http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1341527913/



咲「彼女面って…京ちゃん、どういうこと…?」

京太郎「…」

咲「私達付き合ってるんだよね?ね?…京ちゃん?」

京太郎(うわ…めんどくさ…)

咲「押し倒されて…最初は痛かったけど」

咲「それでも嬉しかったんだよ…?」

咲「小さい頃からずっと京ちゃんのこと、好きだった」

咲「ああ、京ちゃんも同じ気持ちでいてくれたんだって…!」

京太郎「…」

咲「ーー昨日だって!あんなに、あんなに好きって言ってくれたじゃん!」

京太郎(失敗したなあ…)

咲「京ちゃん…何とか言ってよ…」

京太郎(…はあ)

京太郎「そんなこといってもさ…咲って幼馴染で…なんつーか」

京太郎「新鮮さも何も無いというか…そういうのとしては見れねーよ」

咲「~~っ!!」

京太郎(あ、やばい)

咲「京ちゃん…!京ちゃんっ!!」じわっ

咲「ーーエッチまでしたのに!ふざけないでよっ!!」ポロポロ

京太郎(えっちまでって…うーん)

咲「うあーん…ひっぐ、うああーん」ポロポロ

京太郎(参ったな…咲がそんなにお固い女だったとは…)

京太郎(しゃーない…)

京太郎「咲」

咲「ひっく、うう…きょうちゃん…ううう」

京太郎「ん…」だきっ

咲「ふぁっ!?」

咲「きょ…きょうちゃ…?」ポロポロ

京太郎「…悪かったよ」

京太郎「お前が…その、そんなに真剣に俺を好きでいてくれたなんて思わなくて」

京太郎「ずっと一緒だった幼馴染の気持ちにも気付かないなんて、酷い男だよな」

京太郎「ごめんな、咲ぃ」ひし

咲「…きょう、ちゃん…」

京太郎「あんな事言っといて、今更遅いかもだけど…」

京太郎「こんな俺でいいなら…その、改めて言わせてもらう」スッ

咲「…!」ドキ

京太郎「ーー大好きだよ。咲」

咲「…うあーん!うわーん!」だきっ

京太郎「…よーしよし」ナデナデ

京太郎(…『付き合う』とは言って無いんだけどなあ。一言も)

京太郎(ま、幼馴染間柄捨てるのも罪悪感だし…何より)

咲「ううう~…ぐすっ、京ちゃん…」

京太郎(小さいなりに良く引き締まってて気持ち良いんだよな~…こいつ)

咲「好き、好き…大好きだよ~…」

京太郎「はは、俺もだよ」ナデナデ




ぶかつ

和「ーーですから!そんなオカルトありえません!」

久「できちゃうものはねぇ」

優希「タコスうまー!」

わいのわいの


京太郎(…)

京太郎(ハーレムとは程遠いけど…)

京太郎(やっぱいいもんだなー、女の子に囲まれるってのは)

和「非現実的な切りです!やっぱり私には理解できません!」

久「和了っちゃうものはねえ」



京太郎(和…和か)

京太郎(咲には『無い』んだよな…はあ)


和「…だから!それとこれとは話が別です!」


京太郎「…あー…」

京太郎(セックスしたい…)


咲「…」



かえりみち


京太郎(咲に誘われて、帰り道は二人という事になったけど…)

咲「…」

京太郎「…」

京太郎(これは…)

京太郎「…なあ咲」

咲「うん?どうしたの京ちゃん」

京太郎「最近ずっと和と帰ってたよな?」

咲「…」ピク

京太郎「あー…その、珍しいよな!あんだけべったりだったのにいきなり―」

咲「…和ちゃん」

京太郎「は?」

咲「…京ちゃん、今日の部活中ずっと原村さんのこと見てたでしょ」むすっ

京太郎(やっぱむくれてるし…)

京太郎「…あー、いや、そんなことないぞ?」

京太郎(正確には和の胸だしな)

咲「…嘘だよ」ぼそっ

京太郎「?…さき…おわっと!?」ドンッ

咲「…」だきっ

京太郎「…」

京太郎(う、うわぁ…抱きつかれた)

京太郎「あのー…咲さん?」

咲「私だって、嫉妬くらいするもん」ぐぐ

京太郎「…はは…」

京太郎(はあ…)

咲「男のひとのいやらしい目線って、だいたいわかっちゃうんだから」

咲「…『彼女』の前でそういうことは、やめて…?」ぎゅっ

京太郎「…」

京太郎(答えないでおこう)ナデナデ

咲「…ふぁあ」わしわし

咲自宅

咲「…」コロン

咲「…ふふ」

咲「京ちゃんといっぱい喋って…今日は楽しかったなあ…」

咲「…頭も撫でて貰っちゃったし…」

咲「…」

咲「~♪」ゴロゴロ


親父「咲ー!暴れてないで早く寝ろよー!」

咲「ふぁ!?…はーい!」

ゴソゴソ …ボフッ

咲(やっぱり京ちゃんふたりと居ると落ち着くなぁ…)

咲(昔からそうだった…)

咲(…)

咲(京ちゃん…メール嫌いって言ってたし…電話も、こんな夜中にしちゃ迷惑だよね。お父さんもいるし)

咲「きょう、ちゃん」


じわっ…


咲「…せつ、ないよぉ…んっ…」


もぞ…

咲「きょうちゃん、きょうちゃ…ああっ…」



京太郎自宅

京太郎「…」

京太郎「咲からメールはなし…」

京太郎(初めての次の日はメールの嵐だったなあ…そういや)

京太郎(返さなかったら電話かかってくるし…)

京太郎(溜まりかねてそれとなくメールは嫌いって伝えたら上手く行った)

京太郎(金に困るアピールで電話代も遠慮させてやったし)

京太郎「我ながら恐ろしい手腕だ、ぶるる…」


京太郎「…」

咲『…京ちゃん…好き、好きい…大好きだよ…っ!』

京太郎「…」

京太郎「…ムラムラしてきた」

京太郎「今日は和でいこう。うん。のどっぱいのどっぱい…」モゾモゾ





よくじつぶしつ

ザ―…

和「―和了!四暗刻です」

久「ありゃあ…弄ばれたわ~」

まこ「くぁあ!特急券じゃぁー!」ギシッ

優希「ちっくしょー!さっきからぜんっぜん勝てないじょ!」


咲「…」ぱら…

京太郎「…」ズズズ…

京太郎「―あっち!」

京太郎(…ナチュラルに俺の隣に座る咲)

京太郎(読みづらくねーのか、こんな密着して)

ザ―…

優希「くっ…それもこれもぜーんぶタコスパワーの欠乏が原因だじぇ…!」

優希「…」

優希「!」


優希「京太郎ー!」

京太郎「うおっ!?急に何だよ!?」

優希「はいお金」

京太郎「…ん?」

優希「ちょっとひとっ走りタコス買ってきてくれじぇ」

京太郎「…んん?」


咲「…」ぱら

京太郎「優希ちゃんさん、あのですね…」

ザ―…

京太郎「外、めっちゃ雨なんですけど…」

優希「んん、仕方がない…」

優希「この優希ちゃんご用達のジャンボ傘を貸してやるじぇ!」ズアッ

京太郎「いやそういう問題じゃねーし!」

優希「70cmの大口径だじぇ!?一体何の不満が!?」

京太郎「だからちげーよ!つーか口径って何だ!?」

優希「く、口応えとは生意気な!犬は犬らしく―!」

京太郎「な、なにぃい~!?」


ぎゃあぎゃあ

咲「…」ぱたん

咲「―優希ちゃん、ちょっといい?」

優希「…おっと咲ちゃん!私は今きょう…た…」

咲「……」

優希「ろう、と…」

優希(な、なんだじぇ…この気迫は…)

京太郎(咲…?)


