憧「スーハー……よし!」

    ガララ

    京太郎「ん?」

    憧「……え?」

    kyo「オッスオッス」

    憧「ふっ…………きゅっ?」

    京太郎「はっ!? え、憧!?」

    憧「あ、あああああ……あんた、なん、」

    京太郎「うわバカ! ちょ、叫ぶな!」ダダダ、ガシ

    憧「」ムグムグ

    <キョウタロー、ドウカシター?

    京太郎「な、なんでもねー! ちょっと足滑らせただけだー」

    <ソッカー、キヲツケナヨー!

    京太郎「おーう!」

    シーン…

    憧「んー! んんー!」ムググ

    京太郎「うわ、すまん」

    憧「い、いきなりなにすんのよ!?」

    京太郎「そりゃこっちのセリフだ!」

    京太郎「あの、なんでここにいるの?」

    憧「いいからその、前! 前隠して!」

    京太郎「え? …………ああ!?」バッ

    ゴソゴソ

    京太郎「っ///」

    憧「///」

    憧「な、なんでタオルくらい巻いてないのよ!」

    京太郎「理不尽にキレられた!? 貸切で他に客もいなかったんだからいいだろ別に!」

    憧「だとしても湯船に浸かってるわけでもないし、普通にそれくらいするでしょ!?」

    京太郎「男湯に闖入してくるような女に常識説かれた。これは予想斜め上」

    京太郎「大体お前こそなんでこっちにいるんだよ? お前こそだろ」

    憧「だ、だって……///」

    憧「京太郎と、お風呂……入りたかった、んだもん///」モジモジ

    京太郎「」キュン

    京太郎「い、いじらしいじゃねぇか」

    憧「っ///」

    京太郎「なら少し付き合えよ」チョイチョイ

    憧「あ、……うん!」パァァ

    ザブザブ

    京太郎「あー……」

    憧「…………」ドキドキ

    京太郎「あの」

    憧「な、ななななに!?」

    京太郎「いや、なんでそんな遠くにいるんかなって」

    憧「は、はぁ!? あたしにもっとそっちに行けって言うの!?」

    憧「そんな、そんなの、」

    京太郎「そんなの?」

    憧「恥ずかしいじゃない……」ボソボソ

    京太郎(今更なに言ってんだこいつ)

    京太郎「……」ザブザブ

    憧「あ、ちょ! なに近付いてきてるのよ」

    京太郎「お前がそんな隅っこいるからだろ!」

    憧「それと近付いてくることとどういう関係があるのよ!?」

    京太郎「ないのか?」

    憧「ないわよ!!」

    京太郎「……」

    憧「///」ポォ・・・

    京太郎「ああ、やっぱ風呂はいいな」

    憧「そうね。お風呂は心の洗濯とも言うものね」

    憧「それを踏まえた上で京太郎は日に3回は入った方がいいわね」

    京太郎「どーゆー意味かなそれ?」

    憧「言葉通りの意味だけど?」

    京憧「プッ、あははは」

    京太郎「なんかやっといつもの憧らしくなったな」

    憧「ホントよ。あんたといるといつもの自分通りに振舞えなくて苦労するわ」

    京太郎「そりゃこっちのセリフだって……憧?」

    憧「なに?」

    京太郎「お前なんか顔めっちゃ赤いけど大丈夫か?」

    憧「え、そう? まぁ大丈夫ダイジョー……ブ?」

    バシャッ! ブクブク…

    京太郎「うわ!? え、ちょ」サバ

    京太郎「お前完全に逆上せてんじゃねぇか!? ちょっと誰か! 誰かー!?」


    その後、京太郎の声を聞いて駆けつけた面々いったい何をしてたのかとかそもそもなぜ憧が男湯にいるのかとか
    いろいろ問い質されたらしいけどそれはまた別の話

    カンッ!