http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1340792711/


    和「…?」

    咲「京ちゃん今何か言った?」

    京太郎「ハッ!…いや、何も言ってないぞ!」

    咲「…変な京ちゃん。原村さん、それでね…」

    京太郎(危ねー、思わず口に出てた…)

    京太郎(最近咲と和の仲がいいせいで登下校に和がついてくる…。正直あのおっぱいは目に毒だ)

    咲「…ちゃん!、京ちゃん!聞いてる?」

    京太郎「お、おう!どうかしたのか!?」

    咲「もう。さっきからどうかしたの?調子悪い?」

    京太郎「お前に心配されるほどのことじゃねーよ」

    咲「でも…」

    和「フフッ…、宮永さんと須賀くんはほんとうに仲がいいんですね」

    咲「は、原村さん!そんなんじゃないよ!」





    咲「京ちゃんとは中学校から腐れ縁なだけだし、それに京ちゃんは私みたいなチンチクリンには…」アセアセ

    和「フフッ、宮永さん。少し落ち着いてください」

    咲「あぅ…」

    京太郎(あぁ…、おっぱい揉みたいな)

    京太郎(あの破壊的なまでののどっぱいを心ゆくまで…)ゴクリッ

    咲「…」ジー



    授業中

    京太郎(おっぱい…)

    教師「須賀ー、ボーッとするなよー」

    昼休み

    京太郎(おっぱい…)

    咲「京ちゃん、ご飯こぼしてるよ」

    放課後

    京太郎(おっぱい…)

    優希「ローンッ!12000だじぇ!」

    久「あらあら。また須賀くんのトビ終了ね」

    まこ「いつにもまして集中できとらんのぉ」

    和「須賀くん、どうかしたんでしょうか?」

    咲(京ちゃん…)

    京太郎(おっぱい…)


    帰宅

    和「それでは私はこちらなので。さようなら宮永さん、須賀くん」

    咲「うん、また明日ね!原村さん!」

    京太郎「じゃあな和」(おっ…ぱい…)

    和「はい、また明日」スタスタ

    咲「いこっか京太郎ちゃん」

    京太郎「おう」

    京太郎「…」スタスタ

    咲「…」スタスタ

    京太郎「…」スタスタ

    咲「…」

    京太郎「どうかしたのか?」

    咲「…それはこっちのセリフだよ」

    京太郎「え?」

    咲「京ちゃん、今日ずっとボーッとしてるよ。どうしちゃったの?」

    京太郎「お前にだけはボーッとしてるとか言われたくないんだけど…」

    咲「もう、ごまかさないで!今日の京ちゃんおかしいよ!」

    京太郎「咲…」

    咲「京ちゃん…」グスッ

    京太郎「ごめん、咲。俺が間違ってたよ…」

    咲「…それじゃあ、話してくれる?」

    京太郎「全部話すよ、俺が今日考えてた全部。聞いてくれるか?」

    咲「うん!」

    京太郎「…おっぱい」

    咲「ん?」

    京太郎「おっぱい…おっぱい…おっぱいおっぱいおっぱい」

    咲「え、ちょ、ちょっと京ちゃん?」

    京太郎「和の、和ののどっぱい!のどっぱいを!俺は!俺はッ!」

    咲「」

    京太郎「揉みしだきたいんだぁぁあああああああああああッ!」カッ!

    咲「」

    京太郎「あのメロンを!あのマシュマロを!俺の両手で!形が変わるまで!」

    咲「きょ」

    京太郎「ハァハァ和ののどぱい…。ハァハァのどぱいのどぱい…」

    咲「京ちゃんの…」ゴゴゴ

    咲「京ちゃんの、バカァアアアアアアアアアア!!」バチーン!

    京太郎「のどぱっ!」

    咲「ハァハァ…」

    京太郎「ハァハァ…」

    咲「京ちゃん、少しは落ち着いた?」

    京太郎「…あぁ、目が覚めた」

    咲「どうして?どうして急にあんなことに…」

    京太郎「今朝からだ」

    咲「え?」

    京太郎「どうも朝からなんかおかしくてな。いや、おかしいのはここ数日か…」

    咲「ここ数日?」

    京太郎「そうなんだよ。ここ数日間ふと気がついたら和のおっぱいのことばっかり考えてるんだ…」

    咲「原村さんの…」

    京太郎「細かく言えば部長のおっぱいとかにも反応はするんだがやっぱり一番は和だな」

    咲「ど、どうしてそんなことになったの?」

    京太郎「わからん。まるでお腹が減るみたいに自然におっぱいを揉みしだきたくなってくるんだ…」

    京太郎「今もそうだ…。頭の片隅に和のおっぱいを揉みしだきたいと思う俺がいる」

    咲「京ちゃん…」

    京太郎「俺はもう麻雀部にいかない方がいいのかもな…」

    咲「ど、どうして?」

    京太郎「これ以上自分を抑えられる自信がないんだ。たぶん次に和にあったら俺は…」

    京太郎「ごめんな。でもそういうことだから部長にはしばらく部活は休むって…」

    咲「それならッ!」

    咲「それなら私の胸を揉んでよ!」

    京太郎「へ?」

    咲「だ、だ、だから!今の京ちゃんはお、おっぱいを揉みたくてしかたないんでしょ!?」///

    京太郎「お、おう」

    咲「だ、だったら原村さんを襲っちゃう前に私の胸を揉んでストレスを発散したらいいんじゃないかな!?」///

    京太郎「いや、でも揉むって言ってもな…」ジーッ

    咲「」ペターン

    咲「京ちゃんのバカ!」ドゴォ!

    京太郎「ひでぶっ!?」

    京太郎「ハァハァ…。そ、それに咲だって俺なんかに触られるの嫌だろ?」

    咲「…ジャナイヨ///」

    京太郎「へ?」(おっぱ…?)

    咲「べ、別にこれぐらい原村さんのためだから!それに京ちゃんに麻雀部をやめて欲しくないから…」

    京太郎「咲…」(おっぱい…)

    咲「いいよ…、京ちゃん。来て…?」

    京太郎「咲、咲ぃぃいいいいいい!」(おっぱいおっぱいおっぱい!)

    咲「京ちゃん///ダメだよ、優しくして///」

    京太郎(こ、これは!たしかに質量では圧倒的に和にとどかない!
     だがしかし、たしかにある!たしかに今!俺の手の下に咲のおっぱいが存在している!)サワサワ

    咲「ふ、ふわぁ!?///」ピリピリ

    咲(な、なにこれ!?なんだかピリピリするよ!)

    京太郎(しかもこれは…。和の胸にはない慎ましさだと!?
     暴力的なまでの破壊力のせいで和のおっぱいには存在しなかった慎ましさがこのおっぱいにはある!)フニョフニョ

    咲「…ふっ、ん…///」ビリッビリッ

    咲(声でちゃうよぅ…。ピリピリが強くなってきたような気がする…)

    京太郎「おっぱ…」

    咲「だ、ダメ…///」ビリビリ

    京太郎「おっぱぁぁあああああああああああああいッ!」

    咲「ふわぁぁ///」ビリビリビリビリ!

    咲「も、ダメぇ…///」フラッ

    京太郎「咲!」

    咲「あ、ありがとう京ちゃん…///」

    京太郎「礼を言うのは俺の方だよ!さっきまでのが嘘みたいだ!」

    咲「ほんとう?!じゃあ…!」

    京太郎「ああ、これならもう大丈夫そうだぜ!ありがとな、咲!」ダキッ

    咲「///」

    咲「さっ、さっきのことは秘密だから!絶対誰にも言わないでよね!」

    咲「じゃ、じゃあね京ちゃん私こっちだから!」ダッ!

    京太郎「お、おう!じゃあな咲!ってもう行っちゃったか…」



    翌日

    京太郎「~♪」スタスタ

    和「おはようございます」

    京太郎「うわっ!…って和かおはよう」

    和「ビックリしすぎです。それより今日は宮永さんは一緒じゃないんですか?」

    京太郎「あー…、うん、ちょっとな」

    和「?そうですか。須賀くんは今日は大丈夫そうですね」

    京太郎「和にもばれてたのか…。心配かけてすまん、でももう大丈夫だから」

    和「同じ麻雀部の1年生なんですから何かあったら相談して下さいね」ニコッ

    京太郎(のどっちマジ天使)

    和「あら?あれは…」

    咲「…」コソコソ

    和「宮永さん?みょうに周りを気にして、どうかしたんでしょうか?」

    京太郎(なにやってんだあいつは…)

    和「宮永さーん!」

    咲「ビクッ!…な、なんだ原村さんかって…」

    京太郎「よ、よう咲」

    咲「うわわわわ!?きょ、きょ、京ちゃん!?///」

    咲(どどどどうして京ちゃんがいるの!?通学時間いつもとズラしたのに!)

    京太郎(なんでこいつがここにいるんだよ…、昨日のこと気つかって通学時間ズラしたのに!)

