http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1383322922/




姫子「部長、清澄の雑用の話聞きました?」

哩「ああ、あんなでかい荷物持ち運んでっと、ありゃ一種の名物ばい」

姫子「あの男子……体鍛えとーとね」

哩「きっとすごか……」

「「……」」ゴクリ……

姫子「鍛えられた体を」

哩「熟成されたチャーシューの様に縛る…….」

「「……」」

姫子「部長!!」

哩「姫子!!」

哩「探しに行くばい……」

姫子「はい!!」



side長野

京太郎「ふー、今日の雑用も一旦終わりか…..」

咲「京ちゃん麻雀打たないの?」

京太郎「あぁ~癖が抜けなくてな。」

咲「癖?」

京太郎「今まで雑用してたせいか、体動かさないと落ち着かないんだよ。」

咲「ここ文化部だよ?」

京太郎「そうなんだよな。」

優希「なら犬! 駅前のクレープ屋でタコスを買ってくるじぇ!」

京太郎「クレープ屋?金は?」

優希「え、あ、これで買えるだけ頼むじぇ」

京太郎「おう。行ってくるわ」

咲「文句の一つも言わず…」

まこ「ウチに欲しいわ」

優希「行ったじぇ~」

久「須賀君らしいじゃない。」

まこ「まるでマネージャーじゃな」

和(クレープ食べたい……)

タッタッタ

京太郎「クレープ屋でタコスなんてはじめたのか……」

京太郎「ふう、駅前に来るのもだいぶ早くなったな。」

京太郎「さてと…あった! ほんとにタコス売ってるよ」

タコス1個 250円だよ~

京太郎「安いな。すみませー「部長!タコス売ってます!」」

哩「落ち着け姫子」

京太郎「あれ先客がいるのか」

姫子「す、すみません部長。」

哩「とりあえず持ち帰りできるか聞くのが先ばい。」

姫子「さ、流石部長」

須賀「あの二人は……」

哩「すみませーん…これってテイクアウトできますか?」

姫子「標準語になってるばい、もしかして緊張してると?」

哩「う、うっさい///」

できるよー何個ほしい?

哩「え、えっと……じゃあ今食べるのが二つと持ち帰りが…個」

はいよ。それにしても二人とも長野には旅行かい?

姫子「はい。ちょっと『宝探し』を……」

宝探しか―そりゃあいい。ならこれはサービスだ

哩「あら、頼んでたのよりだいぶ多いと」

サービスサービス! 宝見つかるといいな、じょうちゃん達

姫子「いい匂いたい」

まいど。

哩「とりあえずあそこのベンチに……」

京太郎「イカン。あのオモチに見惚れてた、俺も早く買わないとスミマセーン」

はいよ。

京太郎「えっとこれで買えるだけのタコスを…」

毎度!

京太郎「ふーそれにしてもあの二人はどうして長野に(あの二人麻雀の時の表情がエロいんだよな…)」

はいよ、お待たせ!!

京太郎「はや!!」

それが売りだからな。

京太郎「今度作り方を……」

それは出来ねえな。企業秘密だ

京太郎「ですよねー」

「部長あれって…….」

「あの筋肉…間違いなか」

京太郎「あとはこれを持ち帰るだけ」

姫子「ちょっと待つバイ!!」

京太郎「何か御用ですか?(ま、まさかこれは)」

哩「い、今時間あると?」

京太郎「えっとこれを学校に届けて」

姫子「なら待っとる!」

京太郎「え?」

哩「それを届けてから一緒にここら辺廻らん?」

京太郎(逆ナンだー!!)

哩「や、やっぱダメと?」

京太郎(優希……お前のぱしりのおかげで)

お、まだ居たのか二人とも

京太郎「あ、クレープ屋の」

そこのおじょうちゃん達とは知り合いか?

