………


……





【龍門渕家】

透華「ようこそおいでくださいましたわ!清澄高校の皆様!!」バーン

咲「こんにちはー」

小蒔「こんにちは。また宜しくお願いします」

春「…開けた瞬間でびっくり」

まこ「はは。龍門渕選手は目立つのが何よりも好きってタイプじゃけぇな」

優希「ぶっちゃけ今回が初めてじゃないし、慣れたもんだじぇ」

京太郎「小蒔や咲は一回目に随分と面白いリアクションしてたけどな」クスッ

春「なにそれきになる」

小蒔「べ、別に面白くなんかありませんよ!」

咲「そ、そうだよ!そんなの京ちゃんの思い込みもいい所なんだから!!」」

透華「むぅ…いけませんわ…お客人の皆様に飽きられています」

透華「これは新しい趣向を考える必要がありそうですわね…」ブツブツ

一「出来ればやらないっていう消極的な方に行ってくれるとボクは嬉しいかなー」

純「ま、無理だろ。だって、透華だぜ?」

智紀「変に大人しくなったら心配するレベル」

ハギヨシ「皆様、透華お嬢様の事を良く理解していただいているようで何よりです」ニコニコ

透華「な、なんですハギヨシまで…」

透華「そ、そもそも招待した客人を歓待するのはホストの義務ですわ!私はそれをやっているだけで…」

一「はいはい。そうだね。その話はあっちで聞くから」

衣「咲!」

咲「こんにちは。衣さん」

衣「うん!ののかも…良く来てくれたな」

和「えぇ。負けたままではいられませんし」

衣「ふふ…っ!その意気や良し!しかし、衣の前では…!」

まこ「ま、そう言う事はみな、中に入ってからにしよう」

小蒔「そう言えば他の高校は…?」

透華「秋季大会準決勝と同じメンバーを集めましたわ!」

透華「折角のりべ…いえ、調整試合なんですもの。同じ状況でなければ面白くありません」

一「はは。まぁ…そういう事だから付き合ってあげて欲しいな」

純「あの準決勝で一番、フラストレーション溜まってるの透華みたいで」

智紀「まぁ…知らない間に全部終わってたら…ストレス溜まるのも当然」

まこ「あー…悪いんじゃが…」

透華「え…?」

まこ「うちのオーダーはこんな感じじゃ」スッ

透華「……」

まこ「……」

透華「………あの…」ウルッ

まこ「うん。スマン。まさかここまでリベンジ楽しみにしとるたぁ思わなかった」

咲「と、という訳で…悪いけど私の相手、お願いします」

透華「…まぁ…構いませんけれど。なんだかんだ言って宮永さんには四校合同合宿の時に借りがありますし」

透華「それを返せる機会となれば是非もありませんわ」グッ

衣「で…衣の相手はののかかー?」

和「…えぇ」

衣「…その…大丈夫…なのか?」

和「…え?」

衣「咲や会った頃の和相手なら…衣も全力を出せる。でも…以前のままだったら…」

和「それ…は…」

京太郎「大丈夫っすよ」

衣「お前は…金髪の」

京太郎「うす。須賀京太郎っす。横槍入れてすみません」

京太郎「でも…和は大丈夫ですから。天江選手も…全力を出してやって下さい」

京太郎「いえ…寧ろ出さないと…危ういかもしれませんよ」

衣「ほぅ」

衣「これは…面白い事を聞いた」

衣「この衣が…危ういとな」

京太郎「えぇ。それくらい和は強くなっています」

京太郎「以前とは別人ですよ」

衣「そうか…」グッ

衣「…あんな退屈な打ち方をされたら…遠ざけようと思っていたのだが」ゴォォッ

和「っ…!」ゾクッ

衣「そうではないようで…安心したぞ」ニコッ

和「え…えぇ。大丈夫…です」グッ

和「私は…もう逃げません」

和「そして…皆の為にも…絶対に負けたりなんてしませんから」キッ

咲「…何かまた衣さん…強くなってません?」ヒソヒソ

透華「…最近は月の満ち欠け関係なしに安定したポテンシャルを発揮するようになりましたわ」

一「相変わらず満月の夜が一番、やばいのは確かだけどね。でも、昼夜の関係は殆どなくなったって思って良いよ」

智紀「その上…上限は今も成長期真っ只中…」

純「時折、コイツ何処まで行くんだろって思う時があるよ。まぁ…それも含めて可愛い奴だけどさ」

透華「とは言え…成長しているのは私達も同じです」

透華「それは…以前の秋季大会で双方、思い知った事だと思いますが…」

透華「今日もまたその実力を競い合い…戦い合いましょう」

まこ「そうじゃの。うちとしても実力が近い龍門渕さんとやるんは楽しい」

春「まぁ…その分…巻き込まれた二校は可哀想ってレベルじゃない…」

純「その辺はまぁ…手の内全開で打つ俺らが見れる授業料って事で」

智紀「来年は…多分、私達と清澄が優勝候補だろうから」

一「ただ、ボクは来年のインターハイまで相手校が麻雀続けられるか心配だよ…」

まこ「まぁ…長野が魔境と呼ばれる原因になった殆どがここに集っとる訳じゃけぇなぁ…」

純「もし県別対抗戦とかになったらここにいる連中が全員出てもおかしくないレベルだし」

透華「県別対抗戦…面白そうですわね…」

純「あっ…やべ…」

智紀「…透華にエサを与えちゃいけないってあれほど」

一「もう…純君ってばこれだから」

純「い、いや…悪かったけど、そこまで言わなくて良いだろ!!」

透華「と言うか…三人とも私を何だと思っていますの?」ジロリ

透華「凄い気にはなりますが…既に二校は到着してますし…そろそろ始めましょう」

透華「そして溜まった鬱憤はその後の自由対戦で晴らす…で宜しいですか?」

透華「その代わり、こちらから軽食やジュースなどを提供させて貰います」

まこ「うん。こっちも異論はなぃんじゃ。とゆうか、そのつもりのオーダーじゃった訳で…すまん」

透華「もう。気にしていないと言っていますのに」

透華「さっき言った通り…溜まった分はその後に晴らすつもりですからお気になさらず」

透華「では…中へお入り下さいませ」ガチャ

透華「皆、待っていますわ」

優希「ひゃっはー!久しぶりの龍門渕だー!」ドタドタ

純「おーい、走るなよ。その辺にあるもんでも数十万下らないんだからな」

優希「ひぃっ!そ、そういう事は早く言って欲しいじぇ…」

透華「べ、別に…その程度要求したりしませんわよ」

透華「…流石に数千万クラスのものともなると話は変わってきますけど」ボソッ

優希「お、大人しくしてます」ガクガク

小蒔「わ、私も…」フルフル

………



……







京太郎「(そうやって始まった…龍門渕の調整試合)」

京太郎「(それは大方の予想通り、開始から激しい点数の奪い合いになっていた)」

京太郎「(まるで調整なんざ知った事かと言うような高打点の打ち合いに…けれど、意外な事に他二校もしっかりと着いて来ていた)」

