京太郎(どうしてこうなったんだ……)ブクブク…

    雅枝「んーっ! 少し高くても温泉付きのとこ選んでよかったなー」ノビー

    京太郎(インハイ出場を果たした俺は女子団体のメンバーと遠征に来ていたんだけど…)

    雅枝「ほら見てみ、肌もつやつやになっとらんか?」

    京太郎(どうして雅枝さんと温泉に入っているんだろうか……)

    -----------------------------------------

    雅枝「部屋に荷物置いたらあとは夕食まで自由にしてええでー」

    竜華「温泉つきの宿とか豪華やなー」

    怜「お金とか平気なんやろか?」

    セーラ「おれ卓球やりたいー!」

    京太郎「あの…俺の部屋は?」

    雅枝「ああ、○○室やから先に荷物置いとけ、うちは挨拶してくるからな」

    京太郎「はーい!」トタトタ…

    泉「男1人やから貸切とかええなぁ……」

    浩子「まあ出先の部屋で1人ってのもさびしそうやけどな」

    ------------------------------------------

    京太郎「あーっ…今日は疲れたなぁ……」ドサッ

    京太郎「そういえば部屋に温泉ついてるんだよな…」

    京太郎「よっし! 飯の前に温泉を味わっておくとするか!」

    京太郎「あぁ~ええわこれ~」カポーン

    京太郎「家族風呂なのか一人だと広くて贅沢な気分だわぁ……」

    雅枝「入るでー」ガララッ…

    京太郎「…」

    雅枝「おっ! 広くてええ感じやないか!」

    京太郎「……」

    雅枝「ふむふむ…ここの湯は透明なんやな」

    京太郎「ほえええええええええええ!!」ビクッ!

    雅枝「んっ? どないした?」

    京太郎「なななななんでここに!?」

    雅枝「温泉入りたかったからやけど…?」

    京太郎「なら自分の部屋のに入ってくださいよ!」

    雅枝「うちの部屋もここやけど?」

    京太郎「…」

    雅枝「さて、入る前に体だけ洗わんと……」ゴシゴシ…

    京太郎「……」

    雅枝「ふぅ……」ザバー…

    京太郎「ほええええええええええええ!!」ビビクッ

    京太郎(そして最初に戻るわけだ……)

    京太郎(雅枝さんの胸ってやっぱ大きいな…タオルも着けてないから先っぽまでしっかり見えてるし)チラッ

    雅枝「癒されるわー」

    京太郎(童貞の俺には刺激が強すぎるぜ……)

    雅枝「さっきから胸ちらちら見とるけど気になるんか?」

    京太郎「~っっ!」

    雅枝「ふふっ…こんなうちの体でも反応するんやな?」

    京太郎「いやっ…あうぅ……」ビンビン!

    雅枝「ほら、手貸してみ?」ガシッ

    京太郎「えっ、何を……」

    雅枝「えいっ!」ムニュッ

    京太郎「おわっ!?」

    雅枝「ほら…やわらかいやろ? 揉んでもええんやで?」

    京太郎(こっ…こんなにやわらかいものだったのか……)モニュモニュ…

    雅枝「あんっ…♪」ビクッ

    京太郎「あっ、すすすいませんつい……」

    雅枝「ええって言ったやろ? それより……もっと先までしたい?」

    京太郎「……ゴクリ」

    雅枝「責任取れなんて言わへんから……中に出して3人目孕ませてもええんやで?」

    京太郎「雅枝さん!」ザバッ!

    雅枝「あんっ♪ やさしくしてぇ♪」

    京太郎「すいません、そんなの無理です!」

    雅枝「んんっ…そんなっ……やぁん♪」ビビクン!

    京太郎「あむっ…がつがつ……むぐっ!」

    竜華「京太郎くんなんかすっごい食べとるなぁ」

    京太郎「たくさん出しすぎちゃって……すいませんおかわりください!」

    セーラ「?? よくわからんけど俺も負けてられへん! おかわりっ!」

    泉「太らないってうらやましい……」パクパク

    浩子「それに引き換えおば……監督はあまり食べてませんね」

    雅枝「なんかお腹がいっぱいでな……」サスサス…

    怜「ビールでも飲みすぎたんかな?」

    雅枝「どうしてやろな……」チラッ

    京太郎「はふはふ…ぱくっ……ぐびぐび……んっ?」

    雅枝(後でもっとお腹いっぱいにしてもらうからな?)ヒソヒソ…

    京太郎(りょーかいです)ヒソヒソ…

    カン!