京太郎がまた尻を揉みはじめると、咲はあごをそり返らせた。
ドンと剥き出しの背中をぶつけ、愛撫から逃れようとする。

だが、指の感触をひたすら泌みこませるようにハイスピードで
双尻を挟みまくるうちに、咲はまたしても背中を丸めてきた。
十本の指がずぶずぶと尻に食い込んでは尻肉をしぼり、
また食い込んではしぼってをくり返す。

咲は重たそうに首を上げ、イヤ……と声をもらした。
だが、すぐにアッ、アッとかわいい声をあげた。


「イヤ、もうやめてよ……」
「咲って、すげえ尻感じやすいのな」
「バカ、ん、んんっ……」
「何度イってもいいぞ」
「イヤッ、ダメだよぉ……」


咲が小刻みに上半身をふるわせた。


「イっちまえよ」
「イヤァ、ほんとにイっちゃう、ほんとにっ……」


咲の声が消えた。
つづいて、ブルッ、ブルッ、ブルッとまるで何かに驚怖したように全身を揺さぶって、
それから再び小刻みなふるえがつづき、咲は倒れ込みそうな様子で息をついた。

京太郎は激しい興奮を感じていた。
十分足らずの間に、咲は三度も尻への愛撫だけで絶頂に達してしまったのだ。