ギィコ ギィコ

    京太郎「……」

    明華「ふふふ」ジー

    京太郎「あの、明華さん……」

    明華「なんですか、京太郎?」ジー

    京太郎「ブランコに乗るのはいいんですけど、やっぱりこの体勢は……」

    明華「そうですよね……私なんかが上に座ったら迷惑ですよね……」ウルッ

    京太郎「いや、そんなことはっ……」

    明華「じゃあこのままでいいですね?」ニコッ

    京太郎「はい……」

    京太郎(うおおおぉぉぉ! 明華さんの柔らかい感触が足に伝わってきてすばらっ!)

    京太郎(すばらなのにつれええええ!)

    京太郎(絶対に立つなよ、俺のリー棒!)

    京太郎(俺はハギヨシさんみたいな紳士を目指すんだ!!)

    京太郎(だから付き合ってない人とそういうことはしちゃいけないんだ!)

    明華「京太郎」

    京太郎「えっ? んっ!?」

    ギィ ギィ

    明華「ん…京太郎は意固地ですね」

    京太郎「えっ……今、キス……」

    明華「私がこんなにアピールしているというのに……」

    京太郎「あの……明華さん?」

    明華「告白されるのをずっと待っていましたが、もう我慢の限界です」

    明華「覚悟してくださいね♪」

    京太郎「覚悟って何を……んんっ」

    明華「♪」

    京太郎「ん、ちゅっ」

    明華「ぷはぁ……それでもやっぱり男性からされるのに憧れてしまいますね」

    明華「だから……こうしてしまいます」のしっ

    京太郎「うわっ! ちょっ、あぶな……んむっ……」

    明華「ちゅっ……ホラホラ♪ 押し返さないと後ろに落ちちゃいますよ♪」グイグイ

    京太郎「いや、これマジで落ちっ……んむっ」

    明華「早くしないと……はむ……どんどん辛くなりますよぉ……ちゅ」ぐぐっ

    京太郎(これは不味いっ……しょうがないっ!)ぐぐっ

    明華「んっ♪ やっとその気になりましたね? 私も本気でいきますよ♪」のしっ

    京太郎「むぐっ」

    京太郎(胸が……おもちがっ!)

    明華「ちゅ……ちゅうううううう」

    京太郎「んーーーっ!」

    京太郎(吸われてる! なんか大事なモンまで吸われてる!)

    明華「ちゅ……ちゅるる……れる……♪」

    京太郎「んーーーーっ! んーーーーっ!」

    京太郎(舌が! 口の中が舐められてる!)

    明華「れろっちゅううう……」

    京太郎「んあぁ……んむっ」

    京太郎(舌が吸われ……やばいっ指の力が抜けてきた……)

    明華「はふぅ……ふふ、もうベンチに寝てるみたいになってしまいましたね♪」もぞもぞ

    京太郎「ちょっ……明華さん! 服の中に手を入れないで!」

    明華「ふふ、いつも抱きついたときに服の上から触ってましたが、京太郎はやっぱりいい体をしてますね」サスサス

    明華「これならこの体勢からでも押し返せるはずです。頑張ってくださいね……んっ♪」

    京太郎「いやっもう腕が限界っんっんんんんん」

    京太郎「ん……ぷはぁ……んむっ……んんんぅ」

    京太郎(もう、ダメだ……)

    ずるっ ゴン!




    カンッ