    和「おはようございます、宮永さん。須賀くんもですけど今日はずいぶん早いんですね。
   まあ、私も今日は早く目が覚めてしまったんですけど」フフッ

    咲「お、おはよう原村さん!悪いけど私今日は急ぐから!また後でね」ドヒューン!

    和「あ、宮永さん!」

    京太郎「咲!」

    和「行っちゃいましたね…」

    和「はぁ…、昨日は須賀くんで今日は宮永さんですか」

    京太郎「なんかごめんな…」

    和「別にせめてません。とりあえず私たちも学校に行きましょう」

    京太郎「ああ、そうだな」



    昼休み

    京太郎「咲ー、飯食いに行こうぜー」

    咲「!?///」ドヒュ…

    京太郎「逃がすか!」ガシッ

    咲「わひゃあ!?///」

    京太郎「ほら、行くぞ!俺は今日レディースランチが食べたい気分なんだ!」

    咲「ちょっ!ちょっと、離してよ京ちゃん!」

    京太郎「問答無用!」ズルズル

    咲「…」ジーッ

    京太郎「よしよし、今日のレディースランチもうまそうだな」

    咲「…」ジーッ

    京太郎「いいかげんだんまりはやめてくれよ…」

    咲「バカ京ちゃん…」

    京太郎「バカでもいいし昨日のことも謝るからさ、いいかげん機嫌直してくれよ」

    咲「はぁ…、貸し一つだからね」

    京太郎「おお、さすが姫!寛大なお心をお持ちだ!」

    咲「調子いいんだから…。ワタシニハアンナコトシタクセニ…」

    京太郎「でも咲のおかげでほんとに助かったぜ!今朝も普通に和と話せたしな!」

    咲「うん、そのことなんだけどね京ちゃん。昨日からどこか変わったこととかない?」

    京太郎「変わったこと?まあ、頭のモヤが晴れたような気分ではあるけどどうかしたのか?」

    咲「うん…。昨日のその、京ちゃんにゴニョゴニョされたあとからちょっと違和感があって…///」

    京太郎「違和感って?」

    咲「うーん…。なにって言われるとなんだか説明できないんだけど…」

    京太郎「なんだそりゃ。別に特に変わったことはないし、強いて言えばいつもより調子がいいくらいだぜ!」

    咲「それならいいんだけど…」

    京太郎「っと、そろそろ昼休みも終わるな…。教室に戻ろう」

    咲「うん、そうだね」



    放課後

    京太郎「こんにちわーっす!」

    久「あら?昨日と違って今日はずいぶんと元気がいいのね、須賀くん」

    京太郎「いやーっ!昨日は情けないところ見せてすいません!昨日の負けは今日取り返しますから!」

    優希「なんだか犬が調子に乗ってるじぇ!
    これは調教が必要だな!」

    まこ「まあ、元気なんはええことじゃ。あと一席余ってる…じゃが入るか?」

    京太郎「あれ、和はどうかしたんですか?」

    久「掃除で遅れるらしいわ。須賀くんこそ咲はどうしたの?」

    京太郎「あー、あいつは図書室に本返すから先に行ってくれと」

    優希「犬ー!そんなことはいいからとっととと卓につけ!貴様の飼い主が誰かわからしてやるじぇ!」

    京太郎「だれが犬だこのタコスめ…」

    久「それじゃあ面子も揃ったしはじめましょうか」


    中断します

    この先闘牌シーンが入る予定
    萬子 一 赤五
    索子 1 赤5
    筒子 ① 赤⑤
    みたいな感じで書くつもりです
    かなり適当なのでミスがあった場合は指摘と脳内補完をよろしくお願いします

    東一局 親 優希 ドラ⑧

    ジャラジャラジャラジャラ

    優希(今日こそは京太郎を東一局で飛ばしてやるじぇ!)

    一 一 三 八 3 赤5 6 8 8 ② ③ 東 東 白

    久(優希の起家…、安く流してしまいたいところね)

    三 五 六 九 1 4 5 ⑤ ⑧ ⑨ 南 西 白

    まこ(東場の優希は要注意じゃけぇ当たらんように立ち回らんとのう…)

    二 六 七 八 九 2 3 7 ③ ⑥ 東 北 中

    京太郎(…)

    ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ?


    咲「遅れましたー」

    和「遅れてすいません」

    久「あら、二人ともいらっしゃい。悪いけど先に始めてるわよ」トン

    優希「のどちゃん、咲ちゃん!私が京太郎を東一で完封するところ見てるといいぞ!」

    まこ「ええからはよ打ちんさい…」

    京太郎「おっーす…」

    8巡目

    一 一 八 八 5 赤5 8 8 ⑧ ⑨ 東 東 白 ⑧

    優希(よし、張ったじぇ!ツモ、一発乗れば倍満!)

    優希「先制リーチ!」 打⑨

    久(あちゃー、先制リーチかかっちゃったわね。二向聴だしここは降りかな)

    まこ(聴牌しとるが場に2枚見えとる6のカンチャン…。ここはとりあえず現物で回すかのう)

    京太郎(…)

    和(優希の待ちは出アガり狙いですか。部長と染谷先輩にはないし二人とも降り気配、これは須賀に当たりそうですね…)

    咲(京ちゃんに当たりそうかな…)

    優希「一発ならずたじぇ!」パチン

    久「…」トン

    マコ「こりゃーいかんのう」トン

    京太郎「…」

    京太郎「…槓!」

    ?①①?

    優希(京太郎が自分で墓穴を掘った!これは私の勝ちだじょ!)

    久(いつもの須賀くんらしくない打ち方ね…)

    まこ(勘弁して欲しいのう…)

    和(親リーに暗槓。非効率的ですね)

    咲(嘘…。この感覚、もしかして)ピリッ…

    京太郎「…」スッ…

    咲(京ちゃん)

    京太郎「ツモッ!面前リンシャン三暗刻!
    4000・2000!」

    四 四 四 2 2 ④ ⑤ ⑥ ⑨ ⑨ ?①①? 2

    優希久まこ和「「!?」」

    咲(やっぱり…)

    優希「わ、私の先制リーチが犬ごときに流されるなんてありえないじぇ!」ガタッ!

    京太郎「これが俺の実力なんだよ、タコス!」

    優希「~!きょ、京太郎のくせに今日は一段と生意気だじょ!」

    久「はいはい、二人ともそこまでね。優希は悔しかったらしっかり麻雀で返しなさい。
   須賀くんも一回アガれたからって調子のらないこと」

    まこ「久の言うとおりじゃ。はよう卓につきんさい」

    優希「む~…、ぶっ飛ばしてやるじぇ!」

    京太郎「やれるもんならやってみやがれ!」

    和「二人ともほんとに元気ですね…」


    南四局

    優希 22100
    久 30200
    まこ 20100
    京太郎 27600

    久(オーラスまできて須賀くんが2位。いつもと違うアガりに打ち回し少し奇妙ね…)

    まこ(京太郎自身が気づいとるかは知らんがここまで捨て牌、まるで咲を見とるようじゃのう…)

    優希(オーラスまできて京太郎がいるのに私が4位。こんなのありえないじぇ!)

    京太郎「ふっふっふっ…。最初の威勢はどうしたんだ?」

    優希「う、うるさいじぇ!このオーラスで役満ぶちかましてやるから覚悟しとくんだな!」

    和(ここまで須賀くんは槓が4回。平均から見ると多いですね…)

    咲(…)


    ドラ 四

    京太郎「さぁて、俺の親番だぜ!」

    三 七 九 1 2 4 7 8 ② 赤⑤ 東 北 白 中

    優希(ぶっ飛ばすじぇ!)

