京太郎「いいんですか?2年生の部屋にお邪魔しちゃって」

    まこ「構わんよ。たまには1年坊のお世話休んで、ゆっくりしていき」

    京太郎「世話て」

    まこ「よし、ここじゃ。ただいまー」ガチャ

    まこ「・・・」

    バタン

    京太郎「あれ、どうしました先輩」

    まこ「おかしいのぅ。眼鏡合わんくなってきたかの」ゴシゴシ

    まこ「部屋の真ん中に堂々と炬燵があったような・・・」

    京太郎「はは、そんなわけ・・・」ガチャ


    バタン

    京太郎「ホンマや・・・」

    まこ「・・・なんでじゃ」

    灼「どうしたの染谷さん・・・あ、須賀君も」

    京太郎「久しぶりです」

    まこ「おお、鷺森さん。時に、部屋の中に何が見える?」

    灼「・・・・・・もう冬・・・?」

    まこ「夏じゃな。北半球の日本の8月じゃ」

    京太郎「やっぱ見間違いじゃないか・・・」

    誠子「3人ともドアの前で考え込んでどうしたのさ」

    尭深「変な人でもいたの・・・?」

    まこ「・・・「人」じゃなくて「物」じゃな」

    ―――とりあえず部屋の中へ(漫、絹恵、浩子、小蒔合流)