京太郎「(恐らく彼女たちもこれが調整試合などではなく、リベンジを目的としたものだと気づいていたのだろう)」

京太郎「(それぞれの対戦相手の傾向やクセなどを的確に突き、以前のように大きく突き放される事はなかった)」

京太郎「(けれど…それはあくまでも副将戦までの話だ)」

京太郎「(普段、大将をしている咲の突然の参戦に…勿論、対策なんかしていなかった二校は対処出来ない)」

京太郎「(結果、不可思議な打ち方をする咲に翻弄され、ドンドンと点数を削られていった)」

京太郎「(それに龍門渕選手は何とかついていけていたみたいだけれど…それだって完璧じゃない)」

京太郎「(和でさえついぞ真正面から打ち破る事が出来なかった咲の支配は…かなり強固なんだから)」

京太郎「(今までの選手が稼いだ点棒を精神力と共にガリガリと削りながら…終局した)」

京太郎「(それに龍門渕選手以外の二人が涙目になってたのは…正直、同情する)」

京太郎「(とは言え…そうやって副将戦が終わった以上、次はついに大将戦)」

京太郎「(新生和が…ついに他校の前でヴェールを脱ぐ日が…訪れたんだ)」

優希「の、ののののどちゃん!お茶飲むか!?」

咲「だ、大丈夫!?し、深呼吸だよ和ちゃん!!」

小蒔「つ、辛い時は手をあげて先生にちゃんと報告して…」

京太郎「とりあえず落ち着けお前ら」

咲「で、でも…!」

優希「の、のどちゃんが!」

和「…大丈夫ですよ」

小蒔「本当…ですか?」

和「えぇ。…寧ろ…こうやって近づけば近づくほど…頭の中が冴えていくようにも思えるんです」

和「…不思議ですね。お屋敷にやって来た時は不安で仕方がなかったのに…」

和「皆が頑張ってくれた姿を見ていたら…私も負けていられないってそう思ったんです」

和「だから…大丈夫」

和「私はもう…逃げたりなんかしません」

和「例え、どんな結果になったとしても…真正面から戦って…そして勝ってきます」

和「私の為に…色々と骨を折ってくれた皆の為に…必ず」グッ

まこ「…あんまし気負い過ぎるなよ」

まこ「こりゃぁあくまで和に発破を掛ける為のオーダーじゃし、追い詰める為のもんじゃないんじゃけぇ」

まこ「負けたら負けたで…それでええ。そん時はわしが悪かったって事を忘れんでくれ」

和「大丈夫です。私は…負けません。部長さんの采配が良かったんだって必ず…そう言わせてみせますから」

春「…緊張には黒糖」ソッ

和「別に…緊張してる訳じゃ…」

春「足ちょっと震えてる」

和「っ!」

春「…嘘」

和「あ…っ」カァァァ

春「…強がらなくて良い。誰だって…怖いものは怖いんだから」

春「だから…これ…持って行って」ガサッ

和「…これ…」

春「黒糖。…私が…一番大事な人から教えてもらった最高のお菓子」

春「きっと…気晴らしくらいにはなってくれる」ニコッ

和「…ありがとうございます」

京太郎「…和」

和「須賀君…」

和「今まで…ありがとうございました」

和「須賀君がずっと特訓に付き合ってくれなかったら…私…ここまで来れなかったと思います」

京太郎「…そんな事ねぇよ」

京太郎「俺なんかいなくたってきっと和はそれを完成させる事が出来た」

京太郎「俺の知る原村和ってのは…それくらい凄い奴なんだから」

和「それでも…須賀君が支えてくれたという事は変わりません」

和「ですから…見ていて下さい」

和「私は…原村和は…須賀君のお陰でこんなにも変われたんだって…そう見せつけて来ますから」

和「衣さんだけじゃなく…皆にも…一目で分かるくらいに…」グッ

京太郎「…あぁ。行って来い」

京太郎「そして…長野でも指折りの打ち手と…精一杯、楽しんで来れば良い」

京太郎「勝ち負けなんて気にせず、自分の力を試すくらいの気持ちで…な」

京太郎「そうすりゃ…和はおのずと…自分の実力を発揮できる」

京太郎「それは…誰よりも和と打った俺が保証するよ」

和「はいっ!」

―― ガチャ

ハギヨシ「時間です。…原村様、宜しいでしょうか?」

和「はい。おまたせしてすみません」

ハギヨシ「いえ…では、部屋へとご案内します」

咲「和ちゃん…頑張って!」

優希「のどちゃんなら大丈夫だじぇ!」

小蒔「私たちはこっちで応援していますから!」

まこ「気軽に…気軽にな」

春「…辛い時は…皆を信じて…」

和「はいっ!では、行ってきます」ガチャ

―― バタン

春「…やっぱり黒糖の導きがあらん事をって言うべきだった…?」ナヤミ

京太郎「…お前は落とさずにいられない体質なのか」テシ

春「あぅ」

和「(皆のお陰で…気持ちは完全に落ち着きました)」

和「(勿論、不安はありますし、怯えもあります)」

和「(玄関であんな事を言いましたが…今の私で衣さんに太刀打ち出来る自信なんてまったくありません)」

和「(また無様に負けてしまうんじゃないかって気持ちは私の中でどうしても消えてくれないのです)」

和「(でも…皆は…そんな私を暖かく迎えてくれるでしょう)」

和「(失望なんてせず…私の事を慰めてくれるって…心から…そう信じられますから)」

和「(だから…私はもう怖くなんかありません)」

和「(怯えはしても…それが恐怖には繋がらないのです)」

和「(こんな気分…初めてかもしれませんね)」

和「(私は今…心から信頼出来る仲間に囲まれているんです)」

和「(中学の時だって…ここまで仲間を信じられた事はなかったかもしれません)」

和「(だからこそ…私は…)」

―― ガチャ

衣「…」ゴォゥッ

和「(この人に…勝ちたい)」

和「(この人に勝って…皆に良い知らせを…持って帰ってあげたい…!)」

ハギヨシ「…始まりましたね」

京太郎「あれ…?ハギヨシさんこっちに居て良いんですか?」

ハギヨシ「ここまで来たら私の仕事はありませんから」

ハギヨシ「それよりは友人の傍で観戦して来いと透華お嬢様が」

京太郎「なるほど。そう言えばこうして顔を合わせるのも久しぶりですからね」

ハギヨシ「最近は須賀君も忙しくしてるみたいですから」

京太郎「はは。まぁ、それでもハギヨシさんには負けますよ」

京太郎「と言うか本当、何時、休んでるんですか」

ハギヨシ「ちゃんと合間合間に休息は取っておりますよ」

京太郎「(その休息が秒単位っぽく思えるくらい働き者だから…正直、不安なんだよなぁ…)」

京太郎「(多分、龍門渕選手が清澄の控え室に寄越したのも自分の近くじゃハギヨシさんが休まらないからなんだろうし)」

ハギヨシ「まぁ…何はともあれ…」

京太郎「…今はまず大将戦…ですね」

モブα「(天江衣に原村和…正直、化け物と言っても良い二人が相手だけど…!)」

モブα「(ダブリーからの清一色…!)」

モブα「(幾ら化け物二人と言っても…これを避けるのは難しいでしょ…!!)」

和「…」トン

モブα「っ!ロンっ!」

モブα「ダブリー 一発 清一色!」

和「…はい」スッ

ハギヨシ「…いきなり直撃ですね」

京太郎「まぁ…運が悪かったです」

京太郎「ダブリーからの清一色なんて避けろって方が無理ですよ」

京太郎「…いや、一部、それを可能にする奴はいますけど」

咲「…え?」

京太郎「いや、なんでもない」

ハギヨシ「…特に動揺はないようですね」

京太郎「和の立ち上がりはあんなものですよ」

京太郎「確かに直撃は痛かったですけど、事故みたいなものですし」

ハギヨシ「まぁ…アレは衣様でも避けられるとは言いがたいものですね」

京太郎「えぇ。それよりもこの一局目でアレだけのものを引っ張ってきたモブαさんを褒めるべきです」

京太郎「天江選手の一向聴地獄を抜けながら一位の清澄に対して一気に距離を詰めて来ましたしね」

ハギヨシ「…とは言え…」

京太郎「…えぇ」

衣「……」ゴゴゴゴ

ハギヨシ「今の一撃は…完全に衣様をその気にさせたようですね」

京太郎「もうちょっと様子見してくれるかなーって思ったんですけど…ちょっと甘かったです」

京太郎「実際…他家の配牌は…酷いもんですね」

ハギヨシ「衣様の能力は配牌の時点で及んできますから」

京太郎「改めて考えなくても鬼だなー…」

京太郎「ま…今回はそれが和にとって有利に働くんですけどね」

ハギヨシ「…え?」

京太郎「まぁ…見てて下さいよ。今の和は…かなり面白いですよ」


衣「ロン。8000」

和「…はい」

ハギヨシ「…また直撃?」

京太郎「いえ…今のは多分、和の方から振り込んだんです」

京太郎「天江選手の手牌を確認する為に…自分の方から」

ハギヨシ「…どういう事ですか?」

京太郎「和の能力はそのままじゃ発動しないんですよ」

京太郎「とても入念に下準備が必要なんです」

ハギヨシ「その為に…振り込むことが必要だと?」

京太郎「絶対ではないですけどね」

京太郎「ただ、そうした方が『理解』が進むのは確かみたいです」

ハギヨシ「…『理解』?」

京太郎「えぇ。また研究とか対策とか言った方が良いかもしれませんけど」

ハギヨシ「…それは…おかしいですね」

ハギヨシ「私見ながら…原村様の打ち方は見て来ましたが…彼女のそれは他者をあまり気にするものではありません」

ハギヨシ「常に自分のポテンシャルを最大限に発揮しようとするものだったはずです」

京太郎「今まではそうですね」

京太郎「でも…今の和は違います。オカルトってものを認めて…和は一歩前へと進んで…そして認めたんです」

ハギヨシ「…認めた?」

京太郎「…えぇ。自分が決して実力だけで勝ち抜けるような雀士じゃない事を。世の中には…どうにもならないような実力差があるって事を」

モブβ「(全然…駄目だ…和了れる気配がない…)」

モブβ「(噂には聞いてたけど…これが天江衣の…一向聴地獄って奴…?)」

モブβ「(偶然だって信じたいけど…他家も同じく…聴牌気配がない…)」

モブβ「(鳴けば多少はどうにかなるらしいけど…鳴けるようなチャンスなんて来ないし…)」

モブβ「(あーもう…こんなの絶対麻雀じゃないって…)」

モブβ「(ロリっ子なはずの天江衣はさっきから何か凄いプレッシャー放ってきて息苦しいし…)」ジジッ

モブβ「(あれ…?少し…息苦しさが楽になった…?)」トン

モブβ「(って…来てる…来てるじゃん!)」

モブβ「(何だ…一向聴地獄とか言いながら…別に聴牌出来ない訳じゃない…!)」

モブβ「(噂なんて…所詮、噂でしかないんじゃないの…ビビって損した…)」

モブβ「(ただ…まぁ、単騎待ちだから望み薄なんだけどね)」ハハッ

モブβ「(でも…やれない訳じゃないって分かっただけでも十分…!)」

モブβ「(後はこれを誰かにぶつけられれば一番なんだけど…)」

和「……」トン

モブβ「あ、そ、それ!」

モブβ「それ、ロンです!3900!!」

和「はい」スッ


衣「(…おかしい)」

衣「(さっきから衣は…全力で打っているはずだ)」

衣「(普段であれば…既に絶望し始め、心折れるものも出てくるはず…)」

衣「(それなのに…何故、こいつらはまだ…立ち向かえる?)」

衣「(いや…そもそも…一番、衣が不可解なのは…どうして…わざわざ和は他家へと振り込む?)」

衣「(勿論…衣とて自分の能力が完璧ではない事くらい分かっている)」

衣「(時折、支配が揺らぐのも分かるし…その間に他家が聴牌しているのも感じる)」

衣「(だが…どうしてそんな他家に…和ばかりが直撃を受けるのか)」

衣「(時に見え見えの待ちにさえ振り込むそれは…衣を苛つかせる)」

衣「(アレだけの大言を放っておいて…逃げ切る事が…衣への対策だと言うのなら…)」

衣「(失望の極みだ。面白くもない)」

衣「(今まで衣と打った連中とさほど変わらんそれを見たくて…衣は今までずっと待っていた訳じゃない)」

衣「(だからこそ…衣は…)」


















衣「ツモ。リーチ一発四暗刻海底ツモで…16000・8000だ」















ハギヨシ「原村様の親っかぶりもあって逆転…ですね」

京太郎「…えぇ。思ったより早かったです」

ハギヨシ「…という事は…これも計算の内だと?」

京太郎「いや、そんな訳ないですよ」

京太郎「多分、今の和は冷や汗ダラダラなはずです」

京太郎「ただ…和の能力の都合上、天江選手にリードを維持出来るはずがありません」

京太郎「逆転されるまでは織り込み済みってだけですよ」

ハギヨシ「…ですが…そろそろ動き出さなければ…まずいですね」

ハギヨシ「原村様が他家に振り込んでいるお陰で…もう半荘の後半戦に差し掛かっていますし」

京太郎「その辺りは和も分かってるんで大丈夫だと思いますよ」

京太郎「それに…和の目つきも変わりましたから」

京太郎「そろそろ…『待ち』から打って出るつもりでしょう」

京太郎「だから、そろそろ見えるんじゃないですかね。和の『世界』が」

和「(…不思議ですね)」

和「(保っていたリードを溶かされ…内心…恐ろしいはずなのに…)」

和「(頭の中は冷えきって…とても冷静です)」

和「(まるで…心と身体が切り離されたようなその感覚は…けれど、決してイヤじゃなくって)」

和「(寧ろ…本来の自分に戻っていくような…そんな錯覚さえ覚えます)」

和「(今ならきっと…衣さんにも追いつく事が出来る)」

和「(彼女が作ったリードを…今度は逆に追い越してしまえるっていう自信さえ…あるのです)」