    一 四 八 九 4 9 ① ⑤ ⑥ 東 南 南 發

    久(逃げ切りね)

    二 三 六 六 16 7 9 ② ③ ④ 發 發

    まこ(無理はしとぉないが十分まくりも可能な点差じゃけぇのう)

    一 四 赤五 3 5 ③ ④ ⑥ ⑧ 東 西 白 中

    京太郎(…)トン 打 北

    優希(こい!) ツモ 北







    10巡目

    一 八 九 9 ⑧ ⑨ 東 西 南 南 北 發 中 1

    優希(よし!国士一向聴だじぇ!) 打 ⑧

    久(優希の手は国士ね。捨て牌でバレバレなんだけどそろそろ張りそうね)

    二 三 六 六 七 5 6 7 ② ③ ④ 發 發 ⑤

    久(うーん…、發もでないし手も遅い。とりあえずいつも通りいきましょうか) 打 ②

    まこ(あかんのう…。降りじゃね)

    京太郎(…感じる。いつもならわからないのに今は牌が'見える'。ならここは…) 打
    ①


    優希(む、これは…) ツモ ①

    優希(よし、これで聴牌だじぇ!あとは京太郎にぶちかますだけ!) 打 ⑧

    京太郎「槓」パタッ

    優希「!?」

    京太郎「…」スッ

    京太郎「ツモ、リンシャンカイホウ、700オール」

    優希「」

    久「ふぅ…」

    まこ「…」

    和「須賀くんが200点部長より+…。終了ですね」


    ミスです
    ⑧は槓できませんね…
    優希捨て牌を⑧→八の順で八を槓に補完しておいて下さい


    五 六 七 1 2 3 7 7 ② ③ ?八 八 ? ④

    久「直前の①でツモアガりだと500オールで私にはとどかない…。明槓の符をのせて700オール、見事ね」

    優希「わ、私が京太郎に負けた…」グスッ

    まこ「麻雀は運もあるけぇしかたなーよ…」

    優希「…こんなオカルト!ありえないんだじぇ!」ガタッ、ドヒューン

    和「あ、優希!待ちなさい!」

    咲「優希ちゃん!」

    久「あらあら、よっぽどショックだったのね…。和、追っかけてあげてくれるかしら?」

    和「しょうがありませんね…。すぐに連れ戻します」ガチャ

    まこ「やれやれ、優希にも困ったもんじゃのー」

    京太郎「優希…」

    久「さて、和もいなくなったし丁度いいわね。須賀くん、今日の種明かしをお願いできるかしら?」

    京太郎「種明かしって…、別に何もないですけど」

    まこ「それにしては咲の打ち筋によーにとった気がするけーのう」

    久「そうね。京太郎くんにはなくても咲にはなにか心当たりがあるんじゃないかしら」

    咲「え、わ、私には別に心当たりなんて…」///

    まこ「わっかりやすいのう」

    京太郎「え、でもほんと今日は調子良かっただけですよ?」

    久「フフッ、それでも咲にはなにか心当たりがありそうだけど?」

    咲「ちょっ、ちょっと京ちゃんこっち来て!」

    京太郎「?」

    京太郎「どうしたんだよ咲?」

    咲「あのね、京ちゃん。今日の麻雀どんな感じだった?」コソコソ

    京太郎「どんなって、なんて言うかやたらとツモがよかったり、説明できないけど次になにが来そうとか…。そんな感じだけど?」

    咲「…やっぱり」

    久「どうかしら。なにかわかった?」

    咲「部長…」

    久「わかってることだけで良いから説明して欲しいわね」ニコッ

    久「昨日須賀くんの調子が悪かったから下校の途中で少し話しをした」

    まこ「そこで色々あってそんときに変な感覚がした、か…」

    咲「はい…」

    久「その変な感覚っていうのが気になるわね…。具体的にはどんなかんじだったの?」

    咲「私の中の感覚が京ちゃんの方に引っ張られるっていうか、なんだか不思議な感覚でした」

    久「ふーむ。それで、須賀くんは特になにも感じてないのね?」

    京太郎「いやー…、なんていうかその、咲が言ってる瞬間の感覚があまりないんで良くわからないですね…」

    まこ「ほんにお前はダメじゃのお…」

    京太郎「うっ、すんません…」

    久「まとめると。咲がいつも麻雀を打ってるときに感じる勘みたいなものが、
   昨日咲と須賀くんにあったいろいろで須賀くんにも身についたかもってことね」

    咲「はい」

    京太郎「???」

    まこ「うーむ、にわかには信じられんのお」

    久「それはそうね、勘なんて和ならオカルトの一言で切り捨てる感覚だし
   その不確かなものが須賀くんにもうつった、なんて信じられるわけないし」

    まこ「じゃけど、それにしては京太郎の豹変ぶりはあまりにも異常ってことじゃね?」

    久「そうね。たった一半荘だけど、それでも昨日一昨日の須賀くんとはまったくの別人だったもの」

    京太郎「いや、でもほんとに調子が良かっただけなんじゃ…」

    久「もちろんその可能性もあるわ。でも私はまだ二つ重要なことをきいていないわ」

    京太郎「?」

    咲「…」

    久「昨日の須賀くんの調子が悪かった原因とそのあと二人の間であった'いろいろ'の部分よ」

    京太郎「…」ギクゥ

    咲「…」///

    久「さぁて…、二人には洗いざらい吐いてもらおうかしら…?」ニコォ

    まこ「和のおっぱいに視線が釘付け…」

    久「道端で叫びながら女子高生の胸を触る…」

    京太郎「」

    咲「///」

    京太郎「ち、ちがうんです!昨日の俺はおかしくて…」

    久「そのことはわかってるわ。でも、流石にそれは…」

    咲「あ、そう言えば原村さん以外だとぶ」

    京太郎「もうやめてぇぇええええええええ!!」

    久「まあ、須賀くんの処分はひとまずおいておくとして…。これでハッキリしたわね」

    久「咲は胸を触られたときに力が抜けていく感覚がしたのよね?」

    咲「は、はい…///」

    久「ふむ、でも咲の中の感覚はなくなったわじゃなくてそのまま…、さらに須賀くんの中にその感覚みたいなのがうつった」

    京太郎「いや、でもそんなことやっぱりありえませんよ!それにそうだとしても証明できないじゃないですか」

    まこ「ほーじゃのう。ここまでやっといてなんじゃがどうするんじゃ?」

    久「簡単に試す方法が一つあるわ」

    咲「方法?」

    久「ええ、私の胸を揉みなさい、須賀くん♪」ニコッ

    まこ「ちょっ、ちょっとまちんさい!」

    咲「そそそ、そうですよ部長!何言ってるんですか!?」

    京太郎「」

    久「あら、なにかおかしいかしら?」

    咲「お、おかしいですよ!な、なんで…」

    久「簡単な話よ。咲は1回触られてるから効果があるかどうか判断できない。それなら私のを触らせれば実験できるでしょ?」

    京太郎「いや、部長、でも」

    久「須賀くんは不満?私の胸を合法的に触るチャンスよ?」

    京太郎「嬉しいです!すごく嬉しいです!」
    (そんなのダメに決まってますよ!)

    咲「京ちゃん…、本音と建前が入れ替わってるよ」ジトーッ

    京太郎「ハッ!…いや、でもやっぱりダメですよ!」

    久「フフッ、べつに遠慮しなくていいのよ?須賀くんはいつも
   私たちのために頑張ってくれてるしほんのご褒美みたいなものだから」

    京太郎「ご、ご褒美…」ゴクリッ

    まこ「だらしないのぉー…」

    咲「きょ、京ちゃん…」

    久「須賀くんもやる気十分みたいね。さすがに二人に見られてるところで触られるのは恥ずかしいからあっちでやりましょうか」

    京太郎「あ、あっちって…」

    まこ「まさか…」

    咲「ベッド…」

    久「あそこならカーテンで仕切れるし問題ないでしょ。須賀くんが襲いかかってきてもすぐに逃げられるし」

    咲「お、襲うって…///」

    京太郎「そ、そんなことしませんよ!」

    久「ふふっ、どうかしら?」


    久「それじゃあ、万が一のときは頼むわね」

    まこ「はいはい、りょーかいりょーかい」

    咲「京ちゃん…、わかってるよね?」ニコォ

    京太郎「さ、咲さん…?なんかすごく怖いですよ…?」

    咲「もしなにかあったらその時は…、ね?」

    京太郎「ひぃ!?」ガタガタガタガタ

    久「二人とも、あまり聞き耳を立てないでね?それじゃ、カーテン閉めてくれるかしら」

    京太郎「は、はい!」シャー!

    久「これで二人からは見えなくなったわね。さて、須賀くん?」

    京太郎「な、なんでしょうか!」

    久「はぁ…、緊張しすぎよ。できるだけ声を落としなさい」

    京太郎「すいません…」

    久「わかればよろしい。本題にはいるけど昨日みたいな感じはする?」

    京太郎「いやー…、よくわからないです」

    久(んー、わかってはいたけどやっぱり不安ね…。まあ、私が誘ったんだからリードはしてあげないと…)

    京太郎「部長?」

    久「うん、そうね。とりあえずやってみましょうか」

    京太郎「や、やってみるって…!///」

    久「もう、なに恥ずかしがってるの。怒らないからドーンときなさい」

    京太郎「…そ、それでは、し、し、失礼します」

    久「ん…」フニョン

    京太郎(さ、触ったぁぁああああああああ!あの!清澄高校学生議会長!竹井久麻雀部部長の胸に!俺の!俺の手が!)サワサワ

    久「なんだかくすぐったいわね」…リ

    京太郎(これが…、これがのどっぱいの次に夢見た…)サワサワ

    京太郎(のどっぱいには一段見劣りする!だが麻雀部で誰が
     一番ベストサイズおっぱいかと聞かれれば間違いなく部長!)サワサワ

    久(あら…?)ピリッ…

    京太郎(和のように制服を押し上げることはないが手のひらには
     ジャストにフィットするベストサイズ!俺の想像通りだ!)フニョフニョ

    久(これが咲の言ってた…)ピリ…ピリ…

    咲「部長、大丈夫かな…」

    まこ「さすがの京太郎もここで襲うなんてことはないじゃろう」

    咲「いえ、襲うとかじゃないんです…」

    まこ「?」

    久(ふっ…これで何分くらいかしら…?なんだか身体の奥がフワフワして…んっ)ピリビリ

    京太郎「ハァハァ」フニョンフニョン

    久(変な感じ…、咲の言ってた通りね)ピリピリ

    京太郎「ハァハァ…っぱい…ハァハァ」モミモミ

    久(んっ…!また強くなった…?ダメ、力入らない)フラッ

    ドサッ

    咲「今なにか音がしませんでしたか?」

    まこ「んー?気のせいじゃろ」

    ガチャ

    和「遅れてすいません、優希捕まえてきました」

    優希「心配かけてごめんだじょ…」

    まこ「まずいタイミングで帰ってきたのう…」

    和「部長と須賀くんはどうしたんですか?」

    咲「え、えーと二人はあの!その…」チラッ

    和「部長はベッドですか?

