咲「あーなるほど。うん、わかった。こうなるのね」

優希「テンパイだじぇ!」

京太郎「テンパイ」

久「ノーテン」

和「ノーテンです」

京太郎「あああ!7索は和が暗刻かよー!残り一枚は・・・」

久「ここよ。これで降りたのよね~」

京太郎「あー!くっそーーーーー!!!」

咲「あーあ、だからリーチしない方がいいっていったのに」

京太郎「・・・もういいだろ」

咲「はぁ・・・」

京太郎「・・・なんだよ」

咲「それだからいつまでたってもうまくならないんだよ」

咲「16000入ったのにそれが1500って・・・」

咲「上手い人はこんなミスしないよw」

京太郎「・・・」イライラ

咲「成長には向上心がいるんだよ。京ちゃんにはそれが見受けられないよ」

京太郎「・・・」イライライライラ

咲「最後は自分のミスを人の所為にするし。ありえないよ」

優希「まあまあ咲ちゃん。そんな怒らないでやってほしいじぇ」

和「そ、そうですよ!・・・楽しくいきましょうよ!」

久「そうよ。ほら須賀君!次行くわよ!」

京太郎「・・・すみません。俺ちょっと抜けますわ」

和「須賀君・・・?」

優希「京太郎・・・」

京太郎「俺の代わりに咲でも入れて打っててください」

久「な、なに馬鹿なこと言ってるのよ!ほら!須賀君が親よ!」

京太郎「俺下手ですから。自分でもわかってるんすよ。だからみんなもうまい人とやった方が楽しいでしょう」

和「須賀君・・・」

京太郎「つーわけで。俺抜けます。そんじゃ失礼します」ヒラヒラ

久「・・・」

咲「なにあれ!ひっどーい!」

和「宮永さん・・・」

咲「なんか私が京ちゃんに文句言ったみたいじゃない!」プンプン

優希(まったくその通りだじょ・・・)

和(自覚無いんですか・・・?)

久「・・・」

優希「・・・」

久「・・・」

咲「・・・」

和「・・・」

和(うぅ・・・気まずいです・・・)

和「あの・・・続き・・・どうしますか・・・?」

久「・・・そうね」

優希「京太郎もいなくなったし・・・」

和「いちおう面子は揃ってますけど・・・」

久「やり直す?それとも咲が須賀君の続きでする?」

咲「別にどっちでもいいですよ」

咲「あ、京ちゃんはさっきまで点数どうだったんですか?」

和「さっき1500入ったから・・・16800ですね」

咲「結構マイナスだね。じゃあ京ちゃんの続きでいいや」

優希「それでいいのか咲ちゃん」

咲「うん。これくらいの方がちょうどハンデにもなるかなってwなんちゃってw」テヘペロ

久「・・・」

和「宮永さん・・・」

咲「よーっし!私の親番!サ・イ・コ・ロまわれ~!」カラカラカラ

和「・・・」

咲「ちょっと」

和「え?」

咲「笑ってよ。衣ちゃんのマネだよ」

和「は、あは・・・あはは・・・」

優希「お、面白いじょ・・・はは・・・」

咲「えへへー」カタタン

久「・・・」

咲「11っと・・・」スッ

久「・・・」パチ

和「・・・」パチ

優希「・・・」パチ

咲「あ~駄目だよ~全然ついてないよ~テンパイにすらならないよ~」

久「・・・」パチ

和「・・・」パチ

咲「麻雀って楽しいよね!カン!!」

優希「私の番が飛ばされたじょ!!」

咲「こいっ!こいっ!」スッ

咲「もいっこカン!」

咲「もいっこカン!」

咲「リンシャンツモ!リンシャン、ホンイツ、南、赤1」

咲「親満です!」

和「ま、また責任払いですか・・・」

咲「あれ?ゴメン!3カンツ忘れてたよ!」

和「そ、それじゃあ・・・」

咲「うん。跳満だね」

和「・・・」

咲「サンカンツとか滅多に出ない役だからうっかりしてたよ~」

久「・・・」

和「はい・・・」

咲「えへへ~どうもどうも」

優希「これでトップはまた咲ちゃんだじぇ・・・」

和「あ、ありえません・・・」

咲「天才ですからね。優希ちゃんと違って集中力持続するしね」

優希「・・・」

久「・・・」

咲「一本場!」

ガチャ

まこ「おーやっとるのう」

優希「染谷先輩!」

まこ「ちょっと先生のとこに勉強の質問行ってたんじゃ」

咲「今私がトップなんですよ」

久「ちょうどいいところにきたわ、まこ。ごめん。私も抜けるわ」

優希「部長・・・」

和「あ、変わるなら私が」

久「いいわよ別に。それに少し用事があるの」

和「部長・・・」

久「二人ともごめんね」

まこ「それじゃあ部長の代わりに入るかのう」



通学路

京太郎「ちっ・・・なんだよ咲の奴・・・俺のこと弱い弱いって!」

京太郎「それにあの態度!なんなんだよ一体!」

京太郎「ちょっと強いからって調子に乗りやがってよ!」

京太郎「絶対清澄麻雀部のこと見下してるわ」

京太郎「思い出しただけで腹が立つ!」

京太郎「くそ!俺も強くなりたい!」

久「須賀君」

京太郎「っておわ!?部長じゃないですか!」

久「私も帰ってきちゃった」

京太郎「もしかして・・・咲っすか?」

久「まぁそんなとこね」

久「それに須賀君にちょっとお話があるの」

京太郎「話?俺にですか?」

久「えぇ。須賀君にしかできないことなの」

京太郎「俺にしか・・・できない・・・」

久「お願いしてもいいかしら?」



次の日

部室

和「はぁ・・・」

優希「のどちゃんどうしたじょ。大きなため息ついて」

和「今日も宮永さん来るんでしょうか・・・?」

優希「きっと来るじょ。最近の咲ちゃん、すごく麻雀楽しそうだじぇ」

和「・・・」

和「はぁ・・・」

優希「まぁ気持ちはわかるじょ・・・最近の咲ちゃんは強すぎるじょ・・・」

和「そうですね・・・」

優希「全国からの成績だけ見ればトップ率9割超えてるし・・・」

和「ありえませんよね・・・」

和優希「はぁ・・・」

和「たまには宮永さんが来ない日があってもいい気がしてきますね・・・」

咲「私の話?」

和「み、宮永さん!?」

和「い、いつからいたんですか!?」

咲「いつからって、一番最初からいたよ」

優希「い、一番乗りは私だったじぇ!」

咲「えへへ。実は隠れてたんだー」

和「か、隠れてた・・・?」

咲「うん。私がいないとき皆がどんな話をするのか気になってね」

咲「昨日の部長の言葉がずっと引っかかってたんだよ」

優希「部長のことば・・・?」

咲「二人ともごめんねってやつ。あれ優希ちゃんと原村さんにかけて言った言葉だよね」

和「そ、そんなの知りませんよ!」

咲「ひどいなぁ、みんな。そうやって私を無視してくんだ」

優希「咲ちゃん・・・」

咲「さっき言ってたよね原村さん」

和「わ、私ですか・・・?」

咲「たまには私が来ない日があってもいいって」

和「そ、それは・・・」

咲「私ばっかり勝つからつまらないとか思ってるんだ」

和「ち、違いますよ!」

咲「何が違うの?」

和「そ、それは・・・」

咲「ほら、何も言えないじゃん」

和「・・・」

咲「私知ってたんだよ。みんなが私を化け物みたいな目で見てるの」

優希「咲ちゃん・・・」

咲「私と打つ時、いつもつまらなさそうな目してるよね」

咲「そういうの、結構わかるよ?」

和「・・・」

咲「もういいよ」

咲「私の居場所はここじゃなかったんだよ」

優希「さ、咲ちゃん?」

咲「やめるよ。麻雀部」

和「宮永さん!?」

咲「あ、安心して。全国にはちゃんと参加するから」

咲「いつもの部活には来ないってだけだから」

優希「咲ちゃん・・・」

咲「・・・じゃあね」

久「待ちなさい咲」

咲「部長・・・?」

久「麻雀を打つわよ」

咲「え?」

久「今日は昨日のリベンジをしないとね。ね、須賀君?」

京太郎「おう!」

咲「京ちゃん!?」

京太郎「今日は負けないぜ!咲!」

久「ほら、席につきなさい」

咲「でも私は・・・」

久「いいからいいから」

久「優希か和もどっちか入りなさい」

和「えと・・・」

優希「・・・」チラ

優希「私が行くじぇ!」

久「よし。これで面子は揃ったわ」

和(部長・・・いったい何を・・・)