和「(魔物と呼ばれた衣さんに…そんな事言えるほど…私は強くはないはずなのに)」

和「(オカルトを防げた以前の私であっても…互角であったはずなのに)」

和「(それより弱くなってしまった私がそう思うのは…きっと自信過剰なのでしょう)」

和「(ですが…それでも…今の私は負ける気がしません)」

和「(皆が作ってくれた時間が、そして…須賀君と築き上げた…能力が…私にはあるんですから)」カァァァ

ハギヨシ「顔が赤く…アレは確か…」

京太郎「のどっちモード…でしたっけ」

京太郎「原理はそれと同じです。思考に因る体温上昇が抑えきれなくなったが故の紅潮」

京太郎「ただし…今回のそれは以前のものとは比べ物になりませんよ」

京太郎「ああなった和は…鬼のように強いですからね」

京太郎「何せ…ああなった和は限定的状況であるとは言え…咲を破ったんですから」

ハギヨシ「宮永様を…ですか?」

京太郎「えぇ。それはもうコテンパンに」

京太郎「あの咲が半泣きになるくらいまで凹ませていました」

京太郎「もしアレが半荘でなければ飛んでいてもおかしくはありませんでしたね」

京太郎「だから…勝負はここからです」

京太郎「新生原村和は…こうなってからが怖いんですよ」

衣「(…どうやら…ようやく本気になったようだな)」

衣「(しかし…今更過ぎる)」

衣「(他家にわざと振り込んでいなければ、まだ勝機はあったかもしれないが…)」

衣「(ここから逆転するのはかつてのノノカでも難しいだろう)」

衣「(つまらない…あぁ…本当につまらない)」トン

衣「(咲以来の好敵手と認めたののかとの対局がこんな形で終わるだなんて…まったくもって)」ジジッ

衣「…!?」

衣「(今のは…なんだ…?)」

衣「(衣の腕が…一瞬…変わって…)」

衣「(まるでデフォルメされた…人形のように…)」ジジッ

衣「(いや…違う…!腕だけじゃない…!)」

衣「(世界が…少しずつ…デフォルメされて…オモチャみたいに…安っぽく…)」

衣「(これは…これは…まさか…衣の支配が…上書きされている!?)」


ハギヨシ「衣様が…動揺されている…?」

京太郎「どうやら…天江選手はもう気づいたみたいですね」

ハギヨシ「一体…何が起こっていると言うんです?」

京太郎「原理的には…咲や天江選手がやっている事と同じですよ」

京太郎「卓上に並ぶ牌の支配。それだけです」

京太郎「ただし…それそのものには大したメリットはありません」

京太郎「下手をしたら…逆に敵を利する事にもなりかねないんですから」

ハギヨシ「…確かに…他の方は動揺していませんね」

京太郎「当然ですよ。あそこは今、彼女たちにとっては何時もの場所で、そして天江選手には猛烈なアウェイなんですから」

京太郎「あそこは今…天江選手が知らず…そして和が良く知る世界」

京太郎「つまり…オカルトがまったくなしの…ネット麻雀の世界になってるんですよ」

衣「(なん…だここは…?)」

衣「(衣の能力が…まったく通用しない…!?)」

衣「(それなのに…どうしてこいつらは平然と打っていられる…?)」

衣「(まさか…これが見えているのは…衣だけ…?)」

衣「(衣だけが…おかしくなったって言うのか…?)」

衣「(分からない…一体…一体…何が起こっていると言うんだ…?)」

衣「(そもそも…衣が今、やっているこれは…本当に麻雀なのか?)」

衣「(ツモ牌も…他家の役も分からない…)」

衣「(いや、それどころか…さっきまで分かっていたはずの聴牌具合すら…霞に掛かったように見えなくて…)」

衣「(一体…これは何なんだ…?)」

衣「(衣は…一体、何をやってる…?)」

京太郎「きっと今の天江選手にとっては訳が分からないでしょうね」

京太郎「普段、何気なく使えていたものが一切、なくなるんですから」

京太郎「その動揺は打ち筋にも現れてくれれば…和にとっては…狙い撃ちです」

和「ロン。8000です」

衣「あ…」

京太郎「勿論…普段からオカルトに頼っている人にしか…これは大きな効果を得られません」

京太郎「ですが、その比重が大きければ大きいほど今の天江選手のように崩れていく」

京太郎「さながら…天江選手たち魔物に出会い…自身の経験がまったく役立たずである事を悟った雀士たちのように」

京太郎「勿論、分かっていれば…対処の仕様は幾らでもあるでしょう」

京太郎「ですが…初見でアレに完全に対応出来るオカルト打ちはいないと俺は思います」

京太郎「その能力を理解しているはずの咲でさえ、アレは未だに攻略しきれていない訳ですし」

京太郎「それほどまでに頑なにオカルトを排除するあの能力は…オカルト殺しの為のオカルトと言っても良いくらいでしょう」

京太郎「勿論…一部の人に強力なメタとして働く能力と言っても、デメリットは多数あります」

京太郎「…今、天江選手の顔が和らいだのが分かりますか?」

ハギヨシ「えぇ…何処か安堵しているみたいですね」

京太郎「アレは恐らく和の『世界』が一度、終わったからです」

ハギヨシ「一局ごとにしか使えないんですか…?」

京太郎「より正確に言えば…一局ごとにリセットされるんですよ」

京太郎「そして再び和がその『世界』を展開するのには時間が掛かる」

ハギヨシ「それは一体…」

京太郎「他家の河や打ち方なんかを見て手牌や目指している役なんかを推察してるんですよ」

京太郎「それが正解に近づけば近づくほど…和の『世界』は強固になる」

ハギヨシ「まさか最初に他家へと振り込んでいたのは…」

京太郎「はい。河や役を見てどんなタイプの雀士か推察していた訳です」

京太郎「どういう時にどういうものを切るタイプなのか、既に和の中にはインプットされているはずですよ」

ハギヨシ「…まるで高性能な演算器か何かのようですね」

京太郎「あながち間違いじゃありませんね。実際、今の和の洞察力はずば抜けています」

京太郎「風越の福路選手ほどではありませんが…読みもかなりのものですよ」

京太郎「…ほら、数巡なのに…また来ましたしね」

衣「っ!?」ジジッ

ハギヨシ「つまり…さっき衣様の能力が幸いだと言っていたのは…」

京太郎「えぇ。和が再び『世界』を発動するまでの時間を、他でもない天江選手が稼いでくれるからです」

京太郎「その上、和の能力がメタとして突き刺さるんですから、天江選手からすれば相性が最悪もいい所でしょう」

ハギヨシ「…ですが、衣様は能力を殆ど封じられたとしても、あの直感めいた打ち筋と強運があるはずです」

ハギヨシ「それなのにこうも一方的にされるのは…」

京太郎「言ったでしょう?あそこはネット麻雀の世界なんです」

京太郎「限られた牌を奪い合い、競い合う偏ったランダムの世界。その配牌もまた『その時点で最も来やすいもの』が来るようになっています」

ハギヨシ「…それはつまり…直感も強運も…まるで意味が無いと…?」

京太郎「えぇ。その代わり必要なのは…確率論と無数の対局を経て至った経験です」

京太郎「勿論、今の和だって完璧ではありませんが…それでもあの中では飛び抜けているでしょう」

京太郎「お陰で和は他家の手牌予想をどんどんと正解へと近づけ、その支配を強固にし…さらに正解へと近づく事が出来る」

京太郎「一巡ごとに支配を強め、なおかつ、その上で最短を進む和に…普通は勝てるはずがありません」

京太郎「オカルトの領域にまで入り込んだ…データ雀士としての極地。そこに今…和はいるんです」

和「ロン。11600です」

衣「…あ…ぅ…」

京太郎「…終局…ですね」

ハギヨシ「まさか…ここまで衣様が良いようにされるとは…」

京太郎「相性が良かった上に、和の能力は初見殺しですから。それに何より…運が良かったんですよ」

京太郎「清澄皆で作っていたリードがなければ、和だってあんなにのびのびと打つ事は出来なかったでしょう」

京太郎「そもそも満月の天江選手であれば、和の支配力が上回るには時間が掛かったはずです」

京太郎「その場合、ここまで圧勝できたとは到底、思えません。下手をすれば序盤のリードを維持されて負けていた事だってあり得たと思いますよ」

ハギヨシ「でも…宜しいのですか?」

京太郎「ん…何がですか?」

ハギヨシ「私は須賀君の友人ではありますが、龍門渕側の人間です」

ハギヨシ「原村さんの能力をこうも教えてしまったら…その情報はそのまま透華お嬢様たちの耳に入るかもしれませんよ」

京太郎「ハギヨシさんはそういう事をしません」

ハギヨシ「…どうしてそう思われますか?」

京太郎「ハギヨシさんにとって龍門渕選手たちが楽しむ事が一番ですから」

京太郎「今頃、和の能力を考察してどう破ってやろうかと息巻いている龍門渕選手の邪魔はしないでしょう?」

ハギヨシ「…はは。これはお恥ずかしい」

ハギヨシ「完全に…思考を読まれると…どうして良いか分からないものですね」

京太郎「普段、そうやって人の思考を読んでるんですからたまには恥ずかしがれば良いんですよ」

京太郎「それより…天江選手の所に行ってあげて下さい」

京太郎「きっと…天江選手は今、泣きたい気持ちで一杯なはずですから」

京太郎「それを受け止めてあげるのも…執事の仕事でしょう?」

ハギヨシ「これは…また須賀君に一本取られてしまいましたね」

京太郎「前回のお返しですよ」

ハギヨシ「では…次回は色々と私の方がお返し出来るよう考えておきましょう。…ではまた後ほど」ダッ

京太郎「…えぇ。また」


衣「…ののか…強く…なったな…」

衣「衣は…衣はこれだけ良いように翻弄されたのは…初めてかもしれない…」

和「衣さん…私…」

衣「いや…いや、何も言うな。勝者が敗者に掛ける言葉なぞ無粋も良い所だ」

衣「それに…衣は嬉しい」

衣「衣もまったく知らない打ち方があって…しかも、それが友人である和が到達したものなんだからな」

衣「だから…衣は…全然…全然…悔しく…」ジワッ

ハギヨシ「衣様…!」バンッ

衣「う…う…ぅ…ハギ…ヨシ…」

ハギヨシ「…」ギュッ

ハギヨシ「…すみません。原村様。今の衣様は少し情緒不安定なようなので…」

和「…えぇ。分かりました…」

和「その…申し訳…ありません」

ハギヨシ「いえ、気にしないで下さい。衣様もきっと…本当に喜んでおられるのです」

ハギヨシ「今はただ慣れぬ敗北に心を荒れさせておられるだけ」

ハギヨシ「ですから…そう申し訳無さそうな顔をしないで下さい」

ハギヨシ「それよりも…胸を張って、須賀君たちの所へ帰ってあげた方が…皆も喜びます」

和「…はい」


和「(…衣さんを…泣かせてしまいました…)」

和「(咲さんの時も…涙目にさせてしまいましたし…私の力はよっぽどああいった人たちにとって辛いんでしょう…)」

和「(あんな風に…対局者を泣かせてまで麻雀を打っていて良いのかって…思う事はない訳じゃありません)」

和「(でも…私は…)」ガチャ

咲「和ちゃん、お帰り!」

優希「のどちゃん!とっても凄かったじぇ!!」

小蒔「とっても…格好良かったです」

まこ「はは。まさかここまでたぁ思っとらんかったわ」

春「やっぱり…黒糖食べてる人は違う…」グッ

和「…ただいま戻りました」

和「(こうやって迎えてくれる…皆の為に勝ちたい)」

和「(そう…心から思えるから…)」

和「(だから…衣さん…ごめんなさい。私…勝った事に…後悔なんてしていないんです)」

和「(衣さんを泣かせるような打ち方をして…でも…私、嬉しいって思っているんです)」

和「(そして…そして…何より…)」

京太郎「よ。和」

和「…須賀君…」

京太郎「…良く頑張ったな。モニター越しだったけど…凄かったぞ」

和「…は…い」ジワッ

京太郎「ってな、なんで泣くんだよ…」

和「ど、どうして…でしょう…須賀君の顔を見ると…今…凄い安心して…」

和「み、見ないで下さい…」グスッ

小蒔「……」

小蒔「…えい」ドンッ

和「わっ」

京太郎「おわっ」ギュッ

和「…あ…」カァァァ

小蒔「…今日の主役は原村さんでしたから…ちょっとだけ貸してあげます」

和「神代…さん…」

小蒔「だから…思いっきり…京太郎様の胸で泣いて良いと思いますよ」ニコッ

和「あ…わ…私…」ポロポロ

京太郎「……うん。そうだな。思いっきり…泣いていいぞ」ギュッ

京太郎「今まで…辛かったもんな」

京太郎「それだけ…辛くて…歯がゆい思いをしてきたんだもんな」

京太郎「だから…その分、思いっきり…泣いてしまって良いんだよ」

京太郎「それくらい受け止める器量はあるつもりだから…さ」ナデナデ

和「う…あ…うあ…ぁぁ…」ギュゥゥッ

京太郎「…和は…頑張ったよ。凄い頑張ったから…ここまで来れたんだ」

京太郎「それは…俺も…皆も良く知ってる」

京太郎「だから…お疲れ様、和」

京太郎「俺は今…すげー誇らしい気持ちで一杯だよ」

和「(そう須賀君に慰めてもらう度に…私は今までの事が脳裏に浮かんでいました)」

和「(オカルトという存在を認めはじめたその時から…今までの事が走馬灯のように頭をよぎっていたのです)」

和「(それは勿論、楽しい思い出ばかりという訳ではありません)」

和「(いえ、寧ろ…自分を騙すのに四苦八苦したり、成果の出ない特訓に落ち込んだりと暗い感情が真っ先に浮かんできました)」

和「(けれど…それらが今…全部、報われたのです)」

和「(衣さんから…全国でも有数の打ち手からもぎ取った勝利という形で…私はそれらを全て肯定する事が出来るようになりました)」

和「(その喜びが一体…どれだけのものか…私には筆舌に尽くし難いです)」

和「(思わず胸の中から涙として溢れるくらいのそれは…さっきから止まりませんでした)」

和「(これまで…頑張ってきて良かったって…諦めなくてよかったって…そう思う度に…幾らでも湧き上がるのですから)」

和「(そしてそれは…皆に対する…感謝の気持ちも一緒です)」

和「(こんな私を見捨てずに…そして信じてくれた…皆に幾らお礼を言っても…言い尽くせません)」

和「(そもそも…今の私は泣く事に精一杯で…ろくに言葉を紡げるような状態じゃなくって…)」

和「(結局…誰よりも支え続けた人の胸の中で…何分間も泣き続けたのでした)」

和「…お、お騒がせ…しました」カァァ

まこ「何、そがぁななぁ小蒔で慣れとるからな」

小蒔「べ、別に私そこまで泣き虫じゃないですよ!」

春「人騒がせという意味では…間違いじゃない?」

小蒔「あぅぅ…」

優希「まぁ…それだけのどちゃんが頑張ったって証だじぇ!」

咲「そうだよ。誰もそれくらいで悪く思ったりはしないって」

和「…皆…ありがとう…ございます」

春「…寧ろ…それを言うのはこっちのセリフ」

まこ「そうだな。和…勝ってくれて有難う」

優希「お陰でリベンジ達成だじぇ!」

咲「私じゃ…今の衣さんに勝てるか分からなかったし…本当に凄かった…」

春「宮永さんは自分を低く見積もり過ぎ…」

まこ「相性差こそあるが未だにうちのトップは咲なんじゃからな」

咲「そ、そうなの…?」


和「ふふ…っ♪」

京太郎「ついさっきまで一局進む毎に息を呑んだり悲痛な声をあげたりしてたって思えないくらい元気だろ?」

咲「う…そ、それは…」

まこ「まぁ…相手が相手じゃったしな」

春「不安になるのも当然の事…」

優希「そ、そもそも京太郎がハギヨシさんとイチャついてるのが悪い!」

京太郎「いや、普通に話してただけだろ」

春「…その割には私達との会話はなかった」

小蒔「とっても楽しそうでしたねー…」ジトー

京太郎「いや…そりゃリアルで会って話をするのは久しぶりだし…ハギヨシさん相手に何かを教えるってめったにある事じゃないし…」

京太郎「って、な、なんで俺がホモ疑惑受けてるんだよ!俺はノーマルだ!!」

小蒔「それは…勿論、理解していますけど…」

優希「何か二人で並んでいるとこう…入り込めないオーラが…」

京太郎「風評被害も良いところだ…」


京太郎「まぁ…ともかく…だ」

京太郎「リベンジ達成、おめでとう、和」

和「ありがとうございます。私が衣さんに勝てたのは…皆がリードを作ってくれたお陰です」

優希「まぁ…得点稼いだのは殆ど咲ちゃんだけどな」

春「私たちは…もうちょっと練習が必要」

まこ「そうじゃの。このまんま咲や和に頼りっきりじゃまた龍門渕に勝てるかどうか分からん」

まこ「来年のインターハイまでに…また強くならんとな」

まこ「その為にも…次は…」

小蒔「龍門渕さんたちとの交流戦ですね」グッ

優希「ふっふっふ…腕が鳴るじぇ」

春「こっちでの交流戦は初めてだから…楽しみ」

まこ「さっきのリベンジしたい子もいるじゃろうし…何より一部の人にゃぁフラストレーション溜めさせとったけぇなぁ」

まこ「わしの我侭の所為ですまんな」

小蒔「いえ…そんな…」

和「お陰で私は…胸を張れる強みを手に入れたんです。感謝してるくらいです」

まこ「…有難うの。そう言ぅてくれるとわしも嬉しい」

ハギヨシ「清澄の皆様、遊戯室の準備が整いました」

優希「来たか!」ガタッ

春「待ってた…」グッ

小蒔「め、珍しく春ちゃんが燃えてます…」

まこ「まぁ、あがぁな戦いを見せられたら誰だって燃えるじゃろ」

まこ「わしだって一局打ちたくてウズウズしとるくらいじゃけぇな」

和「あの…衣さんは…」

ハギヨシ「大丈夫ですよ。もう泣き止まれました」

ハギヨシ「それに…今はとても嬉しそうにしていらっしゃいます」

ハギヨシ「衣様にとって手も足も出ないくらいの大敗は初心者の頃でもほぼなかったので」クスッ

ハギヨシ「まるで自慢するように透華お嬢様たちに話してられましたよ」

和「そう…ですか」ホッ

ハギヨシ「安心して下さい。衣様はそんなに弱くなんてありません」

ハギヨシ「寧ろこれからの交流戦でリベンジすると息巻いてられましたよ」

和「う…お、お手柔らかにお願いしますとお伝え下さい」

ハギヨシ「えぇ。承りました」


まこ「じゃ…わしらは先に行っとるけれど…」

優希「のどちゃんは終わったばかりだし、ゆっくりしておくと良いじぇ」

京太郎「あー…んじゃ、俺も…」

小蒔「京太郎様は原村さんの傍についていてあげてください」

京太郎「…良いのか?」

小蒔「勝利の立役者に嫉妬するほど私は狭量ではありませんよ」クスッ

小蒔「それに私は京太郎様の事を信じておりますから」グッ

まこ「…成長したなぁ」ホロリ

春「以前の姫様とは別物…」

咲「石戸さんが見たらきっと喜ぶだろうなぁ…」

小蒔「そ、そんなに私ダメでしたか?」

優希「ダメって言うか…」

まこ「京太郎以外眼中にない感じじゃったけぇなぁ…」

小蒔「う…ま、まぁ…昔はそうだったかもしれませんけど…」

小蒔「い、今は違いますよ!ちゃんと皆の事も大事に思ってます!」アセアセ

春「大丈夫…姫様の気持ちは皆に伝わってる」

まこ「そうそう。じゃけぇ…まぁ、ちぃとだけ二人っきりにしちゃろう」

咲「…うん。そうだね」

優希「のどちゃんの事また泣かせたら承知しないじぇ!」

京太郎「分かってるって」

京太郎「まったく…心配症な奴らめ…」

和「それだけ須賀君が信頼されているんですよ」クスッ

京太郎「信頼…されてるのかなぁ…」

和「じゃなかったら、あんな風に軽口を叩いてりしません」

和「須賀君なら大丈夫だって…そう思っているから…ゆーきもあんな事言ったんですよ」

京太郎「そう…なんだろうか」

和「…須賀君?」

京太郎「いや…俺が小蒔以外に和にも手を出してるのはもう完全にバレてるだろアレ」

和「ま、まぁ…そうじゃないと二人っきりにしようとはしないと思いますけど…」

京太郎「だから…部長たちの変わらない態度が若干、怖くてなぁ…」

京太郎「ある程度、俺の能力やらを知ってくれている春はともかく…ぶっちゃけ俺、女の敵以外の何者でもないし」

京太郎「改めるつもりはないにせよ…シカトされてもおかしくない事をしてるって自覚はあるんだ」

京太郎「それなのに…態度が変わらないってのは…どう思われてるのか不安でな」

和「…ふふっ」

京太郎「ん…?」

