http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1358177535/




    京太郎「買ってくるけど何がいい?」

    淡「んーと……キョータローのセンスで」

    京太郎「はいよ」ガタ

    菫「須賀、あまり淡を甘やかすなよ。すぐに調子に乗るからな」

    淡「ヒドーイ!!」

    京太郎「いえ丁度買い出しに行こうと思ってたところなんで。先輩達も何か必要なものとかありますか?」

    照「お菓子買ってきて。チョコ系」

    淡「ダッシュでな!!」


    バタン

    京太郎「んーと、とりあえず近くの業務スーパーでいいか」

    スタスタ...

    ―――――――――――――――――――

    ウィーン

    「いらっしゃいませー!」

    京太郎「必要なものはっと……」ガサゴソ

    京太郎「えー、茶葉に月餅にティッシュ箱……それに32ワットの蛍光灯一本にミノーがひとつ……ってなんじゃこりゃ」

    京太郎「ミノーってのがよくわからんから、先輩にメールで確認するとして……」ポチポチ

    京太郎「よし……他は何とかありそうだな」

    京太郎「さて、探しますか」

    京太郎「……よし、何とか揃ったな」

    京太郎「あとは宮永先輩のお菓子に、淡に頼まれてたジュースか」

    京太郎「先輩はいつも棒系のチョコばっか食べてるからな。今回もそれでいいか」キョロキョロ

    京太郎「うーんと、ポッ○ーの苺チョコ味か……これだな」ポイッ

    京太郎「あとは俺用にマ○ブルチョコも買ってと……」ポイッ

    京太郎「淡は……そうだな」

    京太郎「お、これなんかいいじゃん! ホットケーキの飲み物だって!」

    京太郎「お子様のあいつにはぴったりだな……よし」ポイッ

    京太郎「さーて、精算精算っと」

    ―――――――――――――――――――

    京太郎「あっ、そうだメール」カチャ

    京太郎「ふむふむ……わからないから買ってこなくていい、と」

    京太郎「了解でっす。すぐに帰ります……っと」ポチポチ

    京太郎「よし、んじゃちゃちゃっと戻るか」

    スタスタ...

    ガチャ

    京太郎「戻りましたー」

    淡「きょうたろーおかえりー! 私の飲み物はっ!?」

    京太郎「まぁそう急くな。どうどう」

    京太郎「まずは頼まれてたものを先輩方に確認してもらってからな?」

    淡「ぶー」

    京太郎「先輩、これメモに書いてあったやつひと通り買ってきました」

    京太郎「あ、でもミノーってやつが分からなかったんでそれは入ってません」

    菫「ああ、照から聞いたよ。たぶんそれは亦野が書いたんだろうな」

    京太郎「亦野先輩が……?」

    菫「ミノーってのは釣りに使うルアーの名前だそうだ。さっき調べた」

    京太郎「そんなのがなんで買い出しのメモに……?」

    菫「きっとあいつ自身が買い出しに行く予定で、自分の欲しいものも一緒に買ってこようと思っていたんだろう」

    京太郎「あぁ、それでメモに……亦野先輩も案外うっかりですね」

    照「……そんなのはいいから早くお菓子」

    京太郎「あ、あぁ! すみません……」ガサゴソ

    京太郎「茶葉に月餅……これは渋谷先輩ですね」

    尭深「あ、ありがとう……」

    京太郎「いえいえ……って、うわぁ! いたんですか!?」

    尭深「うん……驚かせちゃった……?」

    京太郎「い、いえ……大丈夫ですよ」アハハ

    京太郎(物静かすぎて、たまに存在を見失うことがあるんだよなー……渋谷先輩って)

    京太郎(顔はすげーかわいいけど)ムヘァ

    淡「きょうたろー、なに変な顔してんの?」

    京太郎「え、あ、いや! してないしてない!」フルフルッ

    淡「してたよー! こんな感じでむへぁ……って」

    京太郎「こら、マネしない」コツン

    淡「痛ったー! ……こんにゃろう、やったなー!」ポカポカ

    京太郎「おい、こらやめろって……!」

    菫「……ごほんっ!」

    京太郎「あっ……」

    淡「……き、きょうたろーが悪いんだからねっ!」

    京太郎「お前なぁ……」

    菫「いいから、淡はそこで黙って座っていろ」

    淡「はーい……」ブスッ

    菫「須賀は残りを手短に報告しろ」

    京太郎「あ、はい! えーっとですね……」

    淡「……さっききょうたろー変な顔してたよね? ね、テルー?」

    照「お菓子……お菓子早く……」ギュルル

    淡「もう、聞いてないしっ」

    菫「よし、報告ありがとう。代金はあとで部費から出す」

    京太郎「わかりました」

    照「終わった……? 京ちゃん、早くお菓子を」

    京太郎「あ、ええ! ちょっと待っててください……」ガサゴソ

    京太郎「宮永先輩にはこの、苺チョコポッ○ーを買ってきました」スッ

    照「うわ、これ新発売の……ありがと、京ちゃん」ビリリ

    京太郎「いえいえ」

    京太郎(ってさっそく破ってるし)

    照「んぐんぐ……」ニコニコ

    京太郎(宮永先輩、いつもはあまり感情を表に出さないけど、お菓子食べてる時だけは無防備なんだよなぁ……)

    淡「いいなぁ……きょうたろー、私のは!?」

    京太郎「え、いやお前はお菓子頼んでねーだろ」

    淡「えー! なにそれー! 気が利かないやつぅ!」

    京太郎「気が利かねーって……お前にはちゃんと飲み物買ってきてやったよ! ほら!」スッ」

    淡「うわぁ、なにこれ! ホットケーキだって! 見て、テルー!」

    京太郎(ふぅ……まったく、単純なやつ)

