【部室】

京太郎「」チーン

小蒔「あ、あぁ!?京太郎様が真っ白に!?」

咲「あ、あはは…ご、ごめんね京ちゃん」

優希「まったく…京太郎は貧弱だじぇ」

まこ「いや…あの卓は正直、誰もがああなってもおかしゅうないゆぅて思うがなぁ…」

和「速攻高火力のゆーきと地力が桁違いな咲さん、それに九回まで役満狙える神代さんですからね…」

春「寧ろ、飛ばなかった京太郎を褒めるべき」ポリポリ

京太郎「いや…まぁ、分かってたんだけれどさ」ムクッ

咲「あ、復活した」

優希「まったく…変に心配させやがって」

京太郎「仕方ないだろ。半荘なのに焼き鳥銀行状態だったら流石に凹むって」

京太郎「ま、色んな意味で鍛えられたから、その程度でめげるようなメンタルしてないけどな」ドヤァ

咲「うわ、ドヤ顔うざい」

京太郎「さーきー」ムニー

咲「ひゃぅあっ」ムニー


京太郎「おぉ…伸びる伸びる。咲、お前また太ったんじゃげふぉぉっ!?」

咲「ふ、太ってないもん!!ちょっと胸が成長期なだけだもん!!」

優希「え、でも、咲ちゃんこの前の身体測定…」

咲「」ニコッ

優希「ゴメンナサイナンデモナイデス」

小蒔「き、京太郎様、大丈夫ですか?」アセアセ

小蒔「ナデナデした方が良いですか?ひ、膝枕要りますか?今日も添い寝して大丈夫ですか…!?」

咲「…あれ?今、さらりと何か凄い事言ってなかった?」ゴゴゴ

京太郎「き、気のせいだろ…」メソラシ

京太郎「後、小蒔には心配させてごめんな。所詮、咲の力じゃ俺はびくともしないから大丈夫だって」ナデナデ

小蒔「えへへ…♪流石は京太郎様です!」パァァ

咲「…本格的にお姉ちゃんからコークスクリューの打ち方習おうかな…」ギュル

優希「何時もの咲ちゃんじゃないじぇ…」フルフル


春「でも、京太郎はさっきの闘いで傷ついたから休養が必要…」

京太郎「まぁ、さっきから俺ばっかり打たせてもらってるしな」

まこ「この中で一番の初心者は京太郎じゃけぇの。今まで不遇じゃった分、経験を積ませちゃりたかったんじゃが」

京太郎「ありがとうございます。でも、俺もそろそろ休憩したいんで、誰か代わりにお願いします」

小蒔「え…じゃあ、私も…」

春「姫様はさっき入ったばかりだからダメ」

小蒔「あぅ…」

春「だから、京太郎の膝枕係は…私のもの」

小蒔「そ、そんなのズルいです!疲れた京太郎様を労るのは婚約者の役目ですよ!」

春「…何時からそれが婚約者の役目だと錯覚していた?」

小蒔「なん…ですって?」

春「家族でも関係ない…膝枕を賭けた仁義無き戦い」

まこ「」ガタッ

和「ぶ、部長…?」

咲「私…二回前だから抜けられるかな…?」チラッ

京太郎「いや、そもそもどうして俺が膝枕されるのが既定路線なんだよ」


京太郎「じゃあ、もう面倒だし次勝った奴が抜ける形式で良いんじゃね」

春「そして勝者には京太郎の膝枕が…」

京太郎「どうしてそこで俺を絡めるんだ」

春「賞品があった方が燃える…」

京太郎「いや、そりゃそうだろうけど…誰得過ぎるだろ」

小蒔「私得ですよ!」

優希「わ、私は…その…別に…」

咲「私も別に得じゃないけど…抜けちゃダメみたいだし…」

和「……」イソイソ

まこ「って言ぅとる間に和が卓に着いとるぞ」

春「あ…」

春「…策士策に溺れた…」ショボン

京太郎「春の場合、策士って言うよりトリックスターだけどな」

京太郎「ま、こっちで大人しく観戦しようぜ。黒糖でも食べながら…さ」

春「…うん」ニコ



小蒔「…あれ?結局、また春ちゃんの一人勝ちのような…」

和「気のせいですよ。それよりほら、早く始めましょう」ゴゴゴ

咲「そうだね。…あのまんまにはしておけないし」ゴゴッ

優希「ま、また二人が無意味に本気に…」ビクビク

小蒔「ふふ、以前でしたら…私も怯えていたかもしれません」

小蒔「正直、未だにちょっとカン怖いですし…嶺上開花って言葉にびっくりしますし」

小蒔「ですが、京太郎様の愛で生まれ変わった今の私はお二人にも負けないと自負しております」

小蒔「正々堂々…九面様のお力を借りて勝負です!!」ゴッ

咲「そう言うの良いですから早く準備して下さい」

和「そうです。時間は有限なんですから。私たちの分まで無駄にしないで下さい」

小蒔「あっ…はい。ごめんなさい」シュン

優希「小蒔ちゃんェ…」



京太郎「そう言えば…今日は部長は実家の方は良いんですか?」

まこ「あぁ。最近は石戸さんたちがバイトしてくれとるからの」

まこ「人手は大分、足りてきたし、わしが実家の手伝いせんでようなってきた」

まこ「新しゅう看板娘が三人も増えたって事で人気も上々じゃしの」

まこ「当分は部活動の方に打ち込めるゆぅて思う」

京太郎「そうですか…それなら良かったです」

京太郎「部長は何時も俺達以上に忙しくしているので…少し心配で」

まこ「はは。不甲斐ない部長ですまんな」

京太郎「そんな事ないですよ。部長がギリギリのところで頑張ってくれてるのは皆知ってます」

春「…部長はもうちょっと休んでも誰も文句言わないと思う」ポリポリ

まこ「とは言ぅても…部長ってのは色々とやらんにゃぁいけん仕事じゃけぇの」

京太郎「まぁ…うち、顧問らしい人が未だにいませんしね…」

春「扱いとしては同好会上がりのまま…」

まこ「まぁ、その代わり部費はかなり貰えてるし、部長の裁量じゃ程度好き勝手出来るってのはあるんじゃがな」

まこ「ただ…そろそろ新入生を見越して新しい自動卓買いたいな」

まこ「流石に新品となると高いし何処からか中古で…いや、うちのを格安で譲るってゆうのも有りか…?」ブツブツ


京太郎「あんまり…気負い過ぎないで下さいね」

京太郎「部長が無理に頑張ろうとしなくたって今の清澄ならきっと大丈夫ですから」

まこ「…有難うの。でも…わしゃぁ大丈夫じゃ」

まこ「この新生清澄をインターハイに連れて行くんが今のわしの使命じゃけぇな」

春「黒糖…要る?」

まこ「有難う。…相変わらず滝見さんの黒糖は美味しいな」ポリポリ

まこ「あ、この前、分けて貰った黒糖じゃが、中々、常連にも好評でな」

まこ「今度、纏めて入荷するんにまた色々と意見が欲しいんじゃが…」

春「布教成功?」

まこ「大成功じゃ」ニコッ

春「…良かった。私で良ければ幾らでも力になる」クスッ



まこ「(ただ…懸念事項がない訳じゃない)」

まこ「(清澄は確かに強くなったんじゃ。それこそ一年前からぁ想像も出来ないくらいに)」

まこ「(京太郎がゆうように来年のインターハイ出場は決して無理な事じゃないじゃろう)」

まこ「(じゃが…その前にゃぁ必ず…あの龍門渕が立ちはだかる)」

まこ「(秋季大会で苦渋を舐めさせられた彼女たちとの対局は避けられんじゃろう)」

まこ「(ほいで…それに必ず勝てるっちゅう自信もわしにゃぁなかった)」

まこ「(今の清澄は強い。全国優勝が運じゃぁなかったと誰もが認める力を持っとる)」

まこ「(じゃが…そりゃぁ龍門渕も同じだ)」

まこ「(インターハイに出られんかった鬱憤を晴らすように…龍門渕もまた強くなっとる)」

まこ「(それに対して…清澄は…)」チラッ

和「……」トン

まこ「(和の不調。そりゃぁ…ぶち大きい)」

まこ「(不調の今でも…和は並大抵の打ち手に負けるような奴じゃない)」

まこ「(寧ろ、相手がオカルト染みた『何か』を持っていなけりゃぁ互角以上に渡り合えるじゃろう)」

まこ「(じゃが…ここきょうびのインターハイは異常だ)」

まこ「(出場校のメンバーの殆どが…何かしら自分の中で『強み』を持っとる)」

まこ「(そがぁな中で今の和が活躍出来るかゆぅたら…正直、自信がない)」

まこ「(少のぉても…今の和は龍門渕選手に安心してぶつけられる打ち手じゃないんじゃけぇ)」


まこ「(じゃったら…どうする?)」

まこ「(和の代わりに…滝見さんを使うか?)」

まこ「(無難に流す事に関しちゃぁ滝見さんは超がつくほどの一流だ)」

まこ「(勝ちを狙わんじゃったら、最低限の犠牲で次に繋いでくれるじゃろう)」

まこ「(今の咲ならその犠牲を払った分、大将戦で取り返してくれるはずだ)」

まこ「(じゃけぇ…滝見さんを副将に据えるっちゅう選択肢は悪ぅない…)」

まこ「(…じゃが…)」

まこ「(そう。じゃが…やっぱし感情的にゃぁ…和をレギュラーとして使いたい)」

まこ「(滝見さんにゃぁ悪いが…一緒にインターハイを戦った彼女の方が思い入れが強いんだ)」

まこ「(勿論…ギリギリまで待って…和が復調せんようでありゃぁ…彼女に任せる)」

まこ「(でも…その代わり…和が復調出来るように…色々と手を講じときたい)」

まこ「(その為にも…例の話…やっぱし…受けるべきじゃろうな)」



小蒔「」プスプス

優希「あぁ…今度は神代さんが真っ白に…」

和「神代さんは打ち方が特殊ですから。対処はそれほど難しくありません」

咲「流石にそう簡単に言えるのは和ちゃんだけだと思うなぁ…」

小蒔「うぅ…一位になった宮永さんには言われたくないです…」

咲「あはは。その…ごめんね」

小蒔「はぅー…京太郎様の膝枕が咲さんに取られる…ぅ…」

咲「べ、別に京ちゃんの膝枕権なんて欲しくないし!」

咲「で、でも…賞品なんだから受け取らないと…失礼だよね?」チラッ

咲「全力を尽くした結果なんだし…仕方ないよね?」チラッチラッ

春「…え?」アーン

京太郎「ん?」パクッ

咲「……」ゴッ

小蒔「ひゃぅ…!?」ビクビク

まこ「はい。対局直後で悪いが…ちぃと注目してくれ」


まこ「実は先日、龍門渕から練習試合の申し込みがあった」

和「……」

小蒔「龍門渕さんから…」

まこ「全国前の調整に付きおぉてくれ…って話じゃったが、まぁ、十中八九リベンジじゃろう」

まこ「あちらさんもあの結果で満足しちゃぁいないって事じゃ」

優希「望むところだじぇ!」

小蒔「私も…前回の分、借りを返したいです…!」

まこ「うむ。わしも同感じゃ」

まこ「このまんまじゃ終われん。きっとそりゃぁわしらもあちらさんも皆同じ気持ちじゃろう」

まこ「じゃけぇ…今度こそ決着をつけに行こう」

まこ「例え練習試合じゃろうと…勝ちに行く」

まこ「調整なんて逆にボロボロにさせる勢いで…勝つぞ」

優希「おー!!」

小蒔「おー!!ですっ!」グッ


まこ「その為のオーダーじゃが…基本、前回の龍門渕戦と同じで行こうと思う」

春「…基本?」

まこ「うむ。ただし…大将は…咲じゃない。和、お前だ」

和「…え?」

まこ「お前に天江選手の相手を頼みたい」

和「な…何を言ってるんですか!?」

和「勝ちに行くなら宮永さんを外す道理はありません!」

和「何より…私はこの間、天江さんに飛ばされてしまったんですよ!!」

和「そんな私を入れて、代わりに天江さんに勝機のある宮永さんを外すなんて…!」

まこ「無謀か?」

和「そっ…そこまで…言いませんけど…でも…勝ち目は…少ないと思います」シュン

咲「和ちゃん…」

優希「のどちゃん…」


和「悔しいですが…今の私では天江さんどころか…透華さんに勝てる自信すら…ありません…」

和「私の所為で…清澄が負ける姿なんて…見たくないんです」

和「だから…お願いします。私はレギュラーから外して下さい」ギュッ

小蒔「原村さん…」

まこ「そうやって…何時までも逃げるつもりか?」

和「っ…!」

まこ「確かに…和はいっぺん、天江選手に負けたかもしれん」

まこ「じゃが…その後に京太郎や小蒔と一緒に特訓しとるんも分かっとる」

和「ですが…それは…まだちゃんと成果が出ていないもので…」

まこ「…そりゃぁほんまか?」

まこ「われの特訓に付きおぉてくれとる京太郎や小蒔の前でもはっきりそう言えるんか?」

和「そ…れは…」


まこ「正直…わしゃぁもうなんとなく和が何を掴み始めとるんか分かっとる」

まこ「いや、恐らくわしだけじゃなく…和と頻繁に打ちょぉる皆はその概要くらやぁ理解しとるじゃろう」

まこ「ほいでそれを内心、認めまいとしとる事も…じゃ」

和「……」

まこ「それが一体、どうしてなんかはわしにゃぁ分からん」

まこ「ひょっとしたらわしじゃぁ及びもつかん様な理由があるんかもしれんし、ないんかもしれん」

まこ「じゃが…わしゃぁこのまんまじゃ和は一生、それを認めらりゃぁせんままだと…そう思う」

まこ「ほいで…無理して窮屈な打ち方を続けて消えていくインターミドルチャンプ原村和の姿なんぞ見とぉない」

まこ「じゃからこその…大将起用。じゃからこその…天江選手じゃ」

まこ「強引にでも…その実力絞り出して貰うぞ」

和「で…でも…それで負けてしまったら…」

まこ「何、その時はリベンジ失敗ってだけじゃ」

まこ「特に何かが賭かっとる訳でもないし、負けたところでわしの采配ミスになるだけじゃ」

和「そんな…」

まこ「先に言ぅとくがわしゃぁ譲るつもりゃぁなぃんじゃ。嫌でも必ず大将を務めて貰うぞ」

和「でも…」

小蒔「…それなら私が副将戦から降ります」

和「え…?」

小蒔「代わりに宮永さんを入れてあげて下さい」

和「じ、神代さん…な、何を…?」



小蒔「残念ですけど…私の能力はあまり応用が効きません」

小蒔「点数計算だって得意ではありませんし、下手をすれば負けてしまう可能性もあります」

小蒔「それなら副将戦に宮永さんを入れてリードを作ったほうが良いでしょう?」

まこ「そりゃぁそうじゃが…でもええんか?」

まこ「小蒔だって龍門渕選手にリベンジしたいんじゃろう?」

小蒔「勿論です。前回、負けた原因が私である以上、このままでは終わりたくありません」

小蒔「この場で一番、リベンジがしたいと思っているのは私だという自負もあります」

和「じゃあ…どうして…」

小蒔「そんなの決まっているじゃないですか」

小蒔「秋季大会で原村さんは私に枠を譲ってくれました」

小蒔「本当はご自分で出たかったでしょうに…実戦経験を積めるように…と私を優先してくれたのです」

小蒔「その御蔭で私の能力が花開いた今、今度はそれを原村さんにお返しする番」

小蒔「最高の舞台で…戦えるように私が抜けるのが一番です」

小蒔「宮永さんもそれで良いですか?」

咲「…うん。異論ありません」

和「咲さんまで…」


咲「私も…今の窮屈そうに打つ和ちゃんは苦手…かな」

咲「以前…私は…和ちゃんに言われたよね」

咲「私が手加減してると楽しくないって…」

咲「でも…今は和ちゃんが…それをしているよね?」

和「それは…」

咲「勿論…分かってるよ。和ちゃんが好きでそんな事やってる訳じゃないって」

咲「私みたいに和了の見逃しとか点数調整とかじゃなくって…雀士として全力で打ってくれている訳だから」

咲「でも…それは『原村和』って子の…全力じゃない」

咲「常に最適解を目指すデータ雀士としての全力ではあるけれど…和ちゃんはまだ何かを持ってるんだから」

咲「それを引き出してあげられないのが…私には悔しい」

咲「一緒に和ちゃんと打つのは楽しいけれど…でも、今は何処か寂しいよ」

咲「だから…和ちゃんにも…そうやって乗り越えて欲しい」

咲「そして…一緒にまた全力で…麻雀がしたいな」

和「咲…さん…」


優希「私は…中学から一緒だったし…なんとなく気持ちは分かるじぇ」

優希「のどちゃんがどれだけ凄くて…そしてどれだけ努力していたのかってのはこの中で誰よりも間近で見てるんだから」

優希「そうやって確立したいきなり全てを捨てろ…なんてのは正直、無理だと思うじぇ」

優希「でも…今ののどちゃんは…のどちゃんらしくない」

優希「のどちゃんはもっと強くて凛々しくて…心から麻雀を楽しんでいたんだから」

優希「だから…私からもお願いするじぇ」

優希「例え…負けても良いから…思いっきり…自分の為に打って欲しい」

優希「のどちゃんが全力を出しきって…また心から麻雀を楽しんで欲しいんだじぇ」

優希「勿論…それが我侭って事は分かってる」

優希「でも…さっき部長が言っていたのは嘘じゃない」

優希「皆、のどちゃんの事を思って…そして乗り越えて欲しいってそう思ってるんだじぇ」

和「…ゆーき…」


和「…少し…一人にしてくれませんか?」スッ

まこ「…あぁ。分かった」

和「すみません…」ガチャ

小蒔「…京太郎様」

京太郎「…ん?」

小蒔「原村さんのところに行ってあげて下さい」

小蒔「きっと…原村さんが今、待っているのは京太郎様ですから」

京太郎「…良いのか?」

小蒔「正直、良くはありません。今だって嫉妬で胸が一杯です」プクー

小蒔「でも…京太郎様ならきっと原村さんの迷いを断ち切ってあげられると思うんです」

小蒔「だから…彼女のもとに行ってあげて下さい」

小蒔「行って…励ましてあげてください。京太郎様が私にしてくださったように」ニコッ

京太郎「…あぁ。分かった」

京太郎「悪い。ちょっと追いかけてくる」

春「行ってらっしゃい…頑張って」

優希「気合入れないと…後で罰ゲームだからな!」

咲「京ちゃん、あの…」

京太郎「ん…?」

咲「…………ううん。なんでもない」

咲「和ちゃんの事…お願いね」

京太郎「任せろ。何とかしてみせるよ」グッ


まこ「…良く抑えこんだな」

咲「私にだって…大体、分かって来ましたから」チラッ

春「個人的には姫様の反応が意外…」

小蒔「ふふん。正妻の余裕って奴ですよ」ドヤァ

小蒔「あまり男の人を縛り付けたらいけないと月刊『良妻のススメ』に書いてありました!」フンス

優希「何か凄いダメ臭がするじぇ…」

春「…後で読ませて」

小蒔「良いですよー。バックナンバーや定期購読まで申し込みましたし、一緒に読みましょうね」

優希「あ、そこは塩送っちゃうんだ…」

小蒔「春ちゃんは家族ですから!」グッ

春「ファミリー…良い言葉…」ニコッ

優希「私の知ってる家族の定義と違う気しかしない!」

―― ガヤガヤワイワイ

咲「京ちゃん…」

まこ「まったく…身近にこんな良い子がいるのに罪深い奴じゃなぁ…京太郎は」



京太郎「和!」

和「あ…」

和「須賀君…どうしてここに?」

京太郎「追いかけてきたに決まってるだろ」

和「…今は放っておいてくれませんか…?」

和「今はあまり…人に話したい気分じゃないんです」

京太郎「そういう訳にもいかないんだよ。部員皆に背中押されまくったからな」

和「…え?」

京太郎「皆、そんな顔をする和がほっとけないってさ。良い奴らだよな、まったく」

京太郎「だから…俺の顔を立てる意味でも…和の家に着くまで話をさせてくれないか?」

京太郎「それ以降は付き纏ったりしない。諦めるって…そう誓うからさ」

和「…分かりました。でも…絶対にですよ」

京太郎「分かってるって。俺はちゃんと約束は護ってきただろ?」

和「…まぁ…そうですけれど…」

和「時折、約束護るって口実でもっと酷い事される事もあったような気がします」ジトー

京太郎「うっ…い、いや…それは…まぁ…」

和「それは?」

京太郎「和が可愛すぎるからで…」

和「神代さんならともかく、私がそれで納得すると思っているんですか?」

京太郎「……」

和「……」

京太郎「すみません。俺が悪かったです」

和「宜しい



和「…」

京太郎「…」

和「……」

京太郎「……」

和「…何か言ったらどうですか?」

京太郎「いやーこうして来たのは来たんだけどどう言えば良いのか分かんなくてさ」ハハッ

京太郎「でも、安心したよ。和も俺と話をしたがっているみたいで」

和「別に…そんな事…」

京太郎「じゃあ、どうしてわざわざ俺に踏み込むような真似をしたんだ?」

京太郎「多少、気まずくたってこのまま無言だった方が和にとっては都合が良かった訳だろ?」

和「それは…き、気を遣っただけです」

和「須賀君がこのまま戻ったらゆーきにまた色々言われて凹むんじゃないかって…そう思って…」

京太郎「あー大見得切って出てきたし、十二分に有り得そうだなぁ…」

和「どうしてそんな事したんですか…もう…」

京太郎「男って奴は可愛い女の子の前では格好つけたがる習性があるんだよ」


京太郎「だからさ…俺としては和の前でも格好つけたいんだけど…」

和「…好きにしたらどうですか?」

京太郎「なんというセメント対応。最初の頃を思い出すな」

和「…そんなに酷かったですか?」

京太郎「流石に怯えられるほどじゃなかったけど、かなり身構えられてたからなー」

京太郎「間取り持ってくれた優希がいなかったら今もきっと原村さん呼びだったぞきっと」

和「それは…だって、仕方ないじゃないですか」

和「今までずっと女子校育ちで…男の人と一緒に部活するなんて考えたこともなかったんです」

和「ましてや名前呼びだなんて…そんなの…こ、恋人同士がやるものじゃないですか」

和「それを気軽にポンポン交わすようになる方がおかしいんです」ムスー

京太郎「まぁ、確かに…ちょっと馴れ馴れしかったわな」

京太郎「でも、それだけ俺は和と仲良くなりたかった訳だから…優希の手も借りた訳で」

和「…そうだったんですか?」

京太郎「ぶっちゃけ下心ありで頼んだ。反省はしている」

和「下心って…」

京太郎「あー…まぁ…ほぼ一目惚れに近いものがあったな」

和「う…」カァァ


京太郎「な、何、顔を赤くしてるんだよ。普段、もっと凄い事だって言ってるのに」

和「だ、だって仕方ないじゃないですか…そ、そんなの…初めて知りましたし…」

京太郎「そうだったっけ…?そういや…あんまり言った記憶なかったかもな」

和「もう…そ、そういう重要なのは流さないでくださいよ」

京太郎「いやー悪い悪い。完全に言ったつもりになってたわ」

京太郎「でも…和もそういうのが大事だって思ってくれてるんだ?」ニヤッ

和「それは…その…」カァァ

和「そりゃ…だって…私…あ、愛玩奴隷…ですし」モジモジ

和「どう言った経緯で見初められたのかは…やっぱり…その…重要だと…」

京太郎「…あ、やばい。今の和、可愛すぎてすっげー押し倒したい」

和「も、もう!いきなり何を言ってるんですか!!」マッカ

京太郎「はは。流石にムードも何もなかったな」

和「そ、そうですよ!…そ、そう言うのはせめて…私の家に到着してから言って下さい…」ボソボソ

和「じゃないと…その…が、我慢出来なくなるじゃないですかぁ…♪」モジモジ

京太郎「(和可愛い)」


京太郎「まぁ…ともあれ、俺にとって和はそれくらい魅力的ですげー女の子だった訳だよ」

京太郎「麻雀も強くて教え方も分かりやすいしな。その上可愛くて頭も良くてスタイルも良くて…」

和「そ、そう言うのは良いんです!」カァァ

京太郎「はは。ごめんごめん」

京太郎「ま…だから…分からないんだよ」

京太郎「俺にとって和はそういう迷いとは無縁なタイプだった。少なくとも…俺の知る限り、とても決断力のあるタイプなんだから」

京太郎「それが一体…どうして打ち方を変えるのにそんなに躊躇っているのか…さ」

京太郎「だから…俺で良ければ教えてくれないか?」

京太郎「どうして和が今、そんなに迷っている理由を…俺は知りたい」

京太郎「そして…知った上で…俺はそれを…皆と一緒に解決したい」

和「須賀君…」

京太郎「んであわよくば…和に好きになって欲しい」キリッ

和「も、もう…そうやって落とさなくて良いんですよ!」

京太郎「はは。でも…本心だ」

京太郎「俺は下心全開でこうして和に近づいてる」

京太郎「だから…和はそれを利用するくらいのつもりで良いと思うぜ?」

京太郎「一応、口は堅い方だし…愚痴の聞き役くらいにはなれると思う」

和「……」


和「私は…怖い…んです」

京太郎「…怖い?」

和「私は…今まで麻雀に対して…とても真剣だったつもりです」

和「その結果…インターミドルチャンプとして輝き、今年のインターハイでも良い成績を残す事が出来ました」

和「でも…それは…ついこの間の…不調に陥る前の私です」

和「今の私がどれだけ強豪たちに通用するかは…未知数なんですから」

京太郎「でも、それは…」

和「…分かってます。そんなの…皆同じだって」

和「でも…やっぱり…どうしても思うんです」

和「今まで築き上げてきた私が…『これで良いの?』って…『本当に後悔しないの?』って…そう心の中で聞いてきて…」ギュッ

和「負ける事が…凄く怖くて…私はいつも通りの無難な打ち方をしてしまうんです…」

京太郎「和…」


和「それに…もし…私の新しい打ち方が通用しなかったら…どうして良いか分かりません…」

和「須賀君や神代さんの協力でようやく見えてきたそれがもし使い物にならなかったら…私…」

和「二人に顔向けが出来ないって…そう思って…逃げちゃうんです…」

和「分かってるのに…立ち向かわなきゃ始まらないって理解しているのに…」

和「なまじ以前の自分が結果を残している分…ついそちらを頼ってしまうんです…」

京太郎「……」

和「ごめんなさい…私…そんなに強くないんです…」

和「ゆーきや須賀君に言われたみたいに…なんでも出来る訳じゃなくって…」

和「本当はこんなに情けなくて…ダメな子なんです…」

和「皆が心配してくれていたって…それを知って尚…踏み出せないくらい…」

和「私は臆病で…弱い人間で…」ギュッ

和「須賀君に…失望されても…仕方のない人間なんです…」



京太郎「失望なんか…しねぇよ。そんなの誰だって同じなんだから」

和「…え?」

京太郎「誰だって今まで築き上げてきたもの全部投げだすようなチャレンジが出来る訳じゃない」

京太郎「一度、自分が掴んだものを手放さなきゃ新しいものを掴めないって分かっていても…出来る奴なんてあんまりいないんだから」

京太郎「和がそうやって怯えて逃げてしまうのはごく当然で…普通の事だ」

和「でも…私はそれで…皆に心配を掛けてしまって…」

京太郎「そんなのあいつらは気にしねぇよ」

京太郎「その程度で迷惑だって思うくらいなら、俺含む一年生組は和から絶交されてもおかしくないくらい色々してるだろ?」

京太郎「それでも咲たちがああやって和に発破を掛けたのもそれだけ和の事を信用しているからだ」

京太郎「和なら…きっと乗り越えてくれるって…そう信じているからだ」

京太郎「勿論…俺も和の事を信じてる」

和「須賀君…」


和「でも…私…やっぱり…」

京太郎「…和。一つ言っておくぞ。栄光とか…そういうのは後から幾らでも着いて来るんだ」

和「…え?」

京太郎「インターミドルチャンプとか全国大会で活躍とか…確かに凄いよ」

京太郎「間近でそれを見てた俺には…和がそれに相応しいだけの努力をしてた事が良く分かる」

京太郎「でも…それはもう終わった事なんだ」

京太郎「何時までも過去にしがみついていたら…負ける事は少なくなるかもしれないけど…前には進めない」

京太郎「今の和は次の栄光を手にする為に前へと進む時期に来てるんだ」

和「そんな事…私にだって…分かっています…それでも…私は…」

京太郎「自分の事が信じられない…か?」

和「…はい」


京太郎「じゃあ…俺達の事は?」

和「…え?」

京太郎「和の事を信じてる…俺達の事は信じられないか?」

和「…それは…卑怯な…質問です」

京太郎「あぁ。俺もそう思う」

京太郎「でも…結局、和が怖がっている理由は多分、そこにある」

和「私が…怖がっている理由…」

京太郎「和は多分…負けるのが怖いんじゃないんだ」

京太郎「いや…そもそも怖いはずがないんだよ」

京太郎「こんな事言ったら怒るかもしれないけど…和はコレまでに何回も咲たちに負けてきてるんだから」

京太郎「実際、さっきだって和は三位だったんだろ?」

和「…はい…」

京太郎「でも…その結果に和は恐れてはいない」

京太郎「勿論、何か思うところはあるかもしれないけど…でも、自分を見失うほど怖がっちゃいないんだ」


京太郎「それは…和が負けを怖がっていないって証拠だと思う」

京太郎「だから…和は多分、負けたその先の事を怖がっているんじゃないか?」

京太郎「ただ失敗して負けてしまうだけじゃなくって…その結果、俺達に嫌われる事を怖がってるんじゃないか?」

和「っ…!」

京太郎「そして…和がそうやって逃げたくなる理由は…失敗した後がないって思い込んでいるからだ」

京太郎「失望されたらもう取り返しがつかないって…嫌われたままなんだって…そう思っているからだと…俺は推測してる」

和「そ…れは…」

京太郎「俺の言っている事は…間違っているか?もし、そうなら今ここで否定してくれ」

和「……間違っては…いません…」

和「須賀君の言うとおりだと…私も…思います」

京太郎「じゃあ…次に俺の言いたい事も分かるよな?」

和「…でも…」


和「でも…そんな風に開き直れるほど…私は…何かある訳じゃありません…」

和「私が人に誇れるものなんて…麻雀しかないんです」

和「でも…それでも…皆の足を引っ張ってしまったら私…っ」ギュッ

京太郎「…だから、言ってるだろ」ポン

和「…え?」

京太郎「俺達は…その程度で和に失望なんてしないし、嫌ったりもしないってさ」

京太郎「何度だって…断言してやる。その程度で迷惑なんて考える奴は清澄にはいない」

京太郎「何故なら…皆が皆、和の事が好きだからだ」

和「私の事が…好き…?」

京太郎「あぁ。そうだ。麻雀に真剣な和が、進んでお茶を入れてくれる和が、料理上手で少し不器用だけど優しい和が…アイツらは大好きなんだ」

和「で、でも…そんなのは私じゃなくても宮永さんや部長も…」

京太郎「だからって…それを持ってる和の価値が下がる訳ないだろ」


京太郎「そもそも…和はハードル上げすぎなんだよ」

