京太郎「…なあ」

「ん?」

京太郎「『ん?』じゃねえだろ。何でお前がここにいるんだ、優希」

優希「そんなの、汗を流すために決まってるじょ」

京太郎「いや…ここは今男子風呂なんだが」

優希「そんなの、知ったこっちゃない!」

京太郎「おい」

優希「お前は私の犬…つまりペットなんだじぇ、京太郎。だから裸を見られても、私は何ともないな」

京太郎「お前が困らなくても、俺は困るんだけどさ」

優希「…偶然とはいえ、私を押し倒した形になっても何ら反応しなかった」

京太郎「うっ」

優希「メイドスカートをたくし上げても『い・ら・ねー』の一言で邪険にした」

京太郎「あ、あのな優希」

優希「正直、結構傷ついたんだぞ。私だって、女なんだからな」

京太郎「…悪い」

優希「…悪いと思ってるのなら、責任…取ってくれるか?」

京太郎「責任?」

優希「私の事を、一人の女として認めろって言ってるんだじぇ!」

京太郎「認めるって…どうやって?」

優希「私の身体を見て、欲情しろってこと」

京太郎「…何言ってんだ?」

優希「京太郎…こっちを見るんだじぇ。いつも通りのお前なら、今まで通り軽く流すはず」

京太郎「冗談、だよな?」

優希「お前の理性が優るか、それとも私の魅力が優るか…勝負だじょ!」



カンッ!