    咲「え、え、え」ビクゥ

    まこ「そ、そーじゃ!疲れて寝とるようじゃからそっとしておいてやってくれんかのう!?」

    和「そうですか。須賀くんは?」

    まこ「きょ、京太郎ならさっきトイレにでていったとこじゃ!」

    和「須賀くんはトイレですか」

    優希「うー、京太郎のやつは肝心な時にいないんだじぇ」

    咲「ど、どーするんです!これで京ちゃんが部長と一緒に出てきたら!」コソコソ

    まこ「ど、どーしようもないじゃろ!そうならんことを願うだけじゃ!」コソコソ

    和「そう言えばさっきから衣擦れの音がしますね」

    咲「きっ、きっと寝苦しいんだよ!」

    和「そこはかとなく荒い息遣いも…」

    まこ「わ、悪い夢でもみとるんかもしれんのう!」

    和「?」

    久(ま、ずいわね…んっ、ふぅ…。この声…和と、ふっ…、優希ね)ビリビリビリ

    久(ここで、バレるのは…、すごくマズいわ…)ビリビリビリ

    京太郎「おっぱい…、おっぱい…」モミモミモミモミ

    久(つ、まり…ふっ…、ここで声を出すのは許されない…!)ビリッビリッ

    久(でも、正直もうかなり、はぁ…、辛いわね…)ビリビリビリ

    京太郎(素晴らしい…エクセレント…これなら一生揉んでても飽きない!柔らかいこの感触!最高だ!)モミモミ

    京太郎(おっぱいおっぱいおっぱいおっぱいおっぱい)モミモミモミモミ

    久(も、だめ…。我慢の、んっ…限界…よ)

    京太郎(おっぱいおっぱいおっぱいおっぱいおっぱい!!)モミモミモミモミ!

    久「ひゃっ!~~~~~~ッ!?」ビリビリビリビリッ‼

    和「今ベッドの方から部長の声が…」

    咲「そ、そうだ!私すごく喉乾いてるんだったよ!原村さん、一緒に飲み物買いに行こう!」ギュッ

    和「え、ちょっと宮永さん?そんなに手をひっぱらないでください///」ズルズル

    まこ「そ、それにしも京太郎は遅いのぉ!優希、一緒に飲み物でも買いに行かんか!?」

    優希「私は京太郎を…」

    まの「よしよしわかったわかった!そいじゃはよう行こう!」ギュッ

    優希「ちょ、ちょっと待つじぇ!」ズルズル

    バタン、シーン


    シャー!

    久「ハァハァ…、す、すごかったわ…」

    京太郎「ぶ、部長…///」

    久「と、とりあえず須賀くんはベッドを直しておいて!わ、私は少しトイレでいろいろと直してくるから…」

    京太郎「は、はい!」

    久「いい!間に和たちが戻ってきたら適当にごまかすこと!」スタスタ!ガチャ

    京太郎「わかりました!」

    京太郎「…」

    京太郎「すごかったな…///」



    ガチャ

    優希「ただいまだじぇー」

    京太郎「…」ボーッ

    優希「あぁ!京太郎、貴様いつの間に戻ったじぇ!」

    京太郎「…あ、タコス。それに染谷先輩も」

    まこ「久のやつはどーしたんじゃ?」コソコソ

    京太郎「髪とかが乱れたから直してくるって言ってトイレに行きました」コソコソ

    優希「二人ともなんの話してるんだじぇ?」

    まこ「こっちの話しじゃ。それよりもおんしは京太郎に言わんといけんことがあったじゃろ?」

    京太郎「?」

    優希「うぐ…」

    京太郎「どうしたんだ、優希?」

    優希「い、犬!…じゃなくてきょ、京太郎!」

    京太郎「なんだよ」

    優希「さっ、さっきは急に怒ったりして、その…」モジモジ

    京太郎「?」

    優希「だから、えーと…。ごめんなさいだじぇ…」

    京太郎「さっきのって俺が勝ってお前が出て行ったことか?」

    優希「そうだ!いつも京太郎なんかに負けないから悔しくて…」

    京太郎「なんだ、そんなことかよ…」ハァー

    優希「そ、そんなことって」

    京太郎「別に気にしてねーよ。お前がわがままなことなんていつものことだろ?らしくないぞタコス」ナデナデ

    優希「な、京太郎のくせに生意気だじぇ!」

    京太郎「あーはいはい、急に元気になりやがって…」

    まこ「おーおー、京太郎はたらしじゃのぉー」ニヤニヤ

    京太郎「な!?そんなんじゃないですよ!」

    まこ「そうかのぉー?」ニヤニヤ

    咲「ただいまー」ガチャ

    和「戻りました。須賀くんも戻ってきてたんですね」

    京太郎「お、おう。染谷先輩たちより一歩はやくな」

    和「優希、ちゃんと謝りましたか?」

    優希「もっちろんだじぇ!」

    和「そうですか。良かったですね、優希」ニコッ

    和「部室に戻る途中で泣きそうな顔で須賀くんに嫌われたら」

    優希「の、のの、のどちゃん!そこまでだじぇ!」ガバッ!

    和「きゃ!ちょっと、優希!」

    ワーキャー!

    咲「京ちゃん終わったの?」コソコソ

    京太郎「ああ、打ち方っていうのか?あれが移ったかはわからないけどな」コソコソ

    咲「そうなんだ…。やっぱり揉んだんだね京ちゃん…」





    ガチャ

    久「みんな揃ってるみたいね」

    まこ「久、遅かったのう」

    和「ハァハァ…、そ、そう言えば部長はそこのベッドで寝てたんじゃ…?」

    久「あなたたちが出て行った後くらいに起きてね。少し外を歩いてたのよ」

    和「そうなんですか。体調のほうは?」

    久「まあ、ぼちぼちってところね」

    久「せっかくみんなが集まってるけど.もうあまり時間がないから今日は解散にするわ」

    まこ「お、そう言えばもうけっこうな時間じゃのう」

    和「仕方ありませんね。宮永さん、優希、途中まで一緒に帰りましょう」

    咲「あ、うん!京ちゃんも一緒でいいよね?」

    和「もちろんです」

    久「咲、悪いけど少し須賀くんを借してくれるかしら?」

    咲「さっきのことですか?」コソコソ

    久「ええ、今日は時間がないから確かめられないけど少し話しをしておきたくて」コソコソ

    咲「わかりました。京ちゃん、早く追っかけてきてね!」ガチャ

    和「それでは」

    優希「また明日だじぇ!」

    まこ「久、校門のところでまっとるけぇーのう」バタン

    京太郎「俺の人権は無視ですか…」

    久「フフッ…。須賀くん、さっきのことだけど…」

    京太郎「えっと、さっきのことって言うのは…」

    久「トボけなくてもいいじゃない…。私の胸、揉んだでしょ?」ズイッ

    京太郎「ぶ、ぶぶ部長!近い!近いです!」

    久「さっきはあんなに鼻息を荒げて私を求めてくれたのに…」

    京太郎「な!?」

    久「ねぇ、須賀くん、違うわね…京太郎くん?」

    京太郎(し、下の名前で!?)

