「咲、まだしたい?」
「……うん」
「それじゃ、このまま動いてみて」

咲は京太郎に抱きついたまま、怖ず怖ずと尻を持ちあげ、すぐに落とす。

「あうう……!」

華奢な手足が切なげにわなないた。

「痛いの?」
「ううん、気持ちいい」

言ってから、「やあん」と羞恥に身悶える。

「私、初めてのエッチなのにこんなに感じちゃって……恥ずかしいよ――」

クスンと鼻をすすり、

「京ちゃん、私のこと、エッチな女の子だからって嫌わないでね」

咲が涙目で訴える。

「嫌うわけないだろ。こんなに可愛くて、俺を想ってくれる優しい咲をさ」
「……ホントに?」
「感じてくれるのだって、俺はすごく嬉しいんだぜ。それだけ俺と咲の相性がいいってことなんだから」

咲はようやく安心して、愛らしい笑顔を見せた。

「さ、もっと動いてごらん咲…」
「うん…」

少女の身体が上下に揺れる。
京太郎は震えている咲のお尻に両手を添え、協力してあげた。

「ああ、京ちゃん、気持ちいいよぉ!」

咲が泣きそうな声で息をはずませた。
結合部から、ぬちゅくちゅといやらしい音が間断なくもれる。

「咲のお尻から、エッチな音がしてる」
「だって、京ちゃんがいっぱい出したから」
「でもきっと、咲のも混じってるよ」
「それは――京ちゃんが大好きだから!」