咲「やめてくれないかな…そういうの」

咲「京ちゃんが嫌がってるの、分からないの?」


優希「…え、あう…」


京太郎(おいおい…)

ザ―…

京太郎「…えっと、咲、」

咲「こんな雨の中、いくら『友達』だからって…たかが食べ物のためだけに、使いっぱしりなんて」

咲「普通じゃないよね?限度があるでしょ?いくら京ちゃんがやさしいからって…!」

京太郎(おうふ…)

咲「こんなの、いじめみたいなものじゃん…!」


優希「…むっ…」

優希「…咲ちゃんてば、京太郎の何なんだじぇ?」

咲「…?」

優希「とっつぜん出しゃばってきたかと思ったらきょーちゃんきょーちゃんて…」

優希「流石の私も気分を損ねたじぇ!」

咲「…」

優希「私だって最初から土砂降りの中、京太郎を行かせるつもりなんてなかったじぇ」

優希「京太郎だってそれを分かってのっかってくれてただけ!こんなの結果の分かったじゃれあいみたいなもんだじぇ!」

咲「…」

優希「なあそうだろ!?京太郎!」

京太郎「―んあっ!?あ、ああ、そうだな…うん」

優希「…ふふーん、えらそーに『わからないの?』なんつって」

優希「実は何も分かってないのは咲ちゃんの方だったってわけだじぇえ」ドヤッ



咲「…」ギリィ


ザ―…

久「…ちょっと、どうしたの?」

まこ「なーんや険悪な雰囲気じゃのう?何かあったか?」

和「―宮永さん?」

京太郎(う…集まってきた…!)

京太郎(やばい、ちょっと呆けてる間にすごいことに…!)


咲「…」フラッ

優希「…!?」びくっ

咲「…」コツ コツ

優希「っ、な、なんだじぇ、咲ちゃん、ぼ、ぼ、暴力なんて…!」

咲「…何も知らないのは優希ちゃんだよ?私のはず…あるわけない」

咲「ありえないよ…」コツ コツ

優希「…っひ、ひ」ガタガタ

優希(な、なんで…寒い…!)

咲「私と京ちゃんとはずっと一緒だった、知らない事なんてない、ない」ブツブツ

優希「…」ブルブル

咲「転んだり擦りむいたり泣いたり、高校受験の時も、家に
  だれも居なくてさびしい時だって、優しかった京ちゃんは、京ちゃんは」ブツブツ

優希「ひ、う…」ブルブル

咲「―ねえ知ってる?優希ちゃん。私と京ちゃんは、付き合っ―」


京太郎「―!!」ばっ!

咲「―むぐっ!?」

京太郎「…あははー!な、なんか今日の咲はおかしいぞー!どうしたんだー!?わはは!」ぐりぐり

咲「~っ!ふ、んむぅ…」

優希「…ふ、はへ…」

優希「…きょ、京太郎~」ぐずぐず

京太郎(おいおいおいおいあぶねえー…!)

久「ちょ、ちょっと?ホントに二人ともどうし―」

優希「う…うう!タコス買ってくるじぇー!!」シャッ

まこ「早いッ!?」

久「ちょ待っ!待ちなさいー!」

和「…?」


咲「…」もごもご

京太郎「あは、あははー…」

京太郎(…勘弁してくれ!)イラッ

ガチャッ

京太郎「…優希と、他の皆には帰って貰ったよ」

咲「…」フルフル

京太郎「優希も、しばらく咲には会いたくないだろうしな」

咲「…」フルフル

京太郎「…あのさあ」

ダンッ!

咲「ひ…っ」

京太郎「――何だったんだよ、今日の?」

咲「…ぁ、っ」フルフル

咲「だ、だってね…きょ、きょうちゃ、きょうちゃんが、雨なのに…」

京太郎「…」

咲「ゆう、優希ちゃんが、京ちゃんに、酷いこと…」

京太郎(話にならん…)

京太郎「…はあー…」

咲「…っ!」ビクッ

京太郎「あれもさ…咲なりに俺の事を考えてくれた行動ってのはわかるよ」

咲「きょう…ちゃ…」

京太郎「でもな、咲。あんなもん優希の言うとおりだよ」

京太郎「いつものことだろ…優希が俺に突っかかって来るなんて」

咲「…っ、う…!」じわっ

京太郎「何だか分からんオーラであいつを縮こまらせて、部の雰囲気まで凍らせて」


京太郎(しかも、よりによって和も居る前で『付き合ってる』だとか言いかけてたんだろうね、あれは…)

京太郎(ったく、誤解されたらどうすんだよ…)

咲「…ご、めん…!」ポロポロ

京太郎「優希は今頃皆に事情を話してるだろうなぁ」

咲「ごめん、なさい…!ごめんなさい…!」ポロポロ

京太郎(…ほんとに聞いてんのか?)

京太郎(まあいいや。怒鳴っとこう)

京太郎「これで麻雀部崩壊、なーんてなったらお笑いだぜ?ははは」

京太郎(なるわけなかろうけど)

咲「ごめんなさい…!ごめんなさい…!」ポロポロ

京太郎「――聞けッ!!」

咲「っひ、あぁ…!」ポロポロ

京太郎「咲さ、ふざけるなよ」

咲「…ぁ、ううぅ・・っ」ポロポロ

京太郎「俺は部の人間関係ぶっ壊すためにお前と『こういう間柄』になったわけじゃないんだぞ?分かってんのか?!」

咲「…きょ、ちゃっ…ごめ…っ」ポロポロ

京太郎「…」

京太郎「残念だけどな、咲」



京太郎「…こんなことばっかになるっていうならな」

京太郎「ちょっと俺達の関係も考え直さなきゃいけないんじゃないか?」

咲「…へ、ぁ?」ポロポロ

咲「きょう、ちゃ…?なに、いって…」

京太郎「…そのまんまの意味だよ」

咲「え?だって、きょうちゃん、きょ…」

京太郎「今すぐにとは言わない。一日…いや、しばらくじっくり考えよう」

咲「は、へ…?きょうちゃん、え?かんがえ…」

京太郎「…置き傘有ったよな?」

咲「…きょう、ちゃん…京ちゃんっ!!」


京太郎「先帰るから。また明日な」


咲「待っ…待ってよ!どういうことなの…!?きょうちゃん!きょうちゃんっ!!」


京太郎「…」カツカツ

咲「京ちゃんっ!!待ってよぉ!考え直すって…嫌だよっ!!きょうちゃんっ!!」

京太郎「…」ピタッ

咲「京ちゃん!いや、いやぁ!いやだぁっ!!絶対いやぁーっ!!」

京太郎(…)

京太郎「咲」

咲「きょ…!」







京太郎「重いんだ、お前」





咲「―――」


ザ―…


京太郎「…」

咲「――」



バタン




咲「――」


咲「―おも、い」

咲「あ、あは」ポロ


咲「はは…あはは、あははは」ポロポロ



ザ―…



咲自宅

ガチャッ

咲「…」

親父「咲、おかえ…お?」

親父「おい、どうしたんだ?ずぶ濡れじゃないか!」

咲「…」

親父「傘忘れたのか?抜けてんなあ…ほら、タオル持ってきてやるから…」

咲「…」スタ スタ

親父「?…咲?」

咲「…」ギシッ ガチャ、バタン

親父「…何かあったのか…?」

親父「…」

親父「風邪ひくぞー…」ボソッ

親父「タオルはドアノブにかけとくからなー…」ボソボソ

親父(うーん、思春期の娘は分からん…)



ザ―…


咲「…」

咲「きらわれた…」

咲「京ちゃんに、嫌われた…?」

咲「考えよう…って、重い…って」

咲「やっぱり、そういう事なの…?」

咲「…―」クラッ

咲「…う…うぅ…嘘、嘘だよ…」

咲「きょうちゃんが…そんなこと…」

咲「う…うああ…!」

咲「けっ、けいたいっ…」

咲「…京ちゃんっ…!」カチカチ…




京太郎自宅

京太郎「…」

京太郎(ちょっと言い過ぎたか?)

