京太郎「インハイ…あれから、もう二ヶ月も経ったんだな」

咲「正直、実感湧かないけどね」

京太郎「お前はそうかもな。決勝戦、まるで昨日のように感じてるんだろ?」

咲「…そうだね」

京太郎「お姉さんと打ってみて、楽しかったか?」

咲「うん!」

京太郎「…すげーよな、咲は」

咲「え?」

京太郎「あの人の恐ろしさは、俺みたいなのが試合を見ても窺い知れるものだった」

京太郎「…相手にしたくないなって思った。この人を相手にしたら、きっと麻雀が嫌いになるかもしれねえって」

咲「わかるよ、それ。お姉ちゃんには負かされてばかりだったからね」

京太郎「ああ…だからか」

咲「何?一人で勝手にごちたりなんかしてさ」

京太郎「お前は…とっくの昔に強かったって事だよ。お姉さん達から、凄く大事にされてたんだな」

京太郎「よくもまあ、お前に何をやってもダメなんて言えたもんだ。ホントは何だって出来たんだよ、きっと」

咲「…見直してくれた?」

京太郎「おう。俺じゃあお前にゃ叶わねえよ」

咲「そう…ちょっと嬉しいかな」

京太郎「お前が俺から褒められて、嬉しいだなんて思えるのか?」

咲「当たり前だよ。だって、京ちゃんがそうしてくれたんだから」

京太郎「…そっか」

咲「…どうせなら、今度は京ちゃんにも頑張って欲しいかな。今のままじゃ、とても相手にならないんだもん」

京太郎「言ったなコイツ…俺だっていつかは、お前に追いついてやるからな」

咲「出来るかな?」

京太郎「出来るとも。お前の相方は、俺にしか勤まらないんだからな…付き合ってやるさ」

咲「…待ってるからね、京ちゃん」



カン!