    照「おいしそう……私もほしかった」ジー

    京太郎「ん……って、えっ!? なんすかその目は?」

    照「……私もほしかった」ジー

    京太郎「ぅう……い、いやでも、あるのは一つだけですし……」

    淡「こらー、きょうたろー! テルーがほしいって言ってるんだから買ってこーい!」

    京太郎「なんでお前に命令されるんだよ! ってか、お前がちょっと分けてやればいいじゃん!」

    淡「いやだよー! これは私のものっ!」

    照「ホットケーキ……」ショボーン

    京太郎「ぅぐ……」

    京太郎「ああ、いいですよ買ってきますぅ!」

    照「ほんと、京ちゃん……?」

    淡「さすがきょうたろー! よっ、男前!」

    京太郎「ったく、宮永先輩も人使い荒いですよね……」ブツブツ

    淡「んじゃー、私も行くー!」

    京太郎「って、お前も行くのかよ! なんで!?」

    淡「だって、テルーはお菓子ばっか食べてるし、スミレはちょーぼ書いてて相手してくれないし、ヒマなんだもーん!」

    京太郎「んじゃお前行ってきて。お金やるから」

    淡「なっ、そんなのダメー! なんでそうなるわけー!」

    京太郎「だってお前ヒマなんだろ? それに本来は一年であるお前だって買い出し要因なんだからなー?」

    淡「なにいってんのっ!? 私レギュラー! きょうたろーはレギュラーじゃないじゃん!」

    淡「それにこういうのは男子が率先してやることでしょー!?」

    京太郎「っだよその暴論は……ちょっと麻雀がうまいからってよぉ」

    淡「ちょっとじゃないし! きょうたろーの百倍だし!」

    京太郎「ああ、もうわかったよ! 勝手についてこい!」

    淡「やたー! 勝手についてくー♪」ダキッ

    京太郎「ちょ、こら離れろって!」

    バタン

    菫「……はぁ、やっとうるさいのがいなくなったよ」

    照「……私は好きだけど。あの二人が騒いでるの」ポリポリ

    菫「ふーん、お前は物好きだな」

    照「物好き……? そうかも」

    照「でも、菫だって今うれしそうにしてる」

    菫「なっ……嬉しそうにしてるって、私が?」

    照「……」コクッ

    菫「そ、そんなことないぞ! ただ……」

    照「……ただ?」

    菫「いや、須賀もちゃんと馴染んでくれたようで何よりだったな……と」

    照「……」

    菫「ほら、あいつがうちの高校に転入してきて麻雀部に入ることになったとき」

    菫「正直不安だったんだ……あまり実力もない上に、数少ない男子部員だったからな」

    菫「けど心配無用だったみたいだ。お前も、それに淡や渋谷も、あいつに気兼ねなく接してくれた」

    菫「まぁ淡についてはあまり気にしていなかったというか、予想通りというか……」

    照「……ふふ、たしかに」

    菫「いずれにせよ、お礼を言いたい。感謝してるよ、二人……あぁ、それに亦野もだな」

    照「……ぷっくく」プルプル

    菫「お、おい! なんだその笑いは! 人がせっかく……!」

    照「……っ、ご、ごめん……でも、どうして菫が感謝してるの……?」プルプル

    菫「そ、それは……! その……わ、我が麻雀部の部長としてだな!」

    照「……菫も、京ちゃんのこと心配してくれてたんだね」

    菫「そ、そりゃあな……?」

    照「……っぷ……お、お母さんみたい……」プクク

    菫「お、お母さん!? 私が!? あいつの!?」ガタッ

    菫「さっきも言ったが私は部長として……って、ちょっとこら待て逃げるな照!」

    尭深「……」ズズー

    尭深(先輩たちも、十分騒がしいです……)


    ―――――――――――――――――――

    淡「それで、どこにいくのー?」

    京太郎「ん? 業務スーパーだけど」

    淡「ぎょーむすーぱー? そんなんあったっけ?」

    京太郎「ったく、お前ここ地元だろ? 転校してきた俺の方が詳しいってどういうことだよ」

    淡「だってここらへん、通学路しか通んないんだもん!」

    京太郎「へいへい、そうですか」

    京太郎「業務スーパーはなぁ、ここを真っ直ぐ行って信号を左に曲がったすぐのとこにあるんだ」

    京太郎「よく叩き込んどけよ? そのちんちくりんな脳みそにな」ヘヘン

    淡「なんか一言余計なんですけどっ!」ゲシッ

    京太郎「いてっ!」

    淡「まったくもう……ふんっ!」プイッ

    京太郎「たた……な、なんも蹴るこたぁないだろ」

    淡「きょうたろーはデリカシーなさすぎ! もっと女の子にやさしくできないのっ?」

    京太郎「優しくしてるよ……お前以外にはな」

    淡「なっ! 私にも優しくしろー!」ポカポカ

    京太郎「いてっ、痛いってこら……!」

    淡「んもうっ!」グイッ

    京太郎「お、おわっ! な、なにすんだよ!」

    淡「男子ならこうやって女の子をリードするくらいしなきゃダメでしょー?」

    京太郎「そ、そりゃ付き合ってる男女の場合だろうが! 腕組みなんて普通やらねーよ!」

    淡「なにそれー! じゃ、きょうたろーは私のこと好きじゃないわけ?」

    京太郎「なんでそうなる! 俺は、お前の彼氏でもなければ恋人でもないって言ってんの!」

    淡「ひっどーい! 京太郎は私のことなんか眼中にないんだー! うえーん!」

    京太郎「ウソ泣きすんなウソ泣き」

    淡「むっ……と・に・か・く!」

    淡「今日は、私とデートってことでエスコートしてもらうから!」

    京太郎「買い出しがデートかよ!」

    淡「いいからいいから、ほら行くよっ!」

    京太郎「おい、こら引っ張んなって!」

    京太郎(はぁ、俺の初デートが……ってなに俺も乗り気になってんだよ! こんなのデートのうちに入んないだろ!)

    淡「ふんふん♪」

    京太郎「……」

    京太郎(……入んないよな?)

    ―――――――――――――――――――

    京太郎「よし、早めに戻るか」

    淡「ええー! ちょっと寄り道してこーよ!」

    京太郎「いやマズいだろ。宮永先輩だって待たせてるんだし」

    淡「むぅ……じゃあいいよ」ブスッ

    京太郎「……」

    京太郎(こいつ……ほんと子供みたいにワガママだよなぁ)

    京太郎「はぁ……じゃあ少しだけな?」

    淡「えっ……?」

    京太郎「少しだけなら、寄り道……してやってもいいぞ」

    淡「……!」

    淡「きょうたろー、大好き!」ダキッ

    京太郎「ちょ、こら引っ付くなって!」

    ガランゴロン!

    淡「……ん? 何の音?」キョロキョロ

    京太郎「さぁ?」

    ??「……っ」ダダッ

    京太郎「ん、あれは……」

    京太郎(……咲? ……いやまさかな。あいつがこんなところにいるわけ……)

    淡「? どうしたの、きょうたろー?」

    京太郎「いや、なんでもない」

    京太郎「んじゃささっと回って帰るぞ」

    淡「なっ! ささっとじゃダメー!」

    ―――――――――――――――――――

    京太郎「それじゃ、お疲れ様です!」

    菫「ああ、お疲れ」

    照「お疲れ様……京ちゃん、ミルクセーキありがとうね」

    京太郎「ああ、どういたしまして」

    淡「んじゃ帰ろー! テルー、スミレ!」

    京太郎「淡、あんまし先輩方に迷惑かけんなよ?」

    淡「なっ、人をなんだと思ってるのー!?」

    京太郎「幼稚園児」

    淡「なにおーっ! このこの!」ポカポカ

    菫「ほら淡、さっさと帰るぞ」グイッ

    淡「わわっ! ちょ、待ってよスミレ!」

    ズルズル...