京太郎「…」

京太郎(まあいっか…最近ちょっとべたべたしすぎてたし)

京太郎「この辺で距離を…」

ヴイーン ヴイーン…

京太郎「メール?」

京太郎「…」カチカチ

京太郎「うお…言ってる傍から咲…」

京太郎「…」

京太郎(メールはやめろって言ったのに…)イライラ

京太郎「ええい、無視だ無視」

京太郎「…」

ヴイーン ヴイーン…

京太郎「…」

ヴイーン ヴイーン…

京太郎「…」

ヴイーン ヴイーン…

京太郎(マジかよ…)

京太郎「…」

ヴイーン ヴイーン…

京太郎「ちょっと見てみるか…」

京太郎(新しいメールから…っと)カチカチ


ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい
ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい
ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい
ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい
ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい

京太郎「」パタン


京太郎「う、うわー」ブルッ

京太郎「これは酷い…ぶるっときた…」

京太郎「つーかマジですかい…咲さん本気じゃんか…」

京太郎(いよいよもってやばいかもしれん…そんなに弄んだわけでもないんだけどな…)

京太郎「…っはあー!」ガシガシ

京太郎「こりゃ何てメール返しても駄目だろうな…」

京太郎「まあ何とかなるか」

京太郎「とりあえずメール遡るのは止めよ…怖いし」

ヴイーン ヴイーン…

京太郎「…」

京太郎「バイブもOFFにして…と」カチ

京太郎(さて…細かい事は明日考えよう。もう遅いし)

京太郎「…」

京太郎「一発抜いて寝よう」

京太郎「のどかのどか~…」ゴソゴソ

prrrrrr prrrrr…

京太郎「…」カチ

prrrrrr…

【着信】  宮永 咲

京太郎「…」カチ カチ

京太郎「音量もOFFにして…と」カチ

京太郎「萎えた…おやすみ」ゴソゴソ




咲自宅



――…おかけの…―…は…―…電波の届かない場所に…――

咲「…」ブルッ…

咲「…な、んでぇ」

咲「なんで」ガタガタ

咲「なんで、出てくれないの…?」ガクガク

咲「う、うう…手が震えて…っ」ピッ ピッ

咲「…はやく、はやくはやく…」ピッ

咲「…京ちゃん」コツン

咲「京ちゃん、京ちゃん、京ちゃん、京ちゃん…」prrrr prrrr


prrrr


prrrr
 

prrrr…  

ザ―…


京太郎「…」zzz…


パッ

【着信】  宮永 咲
着信履歴  1件


京太郎「…」zzz…



【着信】  宮永 咲
着信履歴  2件


京太郎「…」zzz…


【着信】  宮永 咲
着信履歴  3件


パッ

チュン… チュン…



京太郎「…」


着信履歴  377件


京太郎「…なにこれ…」

京太郎「…っ」ゾクッ

京太郎「やばい…」

京太郎「これは…やばいって…」

京太郎「3ケタって…あいつ、一晩中かけ続けてたのか…?」

京太郎(最後の着信は…30分前…?)

京太郎「…」ゾゾ

京太郎「な、何でもいいから返事しとくべきだったかな…」

京太郎「…」

京太郎「やばい…久々に学校行きたくない…」


…ピンポーン

京太郎「…」

…ピンポーン

京太郎「…」

京太郎「…はっは、いやそんなまさか」

京太郎「…」シャッ

京太郎「…」そろり



咲「…」




京太郎「…」

京太郎(逃げ場はないのか…)

ガチャリ…

京太郎「…」ソロリ

咲「…」

京太郎(刃物とかは…持ってないみたいだな)

京太郎(…よし)バッ

京太郎「よ、よう咲!朝っぱらからどうしたんだよ!びっくりしたぜー!ははは…」

咲「…」スッ

京太郎「っ!?」ビクッ



咲「―おはよう、京ちゃん」にこっ



京太郎(~!??)ゾゾゾゾゾッ

京太郎「…お、おはよう…」

咲「…ん、京ちゃんに少しでも早く会いたくって…きちゃった」

京太郎「は、あ…そうか~…ははは~」

テクテク

咲「~♪」

京太郎「…」ゴク

京太郎(ひとまず…いつもの咲だよな…)

京太郎「…」

京太郎(しかし、さっきのは何だったんだろう)

京太郎(あの笑顔の時の…まるで、首筋にナイフを…いやもっと直接的…心臓を鷲掴みにされたみたいな…)

京太郎(絶望的な寒気…)ゾゾ…


咲「―京ちゃん?」

京太郎「っはひい!?」ビクッ!

咲「あはは、どうしたの?考え事?変な声上げちゃって…おかしい」クスクス

京太郎(…考えすぎだな)

京太郎(ま…何もないに越したことは無いか)

京太郎「う、うるせーな!何だぁこのちんちくりんが!」グリグリ

咲「ひゃ、ひゃめへ~!」ぐいんぐいん




ひるやすみ

咲「んっ…」のびっ

京太郎「ふう~…」

京太郎(午前は特に何事もなく終了…)

京友1「…京太郎~!今日は学食行こうぜ!なんかメンチカツ半額らしい!」

京太郎「マジですか!?行くっきゃねえ!」

京太郎「さて…」ガタ


咲「…京ちゃん京ちゃん」クイクイ

京太郎「…うん?何だよ咲?」

咲「あの、お昼ごはん何だけど、さ…」もじ

京太郎「…お、おう」

咲「…これ」スッ

京太郎「べ…弁当箱?」

咲「その、今朝張り切って作りすぎちゃって…」

咲「よかったら一緒に…」もじもじ

京太郎(こ…こいつ~!)

京太郎「あのな、咲!」ボソボソ

京太郎(学校でそういうのは控えろって一番最初に―!)

京友1「? おーい何してんだ!はやく…」

京友2「バカか空気読め!」グイッ

京友1「はあ?…あ、あーあー」

京友2「じゃ京太郎!俺ら学食で食ってきますわ!お幸せに~」ググ

京友1「あー!いいですね!嫁さんいる人は!いいですね~!クソッ」ズルズル…


京太郎「ば、ばか!そんなんじゃないっつうの!」

京太郎「おい、咲も黙ってないで何とか…」

咲「…その、いっぱいあるから」ゴソゴソ

京太郎「…」

咲「食べざかりの京ちゃんでも、きっと足りるかなって…」ゴソゴソ

京太郎(何で…顔赤いの…?)

