京太郎「ん……」

シロ「おはよー」

京太郎「おはようございます…ぅっ!…って、何してるんですか」

シロ「んー?京太郎の寝顔みながら……弄ってた」モソモソ

京太郎「やめて下さい。今日こそ学校行って買い物して掃除して洗濯もしてレンタルビデオ返して…」

シロ「明日やればいいじゃん。どうせ単位足りてるんだし…もうおっきくなってきたし」スコスコ

京太郎「うっ…あっ…そんなこといって、昨日もずっと……くっ」

シロ「そうだね。昨日もずっとしてたのに、すごいね。もうこんなにして……これじゃ外歩けないよね」ニュチニュチ

シロ「ね。今日はお休みの日にしようよ。服着なかったら洗濯物減るよ。お腹空いたら出前とればいいし…んっ…ふちゅ…」ペロペロ

京太郎「あ、あ、あ、そこ…くぁっ…でも…そんな…ダメっ…ですってば…」

シロ「んもっ…ぷはっ…強情だなあ……わかった、じゃあ止めようか」

京太郎「え……あ、ありがとうございます…」

シロ「でも惜しいことしたね」

京太郎「え……?」

シロ「昨日ので無くなっちゃったから、買い物行かないなら…そのままおっけーしちゃおうかと思ったのにな…」

京太郎「そ、それ」ゴクリ

シロ「ナ、マ」フ~

京太郎「え……あ……あ……」ゾクゾク

シロ「どうする?」ニッ

京太郎「お…………お休みに……します」

シロ「ふふ……スケベ」

カン!