オツカレサマデシター

    怜「ふへぇ…やーっと部活終わったなぁ…」ダラーン

    京太郎「つっても時間はいつも通りだろ?まぁお前がへたばんのもいつも通りだけどさ」

    怜「せやでー、うちは病弱やからなー。ほぅーれもっと労らんか~い」ノシッ

    京太郎「だー!重い!重いからどけっての!」シッシッ

    怜「なーんーのーそーれーしーきー」ギュー

    京太郎「こんなしょーもないところで力振り絞るなダァホ!」

    雅枝「こーら、あんたらその辺にしてさっさと帰りな」ペシン

    京太郎・怜「うぃーっす…」

    雅枝「あっと、須賀はちょっと残ってな」

    京太郎「へ?あ、はい」

    怜「ぷっ、居残りとか…」クスクス

    京太郎「だぁっとれ!」ガー

    怜「ひゃー京太郎が襲ってくるー」タタタタ

    京太郎「あいつ病弱っての嘘だろ…っと、何か用ですか監督?」

    雅枝「あー、ちょっとこっちこい」かむかむ

    京太郎「どうかしました?」

    雅枝「」ダキッ

    京太郎「おう?」パチクリ

    雅枝「んー…」スリスリ

    京太郎「ちょっ監督!?何やってんすかこんなところで!?」アタフタ

    雅枝「こら、雅枝って呼ばんかい」ギュー

    京太郎「あーもう…雅枝さん?」

    雅枝「呼んだか、京太郎?」スリスリ

    京太郎「何でこんな時に…誰か来たらどうすんすか…」ナデナデ

    雅枝「んー。誰も来ーへんって…ふぅぅ…」

    京太郎「…何かあったんですか?愚痴なら聞きますよ」ポンポン

    雅枝「…京太郎が…」ボソッ

    京太郎「俺?」

    雅枝「京太郎が怜といちゃついとったから…何かもやもやして…」ボソボソ

    京太郎「別にいちゃついてなんか…」「しとった!」

    雅枝「のしかかられとった!抱きつかれとった!京太郎は私のなんや!誰にも渡さへんのー!」ムギュー

    京太郎「はぁ…まったく…二人の時は甘えん坊なんですから…」ムニー

    雅枝「…ふぁにふんのや」

    京太郎「いいですか?俺が好きなのは雅枝さんだけです。他の人になんてなびきませんよ、絶対に」

    雅枝「…ん…わかったからはなふぃてふれへん?」

    京太郎「…いや、なんか柔らかくて癖に…」ムニムニ

    雅枝「…ふんっ!」ペシッ

    京太郎「あっ…」

    雅枝「…分かったけど…まだ納得はできてへん…だから今日一日は甘えさせて」ギュッ

    京太郎「…まあ、一日くらいなら…」ポリポリ

    雅枝「ん…ふふ…♪」スリスリ

    この後一日、さらに一日と重なっていったのは言うまでもない…

    カンッ