――どうしよう。私、ヘンだ。


和は京太郎に乳房を揉ませながら、半裸体の身体をモジモジさせた。
身体の内側で炎が勢いよく燃え上がり、お腹の下と乳房の内側が激しく脈動する。
興奮に充血した秘唇の熱さも耐え難いほどになっている。


――ああ、どうしよう。アソコ、掻きたい。いじりたい。奥のほうが熱くて熱くてたまらない。


「はぁ……あぁ……んっ……んんっ」


京太郎の手は、苦痛を感じるギリギリのところで和から的確に快感を引き出してくる。
餅をこねるみたいな、ねちっこい動きがたまらなく気持ちいい。
ゴムまりのような弾力を持つ和の乳房が、京太郎の手の中で複雑に形を変える。


「んっ、はぁ、はぁ、はぁ……くっ」
「和の胸……柔らかくて気持ちいいよ……その…吸ってもいいかな?」
「い、いいですよ……」


京太郎は和の前に膝をつくと、大きな乳房を搾る様に揉んだ。
乳房がいびつに歪み、さらに前へと突き出した乳首をチロッと舐める。
興奮した乳首がさらに硬く尖り出す。


「ああんっ!」


京太郎は乳首を乳輪こど唇で捕らえチュウチュウと吸っていく。
乳房の内側の、キュンキュンするカタマリが吸い出されてしまいそうだった。
ゾクゾクとした感覚が四肢の先端や脳の奥に到達し、膝がガクガクと生まれたての小鹿のように震えてしまう。


「あ、んっ!」


和はたまらず膝を折った。お尻を降ろし、そのまま力が抜けたように仰向けになってしまった。
その時、無我夢中になった京太郎が、和の乳首をカリッと噛んだ。
苦痛と同時に危険な快感が和を襲う。

さっきからずっと感じていた乳房の内側のキュンとする甘い疼きが、爆発した。目の裏で星が飛ぶ。
ふわっと空中に浮く感覚に襲われる。


「んあぁあぁああっ!!」


和は小さな顎をクッと仰向かせて伸び上がり、身体をグッと硬くさせた。

ふと秘部に当たるつるんとした硬い何かを感じた和が目を開くと、
京太郎が仰向けになって放心している和にのしかかろうとしているところでだった。
京太郎は、膣口に亀頭を押し当て、今まさに挿入しようとしている。


「い、いや……」


和が本能的な恐怖を感じてずり上がると、京太郎が心配そうな顔つきで覗き込んできた。


「や、やめるか……?」
「い、いいですよ……してください……」
「や、やっぱりやめようぜ。和だって初めてなんだろう?」


京太郎の言葉を聞いた和は思わずカッとなった。和と同じ立場である童貞の京太郎に言われたくはない。
怒りと恥ずかしさで身体が熱くなった。


「よ、余計なお世話ですっ!そんなことっ。は、早くしてください!」


和は腕を伸ばして、京太郎の背中を抱くと、しぶしぶという感じで腰を進める。
未知の苦痛に怯えていると京太郎がぎゅっと抱き締めてきた。


「和、さっきは噛んでしまってごめんな」


京太郎の謝罪の言葉に和の心臓がバクンと高鳴る。
今まで和は京太郎の事をただの同じ麻雀部員だとしか思っていなかった。
和が京太郎の事を異性と認識したあの出来事が起こるまでは。