久「後は…飲み物と……お菓子と…」

    久「はぁ…全く、何で私がこんな仕事を」

    久「ん、ちょうど良いところにコンビニがあるわね。お菓子と飲み物も買えるし…ちょっち寄ろうかしら」


    ーーーー

    京太郎「いらっしゃいませー」エイギョウスマイル

    久「え…須賀君!?」

    京太郎「部長? なんで部長が…」

    久「須賀君が早く帰っちゃったせいで、じゃんけんで負けた私が買出しさせられてるのよ」

    京太郎「う……すいません」

    久「それより…」

    久「ウチの学校はバイト禁止なの……分かってるわよね?」

    京太郎「げ…」

    久「げ、じゃないわよ全く…」

    京太郎「あの…このことは二人だけの秘密ということで……」

    久「ふーん、須賀君ってそんなひとだったんだーへー」

    京太郎「…分かりました」

    京太郎「……なんでも…し、します…雑用でも、パシリでも」

    久「え…べ、別にそこまでは望んでなかったんだけど」

    京太郎「はぁ!?」

    久「確か…何でもするのよね?」

    京太郎「……」

    久「何 で も す る の よ ね ?」

    京太郎「……はい」

    翌日

    京太郎「……」

    咲「何で京ちゃん燕尾服着てるの?」ボソボソ

    まこ「ああ、なぜか突然貸して欲しいって言われてのう」ボソボソ

    和「……意外に似合ってますね」ボソボソ

    咲「うん」ボソボソ

    優希「京太郎ー、こっちはタコスを頼むじょ!」

    久「須賀君、私には紅茶をお願い」

    京太郎「部長…やっぱりこんなことは……」

    久「バイト」ボソッ

    京太郎「…かしこまりました、久お嬢様」

    久「ふふっ」


    カン!