いちご「京ちゃん、ゲームをせんか?」

    京太郎「唐突ですね。いいですけど、何をするんですか?」

    いちご「『ちゃちゃのんが言いました』じゃ!」

    京太郎「なんですか、それ?」

    いちご「『サイモンが言いました』のちゃちゃのんバージョン」

    京太郎「ああ、頭に『サイモンが言いました』って付いたときだけ言われたとおり
       にするやつですね。懐かしいですね。わかりました、やりましょう」

    いちご「それじゃあ、始めるけんの!」

    京太郎「よし、こい!」

    いちご「ちゃちゃのんが言いました、両手を挙げてください」

    京太郎「はい」

    いちご「下ろしてください」

    京太郎「……」アゲタママ

    いちご「ちゃちゃのんが言いました、両手を下ろしてください」

    京太郎「……」スッ

    いちご「ちゃちゃのんが言いました、カピバラのモノマネをしてください」

    京太郎「キュー」orz

    いちご「プックク……」

    京太郎「キュー……」イラッ

    いちご「ちゃちゃのんが言いました、やめてください」

    京太郎「ふう」



    パターン1


    いちご「ちゃちゃのんが言いました、ちゃちゃのんの手を握ってください」

    ギュッ

    いちご「だ……抱きしめてください……」チラッ

    京太郎「……」

    いちご「ちゃちゃのんが言いました、離してください……」シュン

    京太郎「……」パッ

    いちご「ちゃちゃのんが言いました、両腕を広げてください……ハァ……」

    京太郎「やる気なくなってませんか?」バッ

    いちご「気のせいじゃ……ちゃちゃのんを抱きしめてください」

    京太郎「はい」ギュッ

    いちご「はうっ! 『ちゃちゃのんが言いました』って言ってなかったんじゃけど……」ホワァ

    京太郎「ゲームをやるとは言いましたけど、最後までやるとは言ってませんよ」

    いちご「そ……そんなん考慮しとらんよ……」

    京太郎「じゃあ、やめましょうか?」

    いちご「いやじゃ……もっと……」

    京太郎「まったく、素直に甘えてくれればいいのに……」

    いちご「だって恥ずかしかったんじゃもん……」

    京太郎「……いちごさん、可愛い過ぎです」チュッ

    いちご「京ちゃん……んっ♪」


    パターン2


    いちご「ち、ちゃちゃのんが言いました、抱きしめてください」

    京太郎「はい」ギュッ

    いちご「ん♪ ちゃちゃのんが言いました、そのままちゃちゃのんに愛の言葉を囁いてください…………」

    京太郎「いちごさん、大好きです」

    いちご「はわぁ……///」マッカ

    京太郎「全国大会が決まってときの飛び跳ねて喜んでたいちごさんは可愛いくて……

    京太郎「全国大会でまるで本物のアイドルのように輝いていたいちごさんは眩しくて……」

    京太郎「だけど試合に負けたときに涙目になったいちごさんは守ってあげたくなりました」

    「や、やめてください///」マッカッカ

    京太郎「でも、こうしてありのままでいるいちごさんが一番好きです。

    京太郎「こうやって甘えくるけど少し控え目で、それなのに健気ないちごさんが大好きです」

    京太郎「抱き心地はいいし、髪はサラサラでいつまでも触っていたくなるし、いい匂いがするし……」

    京太郎「小柄なのに胸も大きくて、こうしてる間にも
       我慢ができなくなりいちご「ち、ちゃちゃのんが言いました///! ストップ///!!」

    京太郎「……」

    いちご「ふう……/// ちゃちゃのんが言いました、キス……してください……」ジッ

    京太郎「はい。じゃあ、目をつぶってください」アゴクイッ

    いちご「はい……」メツムリ

    チュッ

    いちご「ん……」ハワァ

    チュッ チュッ チュウッ

    いちご「んっ、んん、ちょっ……むっ……ちょっと……ちょっとまって……んん……」

    チュウウ チュウ チューーー チュッ

    いちご「ち、ちゃちゃのんが言いましたまっt……」

    グイッ

    いちご「んんんーーーーっ!?」

    チュ チュル レロレロ 

    いちご「あん、んんっちゅっ……はむ……あっんっ……」クテッ

    ペロッ チュウゥウゥウ レロ カプッ

    いちご「ん、ん、んーーーーっ……!! ん……」ビクッビクンッ

    いちご(そんなん考慮しとらんよぉ……♪)



    パターン3


    いちご「ちゃちゃのんが言いました、目をつぶってください」

    京太郎「こうですか? なんかこえぇ……」メツムリ

    チュッ

    京太郎「えっ?」パチリ

    いちご「あっ、勝手に目ぇ開けよったね。ちゃちゃのんの勝ちぃ……えへへ……」

    京太郎「いや、あのっ……えっと……」

    いちご「どうしたんじゃ、京ちゃん? ずいぶん面白い顔しとるよ♪」

    京太郎「急にズルいですよ……」

    いちご「ふふ、京ちゃんの顔見てたら見てたらしたくなっちゃったんじゃ……嫌じゃった?」ウワメヅカイ

    京太郎「いえっ全然っ!! むしろ嬉しいです!!」

    いちご「えへへ、よかったぁ……」ニコッ

    京太郎「カワイイ……」

    いちご「京ちゃんの彼女さんじゃけぇ、当然じゃろ?」チュッ

    京太郎(ったく、そんなん考慮しとらんよ……)