かちゃん

京太郎「…ごちそうさま」

咲「お粗末さまでした」

京太郎「咲、前も言ったと思うけどな…」

京太郎「学校でこういうことは慎めって」

咲「?…どうしたの?京ちゃん」

京太郎「あのな、俺たちはもう…!」


咲「私達付き合ってるんでしょ…?ふたりでごはんを食べるくらい、普通だよ?」


京太郎「…」

京太郎(おいおい…)



ぶかつ


わいわい

京太郎(…『逃避』ってやつだったのか?)

京太郎(結局発言の真意を問いただす事はなんとなく出来ず…)

京太郎(放課後、一悶着あるかと思った麻雀部でも、ひたすら怯える優希に終始下手に謝り続けた咲が場を収めた)

京太郎(早くも麻雀部はいつもの姿を取り戻した…が)


咲「…」ぱら

京太郎「…」ズズズ…

京太郎(なんだこれ!?)

京太郎(もうくっつくってレベルじゃねえ)

京太郎(体を押し付けられてる!)

優希「―ローン!和了ったじぇえ!!」

久「くあ~、東場じゃ流石に太刀打ちできないわ~」

まこ「勝てぬ…勝てぬ…」

和「…点数報告お願いします」ドドド


咲「…」ぱら

京太郎「…」

咲「…」ぐいぐい

京太郎(柔らかいが…貧しいんだよな…)ズズズ…


優希「ふぃ~…全力を出した後はつかれるじぇ~…きゅうけいきゅうけいっと」パタパタ

優希「…」


京太郎「…あちっ!」

咲「京ちゃん大丈夫?」パタン


優希「うぬ~…あのふたりは何時にも増して…」もやもや

久「ほ~う…」

久「とうっ」がばっ

優希「ぐぇあ!…ぐぐ、急に後ろから抱きくなじぇ!」ジタバタ

久「あっはっは、ごめんごめん」

優希「むうう…」ぶすっ

久「あはは~」

久「…で、さっきから何見てたのかしらん?」

優希「えっ」ドキ

優希「な、なんのことやらわからないじぇ?いつも通りの優希ちゃんで…」チラチラ

久「…んっふふ、無理しない」

久「―あの二人、急接近って感じよねえ」

優希「なぁがっ!!」ビクッ

久「こ、こら大声出さないでよ!ばれちゃうでしょ!」バッ

優希「い、いや…わわ私は仲直りしたとはいえ咲ちゃんがまだあの怖いオーラをまとってないかと観察を…」しどろもどろ

久「…ま、そういうことにしときますか」

久「まこはどう思う?」

まこ「そうじゃのう…」

優希「うげぇ!何時の間にいたのかじぇ!?」ビクゥ!

まこ「ひ、酷い反応じゃ…」


まこ「…うーむ、しかしあれは…」


京太郎「…」ズズズ…
咲「…」ぱらり



まこ「何と言うか、説明の必要もなくべったべたじゃのう…」

久「くっ付いてないと死ぬ病気なんじゃないかしら?」

優希「いやいや…」ブンブン

優希「…」もやもや

久「…んっふふ」

久「何とかしないと、御自慢の『犬』、取られちゃうかもしれないわよ?」ボソ

優希「…!」

優希「わ、わたしは、そんなんじゃ…」

久「ん、そーねえ…ホントは犬だなんて思ってないもんねえ」ナデナデ

優希「なぁ…なーでーるーなー!」

久「…あの日、あそこで彼女に貼り合ったっていうのも…」

久「京太郎のこと、特別に感じていたからでしょ?違う?」ナデナデ

優希「…!」プルプル

久「急いては事を仕損じるっていうけど、ね?恋愛に関しては、果たしてそうかしら」ナデナデ

優希「う、うう…」プルプル

優希「で、でもぉ…」

優希「目の前であんなの見せつけられちゃったら…もうどうにもぉ…」じわ

久「…元気が貴方の持ち味でしょ?」

優希「…」

久「時間の利は向こうにあるけど、まだ勝負は決まったわけじゃないわよ~?」

久「最近は略奪愛も流行りみたいだし」

まこ「おいおい…」


久「なんにもせずに待つだけで諦めるより、やってすっきりした方がいいこともあるのよ?」

優希「…」

優希「ん…そうだじぇ、その通りだじぇ」

優希「いつもの私らしくもなかったみたいだじぇ!」

優希「…うし!そうと決まれば…」

久「よっしゃ!」

優希「とりあえずタコスで気合い入れてくるじぇ!」ドンッ!

久「…」ずるっ

優希「買って来る!」タッ


久「…はー」

まこ「ふぁはは、まー元担ぎも大事じゃろ」

久「やれやれ…」

久「和ー、あなたはどう思…」

久「…和?」

コトリ



和「はい、お茶のお代わりです」

京太郎「お、ありがとう和」


咲「…」ぱらり

京太郎「…」ズズズ

和「…」もじっ

京太郎「えっと…和さん…?」

和「…あの、ちょっと聞きたんですけど」

京太郎「う…おう」

京太郎(大体予想はつくけどなぁ…)

和「須賀さんと宮永さん…何かあったんですか?」

京太郎(ですよね…)

京太郎「ははは…何かって何さ変な和だなー…はは~」

和「で、ですから!」ズイッ

京太郎「うへ!?」ビク

和「あ…すいません…」

京太郎(乳が迫ったで今…)ゴクリ


咲「…」ぱら

和「その、今日のお二人はなんというか…」チラ

和「近すぎませんか?距離…」

京太郎(うぐ…)

京太郎(和にはなんとしても誤解されたくない…!)

京太郎「そ、そうか?いつもこんな感じだろ?」

和「…」じぃっ…

京太郎(う、疑ってる目だこれ…)

和「15cmは『恋人』の距離って言いますけど…」

和「―それ、もう隙間も何もないじゃないですか!」

京太郎「い、いやいやいや!」

京太郎「こいつと俺はそのあれだよ!幼馴染ですし!?昔っからこんな感じで慣れっこというか…」

京太郎「まあとにかく何もないんだって!ほんと!」

京太郎「な!咲?!」

咲「…」ぱたん

京太郎「…咲?」

スッ

咲「恋人なんだ」


和「…え?」

京太郎「~っ!」


咲「ちょっと前からなんだけどね」

咲「求めてくれたのは…その、京ちゃんだったの」

和「そ…そ…」

京太郎(さ、さ、さ!)

京太郎(さきぃいいいーっ!!)

和「そ、そ…そんなオカルト…」


咲「京ちゃん」すいっ

京太郎「ちょ、さきむぐぅっ!?」ぐいっ

咲「ん…ふぅ…」ぐぐっ

ぢゅ…ちゅうぅ…ニチャ…


和「―――っ!!」ボンッ!

久「う、うぉお~っ!!?」

まこ「で、で、でーぷきす!!?」ガタっ


咲「ん、ちゅ…ぷはっ」

トロ…

京太郎「は、はぁ…はぁ…」ガク

京太郎(終わった…)

咲「―っ、ふう」

和「~~…」くらくら

咲「原村さん…黙っててごめんね」

咲「私達、こういう関係なんです」

和「…っ」くらくら


京太郎「…はっ」

京太郎「の、和?大丈夫か…?ほら手…」

和「っ!だ、だいじょうぶ!大丈夫ですから!」ばっ


京太郎「―」

京太郎(避けられた?)

