「……ひぁっっ!!!」


唐突に咲の身体が激しく震え、極上の尻が舐めるように収縮した。


「うっ!……」


京太郎を異質な悦楽が包み、新たな刺激が肉茎をさらに膨張させる。


「出るっ!」
「あっ、だっ……出してっ!出してっ!!京ちゃん!」


狂ったように尻を振りながら、咲が哀願する。
京太郎は限界まで膨れあがったペニスを、本能のまま奥深くに押しこんだ。


「ああっ!!」


京太郎の生殖器が膣内の奥に触れた瞬間、咲が激しく鳴く。
屈服した咲の声に、京太郎の欲望が激しい濁流となる。
咲のすべてを自分の色に汚すことだけが、今の京太郎の望みだった。


「いくぞっ。全部出すぞ!」
「あっ、だ、出してっ!あ、あっ、あっ!」


絞るように奥へ収縮する膣に求められ、雌の悦びが咲に満ちる。
怒濤の勢いが解き放たれ、激しく脈打つ肉茎から多量の精液がほとばしった。


「あっ、あっ!……くるっ、くるっ!」


京太郎は最後の一滴まで吸い取ろうと腰を振る咲の一番奥深くまで貫き、容赦なく最後の欲望を吐きだした。