hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1346742846/


京太郎「咲!お願いだ!おっぱい揉ませてくれ!」ドゲザ

咲「きょ、京ちゃん!?何言ってるの!?」

京太郎「お願いだ!咲のおっぱいが揉みたいんだ!」

咲「い、いきなりそんなこと言われても・・・というか頭上げて!」

京太郎「俺はお前のがどうしても揉みたいんだ!触りたいんだ!頼む!」

咲「・・・い、一回だけなら・・・」

京太郎「ほんとか!?」

咲「い、一瞬だけだよ!」

京太郎「ありがとう!やっぱ咲は優しいな!」

咲「い、いいから触るんなら早く!」

京太郎「では」ピト

咲「ふぁ・・・」

京太郎(ふむ・・・大きさはないが丁度手に収まるサイズだ・・・大きいのばかりではなく小さいのもいいものだ)

京太郎「咲!ありがとう!最高だったよ!」

咲「だ、誰にも言っちゃ駄目だからね!」




京太郎「頼むタコス!いや優希!おっぱい揉ませてくれ!」

優希「・・・いきなり何言ってるんだじょエロ犬」

京太郎「俺はどうしてもお前のが揉みたいんだ!」

優希「エロ犬がいつにも増してエロくなってるじぇ」

優希「まぁおっぱい位なら別にいいじょ」

京太郎「いいのか!」

優希「うむ!エロ犬の面倒見るのもご主人様の役目だからな!」

優希「その代わり後でタコス10個おごってもらう!」

京太郎「おし!わかった!では」ピト

優希「むっ・・・」

京太郎(咲よりもさらに小さい・・・が平面ではない・・・触らないとわからない感触がある・・・)

優希「きょ、きょーたろう・・・」

京太郎(とはいえ揉めるほどの大きさはないな・・・)

優希「エロ犬!」

京太郎「うおっ!どうした?」

優希「触りすぎだじょエロ犬!いい加減にしろー!」

京太郎「わ、悪い!でも良かったぞ!」

優希「当たり前だ!私はぱーふぇくとれでぃだからな!」

優希「さて犬!今度はこっちのお願いを叶える番だじょ!」

京太郎「ああタコスか、じゃ今から行くか」

優希「おーし食べまくるじょ!」




京太郎「部長!おっぱい揉ませてください!」

久「須賀くん・・・ごめんなさい。雑用させすぎておかしくなっちゃったのね・・・」

京太郎「俺は正常です!」

久「どっからどう見ても異常よ・・・どうしたの急に?」

京太郎「突然揉みたくなったんです!」

久(暑さでどこかやられたのかしら)

久(でも須賀くんには雑用ばっかりでろくに打たせてあげてないし)

久(このままほっといて逮捕されたら後味悪いし)

久(部員のために身を削るのも部長の役目よね!)

久「いいわよ、触っていい」

京太郎「ほんとですか!」

久「ええ、その代わり他の人にこんなこと言っちゃダメよ。あとちょっと後ろ向いてて」

京太郎「はい」

久「これをこうして・・・もういいわよー」

京太郎「何かしたんですか?」

久「何でもないわ」

久「じゃ、はいどうぞ。優しくしてね」

京太郎「はい!失礼します!」ムニュ

久「んぅ・・・」

京太郎(これは・・・大きすぎず小さすぎず・・・まさにベスト・・・それに)

久「ねぇ・・・まだぁ・・・?」

京太郎(顔を赤くしてる部長マジかわいい!狭いところに入れたい!)

京太郎「ありがとうございました!最高でした!」

久「そう・・・所でそこにあるビデオカメラ動いてるの気が付いてる?」

京太郎「も、もしかして今の録画して・・・」

久「さて、何してもらおうかしらね」ニコ




京太郎「和!おっぱい揉ませてくれ!」

和「・・・」

京太郎「無言で距離とらないでくれ」

和「須賀君ってそういう人だったんですね・・・」

京太郎「いきなり言って悪いとは思ってる!だがどうしても言わずにはいれなかったんだ!」

和「須賀君が私の胸をいつも凝視していたのは気付いていましたが男の人なので仕方ないと思い気付かない振りをしていましたが」

和「流石に今回のは見損ないました」

京太郎「・・・」

和「反省するまで話しかけないでください」

京太郎「すまない和・・・悪かったよ。でも伝えたかっただけなんだ」

和「だから・・・」

和(いや・・・もしここで須賀君をほっといたら・・・)

和(須賀君が誰かを無理矢理触る→逮捕→麻雀部廃部→転校→麻雀禁止→皆ともう会えない→咲さんともお別れ)

和(か、考えすぎですよね・・・いえ、確実ではありませんし・・・)

京太郎「取り敢えず今日は帰るよ・・・」

和「ちょ、ちょっと待ってください!」

京太郎「ん?」

和「す、少しだけなら・・・その・・・」

京太郎「いいのかっ!?」

和「須賀君が暴走しても困りますし・・・」

和「ちょ、ちょっとだけですからね!」

京太郎「わかった!失礼します!」ムニュ

和「んんっ・・・」

京太郎(素晴らしい・・・なんて柔らかさだ・・・それに肌もまるで絹のような・・・正に極上の逸品・・・)