京太郎(か、完全に…ごかい…されたのか…)


和(あの手で、もう宮永さんの体をまさぐる、な、なんてことも…)

和(やったのかと考えたら…思わず避けてしまった)

和(須賀君は悪くないのに…最悪だ…!私!)じわっ

和「っ!」じわり

京太郎(泣…)

和「―ごめんなさい!」ダッ

京太郎「…あっ」

バタン!

咲「…あれ?どうしちゃったんだろ…」

京太郎「…」ふらっ

咲「まいっか…京ちゃん?」

京太郎「…」

咲「いつの間にか他の皆も居なくなっちゃってるし…」

咲「もうここにいても仕方ないよね…?一緒にかえろ?」

京太郎「…」フラフラ

バタン

咲「あ…あれ?ちょ、ちょっと?待ってよ!京ちゃん!」

バタン


久「…」

まこ「…」

久「…」

まこ「…おい」

久「…」ビクッ

まこ「優希の事…」

久「…い、いやあはは!」


久「…これ私は悪くないわよね…?」

まこ(こ…こいつ…)ざわっ



和自宅

和「…」

和(思わず逃げてしまった…私の悪い癖だ)

和(嫌な事があったら、すぐ逃げてしまう)

和「…」ギュッ

和(宮永さん…須賀君…)

和(なんだろう?あの二人がくっついて、私のなにかが変わるわけでもないのに)

和(大事なものを…とても大事なものを…無くしたような…)

和「…っ」じわっ…

和(何で泣くの…!?私…!?)

和「…っ!…~っ!」ポロポロ

和(自分の気持ちが…分からない…っ!)ポロポロ

カァー…  カァー…


京太郎「…」

咲「和ちゃん、泣いてたのかな?飛び出して行っちゃったけど」

京太郎「…」

咲「でも、言った方がすっきりすることもあるんだよね!きっと和ちゃんもわかってくれたよね!」

京太郎「…」

咲「わかってくれたっていう言い方も変なのかな?別に許可貰わないといけないっていうこともないんだし」

京太郎「…」

咲「和ちゃんなら言いふらす事もないから、それは安心して?まあ広まっても…
  私はいいというか…そろそろカミングアウトの時期かなーって思うな、個人的に」

京太郎「…」

咲「将来の事考えても、ずっと黙ってるわけにもいかないわけだし、ああそうだ。
  京ちゃん今日の晩御飯は何がいい?作ってあげることにしたんだ!いろいろかんがえて!」

京太郎「…」

咲「最近麻雀とか学校で一緒にいられる時間も少なくて、さびしくて私、
  だからきっと京ちゃんも私と同じ気持ちで喜んで、そうだ京ちゃんのご両親には」

京太郎「…」

京太郎「…」ピタリ

咲「それで、その時は―どうしたの?京ちゃん?」

咲「急に立ち止まって…転んだりしたらあぶな…」

京太郎「…咲」

咲「?」

京太郎「お前は、もうメールも電話もしてこなくてもいい」

咲「…」

咲「…そうだよね!やっぱり恋人なら顔を合わせて」

京太郎「…朝の迎えも弁当も、必要無い」

咲「…」

咲「きょう、ちゃん?」

京太郎「おかしかったんだな。何もかも」

咲「きょうちゃん、あのね、早く帰らないと」

京太郎「今朝も、矛盾した行動始めた時に止めるべきだった。そもそも、遊びで手なんて出すべきじゃなかったんだよなぁ、はは」

咲「あそび?なにいってるかわからないよ、きょうちゃ」

京太郎「咲、咲、聞け」

咲「…」


京太郎「俺はな、やっぱりお前の事、恋人とは思えない」


咲「…きょ…」

京太郎「全部俺が悪かった。あの日とち狂って発情してお前を襲ったのも、
    その後の関係をいろいろ曖昧にしたまんまだったのも、全部が全部だ」

咲「…は?は…は」

京太郎「…お互いただの幼馴染に戻ろうぜ?咲ぃ、俺も大概最低のクズだけど、今はお前も狂ってる」

咲「…わ、わからないよ、何言ってるの、ねえ、ねえ」

京太郎「ああ咲、それと今日の一件で分かったことがひとつあんだけどさ」

咲「きょうちゃん、だめだよ、だめだめ、ね、もどろう、はやく、ね」

咲「きょうちゃん、きょうちゃんはわたしと…」


京太郎「俺、やっぱ和の事が好きなんだ」


咲「………――」


京太郎「彼女ってあれだよ、新鮮さとか刺激とか、そういうの全部ひっくるめて新しくなきゃだめなんだ」

京太郎「一緒に居て落ち着くってのとはずいぶん違うよな」

咲「―――」

京太郎「だから、わりーけど無理だわ」

京太郎「しばらく離れてよう。リセットしよう。全部」

京太郎「じゃな。いい『幼馴染』でいようぜ」

カァ―… カァー…


咲「―――」がくっ

咲「―…」

咲「ふぁ…あはは…」じわ…

咲「あひ、あははは…っ、ははは」ポロポロ

咲「ははは…!!あははは!あっははははは!」ポロポロ



京太郎『俺はな、やっぱりお前の事、恋人とは思えない』



咲「きゃ、あははははは!!ははーっ!!はらむらさん!和ちゃん!!!あははははーっ!!」

咲「あっはははは!!楽しい!!あっはっはは!はは!あっははははは!」

咲「ともだちっていってくれた!!ね!!!あはははは!おもってた!!!私は!!あはははは!!」

咲「ともだちだったって!!!きゃははは!!だいすきな!!!あぁっはははははは!!!」ポロポロ

咲「ひっ、あははは!うれしかったのに!!嘘かぁ!!!!ひ、っは!ははは!あはははははは!!」ポロポロ




京太郎『俺、やっぱ和の事が好きなんだ』




咲「―――のどかぁああっ!!!!ご、ころじっ、ころじでやるっ!!
  うあっ…あああああ゛っっ!!!うわああああ゛っ!!」ポロポロ

咲「うああああああああああっ!!ああああああん…っ、あああああっ…!!ひぅ、ひっ、ああああ゛っ…!!」ポロポロ


咲「あああ…っ!!う、あ、ああっ…!!うわあああーーん…!ひっ、ひ、あああああ…」ぐずぐず

よる


京太郎「…」

京太郎(…これで良かったのか)

京太郎「・・・いいわけねーだろ…」ボソ

京太郎(我ながら最低の屑人間だ…)ゴロン

京太郎「…あいつ、自殺とかしねーだろうな…」そわそわ…


prrrr! prrrr!


京太郎「この着信音は…咲じゃないな」

京太郎「…」カチ

京太郎「…優希?」

優希『…ごきげんよう世界の犬共、主の優希さまだじぇ…』

京太郎「…お前は一体どこへ向かってるんだ?」

優希『…』

京太郎「…?」

京太郎「おーい、優希?聞こえてんのか?」

優希『た、タコス…』

京太郎「あ?」

優希『タコスで気合いは入れた…今日の私に敵は無い…』ブツブツ

京太郎「…?」

京太郎「おい、ちょっと今ブルーなんだ…世間話なら切るぜ?」

優希『っちょ!っちょおっと待つじぇー!!』

京太郎「――――」キーン…

京太郎「…お前ね…」ガンガン

優希『京太郎。今日の夜11時…ちょっと遅いけど、空いてるか?』

京太郎「…?夜?お前一体」

優希『空いてるか?』

京太郎「あ、ああ…一応」

優希『…良かったじぇ』

優希『11時ジャストでいいじぇ。学校の近くの小川に架かってる…西福橋ってわかるか?』

京太郎「ああ…」

京太郎(中学の時、咲と一緒に帰ってた道沿いにあった―)

優希『そこに来て欲しいんだじぇ』

京太郎「…ああ…え?」

優希『返事しかと聞いた!待ってるのじぇ!』ガチャッ!

