俺は須賀京太郎、とある出版社で働いている

    でもまだまだ新人で仕事といえば……

    社員A「小林先生が逃げたぞー!」

    社員B「まだ原稿はできていない…捕まえて机に縛り付け!」

    逃げ出した漫画家の捕獲作業です

    京太郎「俺は西日本を探します、先輩は東をお願いします」

    社員C「おう、見つけたら縄で縛って本社まで連れて行け!」

    そのため全国へ飛び回り……大変です

    社員A「小林先生の担当とは新人も運がないよな」

    社員B「でもあの富○先生よりマシですよ、あの人何年逃げ出してるんですか?」

    社員A「ああ…○樫先生はもう1年以上見つかってないらしい……あの人ほど大変な漫画家はいないよ……」

    京太郎(それってもはや行方不明なんじゃ…警察行けよ……)

    ともかく今は小林先生の捕獲をするとしましょう

    ~鹿児島~

    まずは下から、鹿児島あたりから攻めてみよう。流石に沖縄までは…行ってないよな?

    京太郎「あの~この方に見覚えないでしょうか?」

    霞「んーすいませんが見覚えはありませんねぇ…申し訳ありません」

    京太郎「そうですか、どうもありがとうございました」

    京太郎(すごい胸だな…ちょっとだけ……ちょっとだけ揉んでみたり……)

    霞「潰すわよ♪」ニコッ

    京太郎「しっ、しつれいしましたー!」ピューン!

    ~福岡~

    徐々に北上して今は福岡、そしてここで有益な情報が手に入った

    煌「この人は……たしか奈良の……」

    京太郎「奈良にいるんですか! どうもありがとうございました!」ピューン!

    煌「あっ…でもやっぱり……行ってしまわれましたか……」

    これで大分小林先生に近づいたぞ……

    ~奈良~

    ここだ…このボウリング場で目撃情報が多数寄せられている……

    灼「いらっしゃいませー」

    京太郎「小林先生! やっとみつけましたよ!」

    灼「あの…人違いですけど?」

    京太郎「ほら! とぼけてないで東京に戻って原稿書いてください!」ガシッ

    灼「ちょっと話を……」

    京太郎「今回も休載するつもりですか? 人気漫画家とはいえあまりやりすぎると……」

    灼「話聞いてって……言ってるでしょーっ!!」カコーン!

    京太郎「あべしっ!」ドゴッ

    ----------------------------------

    京太郎「あのすいません…ほんとに雰囲気とか似ていたもんで……」ペコペコ

    俺としたことが…なんというミスを……

    灼「まあそこまで怒っているわけではないので…頭を上げてください」

    京太郎「では私はこれで……」

    灼「待って」ガシッ

    京太郎「うげっ!」

    灼「せっかくボウリング場来たんですから楽しんで行きませんか?」

    うわぁ…おこだよこれは

    京太郎「いや、仕事が……」

    灼「まだ閉店までまだ10時間くらいありますから……楽しんでいってくださいね」

    すいません先輩……俺ここでリタイヤみたいです……

    灼「鷺森レーンへようこそ」ニコッ

    …その後、小林先生は何とか見つかり休載の危機は去ったようだ

    しかし、連載が続く限り同じような自体は何度も起こるだろう

    読者に漫画を届けるため、頑張れ! 須賀京太郎!!

    カン!