    久「ふふっ、意外としっくりくるわね」ギュ

    京太郎(あばばばば…)

    久「京太郎くん…、私、さっきからなんだかおかしいの…」

    京太郎「」

    久「なんだか身体の奥が熱くて、それに…」

    京太郎「」

    久「京太郎くん…?」

    京太郎「」

    久「あなたはどうなの?」

    京太郎「」

    久「私は、もう我慢できないわ…」

    京太郎「」フラッ…

    久「もう、急に倒れるとは思わなかったわ」

    京太郎「部長があんな演技するからでしょ!」

    久「あれくらいすぐに演技って見抜いて欲しいところね」

    京太郎「うぐっ…」

    久「時間とっちゃったわ。用件だけ手短に言うわね」

    京太郎「用件?」

    久「あなたを残した用事よ…。須賀くん、明日まで誰の胸も揉まないでね」

    京太郎「えーと、どういうことですか?」

    久「私の推測でしかないのだけど…。あなたの力が本物なら他人の胸を揉むことで前の人のが上書きされる可能性もあるわ」

    京太郎「上書き…」

    久「ええ。とりあえず今日の結果は明日確かめるから、その間に誰かの胸を揉まれると困るのよ」

    京太郎「いや、さすがにないですよ…」

    久「わからないわよー。昨日は咲、今日は私ときてるんだから明日の部活までに優希の胸を揉むことがあるかもしれないわ」

    京太郎「いや、優希のおっぱいとかなおさらあり得ませんよ」

    久「フフッ、まあないならないでそれでいいわ」

    久「さて、これ以上まこを待たせるのも悪いから帰りましょうか」

    京太郎「そうですね。俺も早く行かないとですし」

    校門

    まこ「おお、来おったか」

    優希「京太郎、遅いじょ!」

    京太郎「あれ、優希?咲たちと帰ったんじゃなかったのか?」

    優希「ふっ、飼い犬を待ってやるのもご主人様の勤めだじぇ…」

    京太郎「はいはい」

    久「まこ、ごめんなさい」

    まこ「別にかまわんよ。それよりなにしとったんじゃ?」

    久「そんなにたいしたことじゃないわ」

    まこ「気になるのう…」ニヤニヤ

    久「もう、ほんとにたいしたことじゃないわ」

    久「須賀くん、それじゃあね」

    京太郎「お疲れ様です、部長、染谷先輩」

    優希「また明日だじぇ!」

    まこ「それじゃあの」

    優希「よし!帰るぞ犬!」

    京太郎「わかったから引っ張るなよ…」



    帰り道

    京太郎「咲と和追いかけなくていいのか?」

    優希「二人ともたぶんもう相当遠くに行ってるじょ」

    京太郎「んー、そうかぁ?」

    優希「そうだじょ。それよりせっかくこの私と二人なのに他の女の話とはどういうことだ!」

    京太郎「別にどうとも思わねえけど?」

    優希「なんだとー!!」

    京太郎「それよりなんで俺のこと待っててくれたんだ?」

    優希「!…べ、別に。京太郎が一人だと寂しいと思っただけだじょ」

    京太郎「へー、そうなんだ」

    優希「…」

    京太郎「…」

    優希「…ってそれだけか、犬ゥ!」グワッ!

    京太郎「どわぁ!?それだけってなんだよ!どうしろっていうんだよ!?」

    優希「普通はもっと他になにかあるじょ!せめてありがとうくらい言えのが礼儀ってもんだじぇ!」

    京太郎「そんなの知るかよ!つーかなにきれてんだ!?」

    優希「グルルルルル…」

    京太郎「な、なんだよ…」

    優希「…女心のわからんやつだじぇ…」

    京太郎「はぁ?」

    優希「ここまでだじぇ」

    京太郎「ん、そうだったな。じゃあな優希」

    優希「ちょっと待つじぇ!」

    京太郎「…なんだよ?」

    優希「今日はほんとにごめんだじぇ…」

    京太郎「なんだ、まだ気にしてんのかよ。さっきも言ったけど俺は全然気にしてないから安心しろ」

    優希「ほんとか…?」

    京太郎(あれ、なんか優希のやつ可愛くないか?)

    京太郎(いつもは強気なのに今日はすごくしおらしくて…)

    優希「京太郎…?」

    京太郎(ヤバい、すっげー優希が可愛く見える…。いつもタコスばっか食ってるタコス女のはずなのに…)

    優希「どうかしたのか…?」

    京太郎(おっぱい…)

    優希「京太郎、しっかりするじぇ!」

    京太郎「ハッ!」

    優希「大丈夫か…?」

    京太郎「あ、あぁ、大丈夫だ。心配かけてすまん」

    優希「どうしたんだじぇ?急に黙ったりして」

    京太郎「いや、ほんとになんでもないから気にすんな!ほら、俺こっちだからそろそろ行くわ!じゃあな!」

    優希「あ、京太郎!」

    京太郎「…」ドヒューン!

    優希「いっちゃったじぇ…」



    京太郎「さっきはマジで危なかったぜ…」

    京太郎(急に優希の野郎が可愛くて見えて俺は…、俺はあいつを…)

    京太郎「ほんとギリギリだったな…」

    京太郎(うぅ…、でもどうする。優希のせいでこの前のモヤモヤが…)

    ?「あっ、京ちゃん!」

    京太郎(なんで咲がここにいるんだよ…)

    咲「先に帰ってごめんね。でもどうしても京ちゃんと話しておきたくて…」

    京太郎(咲…)

    咲「えーと、その、さっき部室で部長と話してたことなんだけど…」

    京太郎(咲のおっぱい…)ハァハァ

    咲「二人だけでなんの話してたのかなーって…、京ちゃん?」

    京太郎(これもう揉んじゃってもよくね?)

    咲「京ちゃん…、もしかしてまたなの?」

    京太郎「…すまん、咲」ギュッ

    咲「きゃっ!?ちょっと、京ちゃん…いきなり抱きつかないでよ///」

    京太郎「ダメだ。我慢できそうにない」サワサワ

    咲「んっ…。京ちゃん、いったいどうしたの…?」

    京太郎「優希を襲いそうになった…」フニョンフニョン

    咲「ふわぁ、それで、逃げて来たの?」

    京太郎「…」モミモミ

    咲ふっ、優希ちゃんは襲わないのにんっ…、私のことは迷わずに襲うんだね…」

    京太郎「咲…咲…」モミモミ

    咲「フフッ、良いよ。京ちゃん…」ビリビリビリビリ

    京太郎「ハァハァ、咲ィ!」

    咲「京ちゃん!ん~~~ッ!!」ビリビリビリビリ‼

    咲「ハァハァ…。落ち着いた?」

    京太郎「咲…。ほんとにごめん…」

    咲「ほんとに京ちゃんはバカだよね。急に女の子を抱きしめて胸揉んだら捕まるよ、普通」

    京太郎「はい、ほんとにすいません。反省してます」

    咲「私だったからいいけど…」ボソッ

    京太郎「?」

    咲「とりあえず!京ちゃん、絶対に他の人を襲ったりしちゃダメだからね!」

    京太郎「わかってはいるんだけどな…」

    咲「2日で2回はさすがにヒドいよ」

    京太郎「ごめんなさい…」ズーン

    咲「やっぱりなんの前触れもなくその、モヤモヤしたりするの?」

    京太郎「んー、前触れもなくっていうか今回は優希を見てたらなんだか無性におっぱいが揉みたくなって」

    咲「京ちゃん、次からそんなことになった時はすぐにそこから離れること!わかった?」

    京太郎「はい…」

    咲「ど、どうしてもって言う時はわ、私が…///」

    京太郎「私が?」

    咲「///…、その、京太郎を止めてあげるから!」

    京太郎「お、おう。よろしく頼むぜ」

    咲「うん///」

    咲「と、とにかくこの話はおしまい!京ちゃん、部長とあの後なにしてたの?」

    京太郎「ずいぶんと強引に話変えるなぁ。部長と話したことって言われてもそんな多くないぞ?せいぜい明日の部活までに…」

    咲「明日の部活までに?」

    京太郎「あ」ピシッ

    咲「どうかしたの?」

    京太郎「俺、明日の部活までおっぱいもんだらダメなんだった」

    咲「…」

    京太郎「…」

    咲「京ちゃん?」ニコッ

    京太郎「はい、なんでしょうか姫」

    咲「どうする気なの?」

    京太郎「…どうしょっか?」

    咲「はぁー…。ほんとにどうするの、京ちゃん」

    京太郎「ま、まあ、明日になったらなにかおもいつくだろ!」

    咲「典型的なダメなパターンだよ」

    京太郎「とりあえず今日は帰るわ…」

    咲「…そうだね。それじゃあまた明日ね、京ちゃん」

    京太郎「あぁ、また明日学校でな」



    ガサガサ!