    淡「明日覚えてなさいよー! きょうたろー!」

    照「じゃあね、京ちゃん」

    京太郎「はい、また明日です」

    「わー! わー!」

    京太郎「はは、退屈しない奴だぜ。まったく……」

    京太郎「俺もそろそろ帰るとするか」

    ガチャ

    京太郎「よし、戸締りオッケー」

    京太郎「あとは鍵を戻して……と」

    京太郎「さーて、帰宅帰宅ゥ」

    ―――――――――――――――――――

    スタスタ...

    京太郎「夕暮れ時か……なんか郷愁にふけりたくなるな」

    京太郎「って俺らしくないか」ハハッ

    ??「……ほんとそうだね」

    京太郎「だよなぁ……って、へ?」

    京太郎(い、今の声……どっかで!?)

    京太郎「っ!」クルッ

    咲「お久しぶりだね……京ちゃん」

    京太郎「さ、さ……」

    京太郎「咲じゃねえか! どうしてここに?」

    咲「ちょっと、ね……お姉ちゃんに会いに」

    咲(ウソだけど……)

    京太郎「ああ、宮永先輩か。でも先輩ならもう帰ったぞ?」

    咲「うん、知ってる……だからあとで家に行こうかと思ってる」

    京太郎「ああ、そうだよな。咲なら宮永先輩の家、知ってるもんな」

    咲「うん」

    京太郎「……俺にも、わざわざ会いに来てくれたのか?」

    咲「っ! う、ううん! た、たまたま見つけたから声をかけただけだよ……」

    京太郎「ふーん……」

    咲「……っ」アセアセ

    京太郎「……ほんとかぁ? ほんとは俺に会いたくて仕方なかったんじゃないのかぁ?」ニヤッ

    咲「ち、違うよ! そ、そんなわけないでしょ!」

    京太郎「へへー、さいですか」ニヤニヤ

    咲「さいですよ! 京ちゃんはすぐうぬぼれるんだから……もう」

    京太郎「へーへー、ごめんなさいねぇ。モテる男はつらくてよぉ」

    咲「……」

    京太郎「……なんだぁ、咲。ツッコミはなしかよ」

    咲「えっ……ああ! ごめん、なんだっけ……?」

    京太郎「おいおい、咲さんにしてはキレがわりぃなぁ……さては長旅で疲れたか?」

    咲「う、うん……そうなの、かな……」

    京太郎「……」

    京太郎「……なら、俺んち寄ってくか?」

    咲「えっ、き、京ちゃん家に!?」

    京太郎「いや、すぐに宮永先輩んちに行くっていうならあれだけどよ」

    咲「い、行く行く! 行かせて、京ちゃんの家!」

    京太郎「お、おう……じゃ、ついてきてくれ」

    咲「うんっ!」

    京太郎「……」

    京太郎(なんかやけに食いつきいいな……咲のやつ)

    スタスタ...

    咲「……京ちゃん家は、ここから歩いて行ける距離なの?」

    京太郎「ああ、こっから10分くらいかな。一軒家を借りてる」

    咲「へえ……」

    京太郎「あ、でも帰りちょっとスーパー寄っていっていいか?」

    咲「うん、なにか買い物?」

    京太郎「いや、今日は両親とも帰るのが遅くなるって連絡があってさ」

    京太郎「久々に自炊でもしようかなーと」

    京太郎「あ、そうだ! なんなら咲も食ってくか?」

    咲「い、いいの?」

    京太郎「もちろん!」

    咲「あ、ありがとう!」

    咲(うれしい……うれしい、けど)

    咲(こういうときは、『私が作ってあげるよ!』くらい言いたかったな……)

    咲(京ちゃん、こう見えてけっこうなんでもそつなくこなすから……ずるいよ)

    京太郎「……どうした?」

    咲「え、いやなんでもない!」

    京太郎「んー、さては俺の作る夕飯が待ち遠しくて、食卓の妄想にでもふけってたか?」

    咲「ち、違うよ!」バンッ

    京太郎「いてっ! なにすんだよ!」

    咲「京ちゃんが変なこと言うから……!」

    京太郎「……っく、はは」

    咲「ど、どうしたの? いきなり笑い出して……」

    京太郎「い、いやさ……お前とこんなやり取りするのも久々だなぁと思って」

    咲「そ、そうだね……」

    京太郎「へへ……」

    京太郎「……ま、ちゃちゃっと食材買いに行きますか」

    咲「……うん」

    ―――――――――――――――――――

    京太郎「うーん……なににすっかな」

    咲「京ちゃん、何が作れるの?」

    京太郎「なにがって言われてもな……ある程度なら作り方さえ知ってればいけるし」

    咲「すごい……ほんとに料理できるんだね」

    京太郎「なんだよ、疑ってたのか?」

    咲「う、ううん! 違うけど、人は見かけによらないなぁって」

    京太郎「ぐさっ! ……へいへい、そうですよ。俺はどうせずぼら人間ですよ」

    咲「そ、そんなつもりで言ったんじゃ……!」

    京太郎「……咲はなんかリクエストあるか?」

    咲「え……なんでもいいの?」

    京太郎「俺の作れるものなら」

    咲「じゃあ……し、質素なやつで」

    京太郎「す、ずいぶんアバウト!?」

    咲「ご、ごめん……でもぱっと思い浮かばなくて」

    京太郎「うーん質素か……」

    京太郎(……今日はブリが安いみたいだし、煮つけにしてみるか)

    京太郎(んで家にある野菜……たしか人参と大根はまだあまってたはず……で味噌汁、いや豚汁作って」

    京太郎(ついでに切り干し大根も……それだと買い足さなきゃいけないか。ま、いいけど)

    京太郎(あとはほうれん草買って行っておひたしにでもするか)

    咲(すごい考えてる……)

