京太郎「あ、部長。おかえりんこー」ニヤニヤ

    久「…ふーん」テクテク

    京太郎「へ…?いきなり近寄ってきて何を…」

    久「た・だ・い・ま・○・こ♪」ボソッ

    京太郎「ひゅいっ!?」ゾクッ「い、いきなり耳元で何を…」

    久「あら…こういう答えがお望みじゃなかったの…?」

    京太郎「そ、そうですけどこれはさすがに想定外というか!」ワタワタ

    久「くすくす…」ツツツ…

    京太郎「あっ…!そこっ、ゆっ…び先でなぞるのは…!」ゾクゾク

    久「ふふふ、嫌なら言えばいいのよ?」スリスリ

    京太郎「ちょ、何ですりよって…!」

    久「イ・イ・コ・ト…してあげようか…?」ボソボソ

    京太郎「なっ…!?」

    久「くすくすくす…」

    ーーーーー

    モ チ ロ ン キ ン ク リ

    カンッ