咲「京ちゃん…この水着どうかな…//」テレテレ

    咲(ふふふ…いくらおもちに目がない京ちゃんとはいえこのマイクロビキニなら……)

    京太郎「ふーん…いいんでねえの?」ホジホジ

    咲(なあっ! この反応…私のおもちではこれでもダメだというのっ!)

    優希「おまたせだじぇっ!」

    咲(やっぱり優希ちゃんはキャラを生かしたスク水だったね…でもそれじゃあ京ちゃんは……)

    優希「どうだ? 優希ちゃんの水着に欲情したか?」

    京太郎「さすがにおまえでも高校生でスク水とかないわー」ホジホジ

    優希「じぇーっ!!」

    咲(やはり京ちゃんは手ごわい…わたしのおもちがないからなだけな気がするけど)

    久「あら、2人とも早かったわね? 私の水着姿はどうかしら?」

    京太郎「すごくいいです!」

    久「あら、ありがとね」クスクス…

    京太郎「露出が多すぎるわけでもなく適度に見せる、そしておもちが脱いだら意外と……部長エロいです」

    咲(さすが部長だ…的確にポイントを押さえている……胸も思ったより大きいし…京ちゃんの得点も高い、その証拠に…)

    京ちゃん<ハーイ!

    咲(でもこれぐらいなら水着流されちゃった☆のハプニングで逆転できるレベルだよねっ!)

    和「お待たせしてすいません…慣れない水着で着るのに時間がかかってしまって……」プルルンッ!

    咲「私と同じ白のマイクロビキニだとっ……」

    和「がんばって勇気だしてこの水着にしたんですけど…どうですか…//」

    京太郎「うんすばらなおも…じゃなくて似合いすぎてて言葉が見つからないね、エロいエロい」ダラダラ…

    京ちゃん<ウオオォォォオォォッッ!!

    和「そうですか…よかったですっ♪」ギュッ

    京太郎「腕に和のおもちが…おもっ……鼻血が止まらないな……」ダラダラダラダラ…

    咲(なんてことなの…同じタイプの水着だと差がもろに…これじゃあ……)

    和(ふふっ…咲さんのは所詮小細工ですから……圧倒的戦力の前ではどうしようもないんですよ?)

    咲(ははっ…完敗だよ和ちゃん……)

    和「須賀くん今日は一緒にたくさん泳ぎましょうね?」プルンッ

    久「だめよ! 須賀くんは私が……」ポヨン

    優希「きょーたろーは私と泳ぐんだじぇ!」ペターン

    咲「京ちゃんは私の浮き輪代わりだからだめっ!」ペターン

    和「みなさんよりおもちの大きい私がいいですよね?」ボイーン

    京太郎「えっと…おもちの差で和が……あはは……」

    まこ「なにやっとるんじゃおぬしら……」

    カン!