京太郎「え、っと顔だけは」

おじょうちゃん達が探してた『宝物』って…

「「///」」

京太郎「俺?」

「「」」コクン

ならしかたねえな。おいボウズそれ俺によこしな。

京太郎「え?」

清澄だろ?届けてきてやるよ。

京太郎「い、いいんですか?」

特別だぜ。その代わりしっかりあの二人を満足させてやれよ。

京太郎「ま、満足…」ゴクリ

長野の魅力をしっかり伝えてやれよ。

京太郎「ああそっちか」

それと、九州の女は気が強くて怖いから押しには気をつけな。

京太郎「女の子に押されるとおもちが当たるから大歓迎です」

じゃあな。あっちの方は上手く言っといてやるよ。

京太郎「ありがとうございます。」

姫子「やい一緒に…」

京太郎「はい。どこへ行きます?」

哩「えっと、なら体ば動かせる……」

京太郎「なら、プールに行きましょう!」

哩「え!?」

姫子「ま、ましゃか部長の体を?」

京太郎「(バレテル…)い、いえ清澄のメンバーと行った時けっこう楽しかったので、あ、水着もそこで売ってますから。ね?」

姫子「や、やっぱり男はやめておいた方が…」ヒソヒソ

哩「落ち着くバイ。これはチャンスと」ヒソヒソ

姫子「チャンス?」ヒソヒソ

哩「合法的にあの男の体を値踏みできると」ヒソヒソ

姫子「ぶ、部長そこまで考えて……」ヒソヒソ

京太郎「あのー」

姫子「是非行くばい」ニッコリ

哩「楽しみ///」

京太郎「じゃ、じゃあさっそく行きましょう。」

京太郎「」

哩「ど、どうかな?」

姫子「男子の前は初めてと///」

京太郎「スバラ、スバラ!」

姫子「スバラ?」

哩「もしかして花田の知り合いか?」

京太郎「いえ、たまに和が言うんですよ。」

姫子「たしかあの二人は中学」

哩「なるほど」

姫子「それにしても…」チラッ

哩「ほんに良い体してるとよ京太郎」サスサス

京太郎「わっ!」

哩(これは縛りがいが……)

姫子「部長相手は男子です!」

哩「おっと、女子特有のくせがでたばい。」テヘペロ♪

京太郎「カワイイ...そういえば優希たちも」

哩「これはお詫びばい。」グィ

京太郎「へ、ってこの感触…」フニョン

哩「けっこう自信ある///」

京太郎「これが生お、おもち///」バタンキュー

姫子「きょ、京太郎!?」

哩「これは予想外……」

・・・
・・


京太郎「はっ!オモチ!!」

姫子「気がついたと?」

京太郎「あ、すみません…ここは…」

姫子「あそこのプールにいた執事の人が連れてきてくれたんよ。」

哩「あの人も良い体やね」

京太郎「あ、すみません。迷惑掛けて……」

姫子「迷惑なんて」

京太郎「で、でも」

哩「ならウチらが泊まる予定のホテルに来るとよかよ。」

京太郎「ほ、ホテル!?」

哩「そうたい。」

京太郎(上手くいけばこれで俺も…)

姫子「京太郎?」

京太郎「行きます!迷惑かけたお詫びに何でもします!!」

姫子「何でも!?」

哩「ほんなごとよかと?」

京太郎「雑用で色々鍛えてますから、ちょっとした無茶なことでも大丈夫でスよ。」

哩「よし、それでこそ男たい!!」

姫子「部長、楽しみです。」

哩「季節は秋、夜は長いと…」

京太郎(この二人と…へへへ…)

・・・
・・


京太郎「確かにホテルですけど…ここって…」

京太郎「アレなホテルじゃないですか!!」ヤッター!!

哩「二人で泊まるにはコレが一番安か」

姫子「買いだめもしてるし心配なかと」

京太郎「こ、高校生がこんな場所…」ゴクリ

姫子「京太郎はうぶやね。」

哩「そんな所もかわいか」

京太郎(待てよ…この展開…チャンス!?)

