「「「「京太ロッカー?」」」」

    久「そ♪ このロッカーの名前よ♪」

    まこ「おんし、何を言っとるんじゃ?」

    和「そのロッカー……今日、私たちが部室に来たときにはもうありましたね」

    咲「うん、不自然に置かれててびっくりしたよね」

    久「須賀君に持って来てもらったの♪」

    優希「だから京太ロッカーなのか?」

    和「一体なんの為に……?」

    久「ふふふ……これは私が考えた清澄高校麻雀部女子部員専用の特訓法なの」

    「「「「……」」」」

    ヒソヒソ

    まこ「部長のやつ……忙しすぎて頭がおかしくなりおったわ」

    和「いえ、全国大会の前だからかもしれません……」

    優希「部長はそんなたまじゃないじぇ」

    咲「あのロッカー、京ちゃんが持ってきたって言ってましたよね?」

    まこ「京太郎もなんでもかんでも部長のいうことを聞かんでもいいのにのう」

    和「何か弱みでも握られているんでしょうか?」

    咲「和ちゃん、いくら部長でもそれは……」

    優希「いや、むしろ部長ならありえるじょ」

    久「聞こえてるわよ、あなたたち。いいのかしらそんなことを言ってて……」

    久「というより、この特訓の内容を聞いたら、そんなことを言ってならなくなるはずよ」

    和「もうわかったから、早くその特訓とやらがどういうものかいいんさい」

    久「ふふーん……きっと終わったころには、全員私に感謝しているはずだわ」

    久「内容はとてもシンプルよ」

    久「今からわたしたちで麻雀をします」

    久「ルールは大会と一緒だけど、テンポをあげるために半荘を1回ずつ」

    久「ただし、今回は1位になった人に次の1ゲームを休んでもらうわ」

    和「勝ち抜けということですか? いつもとそんなに変わらないような……」

    久「そして、ここがこの特訓の目玉よ……」

    ごくり……

    久「1位になった人には……なんと、このロッカーに入る権利が与えられます!!」

    「「「「は?」」」」

    久「制限時間は次の人と交代するまでよ」

    咲「別にロッカーに入りたいとは思いませんけど……」

    久「忘れたのかしら。このロッカーの名前は京太ロッカー……中には須賀君がいるのよ!」

    「「「「!?」」」」

    久「つまり勝者はこの狭い空間で須賀君と二人っきり……」

    久「ふふ、狭いところが落ち着くのってなんだろうね、あれ」

    優希「!?」

    咲「そ、そんなの恥ずかし過ぎるよぅ」

    まこ「なんでわしらがそんなことをせねばならんのじゃ……」

    和「普通、こういうのは負けた人が入るものじゃないんですか?」

    久「普通はね。でも、うちの場合それだと麻雀にならないと思うの」

    和「……どういう意味ですか?」

    久「誰が勝ったにしてもご褒美になるってことよ」

    和「おっしゃってる意味がわかりません」

    久「心配しないで、和。権利って言ったでしょ。嫌だったら入らなければいいのよ」

    和「……」

    まこ「京太郎もいい迷惑だろうに……あやつにはなんて言ってあるんじゃ?」

    久「入って来た子を好きにしていいって言ってあるわ」

    まこ「何をゆうとるんじゃ! 間違いがあったらどうするつもりじゃ!」

    久「大丈夫、このメンバーになら須賀君が何をしても正解にしかならないわ」

    久「もう、いいから早く始めるわよ!」

    優希「部長……タコスを買ってくるからちょっと待っててほしいじぇ」

    久「やる気ね、優希。あなたのその思い切りの良さが好きよ……」

    久「でも、時間がもったいないから先に始めてるわ♪」ユイユイ

    優希「ううぅ……急いで買って来るじぇ!」ダッ

    久「いってらしゃーい♪ さあ、特訓開始よ!」オサゲ



    久「ロン! 和、それロン! やった、私の勝ち♪」

    和「また、そんな待ち方を……」

    まこ「おさげを結ってまで勝ちにきよったぞ」

    久「ふふふ、和とは相性がいいかもね。それじゃあ、さっそく……」

    まこ「本当にやるんか?」

    咲「や、やっぱりこういうのは……」

    久「勝っても入りたくなければ、入らなくていいって言ったでしょ?」

    久「須賀君も待ちくたびれてるだろうし……私は入りたいの」

    ガチャ ギィ

    久「す、須賀君……よろしくお願いしましゅ///」

    バタン

    ……キキミミ

    咲「何も聞こえませんね」

    アン……チョット……

    「「「!?」」」