和「あ、ごめんなさい…別にバカにした訳じゃなくって…」

和「須賀君でも…そうやって不安に思う事があるんだなって…そう思って」

京太郎「そりゃ…俺だってそこまで脳天気じゃないぞ」

和「えぇ。分かってます。私たちの事で色々と須賀君が悩んでくれている事も」

和「でも…須賀君は今までそれを私に見せてくれなかったじゃないですか」

京太郎「そう…だったっけ?」

和「えぇ。何時でも…格好つけて弱みを見せるのは私の方でした」

和「だから…ちょっと嬉しかったんです」

和「そうやって須賀君が…弱みを見せてくれるくらいに私の事を信頼してくれているんだって…そう思えましたから」ニコッ

京太郎「あー…いや、別に…信頼してなかった訳じゃないんだ」

京太郎「ただ…俺は和の前でだけは格好付けたくて…さ」

京太郎「一番…好きな女の子だし…その…何て言うか…」

和「ふふ…っ♪分かっていますよ」

和「私だって…神代さんに負けないくらい須賀君の事を信じているんですから」

和「須賀君が私の事を思ってくれているっていうのを疑った事はありません」

和「でも…やっぱり…寂しかったのは…事実ですよ」ギュッ

京太郎「和…」

和「私が…須賀君に身を委ねているのは…別に須賀君が立派な人物だからじゃありません」

和「ましてや…能力の所為でもなくて…あの…その…」カァ

和「す、須賀君が…とっ、とても暖かで優しい人だからです!」

和「だ、だから…えっと…無理に私達の前で格好つけたりしなくても大丈夫…です」

和「いえ…寧ろ…もっと…そういう須賀君を見せて下さい」

和「だって…ふ、不公平じゃ…ないですか」

和「私だって…須賀君の事が…~…なのに…」

京太郎「え…?」

和「~~っ!で、ですから…あの…」カァァァ

和「わ、私だって…須賀君の事が好きなのに…そういう弱い須賀君を上重さんに独り占めされるのはイヤなんです!!」

京太郎「…はい…?」


和「な、何ですか、その反応!」

和「わ、私が普通の時に好きって言ったらダメなんですか!?」

京太郎「い、いや、そんな事ないよ。まったくない」

京太郎「つか…嬉しすぎて夢じゃないかって思ってるくらいで…」

和「う…そ、それは…その…」

和「い、今まで…ちゃんと言わなかったのは…わ、悪いと…思ってます…けど」ウツムキ

和「わ、私が勇気を出せなかった所為で…不安にさせていたのは…ごめん…なさい…」シュン

京太郎「い、いや、和は悪くないって!」

京太郎「そもそも俺がそうやって素直に好意を示してもらえるような男だったら…」

和「いえ…違うんです。私が…ずっと言えなかったのは…怖かったからです」

和「それを口にしてしまう事で…今までの心地良い関係が崩れてしまうんじゃないかって…そう怯えていたんです」

和「でも…私…今日…衣さんに勝てて…ようやく勇気を持てました」ギュッ

和「私は…もう逃げません」

和「自分の感情からも…ゆーき達からも…そして…神代さんや上重さんからも」

和「だから…私は改めて言います」

















和「私は…須賀君の事が…大好きです」














和「最初は…能力の所為だったのかもしれません」

和「いえ、キッカケは間違いなく…須賀君の持つ不思議な力だったんでしょう」

和「でも…私が須賀君に惹かれていったのは…決してそれだけじゃありません」

和「須賀君が私たちの事に一生懸命になって…手を尽くそうとしてくれたからです」

和「駆けずり回ってでも…私たちの事を助けようとしてくれたからです」

和「その気持ちは…他の誰にも負けるつもりはありません」

和「何度だって言えます」

和「私は…原村和は須賀京太郎君の事を愛しています」

京太郎「…和…」

和「今まで…伝えられなくてごめんなさい」

和「意地を張ってしまって…すみません」

和「でも…その分…尽くしますから」

和「今までの分をお返し出来るように…尽くしますから…だから…」

京太郎「…それ以上は言わなくて良い」ギュッ

和「あ…♥」

京太郎「言っただろ。俺は和を見捨てないし…絶対に幸せにして見せるって」

京太郎「だから…そんな風に言わなくて良いんだよ」

京太郎「俺が和の事を好きな気持ちは…今だってまったく色褪せていないんだからさ」

京太郎「だから…無理しなくても良いんだ」

京太郎「何時もの…意地っ張りな和の事も俺は大好きなんだからさ」ナデナデ

和「…本当…ですか?」

京太郎「あぁ。こんな事で嘘吐かないって」

京太郎「…俺も…何度だって言えるよ」

京太郎「俺は和の事を誰よりも愛してる」

京太郎「絶対に手放したくないくらい…好きなんだ」

和「須賀…君…ぅ♥」

京太郎「…どうせだしさ。京太郎って呼んでくれないか?」

和「え…?そ、それは…」

京太郎「ダメ…かな?」

和「……もう…須賀君は…ううん…京太郎君は…仕方ないんですから」

和「…こんな風にぎゅっとされたら…断れないです…♪」

京太郎「あー…ごめんな」

和「でも…手放すつもりは…ないんですよね?」

京太郎「あぁ。もうちょっと…こうしてたい」

京太郎「俺の事を好きだって言ってくれた女の子の身体を…強く感じてたい」

和「本当に…もう…京太郎君はスケベなんですから…っ♪」

和「仕方ないから…もうちょっとだけ…こうしておいてあげます…♥」ギュッ

京太郎「…ありがとうな」ナデナデ

和「は…ぅ…ぅ♪」

和「気は…済みました?」

京太郎「…もうちょっと」

和「もう…いきなり甘えん坊になりすぎですよ…ぉ♥」

京太郎「いや、だって…無理だって」

京太郎「和が俺の事好きだって言ってくれただけでも嬉しいのに…」

和「…そんな事言いましたっけ?」

京太郎「え、えぇぇ!?」

和「ふふ…♪冗談ですよ♪」

和「でも…流石にこうしてずっと…ギュッてされるとですね…♪」

和「そろそろ…本格的に我慢出来なくなるというか…」

和「す、スイッチが入っちゃうというか…」モジモジ

京太郎「あー…それは流石にまずいな…」

和「そ、そうですよ。だから…その…早く…」

京太郎「…そう言いながら和の腕も離れないんだけど」

和「そ、それは…その…」

和「べ、別に…このままなし崩し的にエッチ出来ないかなーとかそういうの期待してる訳じゃなくってですね…!」

和「た、ただ…そ、そう!て、手持ち無沙汰でちょうどいい所に京太郎君の腰があるからついつい抱いちゃうだけで…!!」

京太郎「はは。じゃあ…ほら」スッ

和「あ……ぅ…」モジモジ

京太郎「…和?」

和「わ、分かってます!分かってます…から」スッ

京太郎「ごめんな。これが抜けだしてどうこう出来る状況なら構わないんだけど…」

