京太郎「いちごさん、好きです」

いちご「?ちゃちゃのんも京ちゃんのこと好きじゃよ」

京太郎「です、よねぇ・・・」

いちご「まぁ、恋人じゃしな」てれてれ

京太郎「・・・」

ぎゅうっ

いちご「ほわっ!?・・・京ちゃん?」

いちご「どうかしたんかー、今日の京ちゃんは随分甘えんぼさんじゃの」

京太郎「・・・別に」

いちご「別にないってことはないと思うんじゃけど・・・」

京太郎「・・・いちごさん、この間モデルのお仕事やったじゃないですか」

いちご「やっとったね。表紙を飾ったりしとったしなー」

京太郎「高校の頃はそんなことあんまなかったのに・・・」

いちご「まぁ、あんころはアイドル雀士なんて名前だけじゃったからの」

京太郎「だから・・・その・・・寂しいなって」

いちご「・・・ん、そっか」

ぎゅうっ

いちご「ここは、京ちゃんの特等席じゃよ」

いちご「どんなに『ちゃちゃのん』が有名になっても」

いちご「『佐々野いちご』は京ちゃんだけの恋人じゃけえ」

京太郎「・・・大好きです。いちごさん」

いちご「『いちご』も、京ちゃんのことが大好きじゃよ!」


カンッ!