京太郎「お兄さんのコクトーをあげよう、おいしいよ。」

    春「黒糖…食べる…」

    京太郎「これが俺のコクトーだよ。」

    春「これが…黒糖?」

    京太郎「男限定のコクトーさ!」

    春「いただきます……」パクッ

    京太郎「どうだ?俺のコクトーは」

    春「おおひふなっへおほふ…..じゅる…じゅぶ…」

    京太郎「この世で一本のコクトーさ」

    春「…むぐ…じゅる…」

    京太郎「しっかり味わえよ…っと噛むなよ?」

    春「わはってる。」ペロペロ

    京太郎「おうふ…」

    春「ふぅ、確かに甘くておいしい…」

    京太郎「そうだろう…え甘い?」

    春「この味…もしかして」

    京太郎「お返しに俺も……」

    春「んふ…どう?」

    京太郎「甘い!なんて甘さだ!!」

    はいは~い。お二人さ~ん

    春「誰」

    京太郎「誰だ!!」

    ちょっと来てもらいますよー♪

    京太郎「なっ」

    春「ここは……」

    ここで少し検査しましょうね~

    「「こ、この結果は!!」」

    血糖値が高いです。糖尿病予備軍ですよーぅ

    春「よ、予備軍…」

    けど早期発見、早期治療で何とかしましょうね~

    京太郎「おうふ///気をつけます。」

    春「黒糖もほどほどにする」

    またなんかあったらウチに来てなー

    京太郎「連れてこられた先は」

    春「私たちを病気から救ってくれました。」

    春「STOP糖尿病!!」

    京太郎「Let's go 荒川クリニック!!」

    憩「是非来てなー」フリフリ