    京太郎「……よし、決まったぜ」

    咲「ほんと?」

    京太郎「ああ、さっそく必要なもん買ってこうぜ」

    咲「うん!」

    ―――――――――――――――――――

    京太郎「いやいいって」

    咲「大丈夫! 私は手伝ってもあまり役に立たないだろうから、これくらいさせて!」

    京太郎「いや、お前の細腕にその荷物はちときついだろ」

    咲「平気だよ……それに、京ちゃんだって細いじゃん」

    京太郎「俺のは細マッチョっていうの。いいから貸せって」ヒョイ

    咲「あっ……」

    京太郎「うご……けっこう重いな。明日の分も一応買ってきたせいか」

    咲「でしょ? だから……」

    京太郎「あーはいはい。んじゃ半分こな?」

    咲「うん」

    京太郎「よいしょと……じゃ、咲はこっちの重い方」

    咲「お、重い方なんだ!?」

    京太郎「だって持ちたがってたじゃねえか」スッ

    咲「そ、それはそうだけど」グッ

    咲(あれ……別に重くない)

    京太郎「……ほら行こうぜ」

    咲「え、あ……」

    咲「……う、うん……っ///」

    ―――――――――――――――――――

    京太郎「よし、着いたぞ」

    咲「うわぁ、なんか別荘みたい」

    京太郎「へんな屋根の形だろ? まぁ中はそれなりだからさ、あがってけよ」

    ガチャ

    咲「お、お邪魔しまーっす」

    京太郎「誰もいねーけどな」

    咲「あっ……」

    咲(そっか……今は京ちゃんと私の、二人っきりなんだ)

    咲「……っ///」

    京太郎「そっち、洗面所だから行って手洗ってこいよ」

    京太郎「俺はちょっと自分の部屋に鞄おいてくる」ダッダッ

    咲「う、うん!」

    咲「……へえ、お風呂場はここか」

    咲「って、うわわ……///」

    咲(京ちゃんの下着……だよね、これ?)

    咲(あ、でもお父さんのかも……)

    咲「ぅう……///」

    咲(こ、こういうところはテキトーなんだよね……)ジャー

    京太郎「ほいほい、っと」ドンッ

    咲「うわっ!」

    京太郎「俺も手洗おっと~♪」

    咲「京ちゃん、階段くらいゆっくり降りてよ!」

    咲「あ、あとこの下着、京ちゃんの!?」

    京太郎「あ、そうだわ。悪ぃ悪ぃ」ポポイッ

    咲「もうっ!」

    京太郎「だってさ、仕方ねえじゃん。今日お前を家にあげる予定なんてなかったんだぜ?」

    咲「そ、それはそうだけど、こういうのは普段からしっかり……きゃっ!」

    京太郎「ふふんふ~ん♪」ジャー

    咲「っちちち、ちょっと京ちゃん!!?」

    咲(う、後ろから私のこと抱きかかえるように手を伸ばして……!!)

    京太郎「いやこれならいっしょに洗えるじゃん?」

    咲「そ、そうだけど……っ!///」

    咲(わ、私はどうすればいいのーーーっ!?)

    京太郎「ガラガラ、っぺ……っ!」

    京太郎「コップはその棚の中に紙コップあるからそれ使って」

    咲「ぅ……」

    京太郎「んじゃ俺は準備してんぞ」ダダッ

    咲「は、はぁ……っ」フニャ

    咲(き、緊張した……)

    ―――――――――――――――――――

    咲「えっと……お台所は……」

    咲「あっ、京ちゃん!」

    京太郎「おう」ガサゴソ

    咲「わ、私は何をすればいいかな……?」

    京太郎「……んー」ガサゴソ

    京太郎「とりあえずこの野菜洗ってくれるか?」

    咲「あ、うん!」

    京太郎「んじゃ俺は切り干し大根を水につけてっと……」

    京太郎「最初にブリ捌いちまうか」チャキン

    京太郎「あ、咲。お前血とか苦手?」

    咲「え、いや好きじゃないけど……」

    京太郎「んじゃこっちの台でやるから見ないで」

    咲「う、うん……」

    (面倒なので、料理シーン大幅カット)

    京太郎「そろそろいいか……ふぅ」フキフキ

    咲(京ちゃんすごいなぁ……ほとんど一人でやっちゃったよ)

    咲(私なんか全然役に立たなくて……さっきもみりん入れすぎちゃったし)

    咲(なんか自分が恥ずかしいよ……うぅ)

    京太郎「じゃ、咲は皿用意してくれ。そっちの棚にあるから」

    京太郎「必要なのはお茶碗と味噌汁用のお椀に、そっちの平たい小皿ふたつずつ……あと大皿な」

    咲「あ、うん!」

    ―――――――――――――――――――

    京太郎「よーっし、では」

    京太郎「いただきます!」

    咲「い、いただきます」ペッコリン

    京太郎「ふぃ~、腹減ったぁ」

    京太郎「あ、そうだテレビつけようぜ」ピッ

    ワーワー

    咲「き、京ちゃんごめんね……足手まといになっちゃって」

    京太郎「ん、なにが?」モグモグ

    咲「いや、さっきの料理……この煮つけだって……」

    京太郎「いやうまいぜ? ほら……」ヒョイパクッ

    京太郎「んぐんぐ……な、うまいだろ?」

    咲「んん……」モグモグ

    咲「う、うん……」

    咲(きっと京ちゃんがよくわかんないけど味の調整してくれたんだ……)

    咲(それなのに私……)

    京太郎「なーにしょぼくれた顔してんだよ。咲だってこれから料理覚えてけばいいじゃん」

    咲「わ、私にはムリだよ……」

    京太郎「まぁ、たしかにどんくさいしな」

    咲「むっ……でも言い返せないよ」

    京太郎「だけどよ、下手は下手なりに努力すればいいだろ。俺だってハギヨシさんみたいにできるわけじゃねえし」

    京太郎「なにかやろうって思うことが大事なんだよ」パクッ

    咲「……うん、そうだね」

    京太郎「そっちなら、和あたりが料理に詳しそうじゃねえか? 教えてもらえよ」

    咲「あ、うん……」

    咲(でもわたしは……京ちゃんに教えてもらいたかった、な)

    咲(そんなの無理ってわかってるけど……)

    ワーワー

    京太郎「ははっ、なんだこいつ!」

    咲「……」

    咲(京ちゃんは……私にやさしくしてくれる)

    咲(たまに意地悪なことも言うけど、そういうやり取りをすること自体が、私にとっては楽しい……)

    咲(でも、京ちゃんにとって私は……数いる女の子のうちの、一人でしかないんだよね)

    咲(でも、じゃあ……昨日の子はどうなんだろう……?)

    咲「……」チラッ

    京太郎「あ、今の問題わかるぞ! ……ええっと、なんだっけ」

    咲(き、聞いてみたい……京ちゃんと、昨日の子の関係……)

    咲「……っ」

    咲「き、京ちゃんはさ……」

    京太郎「ん? なんだよ、咲?」

    咲「こ、こっちで……その……」

    咲「す、好きなことかできたりしたの……っ?///」

    咲(な、なに聞いてんだろ私……っ!)

