「雅枝小母さん!まずいですって、こんなの…」

こうなることは、わかっていた。

「小母さんなんて言わんといて…雅枝って呼んでくれな、嫌や」

俺の視線はこの人を捉えていたから。

「俺はっ、娘さんの…絹恵さんの彼氏なんですよ!?」

けれど…俺は彼女を拒む。

「何言うとんねん…京太郎のココ、こない大きゅうしとるやないか」

しかし身体は言う事を聞いてくれない。

「それは…ただの生理で……」

それでも俺は必死で足掻く。

絹恵さんの事を、傷付けたくないから。

…俺の薄暗い想いを、受け入れたくはないから。

「―――嘘やな」

けれど雅枝さんは…雅枝は俺の言葉を否定する。

ホントの事を突きつける。

「アンタは絹恵を見てたんやない…その向こうにいる私を見とったんやから」

偽り続けてきた…受け入れずにいた俺のキモチを。

「ええんやで…私は、何もかも受け入れたるから」

彼女の想いが行き付く先を、俺は知らない。

「アンタはただ、私に身を委ねたらええ」

その想いは…俺へのものか、亡くなった夫へのものか。

俺には、何も分からない。



いつか、全てが明るみに出て。

「なんで、なんでや京太郎……」

いつか、憎まれるようになって。

「お母ちゃんも京太郎も、大っ嫌いや!」

いつか、全てを失うことになったとしても、

「愛しとるよ、京太郎」

俺はもう自分を…この人を…裏切らない。