京太郎「へっくし!…ぅぅ寒っ」ブルブル


    宥「急に冷え込んじゃったね」プルプルプル


    京太郎「暖房欲しいけど、運び込むのが寒そうだ」


    宥「部室に毛布あったっけ?」


    京太郎「無いんじゃないですかね。ソファーとかありませんし」


    宥「そだった…………はぁ…ハァ……ッ」


    宥「――クチュッ!……ふぅあ…」ガタガタ


    京太郎「かなりキツそうですけど、良かったら俺の上着羽織ります?無いよりかはマシですよ?」


    宥「良いの京太郎くん?」

    京太郎「冷え症は辛いって聞いたことあるんで遠慮しないで、どーぞ」


    宥「わぁー」ニパッ


    宥「ちょっぴりあったかーい」ホクホク


    京太郎「なんか、指先まで隠れてるから袖が手袋ですね」


    宥「なんだかコート来てるみたいだね~」


    京太郎「そりゃ良かったっス………ヘっくし!!」


    京太郎「ぅへ……ぇ…」ブルブル


    宥「わわ!どーしよー京太郎くん大丈夫?」


    京太郎「ま、まあ…。帰ったら風呂入るなりしますんでお構いなく」


    宥「う~………」


    宥「―あ!しばらく動かないでね?」モゾモゾモゾ


    京太郎「はい?ってちょ宥先輩っ?!」


    宥「こーしてこーして……っと」クルクル


    宥「はい完成したよ」キュッ


    京太郎「あ、ありがとうございます…」


    宥「私のマフラーってちょっと大きめのだから並ぶと二人なら巻けるんだ」


    京太郎「そーッスね。身長差あるからどうしてもギリギリになっちゃってますけど」


    宥「じゃあもーっとくっついちゃうね?」ピトッ


    京太郎「宥先輩っ!?近過ぎじゃないですか?」アセアセ


    宥「えへへっ。だって京太郎あったかいんだもん」


    宥「それにこれなら京太郎くんもあったかいでしょ?」ニコッ


    京太郎「そうです……けど!」


    カンッ!