京太郎「ふぃ~~、いい湯だな~~」

    穏乃「ホント、落ち着くよねー」

    京太郎「そうだな……って穏乃ーーっ!?」

    京太郎「おまっ、何で居るんだよ!?女湯に入ってっただろ!?」

    穏乃「甘いよ京ちゃん、あんな仕切り、私にとっては無いも同然だもん!」

    穏乃「それより……そんなに慌てるってことは私も女の子として見てくれてるんだ?うれしいな♪」ザバッ

    京太郎「んなっ!?ま、前隠せ!前!//」マッカ

    穏乃「そんなこと言いながら目を反らさないくせに、説得力無いぞー♪」ピタッ

    京太郎「だ、ダメだって!落ち着け穏乃!」

    穏乃「むーっ、固いなぁ京ちゃんは」

    穏乃「いいもん!こっちから襲っちゃうんだから!」ガバッ

    京太郎「ちょっ、まっ、あーーーーっ!!」

    ――――――――
    ――――――
    ――――
    ――

    穏乃「あへっ、へぇ……きょ、京ちゃん待って、ち、ちょっと、休憩ぇ……」ビクンビクン

    穏乃「わらし、死んじゃう、死んじゃうからぁ……あんっ」

    京太郎「おいおい穏乃、もうへばっちまったのか?」

    京太郎「駄目だぞ、俺を焚き付けた以上きちんと最後まで鎮めてもらわないとな」ヌプヌプ

    穏乃「まっへぇ、これ以上はおかしくなる、おかひくなっちゃうぅぅ……」

    穏乃「ん、あぁぁぁぁんっ!!」ビビクン

    穏乃「」クタッ

    京太郎「……はっ!穏乃?おーい!」ペチペチ

    京太郎「うああ、またやっちまったー!」

    カンッ