和「べ、別に…京太郎君が謝るような事じゃ…」

和「そ、そもそも…悪いのはこんなところで発情しちゃってる私ですし…」モジモジ

和「明日までは…その…ちゃんともたせてみせますから」

京太郎「って事は…?」

和「わ、分かってる癖に…言わせないで下さいよ…もぉ…っ♥」

京太郎「それでも俺は和の口から聞きたいな」

和「う…ぅ……そ、その…うぅ…」モジモジ

和「ひ、昼から両親は打ち合わせに出かけるんで…その…京太郎君の都合さえ良ければ…」

和「う…家に…来ませんか?」カァァ

京太郎「うん。是非とも」ナデナデ


京太郎「んじゃ…そろそろ出るか?」

和「そうですね…あんまり長居すると神代さんが怖いですし」

京太郎「前科がある以上、疑われると言い訳しか出来ないからなぁ…」

和「その辺りは…京太郎君の腕の見せ所ですね」

京太郎「まったくもってその通り過ぎて何も言えねぇ…」

和「まぁ…その時は少しくらい釈明に付き合ってあげますから」クスッ

京太郎「少しだけかよ」

和「あんまり私が出しゃばると神代さんとしても面白く無いでしょうしね」

京太郎「ま…そりゃそうか。ああは言ったけど…やっぱり寂しそうにしてたし」

和「…結構、見てるんですね」

京太郎「そりゃ…まぁ…な。なんだかんだで俺にべったりなのはそう変わっていないし」

京太郎「小蒔は小蒔で変なところで遠慮しいだから…出来るだけこっちが察してやらないと」

和「…ふふ…♪」

京太郎「ん…?どうした?」

和「多分…京太郎君が皆に根本的な部分で嫌われていない理由って…そういう事だと思いますよ」

和「以前、京太郎君が言ってくれたのと同じです」

和「皆、今までの事で京太郎君の良さを知ってるんですよ」

和「どれだけ優しい人かとか…進んで二股する人じゃないかとか…そういう信頼があるんです」

和「…まぁ、そんな度胸がないと思われているかもしれないですけど」クスッ

京太郎「いや…実際、俺ヘタレだからなんとも言えないけどさ…」

和「それでも…肝心な時はちゃんと決めてくれる人だって言うのは皆知っています」

和「だからこそ…下手に触らず解決を私達に委ねてくれているんでしょう」

和「いざと言う時が来たら京太郎君が何とかしてくれるってそう思っているからこそ…皆はこの関係を保っていられるんだとそう思います」

京太郎「あー…なら…それに応えないと…いけないな」

和「…えぇ。でも…結論は急がなくても良いですよ」

京太郎「…いや、でも…」

和「今の状況がそういったものが出せるものではないというのは分かっていますし」

和「それに…まぁ…何て言うか…ですね」

和「…ちょっと神代さんに対抗心を抱いているのもあったりして…」

京太郎「…え?」

和「だ、だから…ですね。彼女と京太郎君を巡って消極的に対立している私としては…あんまり…面白くないんです」

和「あんな風に余裕を見せつけられると…自分の器が小さいようで…京太郎君の事も先んじられているようで…むっとしてしまうんです」カァァ


和「だから…私も…早く結論を出して欲しいとは言いません」

和「京太郎君が望む限り…保留のままで結構です」

和「そして…私はそれを…ずっと信じて待ち続けるだけです」

和「京太郎君が…私の事を選んでくれるって…そう…信じて」ギュッ

京太郎「…和…」スッ

和「い、今は…ダメですよ」

和「今、ぎゅってされたら…私…ほ、本当にスイッチが入っちゃいますから」

和「ぜ、絶対に…ダメですからね!」

京太郎「…分かった」

和「…本当に?」

京太郎「あぁ。仕方ないけど…我慢する」

和「本当の本当にですか?」

京太郎「勿論だ。俺だって和に迷惑を掛けるのは本意じゃないし」

和「…そう…ですか」シュン

京太郎「…もしかしてして欲しかった?」

和「な、何を言うんですか!?」

和「そ、そんなの…ちょっと…いえ…半分くらい思っただけです!」

和「そこまで我慢が効かない訳じゃありません!!」

京太郎「でも、半分は本気だったのか」

和「あっ…」カァァァ

和「う…ば、馬鹿な事行ってないで…も、もう本当に行きますよ!」

和「こ、このままじゃ…本当に我慢出来なくなっちゃいそうですし…」

京太郎「まぁ…最近は特訓やらで忙しくて…こういう真剣な話する機会なんてあんまりなかったからな」

京太郎「なんてーか、ごめん」

和「べ、別に…京太郎君が悪くありませんよ」

和「そもそも…こうして話している事そのものは…その悪く無いと言いますか…」

和「寧ろ…良すぎて…私のタガが緩みがちになっちゃうと言うかですね…」ボソボソ

京太郎「ん?もう一度言ってくれないか?」ニヤニヤ

和「ぅー…き、聞こえてた癖に…」

京太郎「いやーここ最近、難聴が酷くてさー」ボウヨミ

和「すっごい棒読みなんですけど…」ジトー

京太郎「はは。恥ずかしがる和が可愛くてつい…な」

和「むぅ…ぅ……人のこと良いように弄んだ挙句…か、可愛いだなんて…」

和「それだけで…許してあげたくなるじゃないですか…」ポソッ

京太郎「って事はもっとやって良いんだな」

和「やっぱり聞こえてるじゃないですかああ!」

京太郎「悪かった。悪かったから…ほら」スッ

和「…え?」

京太郎「遊戯室の前くらいまで…手を繋いでいかないか?」

京太郎「…なんだかんだ言って…こういう事してなかったし」

京太郎「まぁ…なんつーか…その…な」

京太郎「図々しいけど…恋人らしい事したくて」

和「…」クスッ

和「もう…最初からそのつもりだったのなら…言ってくれれば良いのに」

京太郎「いや…だって…素で繋いで行こうって…中々、言えないぞ」

京太郎「なあなあで繋ぐならともかく…俺からってのは…あ…」

和「…ふふ…♪どうかしました?」

京太郎「…何か柔らかいもので俺の腕が包まれてるんですけど」

和「包んであげてるんですよ…♥こういうの…好きでしょう?」

京太郎「いや…好きだけどね!好きだからこそ…こう…リビドーや諸々の問題が…」

和「私だって我慢してるんですから、京太郎君も我慢してください」キッパリ

京太郎「ひでぇ…」

和「それに…ですね。こうやって腕を組んだ方が…その…」

和「こ、恋人っぽい…じゃないですか」カァァ

京太郎「…実は憧れてた?」

和「う、うるさいですよ。それよりも…ほら!」グイグイッ

京太郎「わっ!こら、急ぎすぎだって」

京太郎「そんなに急いだら、すぐ遊戯室に着いちまうぞ」

和「う…」

和「…し、仕方ないですし…ゆっくり行きましょう」

京太郎「あぁ。その方が良い」クスッ

京太郎「俺も…もうちょっと和とこうして…恋人らしい事楽しんでいたいしさ」ギュッ

和「…はいっ♥」