    優希「きょ、京太郎を追いかけてきたらす、すごいの見ちゃったじぇ…」

    優希「京太郎が、さ、咲ちゃんを…///」



    翌日

    京太郎「どうしよう…」

    京太郎「いや、やっぱまずいよな」

    京太郎「なんとかして部長をごまかす方法」ウーム…

    咲「おはよう、京ちゃん!」

    京太郎「ああ、おはよう」

    咲「けっきょくどうするか思いついてないの?」

    京太郎「いやー、俺が部長に似せて打った程度じゃ絶対納得しないだろうし、かと言って黙っとくと後が恐いだろ…?」

    咲「そうだねー」

    京太郎「なんでそんなに軽いんだよ」

    咲「大丈夫だよ、京ちゃん。きっとなんとかなるから」

    京太郎「なんで、断言できるか教えて欲しいもんだな」

    咲「んーとね、女の勘ってやつかな?」

    京太郎「お前みたいなちんちくりんに女の勘ねぇ…」

    咲「なっ…」

    和「おはようございます」

    京太郎「おっと。おはよう、和」

    咲「むー…。おはよう、原村さん!」

    京太郎「優希は一緒じゃないのか?」

    和「ええ。呼びに行ったんですけど先に行ったみたいで…」

    京太郎「あいつが早起きして、学校に行く…?」

    和「私も少しおかしいと思ってます。昨日別れるまではいつも通りだったんですけど…」

    和「そう言えば、優希は須賀くんを待っていたんでしたね…。須賀くん、優希と何かあったんですか?」ジトーッ

    咲「…」ジーッ

    京太郎「い、いや、とくに何もなかったけどなー」

    和「…」

    和「そうですか。学校には行ってるみたいなので話はあの子から直接聞きましょう」

    咲「そうだね、それがいいよ!」

    京太郎「うぐっ…」


    昇降口

    和「それではお昼休みに」

    咲「うん!優希ちゃんをよろしくね」

    和「わかりました」

    咲「…ねえ、京ちゃん。ほんとに優希ちゃんには何もしてないんだよね?」

    京太郎「さすがにあいつにまで手はださねぇよ…」

    咲「うん、それならそれでいいんだけど」

    京太郎「?」

    咲「あ…、ご、ごめん京ちゃん!ちょっとトイレ行ってくる!///」

    京太郎「咲のやつ…。ん、下駄箱になんか入ってる?」ガチャ

    京太郎「手紙?」

    京太郎(お、落ち着け俺!下駄箱に手紙=ラブレターなんて安直な発想だ!
     そうだ、とりあえず差出人を!差出人を確認するんだ!)

    京太郎「表にも裏にも書いてない…。しかも文面」

    『昼休みに体育館裏で待つ』

    京太郎「簡潔すぎるわ!」

    京太郎(いや、待てよ。簡潔だからこそラブレターという可能性が残るのでは?てか、今のところラブレターの可能性が最大?)


    キーンコーンカーンコーン

    京太郎「とりあえず昼休みに体育館裏に行けば誰が出したかわかるか…」

    ?「…」ジーッ


    昼休み

    咲「京ちゃん、お昼ご飯行こう」

    京太郎「あー…、悪いんだけど先生に呼ばれてるから先に行っててくれるか?」

    咲「またなんかやったの…?」

    京太郎「アホか。ふつーに呼ばれただけだ」

    咲「そっか。じゃあ先に食べてるからね!」

    京太郎「おう、間に合うかわからんから俺のことはあんまり気にしないでくれ」

    咲「はーい!」

    京太郎「…行ったか」

    京太郎「そろそろ俺も行こうか」



    体育館裏

    京太郎「…さて、俺を呼び出したやつは」

    ?「遅い!」

    京太郎「お、お前は!」

    優希「京太郎、3分遅刻だじぇ」

    京太郎「…お前かよ。ドキドキして損したぜ」

    優希「むっ…」

    京太郎「どうしたんだよ。和が昼飯に誘ったんじゃなかったのか?」

    優希「京太郎、私はお前に話があるんだじぇ」

    京太郎「?なんだよ」

    優希「昨日…」

    京太郎「昨日?ああ、先に走って帰ったことか?あれは悪かった…」

    優希「違うじぇ!」

    京太郎「!…じゃあなんなんだよ」

    優希「あの後のことだ。私はお前の後について行ったんだじぇ」

    京太郎「な!?」

    京太郎「…見てたのか?」

    優希「見てた」

    京太郎「どっからだ」

    優希「最初っから最後まで全部!」

    京太郎(やべー…。ってことは優希のやつに俺が咲のおっぱいを触りまくってたとこ見られてたってことだよな…)

    優希「京太郎…」

    京太郎「は、はい!」

    優希「京太郎は、咲ちゃんと付き合ってるのか?」

    京太郎「え!?」

    京太郎(てっきり問答無用でぶん殴られるんだと思った…。それよりこの質問どう答えたらいいんだ?)

    優希「…」

    京太郎(YESって答えるとあとあとまずい。かと言ってNOって答えると彼女でもない女の子のおっぱいを触りまくった変態…)

    京太郎(あれ、俺今の時点でも変態じゃね?)

    優希「京太郎!」

    京太郎「うっ、その、あれはだな…」

    優希「やっぱり、京太郎と咲ちゃんは…」グスッ

    京太郎「な、なんで泣いてるんだよ!?」

    優希「だって…、京太郎と咲ちゃんは付き合ってるんだろ…?」

    京太郎(ああ!もう、どうにでもなれ!)

    京太郎「違うんだ、優希。あれには理由があって…」

    優希「理由って…?」グスッ

    京太郎「話せば長くなるけど…」

    説明中

    優希「…それで、発作的におっぱいが揉みたくなったから私から逃げたってことか?」

    京太郎「ああ、その途中で咲に会ってさ。一回やってるからなんか抵抗とかなくそのままってわけなんだけど…」

    優希「信じられないじょ!」

    京太郎「ですよねー…」

    優希「…だが、京太郎が昨日部活で強かったのは事実。咲ちゃんの打ち方をコピーしてたなら、
    私が犬如きに負けたのも納得できるじぇ」

    京太郎「はいはい」

    優希「…むー」

    優希「よし、犬!」

    京太郎「なんだよ?」

    優希「きょ、今日は特別に私の胸をさ、触らしてやるじょ!///」

    京太郎「へ!?」

    優希「京太郎はほっておくとすぐに女の胸を触るど変態の駄犬!
    だから、ここは京太郎の飼い主として私が餌を与えるのがスジってもんだじぇ!」

    京太郎「いや、でもな…」

    優希「遠慮するな!貴様のその欲望、私が全て受け止めてやるじぇ!」

    京太郎(いや、昨日咲の触ったし咲よりぺったんこなお前じゃ興奮しない…

    京太郎(待てよ。俺がおっぱい触ると力が抜けるって咲が言ってたな…)

    京太郎(昨日のしおらしいこいつは可愛かったしな…。試してみるか)

    優希「さあ、犬!はやくくるじぇ!」

    京太郎「そうかぁー、じゃあ遠慮なくいかせてもらおうかなー」ニヤニヤ

    優希「いつでもいいぞ!」

    京太郎「じゃあ、いくぞ」スッ

    優希「んっ…」

    京太郎(やっぱりほとんど感触がないなー。いや、でも先端の感触はあるか)サワサワ

    優希「ふ、ふわぁ…、きょうたろぉ」

    京太郎(わかってたけどブラつけてねーのな)スッ

    優希「だ、だめぇ、ハァハァ…///」

    京太郎(咲と部長より感度良いのかすっごい顔とろけてる…。これは、エロいな)スリスリ

    優希「きょ、きょーたろぉ、す、とっぷだじぇ…///」

    京太郎「何いってんだよ優希。ここからだろ?」サワサワ

    優希「ひゃぁん!?い、今は、これ以上…!」

    京太郎(なんかすごい冷静だな。これが慣れってやつか…。優希も辛そうだし昼休みも終わりだしそろそろ終わりかー)サワサワ

    優希「ふっ、ふわぁああっ、あっ、あっ…///」ビクッビクッ

    京太郎「ん、大丈夫か、優希?」

    優希「きょーたろー…?」ボーッ

    京太郎「立てるか?」

    優希「ダメって言ったのに…」

    京太郎「へ?」

    優希「京太郎の、バカぁぁあああああああああッ!!」

    京太郎「へぶっ!?」ズガンッ!

    京太郎「な、なんで…?」ガクッ



    教室

    京太郎「…」

    咲「あ、京ちゃん。どこいってたの?」

    京太郎「いや、いろいろあってな…」

    咲「ずいぶんやつれてるね」

    京太郎「まあな、はぁー…」

    咲「そうだ、昼休み優希ちゃんいなかったんだよ。原村さんも気がついたらいなくなってたって…」

    京太郎「あー、あいつなら大丈夫だとおもうぞ」

    咲「どうして?」

    キーンコーンカーンコーン

    京太郎「っと、授業始まるな。また後でな」



    放課後

    咲「京ちゃん、部活行こ?」

    京太郎「うー…、憂鬱だ」

    咲「きっと大丈夫だよ」

    京太郎(ヤバいな、このままじゃ優希のおっぱい揉んだのがバレる…)

    京太郎「そう言えば咲の言ってた感覚っていうのはまだ俺の中にあんの?」

    咲「んー、私もよくわかんないけどあると思うよ?」

    京太郎「いいかげんだなー」

    咲「うまく説明できないんだよね…」

    京太郎「話して間についたな…」

    咲「入らないの?」

    京太郎(もうどうにでもなれ…)

    京太郎「こんにちはーっす」ガチャ

    咲「こんにちはー」

    久「いらっしゃい二人とも」

    まこ「遅かったのう」

    咲「原村さん、優希ちゃんは?」

    和「それが…、今日はタコスの新メニューを探すと言って帰ってしまって…」

    咲「そっか…」

    久「あの娘が部活をさぼるねぇ…」チラッ

    京太郎「…」

    久「まあいいわ、今日も部活始めまししょうか。まずは和、まこ、咲、須賀くんが入って」

    和「はい」

    京太郎(やべー、やべーよ…)


    東一局 親 京太郎 ドラ4

    京太郎(優希っぽい打ち方になるなら東場はやっぱかなり強いのか?)

