麻雀部主催クリスマスパーティの帰り道

京「あー死ぬほど騒いだから疲れたなあ」

咲「京ちゃん率先して盛り上げてたもんね、お疲れ様」

京「まあそういうの好きだからな、疲れたけど別に苦じゃなかった」

咲「中学の頃から全然変わらないよね、そういうお祭り好きなところ」

京「どうやったら嫌いになれるのか逆に聞きたいもんだね…お」

咲「どうしたの?…あ」

京「雪だ!」

咲「うん、雪」

京「なんていうか良いタイミングで降ってきたなおい」

咲「ホワイトクリスマス、だね。もうちょっとで終わりだけど」

京「うおおーなんかテンション上がってきたー!」

咲「ちょっと落ち着いて、夜遅いんだから」

京「おお悪い悪い、つい勢いで」

咲「まったくもう…」


京「――――――もう分かれ道か、もうちょっとこのひと時を味わいたかったぜ」

咲「私はハイな京ちゃんのツッコミ役から解放されると思うと気が休まるよ」

京「ったく、こんな時くらいもっとノリよくしろよ」

咲「京ちゃんが悪ノリしすぎなの」

京「…咲」

咲「ん?」

京「来年もまた一緒に騒ごうな」

咲「…そんなの当たり前でしょ?」

京「そうか。じゃーな」

咲「うん、ばいばい」

京「あ、咲に一言いい忘れた」

咲「…そういえば私も京ちゃんに」

京「一緒に言うか?」

咲「そうだね、せーの…」


「「ハッピークリスマス!」」

京「はぁ…世間はクリスマスだっていうのに俺はさみしく家で一人ぼっちかぁ…」

ピンポーン

京「?ったくこんな時間に一体誰だよ」

咲「…京ちゃん…いる?」
京「なんだ咲か?」

ガチャ

京「どうした…って!!おまっ!なんだよその格好!」

咲「えへへ…部長がねどうせ須賀君はクリスマスは家でさみしく一人ぼっちだろうからこのサンタコスで元気付けてきなさいってさ」
京(くっ…当たってる…)
咲「ねぇ京ちゃんこれどう似合ってる?」

京(…やべえな結構似合ってる…不覚にもかわいいと思ってしまった…だが素直にかわいいとは言えないし…)

京「まっまあ…そこそこ似合ってるんじゃないか?」

咲「もう!そこそこって…これ結構スカート短くて恥ずかしいの我慢して来たのにぃ」

京「我慢してまでなんで来たんだ?」

咲「そっそれは…」

咲(う~クリスマスこそは京ちゃんに告白しようと思って部長に協力してもらったなんて言えないよ//も~京ちゃんのバカ~//)

京「まあとにかく中入れよ寒かったろ?」

咲「うんありがと」

京「で、咲サンタさんよ、なんかプレゼントは持ってきてくれたのかい?」

咲「もう京ちゃんは~」

咲(確か部長が京ちゃんを落とす必殺プレゼントがあるって…)

咲「?何これ?」

京「なんだこれえらく長いリボンだな」

咲(?これは部長が書いたメモ!なになに…?)

咲「えーーーー!!!」

京「うおっ!どうした咲?」

咲「なななんでもないよ!なんでもない!!」

京「なんでもないわけないだろ なんだそれメモか?」

咲「あっ京ちゃんダメ!」
京「なになに…このリボンを巻いて私がクリスマスプレゼントよ!って…えーーーー!」

咲「あああ//そっそれはその誤解というかなんというか//」

咲(あーもうこれ絶対京ちゃんに嫌われちゃったよ…どーしよう…)

京「………」

咲「京ちゃんどうしたの?」

京「いや…俺はべつに咲がクリスマスプレゼントでも…いいかなって…」

咲「!!!京ちゃんそれって…」

京「なんだよ咲は嫌なのか?」

咲「嫌なわけないよ!!だって私京ちゃんのこと…!」

京「俺のこと?」

咲「…すっ好きだもん//」
京「じゃあ決まりだな」

咲「えっ…?」

京「咲からのクリスマスプレゼントありがたくいただきます!」

咲「京ちゃん……//」

名前:
コメント: