明華「京太郎、今日はハロウィンです」

京太郎「いきなりですね明華先輩。オレなにも用意してないんですが」

明華「ご心配なく。私が用意してるので問題ありません」ヒョイヒョイ

京太郎「何かイベントの趣旨が違う気がするんですが。というか……」


・生クリーム

・ジャム各種

・蜂蜜、シロップ



京太郎「そもそもお菓子じゃなくてトッピングに使用するものばかりなんですが」

明華「いえいえ、特段問題はありませんよ?」ヌギヌギ

京太郎「ファッ!?なして脱ぎ始めよっと!?」

明華「準備ですよ、お菓子の……ね?」タユン

京太郎「」ゴクリ

明華「さぁ、京太郎。綺麗にデコレーション、してくださいね?」


カン!