「はい、須賀君」


久は、京太郎の前に一歩歩み寄ると、目を閉じてつま先で立つ。
しかし京太郎は、うろたえるようにあたりを見渡すだけだった。


「須賀君」


久が少し強く言った。観念したのか京太郎はそっと久に唇を寄せる。


「んっ…!」


京太郎の唇の感触を感じた時、久は両手を京太郎の背中に回してグッと抱き寄った。
ブラジャーに包まれていない乳房の感触が、京太郎の身体に押し付けられる。
京太郎は怯んだのか久から距離をとろうとしたが、久の腕がそれを許さなかった。
かといって振りほどくわけでもなく、京太郎はなすがままにお互いの唇の感触を感じていた。

やがて、久は京太郎の唇を貪るようなキスを始めた。舌で舐めあげ、唇ではさむ。
そんな久にようやく火がついたのか、京太郎の手がゆっくりと久の背中に回った。


「ふぅ………」


重なった唇からため息が漏れた。京太郎は久の胸元に手を回し、シャツの上から乳房を揉んでいく。
段々と柔らかさを失っていく乳首の感触が京太郎の掌に伝わる。
やがて、お互いが唇を放すと透明な糸が伸び音もなく消えた。


「……ふふっ、須賀君ったら意外とキスが上手なのね」
「…部長だって」


京太郎は久の言葉に小さく呟くと久の首筋に顔を埋めた。
うなじのあたりに舌を這わせると、久の身体がピクリと震える。


「あんっ……!」


肌を這う舌は、艶やかな跡を残していく。それと同時に京太郎は指先でシャツごしに乳首を軽く捻るようにつまむ。
久の唇から甘い吐息が漏れ始めた。


「須賀君……!」


京太郎は久のスカートに手をかける。少し力を入れると、スカートはストンと床の上に落ちた。
今まで乳首の感触を楽しんでいた京太郎の指先が下へとしていく。


「あんっ!」


久が小さく肩をすぼめた。それは京太郎の指先が久のアソコに達したからだった。
そこはパンストごしにも分かるほどに潤っている。


「凄いです部長……もうこんなに濡れてますよ」


京太郎が久の耳元で小さく囁く。久はちょっと恥ずかしくなったのかプイッと顔をそむけた。
京太郎の指先が久のアソコをパンストの上から何度も擦りあげていく。

最初のうちはシュッシュッと布の擦れる音であったが、それがグチュグチュという卑猥な音へと変化していく。
京太郎はパンストからそっと指を放し、今度は下着の中に手を入れていく。
京太郎が思っていた通り、アソコはすでにビショビショに
濡れていた。すぐに指先に彼女の愛液がまとわりついていく。


「あっ…!ああ……ふわぁっ!」


京太郎は割れ目から溢れる愛液を掻き出すように指を動かす。
それは、久が今まで経験した事がないような動きだった。
久の割れ目はほんの少しの間に、湧き出る泉のように止めどなく愛液を溢れさせていく。
やがて快感に耐えきれなくなったのか久の身体がガクガクと大きく震えて、京太郎の身体に寄りかかった。


(ダメっ……須賀君ったら凄く上手……!もう立ってられないわ……!)
「部長……立っているのが辛いんですか?」


京太郎は久を心配するように声をかけ、久を抱き抱えて、雀卓の上に座らせた。
シャツの上から乳首を口に含むと、舌先で転がしていく。
唾液に濡れたシャツから桜色の乳首が透けて見えた。
京太郎は乳首を弄びながら、久の足を広げさせる。

そして、彼女の内股に顔を埋めると割れ目へと舌を伸ばす。
すでに溢れかえる久の愛液で雀卓の上には小さな水溜まりが出来ていた。



その様子をドアの隙間からずっと見ていた福路美穂子はゴクンと生唾を飲み込んだ。
久に呼ばれて清澄へと足を運んだ彼女であったが、久と京太郎の情事にどうする事もできなかった。


「上埜さんが私に見せたかったものって…これだったんだ…」


美穂子はそう小さく呟き、自分の胸元へと指先を這わせる。自分の指で鳥肌が立つほどに美穂子は興奮していた。
ブラジャーの隙間から指先を入れるとギュッと自分の乳首をつまむ。


「んっ…!」


美穂子の肩が小さく跳ね、床の上にペタンと座りこむ。
息遣いが荒くなり、少し乱れた服の隙間から見える肌には、赤みが差していた。
内股をこすり合わせ、身体中から湧き上がる欲望を美穂子は必死に堪える。


「ふぁぁ!」


久と京太郎が重なりあっている影で美穂子は小さな吐息を漏らしていた。



       終