京太郎「人に誇るものなんて別に唯一無二じゃなくたって良いんだ」

京太郎「自分で自分を認めて褒めてやれるものだったら何でも構わない」

京太郎「つーか、そうじゃないと世界中の殆どの奴が取り柄のない奴になるぞ」

和「それは…そうかもしれないですけど…」

京太郎「ついでに言えば…誰かが誰かの事を好きになるのに大層な理由は必要ない」

京太郎「日常のほんの小さなやり取りでも、友達になりたいって思う事はあるんだ」

京太郎「んで…和はさっきあげたように沢山いい所を持ってる」

京太郎「雀士としてじゃない。個人としても原村和は魅力的なんだ」

京太郎「それをアイツらも…そして俺も分かってる」

京太郎「だから…そんな風に嫌われるかもしれないって…怯えないでくれよ」

京太郎「俺達は和の事が大好きで、そして力になりたいってずっと思ってるんだからさ」


京太郎「それさえダメなら…せめて俺だけでも信じられないか?」

和「須賀君の…事を…?」

京太郎「あぁ。俺だけはどんな事があっても絶対に和を見捨てたりしない」

京太郎「ずっとその傍に居て…支え続けるって約束する」

京太郎「例え、和が麻雀が嫌になっても…絶対にそれは変わらない」

京太郎「アイツらが鬱陶しくなったなら…それを遠ざける事にだって協力するよ」

京太郎「だから…俺の事だけは信じて…もうちょっとだけ頑張ってみないか?」

和「……私…は……」

京太郎「今のままじゃあんまりにも…窮屈そうで…見てる俺も辛いんだ」

京太郎「俺が見たかったのは…そんな和の姿じゃない」

京太郎「最初に会った頃のように…麻雀に対して真剣で…そして楽しんでいた和の姿が見たかったんだから」

京太郎「その為に特訓って言い出したのに…それが和を縛り付けているのは…悲しいし…さ」

和「須賀君…」


和「分かり…ました」

京太郎「っ!そっか!」

和「でも…今のままじゃ…出来るかどうか…分かりません」

和「やっぱり…怖いって言う気持ちは…完全には払拭出来ないんです…」

和「ですから…もし…最後まで出来たらご褒美を…くれますか?」ウワメヅカイ

京太郎「ご…ご褒美って…?」

和「わ、私…その、く、首輪が欲しいです…」カァァ

京太郎「えっ」

和「べ、別に神代さんに対抗意識を燃やしてる訳じゃありませんよ!?」マッカ

和「たまに指輪見て嬉しそうにしてる神代さんが羨ましいって訳でもないですからね!!」マッカッカ

京太郎「お、おう…」

和「た、ただ…その…私には…あぁいうのくれないのは…さ、流石に不公平じゃない…ですか」モジモジ

和「やっぱりその…私が一番なんですし…そういうケアも…しっかりして欲しいなって…そう思って」

和「お、お金ないのは分かってますけど…その…安物で良いんで…私が…須賀君の…ううん」

和「ご主人様のものだっていう…明確な証が…欲しいです…」ポソポソ


京太郎「あー…もしかして…踏ん切りつかなかったのって…その所為…か?」

和「ち、違います!な、何を馬鹿な事を言ってるんですか!!」

和「そ、それとこれとはちょっとしか関係ありません」

京太郎「(ちょっとは関係あるんだな…)」

和「で、でも…その…そういうのがあれば…私も…頑張れるなって…」

和「秋季大会の時に頑張った神代さんみたいに…最後までやりきれるなって…そう思っただけで…」シュン

京太郎「和…」グイッ

和「あ…っ♥」

京太郎「ごめんな…もう少し考えてやるべきだった」ナデナデ

和「あ…ぅ…♪ご、ご主人様…ひ、人が…見てます…ぅ…♥」

京太郎「魅せつけてやりゃ良いよ。それとも…和はそういうの嫌か?」

和「いえ…そんな事ないです…けど…ぉ♪」モジモジ

京太郎「だったら…もうちょいこのままで…な」

京太郎「和の気持ちにちゃんと気づいてやれなかったお詫びを…俺がしたいんだ」ギュッ

和「あ…ぁ…ぁ♪」ブルッ


和「は…反則…ですよ…っ♥そんな事言われたら…私…許すしかないじゃないですかぁ…♪」

京太郎「そりゃ許される為にやってるからな」

京太郎「それに…まぁ、和に詫びたいって気持ちも嘘じゃない」

京太郎「俺が無神経だった所為で…和を傷つけてしまってごめん」

和「…もう…良いです。怒って…ませんから…」

和「その代わり…今日…その…良い…ですか?」

和「今日は…父も母も帰りが遅いので…ゆっくり…出来ると思うんです…♪」チラッ

京太郎「あぁ。俺も和の事…思いっきり抱いてやりたい」ギュッ

京太郎「また遠慮させちゃってた分…俺に甘えられるように滅茶苦茶にしてやりたいんだ」

和「は…ぅ…ぅ♪」ブルルッ

京太郎「でも…それ以外にもっと要求して良いんだぞ」

京太郎「プレイの内容とか…欲しいものとかさ」

京太郎「折角、こういう仲になったんだから…和のしたい事とか欲しいものとか…もっと知りたいし」


和「あの…それじゃ…もう一つ…良いですか?」

京太郎「おう。何でも言ってくれ」