京太郎「!?おい?優希!?」ツー… ツー…


京太郎「切れた…」

京太郎(…はあ、行くか。…気晴らしになるかもわからんし)ゴソゴソ

和自宅

和「…私は、私は…」ブツブツ

prrrr prrrr

和「…」ピッ

和「…はい、もしもし」



咲『――あ、もしもし原村さん?…良かった、電話に出てくれて』

和「み、宮永さん…」

和(…みやなが、さん)

和「…どうしたんですか?もう夜中ですよ…?」

咲『ん、ごめんね。迷惑だったかな』

和「…いえ」

咲『急で悪いんだけど…今からちょっと、外に出れたりするかな?』

和「い、今からですか?」

和「…えっと、夜中の外出は、両親に…」


咲『…今日の部室でのことで、ちょっと話したいんだ』

和「…っ!」ドクン

和「そ、それなら今ここで…!」

咲『ごめん。直接会って話したい事で』

和「…そうですか」


咲『どう、かな?』


和「…」 

和「分かりました。行きます」

咲『…そっか。ありがとう』

咲『じゃあ、西福橋…私と原村さんが最初に合った場所の近くの川なんだけどね』

咲『そこを少し上った雑木林の近くにあるんだ』

咲『その橋の上に、11時に来てもらえるかな』

和「…はい」

咲自宅


咲「…うん、うん」

ザクッ ザクッ

咲「無理言ってごめんね、うん…」

ザクッ ザクッ

咲「じゃあ、待ってるから」ピッ…

ザクッ ザクッ

咲「…」

ザクッ ザクッ ザクッ


ザクッ ザクッ ザクッ ザクッ…

西福橋   10時52分


ジジ… ジジジ…

和「…」ブルブル

和(人気が無い、誰も居ない…)ブルブル

和(ちょっと早すぎたのかな…)

和(街灯が、切れかけの一本しかない…くらい、こわい、帰りたい…)ブルブル

和「…」ブルブル

和(…だめだ、こんな弱気になってちゃ…)

和(話を聞くって決めたんだ。宮永さんが、会って話したいって言ったんだ…!)

和「…!」グッ

和(逃げちゃダメ…!そんなのいつもと変わらない、ダメな自分…!)

和(もう、逃げない…!何にだって正面から向き合っていくって決めたでしょ!私…!)

和「…っ!」ググ…



咲「…」スッ

カラカラカラ… カン… カラカラ…

和「…!」ビクッ

和「…っ誰!」バッ


咲「…」カラカラ…

和「み、宮永さん…?」


咲「…ほんとに来てくれたんだ、原村さん」

咲「…とっても嬉しいよ」にこっ


和「…」

和(…何か、持ってる?)ゴク…

和「…あの、何でそんなに、暗い所に、いるんですか」

咲「…」

和「―話が有るって聞きました!こっちなら電灯が有るから、早く…」

咲「…」スッ

カラカラカラ…

咲「…」カラカラ…

和(鉄パイプ…?何で…?)

和「みやながさ…」


ジジジ…

咲「…」ニコッ


和(――っ!!?)ゾクッ

和「な、なんで、そんな…!」ガクガク

和(…おかしい!絶対におかしい!私の知ってる宮永さんは、こんな、こんな…!)


咲「原村さん、今行くから、そこ動かないでね…?」


和「…っひ、ひ…!」ガクガク

和(絶対に!こんな冷たい目で笑ったりしない…っ!)ガクガク

同刻

タッ タッ…

優希「はぁっ…!はぁ…!」

優希(くっ…私としたことが!失策だじぇ!)

優希(本番前30分から待機するはずが…ギリギリまでタコスパワーを高めていたらこんな時間に…!)

優希「…はぁ…っ!…」

優希(京太郎…もう着いちゃってたりするのかな…?)

優希「…はぁっ…はぁ…きょ、きょうたろう…!」ギュッ

優希(もう迷わない!咲ちゃんがどんな強敵だって関係ない!何故なら!)


優希「―タコスを食った乙女はぁー!無敵なんだじぇーっ!」

タッ タッ…

スタ スタ…

京太郎「…」

京太郎(…咲と歩いた道、か…)

京太郎(あの頃と、何も変わってない筈なんだがな…)

京太郎「…」

京太郎(…一人で歩くと、こうも印象が変わるもんなのか…)

京太郎「…」

京太郎「…ま、夜だし当然だろ」

京太郎「んなことよりあのタコス、こんな夜中にわざわざ連れ出して来て…」

京太郎「これでくだらね―内容だったらどうしてやろうか」

京太郎(…お、橋が見えてきた)


―…―さ―…い―…


京太郎(…話声?)

京太郎「…あいつ一人だけじゃなかったのか?」

京太郎「つーか、この声…まさか」


京太郎「…咲?」


優希「―あぶなあああーっ!」キーッ!

京太郎「は?―おぶふっ!!」ベキッ

ドシャアァッ!


優希「いでで…ごめんなざい、人が居るとは…」

京太郎「…」プルプル

優希「…はれ?京太郎?」

京太郎「の、のいてくれ…おれの、上から…!」プルプル

優希「…っ!す、すまんのじぇ!」バッ

京太郎「はあ…お前、先に来てたんじゃないのかよ…?」パンパン

優希「い、いや、不覚ながら今来たところだじぇ?見ての通り…」

京太郎「ふうん…」

優希(…)


優希「…!」グッ

優希「京太郎、あの…!」

京太郎「…じゃさ、橋の上にいるあいつらも優希が呼んだのかよ?」

優希「…へ?」

京太郎「あれだよ、こっからでも見えるだろ?電灯の下に…」

優希「い、いや、私が呼んだのは京太郎一人だじぇ?」ズイッ


優希「…あれは…」

優希「咲ちゃん…と、のどちゃん…?」

ジジジジ…


咲「…」カラカラ…

和「…っ、は…!」ガクガク

和(ち、近づいてくる…!)

和(…絶対ダメだ!何だか分からないけど、今の宮永さんは…!)

和(きょ、距離!早く距離をとらないと…!)

和「――っ!」ガクガク

和(…っなんで!?足が震えて…動かない…っ)じわっ


カラカラ…


和(う、うううっ!)