哩「サッサと入るばい。」

姫子「男もおるからすんなり入れたと。」

京太郎「いや~」

京太郎「まさか一緒に風呂に入れるなんて……二人とも小さいけど良いおもち、いやすばらな形だった」

哩「京太郎もいい体ばい///」

姫子「準備できたと、部長」

哩「よし、京太郎目をつぶるばい」

京太郎「は、はい(キタァァァ!!)」

哩「これでよか」

京太郎「あ、アイマスク?」

哩「さあお楽しみの始まりばい」

京太郎「お、おれ頑張りマス!!」

・・・
・・



京太郎「ん゙ーー!!」

姫子「部長!やっぱり男の子は体がカチカチですよ」

哩「逆海老はきびしか」

姫子「なら次は…」

京太郎「ん゛―(こんな大人の階段いやだ―!!)」

姫子「泣くほど嬉しか?京太郎は素質十分とね。」

哩「猿轡一回外すと…」

京太郎「はぁー、な、なんでこんな事…」

姫子「な、なんでって…」

哩「そぎゃんことなあ…姫子」

「「好きだから」」

京太郎「へ、変態だー!助けてー!!」ギシギシ

姫子「あ、暴れると余計食い込むとよ?」

京太郎「いてー!!もう嫌だ―!!!」

哩「ほんに男の子なのに情けなかよ…」ギュ…

姫子「部長?」

哩「これで我慢するとよか…ん…」

京太郎「お、おもちが小ぶりなおもちが目の前に!?」

姫子「ぶ、部長!! やりしゅぎたい!!!」

哩「姫子…やっぱり男の子は母性を求めてっと。」

京太郎「おもちだーやわらけー」

哩「…一旦お預け…」

京太郎「な、なぜ…」

哩「京太郎はご褒美が欲しか?」

京太郎「もちろんです!!」

哩「ばってん…京太郎はあまりにも意気地がなか」

京太郎「そ、そんな…」

姫子「やけん素質はあると」

哩「姫子と私二人についてこれたらもっといい褒美あげるばい。」

京太郎「ご、ご褒美?」

哩「そうたい、それで京太郎も一皮むけると。」

京太郎「やります」キリッ

姫子「おー」

哩「決まりばい」

・・・
・・


京太郎「こ、これが俺…」

姫子「これをつけるとよか。これで京太郎も立派な男児たい。」

哩「おいで、ご褒美をあげっと」

K京太郎「哩さーん!!」ダーイブ

哩「よしよし…よく頑張ったと」ナデナデ

K京太郎「エヘヘ、おれ頑張ったよ。」

哩「あん…ちょ、あんまり舐めると…」

姫子「京太郎!部長は二人の物ばい」

哩「おいで、姫子」

姫子「部長―!!」

哩「二人とも甘えん坊たい……ん」

~次の日~

咲「昨日はどこへ行ってたの?」

K京太郎「ちょっと知り合いに会ってな。」

優希「あやしいじぇー」

K京太郎「タコスは届けたろ?」

優希「クレープ屋のおやじがな!」

咲「あ、和ちゃん」

和「遅れました。」

咲「ううん、まってないよ」

優希「さっそく打つじぇー」

和「私たちで打つのは久々ですね。」

咲「京ちゃんいっつも打たないもんね。あれ皮のネックレスに皮のリストバンド?」

K京太郎「これをつけてると体が引き締まるんだ」

優希「こい犬!」

K京太郎「おう!」

咲「?」

和「今日はやる気ですね。」

K京太郎「負けないぜ 和!」

咲「なんだかいつもの京ちゃんと…」

和「親は私ですね。」

優希「どうした犬!」

K京太郎「///…へ?」

優希「顔真っ赤にして私に惚れたか?」

K京太郎「そんなんじゃねえよ」

優希「恥ずかしがるな犬ぅー!!」バシバシ

優希「あれ、何だかごつごつしてるじぇ?」

咲「え?ホントだ。なんだろうコレ」

K京太郎「っ…男にはいろいろあるんだよ!」

和「3人とも、もう麻雀は始まってますよ」

K京太郎「おっと悪いな和…キー…それロン!」

咲「きょ、京ちゃんが…」

和「SOA SOA」

久「ちょりーす…って珍しい組み合わせね。」

久「どれどれ…って須賀君の和了…振り込んだのは和!?」

K京太郎「今日の俺は今までとは違いますから…部長」

久「頼もしいわね。昨日何かあったの?」

K京太郎「いえ、しいて言えば…」

咲「しいて言えば?」

K京太郎「大人になった…ってところかな?」

優希「犬のくせに生意気だじぇ~」

久「ふぅーん…ってあら?須賀君のカバンから紐?ちがうわ。これは縄ね…どうして縄を…」



一方その頃

姫子「使ってくれてますかね、部長」

哩「調教はバッチリと…ロン…んあ///」ガシィ!

姫子「あれ、いまはリザべ使ってなかよ?」

哩「あの子の仕業たい。」

姫子「じゃああの縄…皮バンド……」

哩「スペアも何本か渡してあると」

姫子「次に会うときが楽しみばい」

哩「その時はまた二人で縛るか姫子。」

姫子「でもちょっと京太郎に嫉妬するばい」

哩「っとロン!」

姫子「今は部長だけたい……でもいつかは私と繋がっと?」



side 清澄


亀甲縛京太郎「ん…この感覚キーゲット!…ツモ!!」

咲「またぁ?」

優希「いかさまだじぇ~」

和「SOASOASOA」

久「真っ赤な顔でその高打点まるで哩姫コンビね。」

亀甲縛京太郎「訓練された俺は負けんばい!!」

カンッ