    京太郎「と、突然なんだよ……?」

    咲「ご、ごめん! 今の忘れて!」

    咲(は、恥ずかしい……! なんでこんなに顔が熱く……っ)

    京太郎「好きな子かぁ……考えたこともねえな」

    咲「えっ……」

    京太郎「こっちにもかわいい子はそれなりにいるけどよ」

    京太郎「なーんか今一つもの足らないというか……」

    咲(そ、それって……)

    咲「も、もしかして……胸?」

    京太郎「おお、そうだ! それだ!」

    京太郎「白糸台の人らには胸が足りないっ! ……あ、今の宮永先輩には絶対言うなよ」

    咲「わ、わかってるけど……それを私に言う? 普通……」ペッタン

    京太郎「ん、なんだ? 咲は気にしてんのか? 胸ないの」

    咲「そ、そうグサッといわないでよ!」

    咲(気にするに決まってるじゃん! だって京ちゃんが……)

    咲「……っ」

    京太郎「まぁ世の中にはいろんな趣味趣向のやつらがいるしよ」

    京太郎「きっと咲にもチャンスはきっと巡ってくるって! だからそうしょげんなよ、な?」ポンポン

    咲「……」

    咲(……なんだ……京ちゃんには、私なんか眼中に入ってないってことか)

    咲(薄々わかってたことだけど……こうも容赦なく切り返されると……)

    咲(やっぱり傷つくな……)ズキッ

    京太郎「お、おいおいどうしたよ? そう重く受け止めんなって、咲さん」

    咲「……」

    咲(はぁ……なんかここまでくると、失うものなんか何一つないって思えてくるよ)

    京太郎「お前にだっていいところはたくさんあるじゃねえか。たとえば麻雀とか、麻雀とか……」

    もういいや……

    京太郎「あとは……ま、まぁとりあえず! そういう自分の強みで戦ってけばいいんだよ!」

    ……自暴自棄になっちゃえ

    咲「……京ちゃん、昼間一緒にいた子……名前はなんていうの?」

    京太郎「えっ……一緒にいた子……?」

    咲「実は見かけちゃったんだ……神社の近くで」

    咲「金髪の子と京ちゃんが……その、抱き合ってるとこ」

    京太郎「え……あっ!」

    京太郎(もしかして……淡のことか?)

    京太郎「あ、あいつはただのチームメイトっていうか……そ、そう! 友達だよ、友達」

    咲「へえ……」

    咲(少し焦ってる……おもしろい)

    ……もっと畳み掛けちゃえ

    咲「……京ちゃんは“友達の”女の子と、外で抱き合ったりするんだ?」

    京太郎「い、いやそれは……! あいつの方が勝手にさあ……!」

    咲「ふーん……じゃあその子はきっと京ちゃんのことが好きなんだね?」

    京太郎「なっ……」

    咲「京ちゃんはどうなの? その子のこと、どう思ってるの?」

    京太郎「お、俺は別に……ていうか、なんだよこれ。尋問かよ」

    京太郎「もういいだろこの話は……さっさとメシ食っちまおうぜ」

    咲「……質問に答えてよ、京ちゃん」

    京太郎「はぁ……もう答えたろ。俺は淡のことなんかどうとも……」

    ...ギリッ

    咲「……じゃあ、私のことは?」

    京太郎「……は?」

    咲「私のことは、どう思ってるの?」

    京太郎「お、お前のこと……?」

    咲「うん……」

    京太郎「いやそれは……」

    咲「……それは、なに?」

    京太郎「……っ」

    京太郎(咲のやつ、どうしたんだよ……そんな怖い顔して……)

    京太郎(ていうかこれって……もしかして、もしかすると……)

    京太郎(……咲は、俺のことが好きなのか……?)

    京太郎(いやいや待て! 今までそんなそぶり……)

    京太郎(……)

    京太郎(……あったか……あったかも)

    京太郎(で、でも……だからってどう答えりゃいいんだ?)

    京太郎(俺は咲のこと、そんな目で見たことなんかないし……)

    咲「……京ちゃん、なんで答えてくれないの?」

    京太郎「うっ……いや、あの」

    咲「……」

    咲(いつもは態度大きいくせに……こういうときばっかりヘタレて……)

    ……いくじなし

    京太郎「なっ……さ、咲!?」

    ...ギシッ

    京太郎「お、お前どこ座って……!」

    咲「京ちゃんの膝の上だよ……?」

    京太郎「は、早く降りろ……!」

    咲「……じゃあ、質問に答えてよ」

    京太郎「ぐ……」

    京太郎(ほ、本音を言えば……こいつを傷つけちまうかもしれない)

    京太郎(だからって、ウソついてまで『好きだ』なんて言葉、言えるわけない……)

    京太郎(どうすれば……)

    京太郎(くっ、咲の言うとおりだぜ……俺はこういう時、優柔不断すぎる……!)

    咲「……京ちゃん、答えてくれないと膝からどいてあげないよ?」

    咲(……京ちゃんが嘘をついてるとは思えない)

    咲(だから、京ちゃんにはまだ“特定の”女の子はいないはず……)

    咲(京ちゃんの性格からして、いま頭の中では、私をどう傷つけずにこの場を乗り切れるか……それだけを考えてるはず)

    咲(だけど、ウソも付きたくない……そう思ってる)

    咲(そこが京ちゃんの甘いところだよ……)

    咲(迷いのある人間の心なんて、ちょっと後ろからつついてやればすぐ脆く崩れちゃう……)

    咲(さっき言ったよね……私には私にしかない“得意分野”で攻めていけって)

    咲(これは私が、麻雀から学んだことだよ……やっと役に立った、ふふ……)

    咲(私には胸はないけど……それでも体は、女の子なんだから……)

    咲「……」ギュ

    京太郎「っ!」ドキッ

    京太郎「さ、咲!?」

    咲「私は、京ちゃんのことが好き……」

    京太郎「え、いや……その……それは嬉しいんだが」

    咲「嬉しいんなら、なんで私のことも好きって言ってくれないの……?」

    京太郎「そ、それは……」

    咲「……それは、なに?」

    京太郎「えっと、その……」

    咲「……はぁ」

    咲「ふふ……ここだよね、たしか……」サワサワ

    京太郎「っ!」ビビクン

    咲「あ、なんか固い……どうしちゃったの、これ?」クス

    京太郎「さ、咲……! や、やめろって!」

    咲「ふふ……そう思うなら、なんで力ずくで止めさせないの?」

    京太郎「ぐっ……」

    咲「ほんとはしてほしいくせに……」スリスリ

    京太郎「ぅぁ……!」

    ふふ……男の子なんて、やっぱり単純だ

    咲「ふふ……これがいいの?」スリスリ

    京太郎「うぐ……っ!」

    京太郎(ダメだ……こんなことしちゃ……!)

