「京太郎と大沼のじっちゃん」

    京太郎「じっちゃんじっちゃん」

    秋一郎「何じゃ」

    京太郎「俺、最近麻雀始めたんだよ」

    秋一郎「そうか」

    京太郎「でさー…麻雀プロのじっちゃんに打ち方を教えてもらいたいなって」

    秋一郎「…今のお前では無理だな」

    京太郎「ちぇー」

    -------------------------------------------------------------------------------

    京太郎「じっちゃんじっちゃん」

    秋一郎「何じゃ」

    京太郎「俺、好きな女の子が出来たんだ」

    秋一郎「そうか」

    京太郎「その子、俺と同じ麻雀部の子なんだけど…どうしたら付き合えると思う?」

    秋一郎「…とりあえず、その子とまともに打てるようになればなってみろ」

    京太郎「あー…」

    秋一郎「どうした?」

    京太郎「…その子、IM個人戦チャンプの原村和なんだよね」

    秋一郎「…まあ、頑張れ」

    -------------------------------------------------------------------------------

    京太郎「じっちゃんじっちゃん」

    秋一郎「何じゃ」

    京太郎「俺、この頃ちんまいのによくからかわれるんだよ」

    秋一郎「どんな風にだ?」

    京太郎「メイド服のスカートをたくし上げて見せてきたりとか、そんなん」

    秋一郎「!?」

    京太郎「俺の好みとは正反対のタイプなんだけどさ…その、色々キツくてさ」

    秋一郎「…ならお前が、その子をちゃんとしたレディに育ててやれ」

    京太郎「うーん…俺に出来るかなあ?」

    秋一郎「面倒見のいいお前のことだ、きっと出来るさ」

    京太郎「じっちゃんじっちゃん!」

    秋一郎「何じゃ」

    京太郎「俺のいる麻雀部が、団体戦でのIH出場を決めたんだよ!」

    秋一郎「そうか」

    京太郎「それに個人戦でも皆大活躍でさ、うち二人はIHに進出したんだよ!」

    秋一郎「…おい」

    京太郎「ん?」

    秋一郎「京太郎、お前はどうだったんだ?」

    京太郎「…午前の時点で、早々に敗退しちまったよ」

    秋一郎「……」

    京太郎「なあ、じっちゃん…俺、すっげー悔しいよ」

    秋一郎「お前はまだ初心者だ。ならば、そうなるのは分かっていただろう?」

    京太郎「ああ。でもさ、やっぱり悔しいのはどうにもならないんだ」

    京太郎「皆があんなに頑張ってたのに、俺だけが…なんて思っちゃうんだ」

    秋一郎「…そうか。それならいいんだ」

    京太郎「じっちゃん?」

    秋一郎「負けて何とも思わなくなるのが、一番ダメなんだ。その経験を次に活かせないからな」

    京太郎「…うん」

    秋一郎「もっと強くなれ、京太郎。お前が強くなってくれると、俺は信じているぞ」



    京太郎「…じっちゃん」

    秋一郎「まだ何か?」

    京太郎「いつも話し相手になってくれて、ありがとう」

    秋一郎「…おう」


    カン!