http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1370070429/




「ふふ…ほら、皆、ご飯出来ましたよ」

「今日は須賀君の大好きな肉じゃがです。ゆーきも好きでしたよね?」

「ほら、咲さんもじっとしてないでお皿を並べるの手伝って下さい」

「あ、須賀君は良いんですよ。ゆっくりしてて下さい」

「…ってもう…ゆーきも変なところでのんびり屋さんなんですから…仕方ないですね」

「…はい…持って来ましたよ」

「じゃ…須賀君は私の膝の上に座ってくださいね」

「もう…恥ずかしがらなくても良いんですよ?」

「私の膝は須賀君の定位置なんですから」

「じゃ…はい。頂きます」

「ほら…須賀君、あーんしてください?」

「…ふふ…♪美味しいですか?」

「…そ、そこまで聞いてませんよ、もう…」

「でも…ちょっぴり…ほんのちょっぴりだけ…嬉しいです」

「…別に…て、照れ隠しじゃないですから」

「…もう須賀君の意地悪…」

「って…咲さんもゆーきもからかわないでください」

「そ、そんなんじゃ…いや…そういうのも…ない訳じゃないですけど…」

「そ、それより…聞きましたか?まだ行方不明になってる人見つからないんですって」

「最近、物騒になってきましたし…怖いですよね」

「…ふふ。そうですね。私には須賀君がいますから…」

「ゆーきも咲さんも…そんな目で見てもダメですよ。須賀君はその…わ、私のもの…なんですから」

「う…な、何ですか…?」

「べ、別に…わ、私だってたまにはこれくらい…」

「まぁ…そりゃ…確かに普段はあんまり言いませんけれど…その…須賀君の事大事に思っているのは確かなんですからね?」

「わ、笑わなくたって良いじゃないですか…!」

「それで…えっと…何の話でしたっけ?」

「あ、そうそう。それで行方不明になってる人に関して警察の方に呼び止められて…」

「色々と聞かれたんですけれど、全部、知らないって答えておきました」

「だって…その時、私は皆と一緒に居たんですから」

「行方不明になったりする人と一緒のはずがないですよね」

「ストーカーの時にも思いましたけれど…警察にはもうちょっと頑張って欲しいです」

「…あ、別に怒ってないですよ?」

「…う…そんなにいらっとした顔をしてました?」

「大丈夫ですよ、別に…皆に怒っている訳じゃないですし」

「寧ろ…私は今、とっても幸せなんですから」

「だって…また皆と一緒に…こうしてご飯を食べられるようになるなんて…夢のようです」

「だから…私…とても幸せですよ」












「タトエ ミンナガ クビダケ デモ トテモ シアワセデス」