    京太郎「結局どういうことなんですかねこれは」

    誠子「誰か頼んだ・・・わけないか。そもそも夏に必要ないもんだし」

    漫「それどころか、秋越えて冬にならんと使わんものですやん」

    絹恵「すんごい寒がりが夜使うためとか・・・?」

    浩子「そこまでの寒がりがいますか?」

    灼「・・・!あ、一人いる・・・」

    小蒔「思い当たる人がいるんですか?」

    灼「阿知賀(うち)の3年生で、松実宥さんっていう極度の寒がりがいるんです。その人なら、頼んでも不思議じゃない・・・」

    京太郎「あ、俺会ったことありますよ。でも、3年生でしたよね・・・?」

    まこ「ん?そういえばわしらの身近に同じ名字の人がおらんかったか?」

    玄「ただいまー!あ、皆そろってるね!」

    『松実玄・・・松実!!』

    玄「わあ!?は、はいぃ、私松実ですが!何でございますでしょうか!?」ビシッ

    誠子「あ、びっくりさせてゴメン。実はかくかくしかじかで…」

    玄「あー、それはきっとお姉ちゃんだよ。最近暑さも和らいできたし…」

    灼「じゃあ、運ぶ人が宥さんと玄を間違えた・・・」

    京太郎「ってことでしょうね」

    まこ「はぁ・・・完全に季節違いじゃのう」

    漫「どうするん?3年部屋に届けますか?」

    玄「待った!せっかくだから有効活用しようよ!」

    浩子「何言うてんの。夏にこんなん邪魔なだけやん」

    誠子「どかしたほうがいいと思うよ」

    玄「あう・・・」

    京太郎「まあまあ、夏の炬燵ってのも珍しいし。ちょっと使ってみましょうよ」

    小蒔「き、きっと暖かいですよ!」

    玄「須賀君、小蒔ちゃん・・・」ジーン

    絹恵「そこまで言うなら・・・電源つけますか」

    玄「ありがとう!」

    絹恵「でも、まず入るのは言いだしっぺと乗っかった2人で頼みますよ?」

    京太郎「え」

    浩子「3人はどーしても入りたいみたいやし」

    小蒔「あ・・・」

    まこ「まさかここまで来て、入りませんとは言わんよなぁ?」

    3人「」

    京太郎「ぐ・・・」ダラダラ

    玄「あぅぅ…」

    小蒔「あ、暖かいです・・・すごく・・・」

    漫「小蒔ちゃん大丈夫か?」

    灼「水、飲む?」

    京太郎&玄「俺(私)たちも心配して!!」

    浩子「なんか庇護欲が湧かん」

    京太郎&玄「ひどい!?」

    尭深「お茶、飲む?」

    京太郎「気持ちだけ頂きます・・・」

    京太郎(ふふふ、甘いぜ皆さん。もう俺の手にはクーラーのリモコンがある!
       俺は知ってる、ここのクーラーの設定温度は、15度まで下がると!)ピピッ

    玄「須賀君・・・あづいよ~」

    京太郎「大丈夫っすよ松実さん・・・もうすぐ、もうすぐです・・・」

    灼「ん・・・なんか寒・・・」

    絹恵「ホンマ、なんか肌寒くなってきた」

    京太郎「寒いんなら入ってきてもいいんすよー」

    漫「入るかい!」

    小蒔「なんだか丁度良くなってきました」

    玄「ふふふ、須賀君ナイス」ガシッ

    京太郎「あざす」ガシッ←布団の中で握手

    尭深「私、入る・・・ここ、いい?」

    浩子「え」

    京太郎「どうぞどうぞ」

    玄「ありゃー、4辺埋まっちゃったねー」

    まこ「京太郎!クーラー最強にしたじゃろ!リモコンどこやった!」ブルブル

    京太郎「残念ながら俺の服の中です!取れるもんならどうぞ!」

    小蒔「ふ、服って、パ、パパ、パン・・・///」

    京太郎「シャツです」

    漫「ひ、卑怯な!」

    誠子「う~もうダメ、尭深ちょっと入れて!」

    尭深「ん、どうぞ」

    誠子「ふ~意外といい感じ」

    京太郎「あ、そういうのもありでしたか」

    玄「ふふ、それでも2人余っちゃうよ~」

    まこ「なんでじゃ、わしら2年は9人・・・京太郎ーー!!」

    京太郎「それはさすがに言いがかりっす!」

    絹恵(あかん、夏の薄着にこの風は流石にきつい・・・須賀君の横は・・・ちょっと恥ずかしいし、よし)

    絹恵「こまっちゃんお邪魔しまーす」

    京太郎(・・・残念)

    絹恵「おー、夏に炬燵なんて初めて使ったわー上重さん、そろそろスペース無くなるよー」

    漫「そ、そやね。松実さん隣・・・」

    浩子「ふー、いくら夏でも15度はアカン」ノンビリ

    漫「なにしとんねんそこーーー!!黙って陣取るなーー!」

    浩子「入るときは宣言せなあかんってルールないやん」

    漫「ぐぬぬ…!」

    玄「まあまあ二人とも。ここは私が譲ってあげようじゃありませんか。私はこっちに行くから」

    京太郎「え、松実さん?」

    玄「隣失礼します!はい、上重さん空いたよ?」

    漫「ム…お、おおきに」

    京太郎(俺がデカいせいもあってか結構狭いな・・・密着度合いがすごい)

    玄(なんかもっと暖かくなったかも)

    まこ「は!見てる間にスペース埋まってしまった!」

    灼「タイミング逃した・・・」

    灼(うう、寒い・・・でも3人入るスペースは無い。でもでも、こたつに入りたい!・・・あれ、あそこスペースある)←若干混乱中

    京太郎「染谷先輩、鷺森さん、残念ながら埋まっちゃいましたね」

    灼「ま、まだあるっ」

    玄「へ?」

    チョコン

    京太郎「・・・は」

    小蒔「まあ」

    浩子「大胆な」

    灼「ふぅ・・・」

    玄「灼ちゃん!そ、そこもアリなの!?」

    灼「わ、私小さいから大丈夫・・・」

    京太郎「だからって俺の膝の上座りますか!?」

    灼「だ、ダメ・・・?」

    京太郎「………ダメなわけないでしょう。」
            
    京太郎(そんな震えた目で言われて断れませんて・・・あーもう、横も膝の上もやわらかい触感が・・・)

    灼「よかった・・・」

    小蒔(ちょっと羨ましいです)

    漫「デレデレするな須賀!」

    京太郎「この状況でデレデレしない男がいるなら連れてきてください!」

    誠子「はてさて、自分の行動の恥ずかしさに気づくまでどれくらいかな、鷺森さん」

    尭深「体があったまったら、かな?」

    まこ(わしもその場所は考えたのに!くぅ~理性が邪魔したわ!)

    灼「ふぅ・・・暖かい」

    京太郎「そ、そーですね」

    灼「・・・?なんで、背中に須賀く…」

    京太郎「たぶんそれは、鷺森さんが俺の膝の上に座ったからじゃ・・・ないでしょうか」

    灼「・・・」キョロキョロ チラチラ ピタッ

    玄(止まっちゃった)


    ボンッッ!!

    絹恵「わぁ!爆発した!」

    灼「わ、わわわ、わた・・・なんでこ、ここ・・・////!?」

    玄「灼ちゃんが分かんなきゃ誰にもわかんないよー」

    灼「~~~///」

    京太郎(慌てて飛び抜けるかと思いきやそうでもなかったぜ)

    玄(代わってくれるかと思ったらそうでもなかった)

    その後

    京太郎「はい、ミカンどうぞー」

    小蒔「ありがとうございます」

    絹恵「こっちもー」

    京太郎「はい、あーん」

    絹恵「なんでやねん」

    京太郎「すんません」

    まこ「ぐぐぐ…」

    玄「はい、須賀君」

    京太郎「ん?モガッ!」

    玄「あれ、大きかったかな?」

    京太郎「こういうのって一粒ずつが定石じゃ・・・」

    玄「男の子なら一口でGO!」

    京太郎「男だってゆっくり食いたいっす!」

    まこ「ぐぐぐぐ・・・!」

    まこ「もうヤケじゃ!京太郎ーー!!」

    京太郎「へ!?」

    ガバァッ

    まこ「どこじゃ!リモコンはどこじゃー!」

    京太郎「わひゃぃ!?ちょ、何してんすか!」

    まこ「取れるもんなら取ってみろと言ったのはお前じゃ!だから取ろうとしてるんじゃろうがー!」

    京太郎「先輩落ち着いてください!って、違う!下は違う下は!!リモコンはシャツの中ーー!!」

    まこ「大人しくそのパンツを脱げ――!!」

    京太郎「だからそこじゃねえーーー!!!」


    カン!