憧「ふぅーっ、ふぅーっ……よーし、落ち着くのよ新子憧」

    憧「皆を出し抜いて潜入に成功したこのお風呂場、今入ってるのは京太郎だけ」

    憧「ここで突撃して既成事実を作っちゃえば……うん!」グッ

    憧「スー……ハー……よしっ、行くわよ!」ガラッ

    憧「湯加減はどう?京……太、郎……」

    京太郎「ん?……うええっ!?憧!?」ゼンラデニオウダチ

    憧「ななな、なんでぜぜぜ全裸らららら……///」マッカ

    憧「きょきょきょ京太郎のアレがナニで……あわわわわ///」ワタワタワタ

    京太郎「お、落ち着け憧!その恰好でそんなに動いたら……」

    ハラリ

    京太郎「ぶっ!!」

    憧「ふぇ?……!!!」

    憧(見た見られた見た見られた見た見られた……)グルグルグル

    憧「……ふきゅう」パタリ

    京太郎「ちょっ、うおおおーい!何なんだよ一体ーーっ!」

    ――――――
    ――――
    ――

    憧「ううーん……はっ」パチリ

    京太郎「おっ、目ぇ覚ましたか、大丈夫か?憧」

    憧「えっと……私……あっ!」ガバッ

    京太郎「おっと、もう少し寝とけ」グイ

    憧「ふぎゅ、ってこれ、膝枕……」

    京太郎「男の膝で悪いがな」

    憧「そんなこと……着てるシャツから京太郎の匂いもするし」ドキドキ

    憧(あれ?これって京太郎のシャツ?)

    憧「ねぇ京太郎、私に服着せた?」

    京太郎「……はい」

    憧「ってことは見た?」

    京太郎「……はい」

    憧「そして触った?」

    京太郎「……はい」

    憧(きょきょきょ京太郎に全部見られた触られた、全部全部全部……///)

    憧「……ふきゅう」クタッ

    京太郎「だあーーーっ!またかーーーい!」

    カンッ