和「私…ご主人様に…もっと縛り付けられたいです…♥」

京太郎「…ん?縛り付けられたいって…この前みたいな奴?」

和「あ、アレも好きですけど…こ、今回のはそういうんじゃなくって…あの…」カァァ

和「わ、私が…ご主人様に逆らえなくなるような…弱みを…握って欲しいんです…♥」

和「私がご主人様から見捨てられたら…人生が終わってしまうみたいな…そんな…凄い弱味を…ぉ♥」

京太郎「…いや、和が望むなら俺も嫌じゃないけど…」

京太郎「でも…和本人がそう思ってるなら…それで良いんじゃないか?」

京太郎「わざわざ脅迫材料を自分で作るような真似をしなくても…今と特に変わらないような気が…」

和「ぜ、全然、違います!」

和「あっ…ぅぅ」カァァ

京太郎「(思わず大声出しちゃう和可愛い)」



京太郎「それに、そういうのは俺に望むものじゃないか?」

京太郎「謝るつもりはないけど…俺は和にも色々と酷い事してる訳だしさ」

京太郎「二度とこういう事がないようにって…俺の弱みを要求してもバチは当たらないと思うぞ」

和「勿論…それも考えなかった訳じゃないですけど…」

和「でも…私…ご主人様の事…信じていますから」

和「私を一番だって言ってくれたご主人様なら…もう同じ失敗はしないって…そう信じてます」

和「だから…ご主人様の弱みなんて私には必要ありません」

和「必要なのは…私がご主人様に逆らえないって…完全に支配されてるって思える…そんなもので…♥」

京太郎「…そっか。…和は本当にご主人様想いの良い奴隷だな」ナデナデ

和「ん…ぅ♥」

京太郎「とは言え…今はちょっとその為の道具がないからさ」

京太郎「龍門渕で和が頑張ったら…首輪と一緒にあげるよ」

京太郎「そうやって我慢させちゃう分、一生、俺から離れられなくなるような凄い奴…考えとくからさ」

和「は…い…♥」ギュゥ


京太郎「だから…また当分、特訓だな」

和「良い…んですか?」

京太郎「当たり前だろ。そもそもこの特訓は俺や小蒔の為じゃなくって、和が新しい強みを見つける為のものだったんだからさ」

京太郎「忘れてた訳じゃないけど…秋季大会終わった所為でちょっと気を抜き過ぎてた。ごめん」

京太郎「だから…その分、龍門渕戦まで毎日、和の家で特訓しよう」

京太郎「ただ…エロはなしな」

和「う…だ…ダメ…ですか?」

京太郎「勿論、本気で我慢出来なくなったら幾らでも付き合うけどさ」

京太郎「でも、龍門渕戦までに何とか形にしないとあの天江選手には太刀打ち出来ない」

京太郎「負けず嫌いの和は…そんなの嫌だろ?」

和「それは…勿論です」

京太郎「だから…今日、思いっきりする分、当分の間はお預けだ」

京太郎「終わったら…そうやって焦らした分、思いっきり可愛がってやるからさ」ナデ

和「はぅ…ぁ…♥」ブルリ


和「ご主人様…ぁ…♥私は…ううん…『和』はもう……ぅ♪」

京太郎「…我慢出来なくなった?」

和「はい…♥和はもう…完全に…エロエロになっちゃいましたぁ…♪」

京太郎「外でも発情するなんて本当に和は淫乱な愛玩奴隷なんだな」

和「だって…ご主人様が一杯…和の事を嬉しくさせるから♪」

京太郎「言い訳するなって」ダキッ

和「ひゃぅっ…♪」

京太郎「罰として…今日はこのまま家までお姫様抱っこの刑な」

和「ぅ…でも…ご主人様が…♥」

京太郎「俺の事は良いんだよ」

京太郎「和は軽いし…ここから和の家までそんなにないんだからさ。普通に歩くなら余裕で運べるって」

京太郎「それより…しっかり掴まってろよ」

京太郎「丁寧に歩くつもりだけど…何があるか分かんないしさ」

和「…は、恥ずかしい…です…よぉ…♪」

京太郎「アシクビヲクジキマシターって顔してりゃ大丈夫だって」

京太郎「それに罰なんだから多少、恥ずかしいのが当然だって」

京太郎「まぁ…和にはそれが逆に気持ち良いかもしれないけどさ」

和「あうぅ…♪」カァァ


京太郎「そんな事言ったって…今日は走ったりしないからな」ギュッ

和「分かってます…♪あの時とは状況が違いますから…♪」

和「でも…こうやって抱っこされて外を歩いていると…龍門渕からの帰りを思い出して…♥」

和「お腹の奥がキュンキュンって…疼いちゃうんです…♪」

京太郎「まったく…ちょっと淫乱過ぎだぞ」

和「エッチな愛玩奴隷は…嫌いですか…?」

京太郎「それが和なら何だって好きだよ」

京太郎「だから…あんまりそうやって俺の事誘惑しないでほしいな」

京太郎「正直…ムスコがこすれて歩きづらい」メソラシ

和「ふふ…っ♪後で一杯…和の身体で性欲処理出来ますから…がんばって下さいね…♪」ナデナデ

京太郎「まったく…後で覚えてろよ」

和「どんな事…されてしまうんですか…ぁ♪」

京太郎「腰が砕けて失神するまで可愛がってやる」

和「あ…ふぁぁっ♪♪」ブルル

和「楽しみに…楽しみに待っています…♥私の…ご主人様…っ♥」