    京太郎(自分の意思も通さず、なりゆきにまかせてこんなことさせて……)

    京太郎(一番最悪な……なさけねえパターンじゃねえか!)

    京太郎「さ、咲!」グイッ

    咲「きゃっ!」ドタンッ

    京太郎「す、すまん!」

    咲「……っ」

    京太郎「だ、大丈夫か……?」スッ

    咲「……ふふ、っ……はは……」

    京太郎「さ、咲……?」

    咲「……そっか、そうだよね……」

    ...スクッ

    咲「……ごめん、どうかしてたよ……私」

    咲「……」パッパッ ←スカート直し

    咲「……じゃあね、京ちゃん」

    スタスタ...

    京太郎「お、おい! 咲、どこに……!」

    咲「ん……お姉ちゃんの家」

    京太郎「いや、でもメシ……」

    咲「もう食欲失せちゃったよ……それに京ちゃんだって、いつまでもこんな私にいてほしくないでしょ?」

    京太郎「そ、そんなことは……!」

    咲「……ねえ、京ちゃん」

    京太郎「な、なんだよ……?」

    咲「中途半端な優しさは……逆に相手に辛い思いをさせるだけだよ……?」

    京太郎「……そ、それは……っ」

    咲「いっそ、嫌いって言ってくれた方が……まだ救いがあったよ」

    京太郎「ごめん……でも、俺は咲のこと嫌いじゃない。それは確かだ」

    咲「……」

    咲「そういうのが、相手を傷つけるっていうんだよ……」ボソッ

    京太郎「え……」

    バタンッ

    京太郎「……っ」

    京太郎「咲……」

    京太郎「くそっ……最低だ、俺!」

    京太郎「咲を傷つけちまった……それだけじゃない」

    京太郎「答えを言い淀んだせいで、あんなことまでさせて……」

    京太郎「ほんっと……最低だよ……」グッ

    京太郎「咲を追いかけたい……でも、今そうしたって許してくれるわけないし……」

    京太郎「なにより、今以上に咲を傷つけるだけだ……」

    京太郎「でもこのままにはしておけない……どうしたら……」

    京太郎「明日……誰かに相談してみるか……」

    京太郎「っく……こんなときまで、人頼みとは……」

    京太郎「つくづく情けない男だぜ……俺はよ」

    ―――――――――――――――――――

    翌朝

    スタスタ...

    京太郎(昨日はあんまり寝つけなかった……咲を傷つけた、罪悪感で……)

    京太郎(宮永先輩……照さんには、ちゃんと咲が家に着いてるかどうか確認しておいた)

    京太郎(事情は聴いてるだろうから、正直電話越しにコークスクリューかまされるかと思ったが……照さんはいつものように淡々と受け答えしてくれた)

    京太郎(照さんに相談でもしてみるかな……いや、でも……)

    京太郎(ここは関係ない、第三者に相談するのが筋だろ)

    京太郎(亦野さんや渋谷先輩はどうだろう……なんかあまり頼りにならなさそうだ)

    京太郎(やっぱりここは弘世先輩かな……)

    京太郎(淡は……なんだろ、役に立たないっていうのは百も承知だけど……)

    京太郎(それ以前に、今回のことに淡を絡めて考えると……なんかモヤモヤする。なぜかはわからんけど)

    京太郎(とりあえず、今日の放課後……先輩をどっかに呼びだすか)ポチポチ


    ―――――――――――――――――――

    放課後

    京太郎「終わった……さてと」

    京太郎(弘世先輩は、教室に直接きてくれって言ってたな)

    京太郎(あ、でもそれだと、同じクラスの照さんにも聞かれるかもしれないんじゃ……)

    京太郎(……まぁ、その時はその時か)

    スタスタ...

    京太郎(先輩方の教室は二階だよな……)

    3-C

    京太郎(……ここか)

    ...コンコン

    京太郎「失礼します、一年の須賀です」

    菫「ああ、入っていいぞ」

    ...ガララ

    京太郎「すみません……呼び出したりして」

    菫「かまわないよ。何か相談があるんだろう?」

    京太郎「はい……だけど」キョロキョロ

    京太郎「あれ……弘世先輩だけですか?」

    菫「なんだ、照も一緒の方が良かったのか?」

    京太郎「い、いえ……逆にそうじゃない方がありがたいなぁと」

    菫「そうなのか……まぁいい、とりあえずその相談ってのはなんだ?」

    京太郎「実は……(カクカクシカジカ」

    ―――――――――――――――――――

    菫「なるほど……それが昨日のことか」

    京太郎「……はい」

    菫「それで須賀……お前はどうしたいんだ?」

    京太郎「え……っと、それは……」

    菫「まさか、なんとなく私にどうにかしてもらおう……なんて甘い考えでここに来たんじゃないだろうな?」

    京太郎「ぐっ……」

    京太郎(た、たしかに先輩の言うとおりだ……)

    京太郎(俺は、先輩に相談すればどうにかしてくれるんじゃないかって、そう思って……)

    京太郎(くそっ……! なんだよ、全然ダメじゃねえか、俺!)

    京太郎「……っ」

    菫「図星か……?」

    京太郎「……はい、すみません」

    菫「はぁ……やっぱりな」

    菫「私は、お前はもう少し賢いやつだと思っていたんだが」

    京太郎「……返す言葉もないです」

    菫「まぁ、別に私はいいよ。お前がどうしたいか、それを決めるまで一緒に付き合ってやる」

    京太郎「せ、先輩……」

    京太郎(弘世先輩……やっぱり頼りになる人だ)

    京太郎「すみません、ありがとうございます……!」

    菫「礼は相談が無事終わってからにしてくれ」

    京太郎「……はい」

    菫「それじゃあカウンセリングを始めるが……」

    菫「いきなりどうしたいか考えろと言っても無理だろう。お前も昨夜はいろんなことがあって、気持ちの整理もついてないんだろうしな」

    菫「だから質問形式でいく」

    京太郎「質問形式……?」

    菫「ああ、私がお前の立場であればどう考えるか……それをシュミレートし、考えうる限りの決着点を模索してやる」

    京太郎「は、はい! お願いします!」

    菫「では、まず……お前はその子、照の妹さんをどう思っているんだ?」

    京太郎「それは……さっき言った通りです。友達以上としては見れません……」

    咲『ふふ……これがいいの?』スリスリ

    京太郎「……っ」

    京太郎(違う……! 俺は咲に、そういうのを求めていたんじゃない……!)