    ス……クン……ソン……イキナ……

    ドキドキ

    チョッ……マッ……ンンン……シタガ……

    和「なんかくぐもった声が聞こえますね///」

    まこ「何故か微かに水音も聞こえてくるのう///」

    咲「中で何してるの、京ちゃん///!?」

    プハァ……オチ……イテ……ス……クン……

    ンンンーーー……

    「「「……」」」

    和「何も聞こえてなくなりましたね」

    久「というか、このロッカー……なんでこんなに防音性が高いんじゃ?」

    ――――数十分後――――

    咲「優希ちゃん、遅いですね」

    まこ「部長も出てこんしのう」

    和「そもそもの疑問なんですけど、須賀君は本当にロッカーの中にいるんですかね?」

    まこ「さあ、のう……」

    ガチャッ……ギィィィ……

    まこ「やっと出てきおった……か……?」

    久「ハァ……ハァ……///」

    「「「なんか顔がすごい上気してる!?」」」

    咲「ぶ、部長……?」

    久「ハァ……スゴカッタ……///」

    和「何がですか!?」

    久「次は誰かしら……?あれっ……? 優希はまだ来てないの……?」トローン

    まこ「お、おう……売店は売り切れだったのかもしれんの」

    咲(なんか部長の話し方がすごい気だるい感じだよぉ……)

    久「そう……。ん、ふう……じゃあ、優希が戻るまで休憩かしらね」

    ガシッ

    「「「「えっ?」」」」

    久「ち、ちょっと……須賀君? どうしたの?」

    グイグイ

    久「待って…… 休ませて? 今、もう一度入ったら私おかしく……」

    グイッ

    久「きゃっ!!」

    ギイッ! バタン!

    ンンンーーーー……!

    ポカーン……

    和「引きずり込まれましたね……」

    まこ「ホラー映画みたいじゃったな」

    咲「今扉でよく見えなかったけど、京ちゃんでしたよね……?」

    バーン!

    優希「今、戻ったじぇ!!」

    和「あっ、優希」

    優希「やっぱり最初は部長だったのか?」

    咲「う、うん、そうだけど……」

    優希「だったら早く次の半荘をやろうじぇ! タコスも補給済みだじょ!」

    優希(みんなが呆然としてる内に……)



    優希「ツモ! 逃げ切ったじょ!」

    まこ「お……おお、そうじゃな」

    咲「なんか集中できなかったよ……」

    和「私もです……」

    優希「じゃあ、さっそく……部長ーー! 交代するじぇー!」ドンドンッ

    ギィィ……

    久「ハァッ……んっ……ハァッ……ハァッ……もう……ダメ……///」ペタン

    「「「さっきよりひどくなってるーー!?」」」

    久「優希……気をつけて……んっ……///」カオマッカ

    久「相手は……魔物よ……///」カオマッカッカ

    優希「わかったじぇ……オラァァァ! 犬ぅ、ご主人様が入るじょーー!」

    バタン

    イヌ……ハツジョ……ゴシュ……アッマツジョ……ゴメ……ジェジェジェ……

    「「「……」」」

    まこ「特訓……続けよか?」

    咲「……そうですね」

    和「はい……」

    久「ハァ……ハァ……///」



    久「……」トローン

    咲「あの……部長、大丈夫ですか?」

    久「ええ……大丈夫よ……始めましょう……?」トローン

    咲(また、気だるい話し方になってる)

    和(一体、何をされたんでしょう)

    和(妙に色っぽいのぅ)

    咲(制服がすごい乱れてる)

    和(なんで髪の毛が口に引っかかっててるんでしょう)

    まこ(こっちまで変な気分になってくるわ)

    久「……んっ///」

    「「「……」」」

    まこ「さ、さ~て……そろそろ真面目に練習に取り組むか」スチャ

    咲「あっ、染谷先輩! どうして眼鏡をはずすんですか!? 普段の練習でははずさないのに!」モゾモゾ

    まこ「せっかく部長が考えてくれた特訓なんじゃから、全力のほうがいいと思おうての///」

    和「咲さんこそ。今、靴下脱ぎましたね?」ギュウ

    咲「わ、わたしはいつもの練習でもたまに脱いでるよ!」

    まこ「和……おんし、いつの間にエトペンを持って来たんじゃ?」

    和「さ、最初から持ってました……」

    久「は……ん♪」

    「「「……」」」

    ゴッ



    特訓は熾烈を極めた……(BGM:スクールウォーズ)


