久「え…何かしら、コレ?」



    京太郎『咲と優希のお守りに疲れました…正直、もう限界です』

    京太郎『インハイ制覇で部員も増えるでしょうし、俺の手はもう必要ないでしょう』

    京太郎『和とも結局イイ仲にはなれませんでしょうし、そちらにいる理由はなくなりました』
     
    京太郎『そういう訳で、本日をもって退部させていただきます。今までお世話になりました』

    京太郎『それと、二人のこともよろしくお願いします』



    久「…」ブルブル

    まこ「おう部長、もう来とったんかい…って、どうしたんじゃそんな顔して」

    久「逃げやがった…」

    まこ「ん?」

    久「須賀君が逃げ出したのよ!退部届だけ残してね…内木君!」

    一太「はっ、議会長」シュタッ

    まこ「わわっ…どこから出てきたんじゃアンタは」

    久「須賀君はどこへ行ったか分かる?」

    一太「不明です。ただ、本日付で転校届が受理されたみたいです」

    久「どこへ転校したかは分からないの?」

    一太「生憎個人情報ですので…それに、転校届は既に焼却処分されてしまいました」

    久「ぐ…仕方ないわね、彼の行き先は私の方で何とかして突き止めるわ」

    一太「承知しました。それで、僕は何をすればいいでしょうか?」

    久「とりあえずは待機ね。その後の指示は追って伝えるわ」

    一太「そうですか。では、僕はこれで」シュタッ

    久(まいったわね…私と彼がいなくなったら、二人の面倒を見れるのは和くらい)

    久(和には麻雀に集中してもらいたいし…悪いけど、彼にはもう少し頑張ってもらわないと)

    ハギヨシ「それで、私たちの所にいらっしゃったんですか?」

    京太郎「…はい。幸い、転入試験は面接だけで済みましたから」

    ハギヨシ「何故こちらに?」

    京太郎「ハギヨシさんなら、きっと俺の望みを叶えてくれると思ったんです」

    ハギヨシ「望み、とは?」

    京太郎「…俺、ハギヨシさんみたいになりたいんです!」キリッ

    ハギヨシ「…どういうことでしょうか?」キョトン

    京太郎「ほら、ハギヨシさんって何でも出来るじゃないですか」

    ハギヨシ「何でもは出来ませんよ。出来る事なんて、私の力が及ぶ限りのものです」

    ハギヨシ「それに私はあくまで、執事ですから」

    京太郎「それならそれとして…ハギヨシさん、俺をあなたの弟子にしてください!」

    京太郎「俺…モテたいんです!彼女が欲しいんです!どこぞの祐一さんみたいになりたいんです!」

    ハギヨシ「……」

    京太郎「だから早くハギヨシさんみたいな完璧超人になって…」

    ハギヨシ「須賀君、あなたはそれからどうなさるおつもりなのですか?」

    京太郎「へ?」

    ハギヨシ「彼女が欲しいとおっしゃいましたね?それは一体何の為なのか、答えていただきたい」

    京太郎「…愛されたい…いや、報われたいんです」

    京太郎「最初はほんの好奇心と不純な動機からでした…けど俺、本気になっちゃったんです」

    京太郎「俺なりに一生懸命頑張ったんです…でも、麻雀では不甲斐ない結果で終わっちゃって…」

    ハギヨシ「……」

    京太郎「雑用は雑用で…合宿あるのを知らされなかったりしましたし…俺、不安だったんです」

    京太郎「俺って結局、何とも思われてないんじゃないかって」

    ハギヨシ「…なるほど、そういうことですか。周り、それにご自分を信じられなくなったのですね」

    京太郎「…ええ」

    ハギヨシ「…分かりました。私でよければ、お力になりましょう」

    京太郎「は…はい!ありがとうございます!」

    ハギヨシ「そうと決まれば、早速指導をさせていただきましょう」

    京太郎「え、今すぐですか?」

    ハギヨシ「早く私のようになりたければ…武者修行をしていただかなくてはいけませんから」

    なんやかんやで執事見習いとなった京太郎が、日本各地を巡る!

    トシ「それじゃあ次は、私の肩をもんでおくれ。プロのスカウトも楽じゃなくてね」

    京太郎「ですね。俺も毎週あちこち行かされてますから、多少は理解できます」

    トシ「ふふ…そうかい。アンタがついて来てくれたら、もう少し楽になるんだけどねぇ」

    時にはこんなハプニングも!

    咏「…どうぞ」

    ガチャッ

    咏「……」

    京太郎(あ、あれ…着替え中?)

    京太郎「…大変失礼致しました」ガシッ!

    咏「おいおい、乙女の裸を見ておきながら…それで済むなんて思っちゃダメっしょ」

    京太郎「え…ええと」

    咏(ふふ、コイツはからかいがいがあるねぃ…要領はそこそこ良いけど、それ故か動じやすいんよ)

    そして、かつての仲間との再会。

    咲「…京ちゃん」

    優希「…京太郎」

    京太郎「お前ら、何でここにいるんだよ?」

    和「決まってるじゃないですか…麻雀部の仲間である貴方を、連れ戻しに来たんですよ」

    京太郎「お、俺は…」

    まこ「色々思う所はあるが…兎に角観念せい」


    『京太郎「俺、完璧超人になる」』乞うご期待!