    一 一 赤五 六 七 4 6 7 ② ⑥ ⑨ 東 西 ⑦

    京太郎(これって良配牌なのか?ま、とりあえず)打 西

    咲(うーん…、京ちゃんが私と同じだとやっぱり嶺上牌取られちゃうのかな…)

    二 七 八 2 3 3 7 ④ ⑨ ⑨ 南 北 中 六

    打 北

    まこ(さてさて、久の打ち方ならわしもよーみとるからのう…。京太郎に注目じゃな)

    三 八 1 6 9 ① ③ ④ 赤⑤ ⑦ ⑨ 東 白 九

    打 1
    和(予選まであと少し、一局一局を大切にしていきましょう)

    五 六 八 九 6 9 ⑦ ⑧ 南 西 西 發 發 中

    打 南



    四巡目

    京太郎(止まることなく手が進んで一気に平和、三色、ドラ2聴牌…)

    一 一 赤五 六 七 4 5 6 7 9 ⑤ ⑥ ⑦ 3

    京太郎「リーチ!」打 9

    咲(速い…。しかも私じゃなくてなんとなく優希ちゃん?みたいな気がするよ…)打⑨

    まこ(うーむ、ここは様子見じゃのぉ)打⑨

    和(一向聴ですがとりあえず様子見)打9

    京太郎(もしこれが優希の力ならこのツモはたぶん…)スッ

    京太郎「…ツモ。リーチ一発メンピンドラ2。6000オール」

    一 一 赤五 六 七 3 4 5 6 7 ⑤ ⑥ ⑦ 8
    咲まこ和久「「!?」」

    京太郎(三色乗ってたら倍満…。これは間違いないな)

    咲(やっぱりだよ…、今のアガり方)

    まこ(これは久というよりは)

    久(優希ってかんじね…。須賀くんにも困ったもんだわ)ハァ

    和(なかなかの偶然ですね)



    東一局一本場8巡目 ドラ一

    一 一 一 二 七 八 2 3 4 8 8 ② ③ ①

    京太郎(聴牌、役なしだけどドラ3か…。ここはいくところだろ!)

    京太郎「リーチ!」打 二

    咲(優希ちゃんの胸揉んだのいつなんだろ…?昨日最後に会ったのは私だよね…。
   それじゃあ学校?お昼休みに優希ちゃんと京ちゃんがいなかったのってそういうこと?)モンモン

    打 六

    京太郎「ロン!12300だ」

    咲「…え?」

    久(あらあら…)

    和「宮永さん、ぼーっとしてましたけど大丈夫ですか?」

    咲「え、あ、うん!大丈夫大丈夫、12300だよね。はい、京ちゃん」

    咲(全然きがつかなかったよ…)

    咲(そうだよね。とりあえずこの半荘を終わらせて、京ちゃんに直接聞けばいいんだよ。そのためには…)ゴッ

    東一局二本場13巡目 ドラ東

    一 一 二 三 四 七 七 八 八 東 東 東 北 六

    京太郎(なんつーバカヅキだよ。ー盃口までつけば十分に三倍満まで見える手牌か。
     捨て牌はもろ染め手だし出アガりは期待できない)

    京太郎(他に聴牌ってそうなのは咲くらいか?和もかもしれんがドラは抑えてるしそう高くはないはず!)

    京太郎「リーチ!」打 北

    咲「槓」

    京太郎「へ?」

    咲「もういっこ槓」スッ

    咲「ツモ。嶺上開花、タンヤオ、トイトイ、三暗刻、赤。責任払いで16600です」ゴッ!

    まこ「でたのう…」

    咲(あいかわらずの偶然です)

    京太郎「」

    咲「ふふっ、すぐに終わらせて話を聞かせてもらうからね、京ちゃん」

    京太郎「」

    久(これはいい方向に進んでるのかしら?)




    咲「槓、嶺上開花」

    咲「槓、もいっこ槓」

    咲「麻雀って、楽しいよね!」

    京太郎「」

    まこ「」

    和「染谷先輩のトビで終了ですね。お疲れ様でした」

    久「あらー…、咲が絶好調ね」

    咲「そんなことないですよ。ね、京ちゃん?」ニコッ

    久「そうねー、今日の須賀くんの東場での活躍はなかなか見所があったわ」ニコッ

    京太郎「」

    和「次の半荘はどうしますか?」

    久「うーん、私は須賀くんにちょーと話があるんだけど…」

    和「二人が抜けるとメンツがたりませんね」

    久「まこ、代わってくれるかしら?」

    まこ「別に構わんが?」

    久「ありがと。さぁて、須賀くん?続けましょうか」

    京太郎「」

    和「時間もありませんから、早く次にいきましょう」

    咲「京ちゃん、麻雀って楽しいよね?」

    京太郎「」チーン

    咲「あー、楽しかった」

    久「そうね、久しぶりに全力で打ったわ」

    和「ええ、なかなか濃い部活でした」

    まこ「たしかに今日はのびのび打てたのお」ニヤニヤ

    京太郎(搾り取られた…)プルプル

    久「須賀くんお疲れ様!」

    咲「京ちゃん頑張ったね!」

    久「悪いんだけどちょーとこのあと時間もらえるかしら?」

    咲「大丈夫だよ。なにもしないから」ニコッ

    京太郎「はい…」

    和「宮永さん」

    咲「原村さん、悪いんだけど今日は先に帰ってもらってもいいかな?」

    和「何か事情があるんですね。わかりました、それではまた明日」

    咲「うん、また明日ね!」

    まこ「わしは下で待っとるからのお」ガチャ

    久「わかったわ。できるだけすぐに行くわ」

    久「須賀くん、話しをしましょうか」

    咲「なにがあったの、京ちゃん?」

    京太郎「いや、ほんとすんませんでした…」

    久咲「説明」

    京太郎「はい…」

    咲「昼休みにそんなことがあったんだ…」

    久「須賀くん、あなたねぇ…」

    京太郎(なんとか昨日の時点で咲のおっぱいを揉んでたのは誤魔化せた…)