和「す、須賀君・・・あの・・・」

京太郎(谷間に指を入れる・・・未知の感覚だ・・・)

和「須賀君・・・もう・・・」

京太郎(和の涙目・・・これもいい・・・もう少し虐めてみたいが・・・)

京太郎「すまん和!」ドゲザ

和「い、いえ・・・言ったのは私ですから・・・」

京太郎(拒否反応が出るかもしれないから徐々に・・・だな)

和「須賀君・・・こういうこと他の子にはしないでくださいね」




京太郎「染谷先輩!おっぱい揉ませてください!」

まこ「わりゃあアホなんか?」

京太郎「いえ、真面目に言ってます!」

まこ「もっとアホじゃ」

京太郎「それでも俺は揉みたいんです!」

まこ(わしのとか誰得じゃ・・・どうするか・・・そうじゃ)

まこ「あっ!あんなところに永水女子が!」

京太郎「えっ!」

まこ「よし今じゃ!」

京太郎「どこにもいない・・・あっ!逃げられた!」



清澄メンバーカン



*******************************************************************************



京太郎「臼沢先輩!おっぱい揉ませてください!」

塞「ど、どうしたの須賀君!?」

京太郎「臼沢先輩のおっぱいが揉みたいんです!」

塞「声大きいって!それに私そんな胸大きくないし」

京太郎「大きさじゃないんです!臼沢先輩だから揉みたいんです!」

塞「いやそういうことじゃなくてえっと」

京太郎「先輩だからいいんです先輩じゃなきゃ駄目なんです!」

塞「そ、そうなの?」

京太郎「はい!」

塞「じ、じゃあ仕方ないよねうん・・・どうぞ・・・」

京太郎「失礼します!」ピト

塞「はうっ・・・」

京太郎(正直本人も言ってるように大きくはない・・・だが!)

京太郎「・・・」モミ

塞「っ!」

京太郎(揉むたびに手を握って頑張って耐えてる先輩最高っす!)

京太郎「お世話になりました!」

塞「も、もうこれっきりだからね!」




京太郎「鹿倉先輩!おっぱい揉ませてください!」

胡桃「な、なに言ってるの!」

胡桃「えっちなのは、めっ!だよ!」

京太郎「実は長野に伝わる秘伝の豊胸術を試してみたいんです」

胡桃「む」

胡桃(確かにおっきくなるのは嬉しいけど・・・)

胡桃「わかった、信用する」

胡桃「はい、ちゃっちゃとね!」

京太郎「失礼します」ピト

胡桃「きゃう・・・」

京太郎(ふむ・・・見事なまでの断崖絶壁だな・・・だがさっきの反応・・・もしかして・・・)

京太郎(ちょっと強めに)グニ

胡桃「ん・・・ちょ、ちょっと!痛いってば!」

京太郎「あ、すいません」

京太郎(間違いない・・・)

京太郎(今まで触った中で先輩が一番感度がいいぞ!)

京太郎「ありがとうございました!」

胡桃「須賀くん・・・これで大きくならなかったら」

胡桃「せ、責任とってね!」





京太郎「シロ先輩!おっぱい揉ませてください!」

シロ「・・・」

京太郎「・・・」

シロ「ダルい・・・」

シロ「ダルくしないんなら・・・いいよ・・・」

京太郎「い、いいんですか?」

シロ「うん・・・」

京太郎「じゃあ失礼しますね・・・」ムニュ

シロ「・・・」

京太郎(サイズは手に収まる位で丁度いい・・・でも)

京太郎「・・・」ムニ

シロ「・・・」

京太郎「・・・」グニ

シロ「・・・」

京太郎(反応がないぞ・・・いや)

シロ「・・・もういい?」

京太郎(揉むたびに顔がちょっとずつ赤くなってってるな)

京太郎「あ、はい、ありがとうございました」

シロ「京太郎・・・帰るからおんぶ」






京太郎「エイスリン先輩!おっぱい揉ませてください!」

エイスリン「ッ!?」

エイスリン「ナ、ナンデ」

京太郎「言うのはちょっと恥ずかしいんですけど・・・」

京太郎「エイスリン先輩が可愛すぎるからです!」

エイスリン「カ、カワイイ?」

京太郎「それで思いきって言ってみたんですけど・・・」

京太郎「気持ち悪いですよね・・・すいません・・・」

エイスリン「ダ、ダイジョウブ」

エイスリン「カワイイッテイワレテ、ウレシカッタカラ・・・ソノ」

エイスリン「・・・」カキカキ

エイスリン『京太郎が胸揉んでる絵』バッ

京太郎「・・・いいんですか」

エイスリン「ドウゾ・・・」

京太郎「失礼します・・・」フニッ

エイスリン「アッ・・・」

京太郎「・・・」モミモミ

エイスリン「ヒャ・・・」

京太郎「・・・」グニグニ

エイスリン「ンン・・・」

京太郎(外人さんはやっぱ声に出るんだな!あのDVDで見た通りだ!)