    菫「昨晩……なにか、あったのか?」

    京太郎「いえ……」

    菫「ふむ……それでは」

    菫「お前は妹さんと、よりを戻したいか?」

    京太郎「よ、より!?」ガタッ

    菫「友達として、だ」

    京太郎「あ、ああ……」ストン

    京太郎「そりゃもちろんそうですよ……あいつとの付き合いも長かったわけですし」

    京太郎(何より一緒にいて気が楽だった……そう、昨日までは……)

    菫「だが、彼女は長野に住んでいるんだろう? なら今後、接する機会もそう滅多にないはずだ」

    菫「それなら今の関係のまま、彼女に長野へ帰ってもらえば済む話ではないのか?」

    京太郎「そ、それは……! それは、あんまりですよ……」

    菫「なにがあんまりなんだ?」
    京太郎「さっきも言いましたけど、あいつとは中学からの付き合いなんです……」

    京太郎「咲の方はわからないけど……少なくとも俺は、あいつのこと大切な友達だと思ってます……」

    京太郎「だから、できるなら元の関係に戻りたい……戻って、また一緒に話せたら、それだけで俺……」

    菫「そうか……でも、彼女はそうは思わないだろうな」

    京太郎「……っ」

    菫「君を好きになってしまったのだから。そして、その君に拒絶されてしまったのだから」

    京太郎「……わかってます」

    菫「彼女との関係を戻したいというのは、結局はお前の独りよがりなんだよ」

    京太郎「……」

    菫「おそらく彼女の中では、君に拒絶された時点で君との関係は終わってしまったんだ」

    京太郎「……そ、そう……ですか」

    菫「だから、彼女のことはそっとしておいてやるのが一番なんだ」

    菫「今さら君に謝られたって、それはなにも生み出さないし」

    菫「好きだといってみても、彼女にとってそれは嘘に塗り固められた言葉の刃でしかない」

    菫「もっとも、君が本気で彼女のことを好きになったのなら話は別だが……違うのだろう?」

    京太郎「……はい」

    菫「……なら、残念ながら君にはもう彼女に対して何もすることはできないよ」

    京太郎「……っ」

    菫「……それでも、何かせずにはいられないか?」

    京太郎「っ! な、なにかできることが、あるんですか!?」

    菫「……あるにはある……だが、これは結局、自分自身のためのものでしかない」

    京太郎「俺自身のため……?」

    菫「自分の気持ちにケリをつけるってことだ」

    菫「彼女にも言われたんだろう? 中途半端な心が他人を傷つけるんだと」

    菫「彼女にしてやれることはもうない……しかし、彼女の前で誠実であろうとするならば、絶対にしなければならないことだ」

    京太郎(そうだ……今回の原因は、つまるところ俺の優柔不断さにあったんだ……)

    京太郎(咲を完全に拒否しきれなかった自分……それがあいつの傷口を大きくしてしまった)

    京太郎(なら俺は……そんな自分を、断ち切らなきゃいけない!)

    京太郎「……お願いします」

    菫「ああ、では最後の質問だ」

    京太郎「……」ゴクリ

    菫「お前には……好きなやつがいるか?」

    京太郎「……」

    京太郎(だよな……そうなるよな……)

    京太郎(でも俺には……特定の好きなやつなんて……)

    菫「私にはな……お前は、自分の恋に気付いてないように思えるんだ」

    京太郎「気づいてない……? 俺が、ですか?」

    菫「ああ、私の直感でしかないんだがな……」

    菫「ズバリ言うぞ。お前……淡のことが好きだろう?」

    京太郎「ええっ!? お、俺があいつをですか!?」

    菫「ああ」

    京太郎「ないです、絶対ないっ!!」ブンブン

    菫「そうか? 妹さんの話にも、淡のことが出てきたじゃないか」

    京太郎「いや、だからあれはですね……!」

    ...ガララッ

    ??「あー! ここにいたー!」

    京太郎「えっ?」

    ??「もう、きょうたろーにスミレ! 探したんだからねっ!」

    スタスタ...ギュム

    京太郎「ちょ、淡……!」

    淡「二人でなんの話してたのー? 私にも聞かせなさーい!」グイングイン

    京太郎「おい、ゆするなって!」

    菫「ふむ……」

    菫「実はな淡。須賀がお前に相談したいことがあるそうなんだが」

    京太郎「ちょ、先輩!?」

    淡「ええーっ! きょうたろーが私に相談!?」

    淡「なにそれちょー気になる!」

    京太郎「ね、ねえよ! 相談なんて!」

    淡「いいからいいからー! 私に何でも相談してみなさいっ!」エッヘン

    菫「じゃ、頼んだぞ。淡」

    淡「らじゃーっ!」ピシッ

    スタスタ...ガラッ

    京太郎「ひ、弘世先輩……!」

    淡「こーらぁ! 患者は逃げないの!」グイッ

    京太郎「ぐおぇ! ちょ、ネクタイ引っ張るんじゃねえ!」

    ガタン

    淡「それで、相談って?」キラキラ

    京太郎「……うっ」

    京太郎(ったく、なにが目的で先輩は……)

    京太郎(つーか俺がこいつのこと好きなわけ……)

    淡「んっ?」

    京太郎「っ!」ドキッ

    淡「なに~? ねえってば~」グイグイ

    京太郎「ちょ、こらやめろって!」

    京太郎(い、今のは不意打ちすぎた……いや、いくら不意打ちでも淡なんかにドキッとするか? 普通……)

    京太郎(実は……本当に俺は、知らない間にこいつのことが……)

    京太郎(いや、ないない! たまにかわいいとは思っても、それは小動物的な可愛さというか、いじると面白いっていうか……)

    淡「ねーねー!」

    京太郎(そう、妹みたいな感じなんだよ! 妹には恋愛感情なんて抱かねーだろ?)

    淡「ねーってばっ!」ボコッ

    京太郎「んぎゃ!」

    京太郎「痛ってー! 鼻が……! 鼻がつぶれた!」

    淡「もう、大げさだなぁ!」

    京太郎「てめえ、淡! なにしやがる!」

    淡「きょうたろーがいくら呼んでも返事しないからだよっ!」

    淡「相談事っていったい何なのさーっ!?」

    京太郎「相談事? あぁ……」

    京太郎「実は、俺がお前のこと好きなんじゃねーかって言われてよ」

    淡「えっ……」

    京太郎「ありえねーよなぁ……お前みたいなチンチクリンを好きになるだなんて」

    京太郎「まったく笑っちまうぜ、ははっ」

    京太郎「……お前もそう思うだろ、なぁあわ「……好きだよ」

    京太郎「……は?」

    淡「私、きょうたろーのこと好きだけど。てゆーか何度も言ったよ?」

    京太郎「えっ……いやいや、ウソだろ?」

    淡「嘘じゃないし。真だし」

    京太郎「……」

    京太郎(淡が……俺のことを好き?)