    京太郎「でも待ってくださいよ!優希のおっぱい揉んだのは一概に俺のせいとは言えませんよ!」

    久「まあ、たしかに今回は優希にも注意される点もあるわね」

    京太郎「そ、そうですよ!つーか今回は、っていうかこの前の部長の時も」

    咲「京ちゃんは黙っててね?」

    京太郎「」

    咲「京ちゃんは優希ちゃんから逃げようと思えば逃げられたよね?」

    咲「ねえ、どうなの京ちゃん?」

    京太郎「いや、たしかに逃げられたけど…」

    咲「ふーん…。じゃあやっぱり京ちゃんは優希ちゃんの胸が触りたかったんだね」

    京太郎「逃げられたけどその場の雰囲気というかあのまま逃げてもあとが怖いし…」

    咲「言い訳は聞きたくないよ、京ちゃん」

    京太郎「す、すいません」

    久「まあまあ、咲も落ち着いて。須賀くんも反省してるしそこまでにしといてあげなさい」

    咲「…」ツーン

    久「須賀くんも須賀くんだけど今回は優希も悪いわ。
   それに、私の打ち方がコピーできてたのかはわからないけど優希のほうでデータも取れたわ」

    京太郎「データ、ですか…」

    久「ええ。須賀くんの力はまだよくわからない点が多いわ、
   けど少なくとも胸を触れば触った相手の打ち方をコピーできるっていうのはわかった」

    京太郎「力ってそんな大層な」

    久「いいえ、これは力よ。咲の嶺上開花や優希の東場の火力のようなもの。
   まあ、和に言えばオカルトの一言で切り捨てるでしょうけど」

    咲「でも、京ちゃんのそんな力を調べてどうするんですか?」

    久「ふふっ、いい質問ね。私はね、須賀くんの力に気がついた昨日のあの後にすごいこと思いついちゃったの」

    京太郎「思いつき、ですか?」

    久「須賀くん、あなたの力はものすごいポテンシャルを秘めているわ」

    京太郎「…」

    久「相手の胸を揉めばそれだけで相手がどんな打ち方がコピーできる、これがどういうことかわかる?」

    京太郎「えーっと、強くなれるってことですか?」

    久「それもあるけど、私が言いたいのはあなたの偵察能力よ」

    咲「偵察?」

    京太郎「部長、まさか…」

    久「私が言いたいことわかった?」

    京太郎「…俺が、他校の麻雀部員のおっぱいを揉む…?」

    久「正解よ」ニコッ

    咲「」

    京太郎「ちょっ、ちょっと待ってください!」

    久「あら、なにか問題があるかしら?」

    京太郎「問題大有りですよ!?」

    久「須賀くん、もうすぐ大会なのはわかってるわね?」

    京太郎「わかってますよ!」

    久「大会まで時間がないなかで相手チームの詳細な打ち方かを偵察するのは、普通ならかなり難しいわ」

    久「けれど、あなたの力を使えば少なくとも相手のエースの詳しい打ち筋を知ることができるの」

    京太郎「いや、理屈はわかりますけどそれって俺が見ず知らずの女の子のおっぱいを揉むってことですよね!?」

    久「そうなるわね」

    京太郎「無理ですよ!」

    久「やらない前から決めつけるのは須賀くんのよくないところよ?」

    京太郎「今それ関係ないですから」

    久「ふぅ、いったいなにが不満なの?他校の女の子の胸を揉んでもいいって言ってあげてるのよ?」ヤレヤレ

    京太郎「揉んだら捕まりますから!」

    久「須賀くん」

    京太郎「なんですか…」

    久「私はね、今年が最後のIHなのよ…」

    京太郎「…」

    久「最初の一年は一人で、二年目にまこが来て、そして今年になって和、優希、須賀くん、
   そしてあなたが咲を連れて来てくれた。ようやく…ようやくIHにでられるようになったの」

    久「でも長野には名門の風越があるわ。それに、その風越を去年倒した龍門渕も…」

    久「私はもっとみんなと麻雀を打ちたい。とっても今が楽しいのいつまでもこのメンバーで打ち続けたいくらいに」

    京太郎「部長…」

    久「そのためには相手の情報がいるわ。協力してくれるわね、須賀くん?」ニコッ

    京太郎「それとこれとは話が別ですよ」

    久「チッ…」
    京太郎「はぁー、諦めてくださいよ部長…。そんなことしなくても咲や和や優希、染谷先輩、それに部長なら勝てますよ」

    久「強情ね…」

    京太郎「そりゃそうですよ、やったら捕まりますから!」

    久「須賀くんならなんだかんだでなんとかなりそうだけど」

    京太郎「買いかぶりすぎですから!」

    久「しょうがないわねぇ…。私もこのカードは切りたくなかったんだけど…」

    京太郎「はい?」

    久「咲は…」

    咲「」

    久「大丈夫ね。まだしばらく戻ってきそうにないわ」

    京太郎「なにを企んでるんですか…」ジトーッ

    久「須賀くんには頑張ってもらわないと困るのよ。だから頑張ったらご褒美をあげようと思って」

    京太郎「ご褒美…」ゴクリッ

    京太郎「ってなると思ったんですか?あいにくですけどなにがあっても俺は行きませんからね!」

    久「…のおっぱ…」

    京太郎「!?ぶ、部長、今なんか言いましたか!?」

    久「あら、思わずご褒美の内容が口から零れたみたい。でも須賀くんはなにがあってもいってくれないのよね、残念だわ…」

    京太郎「部長、もう一回ご褒美の内容を」

    久「行かないんでしょう?」

    京太郎「少し気が変わりました。もしご褒美の内容が俺の聞き間違いでないなら…」

    久「ふふっ、しょうがないわねぇ…。一回しか言わないからよく聞きなさい」

    京太郎「…」ゴクリ

    久「…おっぱい」

    京太郎「…」

    久「和のおっぱいを触らせてあげる、これがご褒美よ」

    京太郎「!?」

    久(堕ちたわね)

    京太郎「そんな、そんなことが許されるんですか…!?」

    久「もちろん、須賀くんが自分の仕事を完全にまっとうできたときだけよ?」

    京太郎「もし風越と龍門渕のエースが偵察できれば和のおっぱいを!?」

    久「ええ、私があらゆる手段でそれを可能にするわ」

    京太郎「」

    久「今決めろとは言わないわ。そうね、明日の放課後に返事を聞かせてちょうだい」

    京太郎「は、はぁ…」

    久「それじゃ私は帰るわね。良い返事を期待してるわ、京太郎くん♪」ガチャ

    京太郎「…」チラッ

    咲「」

    京太郎「とりあえず咲を起こして帰るか…」ハァー



    下校

    京太郎(偵察にいけば和のおっぱいを揉みしだくチャンスがある…!)

    京太郎(けど、偵察にいくってことはつまり俺が見ず知らずの
     女の子のおっぱいを揉むってことで、そんなことしたらもちろん俺は…)

    京太郎「どうすりゃいいんだ…」スタスタ

    咲「…」スタスタ

    京太郎(捕まるリスク…、果たして和のおっぱいにそれほどの価値があるのか?)

    京太郎(俺はここ数日間で3人もおっぱいを揉んだ…、そろそろ潮時じゃないのか?)

    京太郎(そうだよ。麻雀でも大量に稼いだらあとは手堅く守るもんだ。やっぱりここは…)

    咲「…ねえ、京ちゃん」

    京太郎「なんだ?」

    咲「…やっぱり、なんでもない」

    京太郎「変なやつだな」

    咲「…」

    京太郎「あのさ、逆に聞きたいんだけど咲なら、安全なまわり道と危険な近道ならどっち選ぶ?」

    咲「…京ちゃんがどっちに行きたいかによる、かな?」

    京太郎「俺がどっちに行きたいか?」

    咲「うん。京ちゃんがどっちの道にほんとに行きたいのかが一番大事だとおもう」

    京太郎「俺の行きたい方か…」

    咲「私はね、今は自分かほんとに打ちたいから麻雀をやってるの。
   子供の頃とも、京ちゃんに連れて来られた最初の頃とも違う」

    咲「私は麻雀を打つのが楽しいからこうやって今も清澄高校麻雀部のいるんだよ!」

    京太郎「…」

    咲「だから、京ちゃんが好きな方を選べばいいよ。京ちゃんが偵察に行ってくれたら
   そのぶんグッと優勝に近づくし、行かなくても私が全部倒すから」ニコッ


    京太郎「咲…」

    京太郎(俺の、本当にやりたいこと)

    京太郎(おっぱい…)

    京太郎「咲のおかげで目が覚めたぜ」

    咲「うん」

    京太郎「悪いけど先帰るわ。いろいろ準備もしないとだめだからな」

    京太郎「じゃあな、咲!」ダッ

    咲「また明日ね、京ちゃん」

    咲「行っちゃった…」

    咲「うぅ、失敗したよぉ…」

    咲「京ちゃんに行かないでって言うつもりでしゃべりかけたのに、京ちゃんの顔みてたら応援したくなって、それで、それで…」

    咲「ハァー…、あんまり無茶しちゃダメだよ、京ちゃん…」


    翌朝

    コンコン

    「いるわ、入ってきなさい」

    京太郎「失礼します」ガチャ

    久「おはよう、須賀くん」

    京太郎「おはようございます、部長」

    久「ずいぶん今朝は早いのね。私がいなかったらどうするつもりだったのかしら?」クスッ

    須賀「部長ならいてくれると思ってましたよ」

    久「ふふっ、それで、どうするかは決まったのね?」

    京太郎「俺は、他校の偵察に行きます!」

    久「そう。やることはわかってるの?」

    京太郎「なんとかして相手のエース、レギュラーのおっぱいを揉む!」

    久「そのとおりよ。須賀くん、いい顔になったわね」

    京太郎「咲に励まされましたから…。俺は自分のやりたいことを全力でやります!」

    久「わかったわ。もうずく学校が始まるから詳しい話は放課後にするわね」

    京太郎「はい!」


    放課後

    久「今日は全員揃ってるわね。みんなに話があるわ」

    和「なにについてですか?」

    久「県予選に向けての話し合いよ」

    まこ「県予選にむけてなにをするんじゃ?」

    久「ええ、私たちは今度の休みを使って強化合宿をしようと思うの」

    優希「合宿?」

    久「旅館をとってあるからそこでみんなの弱点克服をするわ」

    優希「おお、それはすごいじぇ!喜べ犬、美少女の私と旅館に行けるぞ!」

    京太郎(タコスのやつ、一日たったら元どおりかよ…)ハァー

    久「優希、須賀くんは別行動よ」

    和「別行動、ですか?」

    久「須賀くんには他校、特に風越と龍門渕の偵察にいってもらうの」

    咲「…」

    まこ「偵察のぉ。結果はみこめるんじゃな?」

    久「もちろんよ。須賀くんにはもっといろんな人の打ち方をみてもらいたいから、丁度いいと思ってね」

    久「みんな、絶対に県予選勝つわよ!」

    京咲ま優和「「とうぜん(です)(じぇ)(じゃ)!」」