京太郎「満足しました!」

エイスリン「スガクン・・・ワタシライシュウクニニカエルンダケド」

エイスリン「イッショニコナイ?」ニコ




京太郎「姉帯先輩!おっぱい揉ませてください!」

豊音「ど、どどどうしたの京太郎君!」

豊音「え、えっちなのはだめなんだよ・・・」

京太郎「これはえっちなのじゃないんです!」

豊音「ふぇ・・・?」

京太郎「いいですか、姉帯先輩の身長でその胸だと」

京太郎「間違いなくたれます」

豊音「そ、そうなんだ!」

京太郎「しかし俺の出身地長野には秘伝のたれなくなるツボ押し技術が伝わっています」

豊音「へー長野ってすごいんだね!」

京太郎「姉帯先輩の将来のためにもお願いします!」

豊音「私のためか・・・うん!分かったよ!お願いするね!」

京太郎「お嬢さん重そうですね?持ちますよ」キラッ

霞「あら、助かります」

京太郎「よいしょっと!」ムニュ

霞「!?」

京太郎「なんじゃぁぁああ!コリア!」

京太郎「超でけえ!おっぱ、いや、これはもう惑星れべ」グシャッ

京太郎「…」バタッ

京太郎「じゃいきますね」モミ

豊音「んっ・・・」

京太郎(ほう・・・臼沢先輩と同じ位か・・・)

豊音「な、なんだかちょっとくすぐったいんだよー」

京太郎(身長は俺より高いが・・・反応が子供っぽくてすごくいい!)

京太郎「もうこれで大丈夫です!」

豊音「ありがとーそれでね、さっき思い出したんだけど・・・」

豊音「お母さんに体は結婚する人だけに触らせなさいって言われてて・・・」

豊音「だ、だからその・・・」

豊音「お嫁さんにしてください」ニコ



宮守カン



*******************************************************************************




京太郎「花田先輩!おっぱい揉ませてください!」

煌「きょ、京太郎さん!?突然何ごとでしょうか!?」

京太郎「い、いや・・・可愛らしい花田先輩を見てるとつい・・・」

煌「成る程、京太郎さんは俗に言う欲求不満というやつなんですね!」

煌「私のような発育の良くない体で良ければどうぞ!」

京太郎「い、いや・・・でも・・・」

煌「ですが勘違いはしないで下さいね。京太郎さんだから良いんですよ」

煌「あなた以外ならお断りしています。すばらくないです」

京太郎「で、では・・・」フニュ

煌「きゃん・・・」

京太郎(柔らかくてサイズも問題ないんだが・・・)

京太郎(罪悪感が・・・)

京太郎「ありがとうございました・・・」

煌「どうです?すばらくなれましたか?」

京太郎「花田先輩ごめんなさい!」ドゲザ

煌「すばら?」

---

煌「成る程、欲求不満ではなく触りたかっただけですか」

京太郎「はい!いくらでも怒ってください!」

煌「いえ、怒りませんよ?」

京太郎「へ?」

煌「私は女ですので分かりませんが男子高校生なら自然なことでしょう」

煌「でも他の人にやってはいけませんよ?私に正直に話せば出来るだけ頑張りますから!」

京太郎「は、花田先輩!大好きです!」ダキッ

煌「すばらっ!」


*******************************************************************************



京太郎「小鍛冶プロ!おっぱい揉ませてください!」

健夜「なに言ってるの須賀君!?」

京太郎「揉みたいんです!」

健夜「ちょ、ちょっとここに正座して!」

---

京太郎(めっちゃ説教された・・・)

健夜「分かった?もうこんなこと言っちゃだめだよ?」

京太郎「はい・・・」

健夜「うん、それなら・・・きゃ!?」

恒子「よし捕まえた!須賀くん今のうちに触るんだ!」

健夜「恒子ちゃんいつ来たの!?」

恒子「さっき!それより須賀くん早くっ!」

京太郎「は、はいっ!」モニュ

健夜「きゃあ!」

京太郎(おお・・・完熟した大人のおもちもいいものだ・・・そして意外にでかかった・・・)

京太郎(ってそうじゃない!)

京太郎「すいません!つい・・・」

健夜「二人とも、座って」

京太郎 恒子「はい」

京太郎(なんかすごいオーラみたいなの出てるぞ・・・)

健夜「二人とも、オシオキ」ニコ

---

咲「どうしたの京ちゃん・・・」

京太郎「アラサーダヨー」

---

睦月「あれ?」

智美「どうしたむっきー」

睦月「こーこちゃんが長期休業らしいです」

智美「そうなのかー無事だといいな」ワハハ

京太郎「ふぅ・・・」

京太郎「みんな中々のおもちをおもちだった・・・」

京太郎「しかし何か足りない・・・」

京太郎「そう言えば胸以外見てなかったな」

京太郎「他には・・・尻とか・・・」

京太郎「尻・・・」

京太郎「よし決めた!」

京太郎「咲ーちょっといいかー!」




カン