    咲「カンッ! カンッ! 嶺上開花! やった!!」

    まこ「くっ、止められんかったか……」

    和「そんなオカルトありえません……」

    久「ふう……」

    咲「優希ちゃん、交代だよ!」バンバンッ

    ギィ

    優希「じぇぇぇ……///」

    咲「お、お邪魔しま~す///」

    バタン

    ムネ……メンネ……アンッ……キョウチャ……ウレシ……ンッ

    まこ「ツモ! 清一色で 逆転じゃ!」スチャ

    和「今回はいけると思ったのにっ……!」

    久「やっと持ち直してきたわ」

    優希「あうぅぅ///」

    まこ「咲、交代じゃぞ///」コンコン

    咲「もう……ムリィ……///」ヘナッ

    まこ「よろしくの、京太郎///」

    バタン

    アッコラ……ガネヲハズ……デナ……ハウッ……ズルイワ……



    和「ツモ」

    久「手堅くきたわね」

    優希「東場の内に力尽きちゃったじぇぇ……」

    咲「あははっ……きれいな花が咲いてるよぅ……///」

    和「あのっ……交代です///」トントン

    まこ「染められてしもうたわぁ……///」

    和「あ……あんまりエッチなのはダメですよ、須賀君///?」

    バタン

    スガク……エッチナ……ダメッアア……ムネバッ……ホカノトコロモ……

    まこ「次はメガネあり……♪」

    咲「対局中なのにもう眼鏡かけちゃってる……」

    久「黙っておきましょう」



    和「はぁ……はぁ……」

    優希「のどちゃんが余韻をそのままのどっちモードに!」

    まこ「永久機関!?」



    久「……」ポー

    咲「部長、牌が倒れてますよ」

    久「へっ? ああっ!」



    咲「私は1000から他は33000点持ってる……私は1000から他は33000点持っている……」ブツブツ

    優希「咲ちゃんの点数は50000点だじぇ……」ボソ

    咲「優希ちゃん!?」



    優希「あっ牌をおとしちゃったじぇー」ヨイショ

    優希(今の内にタコスを……)アーン

    和「優希、試合中にタコスは食べられませんよ」



    優希(速攻だじぇ……っ!?……はやく攻める///)

    咲(白の槓子……真っ白だよぉ///)

    久(チュン……中……チュウ///)

    和(1つ、2つ、發が3つも……///)

    まこ(マンズが……こんなに……///)

    コンコン

    ギィ……

    久「さ、咲、ハァ……今日の……ん……練習はここまでよ……///」

    咲「はいぃ……ハァハァ……///」

    和「もう、足腰がぁ……///」

    優希「お疲れ様だじぇ……///」

    まこ「いつもより……ハードな練習じゃったな///」

    久「ちょっと休憩したら帰りましょ///」


    久「どうだったかしら?」

    咲「その……すごかったです……///」

    優希「部長、ありがとうだじぇ!」

    久「ふふ、どういたしまして♪」

    和「まったくとんでもないことを思いついたもんじゃのう」

    まこ「でもやってよかったでしょ?」

    まこ「まぁの///」

    「「「「「……」」」」」テクテク

    久「今後もこの特訓を続けようかと思うんだけど、どうかしら?」

    優希「!? 賛成だじぇ!」

    咲「私もこの特訓はいいと思います!」

    まこ「反対する理由はないのう///」

    和「わたしはみ、みんながやるなら……///」

    久「あら~? 和は乗り気じゃないみたいね。じゃあ、次からは和抜きでやりましょうか?」

    和「えっ? で、でもみんながやってるのに私だけやらないのも……」

    久「でもね~? 乗り気じゃないのにこの練習をやっても効果は薄いと思うのよ」

    和「……わ、私もやりたいです///」

    久「ふ~ん?」ニヤニヤ

    まこ「部長は意地悪じゃのう」

    久「ゴメンゴメン。須賀くんもよろしくね♪ あれ……?」


    京太ロッカー「……」

    京太ロッカー「……」

    ガチャ……ギイィィ……



    カンッ