~咲さんの誕生日パーティー後、的な。帰宅時の会話的な。~

    京太郎「いやー、しかし今日の誕生パーティーは凄かったな、あれ」

    咲「うん、私も驚いちゃった。てっきり部の皆だけで祝ってくれると思ってたら……」

    京太郎「部長と龍門渕さん、天江さんたちの計らいであんな大規模に祝ってくれるとはなー」

    ~~~

    衣『友人の嘉節なのだから、盛大に開くのが義というものであろう!』

    ~~~

    咲「なんて、衣ちゃんも言ってたけどね……」

    京太郎「ん? 何か不満でもあったのか?」

    咲「ううん、不満って訳じゃないし、ああやって祝えてもらえて本当に嬉しかったけどね?」

    咲「でも、私なんかが盛大に祝われると、ちょっと気が引けちゃうかな……って」

    咲「今まではお父さんと二人でずっと誕生日を過ごしてたから」

    咲「だから、突然規模が大きくなっちゃって、私なんかが大々的に祝われても良いのかな……」

    咲「あはは、ゴメンね? せっかくの誕生日なのに話が暗くなっちゃって」

    京太郎「……」ピタッ

    咲「? 京ちゃん?」

    京太郎「……ていっ」デコピンッ

    咲「あうっ!? い、いきなり何するのさ京ちゃん!」

    京太郎「咲は相変わらず遠慮しがちというか、自信が無いというか……」ハァ

    咲「む、ため息つかなくったって良いじゃない!」

    京太郎「いや、流石に今回のは遠慮しすぎだと思ってさ」

    京太郎「お前は別にそんなこと気にする必要はないんだって」

    京太郎「皆お前を祝いたいから、お前に喜んでもらいたいから」

    京太郎「その為に計画して、尽力して。そんで今日のような誕生会を実行してたんだし」

    京太郎「祝ってもらうだけの価値があるんだから、お前は胸張って喜べば良いんだっての!」

    咲「そう、なのかな」

    京太郎「ああ。形はどうであれ、皆の想いが籠ってるんだからな」

    京太郎「むしろ素直に受け取らなかったら失礼にあたるぜ?」

    咲「……そっか。そうだよね」

    咲「せっかく皆が祝ってくれたんだもん、そのまま受け入れるべきだよね!」

    咲「……ありがと、京ちゃん。京ちゃんのおかげで、何だか胸のつかえが取れた気がする」

    京太郎「おう、内気なお姫様の扱いには随分と慣れたからなー」ニヤニヤ

    咲「もうっ、からかわないでよっ!」プンスコ

    咲「あ、そういえば不満で思い出したけど」

    京太郎「?」

    咲「京ちゃん、今年は私にプレゼント無かったよね?」ジトー

    京太郎「うっ、そ、それは……」

    咲「『祝ってもらう価値があるから』なんとか言ってたけど、京ちゃんは特に何も無いんだ?」

    咲「あーあー、ざんねんだなー。きょうちゃんからはなにもなしかー」ボウヨミ

    京太郎「ぐぐっ……すまん咲、今年は誕生会の準備に回ってて何も準備できなかった! すまん!」

    京太郎「出来ることなら何でもするから、この通り!」ペッコリン

    咲「……ぷっ、あはは。もう、そこまで必死にならなくても良いって」

    京太郎「え……?」

    咲「京ちゃんが裏で色々頑張ってたのは、知ってた訳だし」

    咲「その事だけで、私には京ちゃんの想いは十分伝わってるから」

    京太郎「さ、咲……!」

    咲「あ、でも今度の学食の新作スイーツくらいは驕ってもらおうかなー?」

    京太郎「って結局要求はすんのな! 現金な奴め!」

    咲「ふふっ、『想いは素直に受け取れ』、でしょ?」

    京太郎「くっそ、自分の言った言葉だから言い返せねぇ……!」

    咲「これで京ちゃんには、女の子の誕生日プレゼントの重大さを知ってもらえるよね!」フンス

    京太郎「調子に乗るな」ペシッ

    咲「ふきゅっ」



    咲(優しくて、気が利いて、惚れっぽくて、どこか抜けていて)

    咲(そしていつもいつも、私の事を気にかけてくれて。想いを伝えたいのは、こっちの方だよ)

    咲(……本当に京ちゃん、ありがとね)

    カンッ!