「なぁ、咲。なんで俺たち、こんなことになっちまったんだろうな」

「俺にとって。咲は重荷なんかじゃなかった」

「支えられてるのは俺の方だった」

「お前と同じものを見てみたかった」

「ずっと一緒にいたかった」

「ただ、それだけだった……」