和「―み、宮永さんっ!!」


咲「…?」

和「っ宮永さん!自分でもわかってるんでしょう!?」

咲「…」カラカラ

和「今日のあなたはおかしい…そう、おかしいです…っ!」

咲「…」ピタ

和「いつものあなたなら、あの、人前で…あんな風にキスなんてしっこない!」

和「ヒトを電話で夜に呼ぶようなこともしませんし…!何よりその…!その目…!」

和「そんな、そんな怖い顔で…人を睨んだりするなんて絶対、ぜったい、有り得ません!」

咲「…」

和「何が有ったんですか!?教えてくださいっ!」


咲「…」


咲「…京ちゃんがね、言ったんだ」

和「…?」

咲「私のこと、恋人として見れないって」

和「…」

咲「全部遊びだったって、そんな感じの、とっても怖いこと」

和「そ…」

咲「…」キシッ

咲「…ほんとはわかってたんだ」

咲「長いこと一緒にいたんだもん、そのくらいなんとなく感じちゃうんだよね、あはは」

和「宮永、さん…」

咲「…」

咲「…いっしょ…」

咲「…ずーっと一緒に居た筈なのに…!私は選んでもらえなかったんだ…っ!」ググッ

和「…っ」ブルッ

咲「…………はらむら、さん」ニコッ


和「――ひ」



咲「ねえ、原村さん?何でだと思う?ね、あなたは何でだと思う?」グググ…



和「…みっ…、やっ…!」ポロポロ


咲「…京ちゃんは、京ちゃんはっ!」グググッ…

咲「私を、たったひとり置いてっ!一人で帰る時っ!!言ったんだっ!!!ああ…っ!!」ググ ブチィ…

ポタ…ポタ…


和「だ、め、です…手…血…っ!」ポロポロ


咲「―――私じゃないッ!!原村和が好きなんだってッ!!!」

和「…ひ、ひぅう…!」ポロポロ


咲「ありえない、ありえないよねぇっ!?京ちゃんは優しいんだっ!!ずっと私と居てくれたっ!!」

咲「京ちゃんと一緒ならこれまでもこれからも何時でも何処でも何があっても耐えられるっ!!私はそうだっ!!」

咲「京ちゃんは私を助けてくれる!!理解してくれるんだっ!!私は京ちゃんの為なら命だって捨てられる!!!」

咲「京ちゃんが私を裏切る筈ないッ!!お姉ちゃんもお母さんも居なくなって、
  それでも京ちゃんは側に居てくれた!!寄り添ってくれてたッ!!!」


咲「ぜんぶ、ぜんぶはらむら、はらむらのどかの…っ、お前の…お前が…!」


和「ひ、ひっ…!あああっ!!」ポロポロ


咲「お前が…お前がぁあ…っ!!」ギリッ

咲「京ちゃんを誑かしたんだーっ!!」グワッ


ブンッ!

京太郎「―――のどかああああっ!!」

優希「避けるじぇーっ!!」


和「――っ!ひ、いやああっ!」バッ


スカッ   ガァンッ!


咲「…っ!!?」フラッ


京太郎「和っ!!」タッ タッ

優希「のどちゃんっ!!」タタタ


和「…っ、かた、お…」ポロポロ


咲「…」

京太郎「…咲!お前…!」

優希「…の、のどちゃん!ううっ…!のどちゃん!」ガシッ

和「う、っひっく、ううう…!」ぐぐっ


咲「…京ちゃん」

京太郎「なに、なに、やってんだよ…咲…!」

京太郎「そんなもん、捨てろ…!今、お前和に何しようとしてたんだよ…!」

咲「…京ちゃん、来てくれたんだ」にこっ

京太郎「…!」

咲「そうなんだよ…やっぱり、京ちゃんは、京ちゃんは私の…」

咲「…ふ、ふふっ」にこにこ

京太郎「…ほんとに、どうしちまったんだ…咲…!」

咲「…そこで待ってて?すぐ原村さん殺すからね?ね?そしたらまた二人だよね?」

咲「今度こそ、一緒に帰ろう?」

京太郎「…っ」ゾゾゾ…

咲「さっきは外しちゃったしなあ…」

咲「…やっぱりこれは、大ぶりでよくないや」

ポイッ カラーン…

咲「…」スッ

京太郎「…!?」

咲「こっちの方が私には扱いやすいな。小ぶりで手に収まるし、豚の死ぬ感触も良く伝わると思うし」キラッ

京太郎「やめ、やめろよ…咲…やめろ…!」ブルッ

京太郎「包丁なんてどうする気だよ…おいっ!!」

咲「…」

咲「もー、京ちゃんったら…さっき言ったじゃん」クスクス

咲「原村さんを殺して―」


京太郎「――いい加減にしろっ!!」

咲「…」

京太郎「咲!お前を傷付けた張本人は目の前の俺だろ!?」

京太郎「そ、その包丁だって…!本当なら俺に向けられるべきだろうが…!」

京太郎(…何言ってんだよ!矛先自分に向けて!バカか俺は…!)

咲「…」

咲「…へんだよ、京ちゃん」

咲「原因は…ぜんぶ、あの女にあるんでしょ…?」

京太郎(~~っ!!)

京太郎「――違うっ!!」

京太郎「思い出せよ!全部俺だろ?身勝手に咲に手を出して苦しめて謝りもしないクズはさぁ!!」

京太郎「咲っ!!お前を裏切って!捨てたのは――っ!!」



咲「…裏切ってなんかないッ!!!!!」

京太郎「っ!?」

咲「京ちゃんは私を裏切ったりしないっ!!!捨てたりなんてするもんかッ!!」

京太郎「さ…!」

咲「ほんとに優しいんだね!!あっは、京ちゃん!そこのを助けるためにわざと言ってるんだよね!!?
  そうでしょ!?そうに決まってる!!」

咲「一緒だよぉ!京ちゃん!ずっと一緒に居ようよ!あははは!変な冗談はやめてさ!!あははは…!!」

京太郎「…―」クラッ

京太郎(ダメなのか、もう?駄目なのか…?)

咲「京ちゃん、京ちゃん!!ね、返事くらいしてよ!あっははは…!!」

京太郎(説得できない?刺される?和が?優希は?捕まる?咲が?俺は?…?)ぐるぐる

咲「あはは!あははは!!もういい?そろそろ殺してもいいよねー!?あはは!」


和「ふぇ…っふ、ひっく…」ポロポロ

優希「…っ」

優希(咲、ちゃん…)グッ

優希(走って来る時にちょこっと聞こえた会話と、咲ちゃんと京太郎のやり取り)

優希(…こんな状況なのに、聡明な優希ちゃんは大まかの事情を察してしまったじぇ)

優希(京太郎は、のどちゃんのことが…好き)

優希(…)グッ

優希(こんな、こんな…命の危機かもしれない時に…バカなのかもしれないけれど…)

優希(…私は)


優希「…一言物申してやらないと、気がすまんじぇ…」

和「…?かたおか、さ…?」

優希「…のどちゃん。ちょっとごめん」スッ

優希「――咲ちゃんっ!!」

咲「…ははは、は…?」

京太郎(…ゆう、き…?)

優希「…私はなー、咲ちゃん。咲ちゃんなんかを強敵だとか思ってた自分が…ちゃんちゃらおかしくてたまらないじぇ」

咲「…?何言ってるの…?優希ちゃん、邪魔だから、そこ…」

優希(…)スッ


優希「私は、片岡優希は…須賀京太郎が好きでたまらない」

咲「―…」

京太郎「な、に…?」

優希「要するに、有体に言えば…!」

優希「――愛してるんだじぇー!」

咲「…何がやりたいのか、わからないよ、優希ちゃん」

優希「ふ、ふん。そのまんまだ愛の告白だじぇ」ブルッ

咲「…」

京太郎「…は…」

京太郎(何考えてんだよ優希…!)

京太郎(正直驚いたけど…今のそれは!ただ刺激するだけだって!死にたいのかよ…!)


