姫子「ねえ、きょーたろー君…」

京太郎「なんでしょうか?」

姫子「きょーたろー君ってモテそうよね……彼女とかおっと?」

京太郎「い、いえいえ!俺なんて全然!彼女なんて出来た事すらないですよ!」

姫子「ほ、ほんなごて!?きょーたろー君ってかっこよかけん、てっきり彼女の一人や二人おるもんと思っとったばい」

京太郎「いやいや、そんな事……!姫子さんこそどうなんですか?」

姫子「…?どうってなんが?」

京太郎「いや、彼氏ですよ。ま、まあ姫子さん可愛いので彼氏いますよね……」

姫子「い、いや!彼氏とかおらんよ!出来た事もなか!…そ、それより可愛かって…//」

京太郎「ええっ!?絶対彼氏いると思っていたのに……こんなに可愛いし…」

姫子「も、もぉ…また可愛いって……//そがんお世辞言うたっちゃ何も出らんよ?」

京太郎「お世辞じゃないですよ。もし、姫子さんを彼女に出来たら自慢出来ると思いますよ!」

姫子「なら、さ……私と、その……つ、付きおうてみらん?///」

京太郎「え、それってまさか…///」

姫子「う、うん。前からきょーたろー君の事が気になっとってさ……きょーたろー君が良ければけど…//」

京太郎「お、俺なんかで良ければ…その、よろしくお願いします…///」

哩「おいこら貴様!私の姫子になん手ぇ出しよっとか!?罰として私と付き合え!///」

京太郎「えっと…」


1.姫子と付き合う

2.哩と付き合う

3.両方頂く