久「東風赤入りね」

京太郎「はい!」

優希「私が得意なルールだじぇ!これは勝てる!」

咲「本当かなぁw」

優希「・・・」

久「親は・・・須賀君ね」

京太郎「・・・」パチ

久「・・・」パチ

優希「・・・」パチ

咲「・・・」パチ

京太郎「・・・」パチ

久「・・・」パチ

京太郎「ポン!」

京太郎「これを捨てるぜ!」ペシッ

久「・・・」パチ

優希「・・・」パチ

咲「・・・」パチ

京太郎「咲、それロンだ!」

咲「えっこれ!?」

京太郎「あぁ。白のみ。これ何点ですか?」

久「1000点よ」

咲「親の早上がりとか嫌なことするなぁw」

京太郎「いやそこまで考えてないし」

咲「いやいやwそこは考えようよw」

京太郎「おーし次次。一本場だ」

咲「・・・」

京太郎「・・・」ピチ

久「・・・」ピチ

優希「・・・」ピチ

咲「・・・」ピチ

京太郎「・・・」パチ

久「・・・」ピチ

京太郎「ポン!」

咲「また飛ばされたよー」

京太郎「へっへー」ピシ

咲「チッ・・・」

久「・・・」ピシ

優希「・・・」ピシ

咲「・・・」ピシ

京太郎「これはこれは・・・おし!加カンだ!」

咲「それロン。チャンカン、三暗刻、赤1。満貫だよ」

京太郎「うわあああああああああ!!!!」

そして東風戦オーラス

咲「カン!もいっこカン!もいっこカン!もいっこカン!」

咲「ツモ!!」

咲「四暗刻単騎、字一色、四槓子、大四喜!セクスタプル役満です!」

優希「・・・結局咲ちゃんがトップか」

咲「ほら、早く払ってよ」

優希「払うまでもないじょ。咲ちゃんの勝ちだじょ」

咲「でも・・・」

優希「つまんね」

咲「・・・」

優希「何回やっても勝つのは毎回咲ちゃん咲ちゃん」

咲「そ、そんなこと・・・」

優希「そして終いにはセクスタプル役満?ありえないじょ!」

咲「そ、それはたまたま・・・」

優希「もう我慢できないじぇ!この際もうハッキリ言うじぇ!」

和「優希!?」

優希「咲ちゃんと麻雀打ってても全っ然楽しくないじぇ!!」

咲「優希・・・ちゃん・・・?」

優希「言っとくけど!この面子で楽しんでるのは咲ちゃんだけだじょ!!」

優希「咲ちゃんとやってる人、みんなつまんないじょ!」

優希「だって勝つのは決まって咲ちゃん。こんなクソゲー無いじぇ!」

咲「・・・」

優希「咲ちゃんは普通じゃないじぇ!正直、化け物にしか見えないんだじぇ!」

和「優希・・・少し言い過ぎじゃ・・・」

優希「のどちゃんも同じこと思ってるんだろ?日頃の想いを一緒に吐き出したらいいじぇ!」

和「日頃の・・・想い・・・」

咲「・・・」

優希「強いだけならとにかく、咲ちゃんはいつも偉そうだじぇ!」

優希「いつもいつも教タオルの打ち方にケチ付けて・・・あれじゃただのおせっかいだじぇ!」

優希「何様のつもりなんだじぇ!」

咲「・・・」

優希「京太郎!お前も怒ってるんだろ!?」

咲「京ちゃん・・・」

京太郎「・・・」

和「須賀君・・・」

京太郎「・・・咲」

京太郎「咲・・・俺は別にうざいなんか思っちゃいねぇよ」

咲「京ちゃん・・・?」

京太郎「いつも俺に教えてくれてるんだろ?俺のためにさ」

咲「京ちゃん・・・」

京太郎「確かに腹立つもともあったけどさ、俺は感謝してるぜ」

優希「京太郎・・・」

和「須賀君・・・」

久「ふふ・・・」

咲「感謝・・・私に・・・?」

京太郎「ああ」

久「咲。須賀君はいつも言ってたわよ。いつも俺のために咲が教えてくれるって」

咲「京ちゃんが・・・?」

久「下手な自分のためにアドバイスしてくれてる。いい幼馴染を持って俺は幸せだってね」

咲「京ちゃん・・・」

京太郎「・・・」

京太郎「咲。お前のアドバイスは俺にとってはありがたい。でもな」

京太郎「それは俺が初心者だからだ」

咲「京ちゃん・・・」

京太郎「部長や和みたいに上手い人にはその人なりのうち方があるんだよ」

京太郎「和のデジタルもしかり、部長の悪待ちしかり、だ」

京太郎「その人のうち方には誰もケチ付けちゃいけないんだよ」

咲「京ちゃん・・・」

京太郎「だからさ、咲」

京太郎「お前がアドバイスするのは俺だけでいいんだよ」

咲「・・・」

京太郎「いや」

京太郎「俺のためだけにアドバイスしてくれ」

咲「京ちゃん・・・私・・・私・・・」

京太郎「・・・」

咲「うわあああああああああああん!ごめんなさあああああああああいい!!」ブワッ

京太郎「おいおい・・・泣くなって」

咲「うわああああああああああああ」ポロポロ

京太郎「はは・・・」チラ

久「ふふ・・・」チラ


放課後

京太郎「これでいいんですよね?」

久「ええ。これで咲は須賀君以外には口出ししなくなると思うわ」

京太郎「でも俺には文句言うんすよ・・・勘弁してほしいですよ・・・」

久「後でちゃんと俺はするって!」

久「でもこれで一件落着。咲も須賀君にメロメロだしね」

京太郎「うへぇ・・・やめてくださいよ・・・あんな奴・・・」

咲「京ちゃーん!何してるの?早く帰ろーよー!」

京太郎「あ、咲が呼んでるみたいなんで。失礼します」

久「ええ。じゃあまた明日」

京太郎「はい」



こうして女子麻雀部に平穏な日々が戻ったのであった。