咲「やめてよ…優希ちゃん、私、そんなこと言われたらさ…」

咲「優希ちゃんも…!殺さないといけない…!」

優希「…っ」


優希「…咲ちゃん。いい加減、逃げるのは止めにするじぇ」

咲「…?」

優希「咲ちゃんのことだから、きっと分かったと思うんだじぇ…京太郎の心が自分には向いてないって」

咲「何を…」

優希「断られるのは怖いし、突き放されるのも怖いし…!」

咲「…っ」コツン…

優希「それでも正面からぶち当らないと…ほんとうになんの解決にも成らないって…!
   なんで、何で咲ちゃんが分からないんだじぇ…!?」じわっ

咲「その、さ…知ったような口、やめてよ…」ギシッ…

優希「こんな…こんな!こんな遠まわしで不細工で醜い方法で、京太郎の心を繋ぎ止めれるわけないだろっ…!!」ポロポロ

咲「やめて、分からない癖に…知らない癖に、私と、京ちゃんの…!」ブツブツ

優希「自分じゃない誰かを好きだからって!途中でそれに気付いても!」ポロポロ

優希「相手と堂々と戦って勝ち取るほどのものが!咲ちゃんにはあっただろぉ!!?私と違ってぇ!!」ポロポロ

咲「やめてよ、やめろよ…やめろ…!」ブツブツ

優希「こんなことしてっ!!結末なんて分かり切ってるだろっ!?なんで、なんで…咲ちゃんは!こんなあっ!!」ポロポロ

咲「~~~っ!!」グググ

優希「――――不器用な恋しかできないんだよっ!!!」ポロポロ


咲「―――うるさいッ!!!!!」

優希「…ぅ…!」


咲「わたしはッ!!わたしはねっ、優希ちゃんっ!!」

咲「今よりずっとちっちゃい時から京ちゃんと一緒にいたよッ!でも、それだけ!あっはは!それだけだっ!!」

咲「―勝ち取るほどのもの!?あるわけないでしょ!?こんな私にっ!!」

咲「私には時間しかなかったよ!?ちんちくりんで貧相で、何をやらせてもダメだって!!
  京ちゃんに好かれて貰う要素なんてどこにあったんだッ!!」

優希「違うッ!!私が言いたいのは…っ!」

咲「それで、それでねえっ…!高校に入って、会った、原村さんは…っ!!
  美人で、スタイルも良くて…私なんかよりずっと…ずっとすごい人で…!!」じわっ

咲「そんな、そんな人に、いったん京ちゃんをとられたらっ…!!!
  っうああっ…!…私は!私なんかがどうしたら勝てるって言うのさあっ!!?」ポロポロ


優希「咲、ちゃ…」

和「…っ」ポロポロ


京太郎「―――――」

京太郎(違う、俺は、そんなに、好かれていい様な人間じゃ、ない…)


咲「…お姉ちゃんも!!お母さんも居なくなって…っ!!っひ、うううう…!!
  私の世界の一番は京ちゃんだったっ!!」ポロポロ


京太郎(お前の事も遊びだなんて、飽きたら捨てて、和のことだって、きっと俺は、本当は)


咲「っうぐ…っ!もう嫌だったのっ!!!あああ゛っ…!
  もう、大事な人に!いって欲しくないって!!居なくなって欲しくないってえっ!!うああああ゛っ!!」ポロポロ


京太郎(ダメなんだ、お前が…俺なんて好きでいちゃ…それには、もっとふさわしい人間がいた筈なんだ)


咲「もうだめだよっ!!!うう゛ううう゛っ…!!こんなことになっで…全部おしまいだっ!!
  こんなんで、生きででっ、どうずればいいのざぁっ!!!」ポロポロ


京太郎(咲、咲…!やめてくれよ、俺は、ここにいる皆だって…!!)


咲「…だがらっ!!だがらぁあっ!!」ギロッ




和「――!」

優希「…の、のどちゃんっ!!」バッ

咲「―――私にはもう、これじがないんだあああああっ!!!!」ヒュンッ!!



京太郎(咲)



京太郎「さ、き!!!咲いいいいいいいいいっ!!!!」ダッ


ドスッ




京太郎(体が熱いことだけわかった)

京太郎(最後に見えた景色の中で、一番近くに居た女の子が)

京太郎(本当に、見ているこっちが辛くなるような顔で泣いていて)

京太郎(放っておくと、死んでしまいそうな気がしたから)

京太郎(力の抜けていく手で抱き寄せて、俺は、確か、何か耳元に囁いた)

京太郎(内容は…)

京太郎(なんだっけ…?)

京太郎(…)

京太郎(それで、俺はその誰かに、しっかりと手を握られて)

京太郎(安心して)

京太郎(…寝ようと思ったんだ、はは)



昔の夢を見た。

新緑生い茂る土手沿いを、咲と歩いていた。

その日、時折遠くを見ては泣きそうな顔をする咲が居たたまれなくて、どうともなしにその手を握った。

はたかれることも覚悟したけど、咲はそれを握り返してくれた。

上気する咲にせがまれて、ひとつ約束をした。

嬉しそうに飛び跳ねて笑う姿を見て、俺は、はじめて咲のことを、


…きれいだ、と思った。





京太郎(俺が、ずっと一緒に…)



京太郎「…咲」

咲「…ぁっ」

京太郎「…」

京太郎(…な、ナイフ?)

咲「…あ、う…」

京太郎(ああ、リンゴ…剥いてんのか…)

京太郎(何処だよ?ここ…)

咲「…ぅ、あ、私…私…」

咲「…め、目が覚めたって、あの、伝えてくるから…!お医者さんに…」ガタッ

京太郎「…っ!」

京太郎「咲っ!」バッ

ズキイイイイン

京太郎「はああがーっ!!!??」ドタッ!

咲「きょ、京ちゃんーっ!!」

京太郎「は、腹っ!!腹が痛いっ…!!」ズキンズキン

京太郎(…病院!?そうだ、俺は咲に刺されて…!)

咲「ご、ごめんね…ごめん…!京ちゃん、これ、私の…」

京太郎(…)

京太郎「…んん」ぐいっ

咲「わぁふっ…」ボフン

京太郎「…」ギュ…

京太郎「口裏、合わせてくれたのか?…あの二人は」

咲「…あの、夜遊びしてたら、変質者に襲われたことにっ…て…救急車を呼ぶときに…」

京太郎「…そか」

ギュウッ…

咲「あの、京ちゃん…」

京太郎「――ちょっと、思い出してたんだ。昔の事」

咲「…」ドキ

京太郎「咲、俺、まだ間に合うのかな」

咲「…きょう、ちゃん…きょうちゃん…」ギュッ

京太郎「…根っこから腐ってて…どうしようない猿で」

咲「…っ、ふ、…ううぅ」ポロ

京太郎「忘れっぽくて、一生で一番大事にすべきことも忘れるような人間の屑で」

咲「うううぅ、ううううっ…きょう、ちゃ…京ちゃん…!」ポロポロ

京太郎「…それでも、性懲りもなく、また同じようなこと、約束しようとしてる」

咲「うあーん…ううっ、うええええ…」ポロポロ


京太郎「こんな、こんな俺なんかで良かったら、咲――!」

京太郎「…ずっと、ずっと俺と一緒に居てくれ!!咲っ!!」

咲「――はいっ!!京ちゃんっ!」ポロポロ

ヤッパダイスキダー!
ワタシモダヨー!




優希「…こう、ドアの外で聞き耳を立てる私の無念、分かってくれるかじぇ?のどっちぃ」グズグズ

和「わからいでですか…同士ですよぅ…」グ゙シュグシュ


おわり