~数年前~
    春「トリックオアトリート」

    「え?あぁ、そう言えば今日はハロウィンだっけ。はい、お菓子」

    春「…」もくもく

    ーーーーー
    春「トリックオアトリート」

    「はいはい、ちょっと待ってね…はい、貰い物だけどおいしいクッキーよ?」

    春「…」さくさく

    ーーーーー
    春「トリックオアトリ」「こらぁ!霧島の巫女たるお前が西洋にかぶれるとは一体何事だ!こっちゃこい!」

    春「え、でもあれ」

    小蒔「とりっくおあとりーと、です!」

    「あらあら、ちょっと待ってくださいね姫様」

    小蒔「はい!」

    「…ひ、姫様は別だ!良いから説教だ!」

    春「解せぬ」ズルズル
    ~~

    春「このような悲しい事件を経て、私は妖怪黒糖置いてけになってしまった…」ポリポリ

    京太郎「ごめん。心底くだらない」

    春「どうして解ってくれないの?」ポリポリ

    京太郎「いや普通解らねえよ!?そんなことが原因で『黒糖置いてけ。
       さもなくば首置いてけ』なんていわれるとか思わないもの!」

    春「でも京はちゃんと黒糖買ってくれた。これはいわば運命」ポリポリ

    京太郎「お前、それがさんざん服の裾引っ張りながら黒糖黒糖
        さもなければ首って耳のそばで脅してきたやつの言うセリフか?」

    春「私は過去を省みない派だから」ポリポリ

    京太郎「少しは省みようね?俺捨て身で黒糖ねだる巫女なんて聞いたことないよ?」

    春「時代を先取り」ポリポリ

    京太郎「してねえよ!そんな時代来てたまるか!」

    春「そんなつれないことを言いつつも相手をしてくれる京が好き」ポリポリ

    京太郎「なっ…!?」

    春「まぁ黒糖の方が好きだけど」ポリポリ

    京太郎「おまえなぁーーーー!!!」

    …
    小蒔「あのお二人、仲良いですねぇ」ホワホワ

    霞「あらあら」

    カンッ