    淡「でも京太郎は私のこと好きじゃないんだ……ざーんねんっ」

    淡「きっと両想いだと思ったのにー」ムゥ

    京太郎「……」

    淡「でもいーんだっ! きっときょうたろーは私に振り向いてくれるんだって、そう思ってるからっ!」

    淡「だって、こんなに近くにいて私のナイスバヂーな魅力に気づかないわけないしさ!」

    淡「だからきょうたろーが振り向いてくれるまで、私は常に自分のかわいさに磨きをかけて日夜精進、頑張るのだ!」ニコッ

    京太郎「……っ」ドキッ

    淡「うわー! なんか恥ずかしいこと言っちゃったっ! 忘れて忘れて!」

    京太郎「……」

    京太郎(そうか……俺は、“こんな”淡に、いつの間にかずっと惹かれ続けていたのか……)

    京太郎(なんで……俺はこんなことにすら気づかなかったんだろうな……)

    京太郎(こんなんだから、他の誰を傷つけたりしちまうんだ……それに今、淡のことだって……)

    京太郎(弘世先輩、今やっとわかりました……俺の本当の気持ちが……)

    京太郎「あ、淡……」

    淡「んっ? なーに?」

    京太郎「……っ」ダキッ

    淡「うわっ!」

    京太郎「淡……ありがとう」

    淡「な、なにいきなり? どうしちゃったのきょうたろー?」

    京太郎「こんな俺を好きでいてくれて……ありがとう」ギュ

    淡「な、なんか京太郎に感謝されちゃった……でも嬉しいかもっ」

    淡「だって、京太郎の方から私のこと抱きしめてくれたの、初めてだもんねっ?」

    京太郎「はは……そういやそうだな」

    京太郎(淡の体……あったかくてやわらかい……)

    淡「きょうたろーは私のこと好き?」

    京太郎(もう、迷いはない……)

    京太郎「……あぁ、好きだ」ギュ

    淡「よしっ! きょうたろーのハートげっちゅ!」グッ

    京太郎「ふっ……なんだよそれ」

    淡「勝利のガッツポーズっ! 私がきょうたろーとの賭けに勝ったから!」

    京太郎「賭けしてたのかよ……」

    淡「うん! 誰も知らない、私だけが知ってる大きなギャンブルっ!」

    京太郎「ったく……そんなちんけなギャンブルで、いったいなにを賭けたんだよお前は」

    淡「ふふー聞きたいー?」

    京太郎「聞かなくてもどうせいうんだろ?」

    淡「あったりーっ! んじゃ教えちゃいまーっす!」

    京太郎「おう」

    淡「賭けたものは~……」スゥ

    京太郎「……っ」

    淡「んっ……」チュ

    京太郎「ん……っ……」

    淡「んん……ちゅ……」

    京太郎「……っ、ぷは……っ……か、賭けたものはこれか?」

    淡「へへ……うんっ! 私の愛、全部!」ニコッ

    京太郎「はは、そりゃまたでけえな」

    淡「あったりまえよー! 私の愛の大きさは計り知れないんだからっ!」

    京太郎「んじゃ、ギャンブルに勝ったお前には、それ相応の見返りが必要になるわけだな?」

    淡「んー、そっか! そうなるよねっ!」

    京太郎「……じゃ、それは俺が払うしかないか。えっとこういう場合なにで払えばいいんだ?」

    淡「私は私のラブ全賭けしたんだから、それの百倍くらい大きいのじゃなきゃイヤだよっ?」

    京太郎「んー、わかった。それじゃあ……」

    京太郎「俺はこれから、お前が今まで俺のことを好きでいてくれた分以上に、お前を大好きでいてやる……それでいいか?」

    淡「……うんっ! それでよし!」

    淡「絶対に約束やぶっちゃだめだよっ! わかった?」

    京太郎「わぁってるよ。お姫様」

    ギュ




    カン


-----------

    菫「ズバリいうぞ。お前……私のことが好きだろう?」

    京太郎「……へ?」

    菫「……///」カァア

    菫「な、なんでもないっ! 忘れてくれ!」←少し上ずった声

    京太郎「いや、あの……」

    菫「わ、私は用事を思い出した! 先に失礼させてもらうぞ!」ダダッ

    京太郎「ちょ、先輩!?」

    ビューン!

    京太郎「はええ……まるでアーチェリーの矢のようだ」

    京太郎「っていうか、相談は……」

    京太郎「ん、まぁあとは自分で考えろってことなんだろうな……うん」

    京太郎「誰が好きなのか、か……」


    ...スタスタッ

    菫「……っ///」

    菫(わ、私としたことが……思わず心にもないことを口走ってしまった……!)

    『私のことが好きなんだろう……?』ドヤァ

    菫「ああ、恥ずかしいっ! 忘れたい忘れたい!」グシャグシャ

    菫「……あっ!」

    ズテンッ!

    菫「いてて……」

    菫「……っ!」キョロキョロ

    菫(ふぅ……誰にも見られてはいない、か)

    ...ストン

    菫(はぁ……なにやってるんだろうな、私は)

    菫(須賀があんな相談を持ちかけてきたとき、正直私は断ろうかと思っていた)

    菫(だって私もあいつを……)

    菫「……っ///」

    菫「ば、ばかだよほんと……! なんでよりにもよってあいつなんかを!」

    菫「……っ」

    菫(……でも、仕方ないよな。自分の気持ちに嘘はつけない……)

    菫(私が須賀京太郎を好きになってしまったという事実は……少なくとも私にはもう、どうしようもないんだ……)

    ??「あれ、弘世先輩じゃないですか!」

    菫「……っ!」ドキッ

    菫(こ、この声は……!?)

    京太郎「どうしたんすか、こんなところで?」

    菫「す、須賀……」

    菫「お、お前こそどうしたんだ?」

    京太郎「俺は買い出しですよ。また照さんにお菓子頼まれちゃって」

    菫「そうか……あのあと部室に戻ったんだな」

    京太郎「ええ、そうです」

    菫「……っ、すまなかった。勝手にお前をほっぽり出して……」

    京太郎「いいですって。弘世先輩からは十分アドバイスがもらえましたし、とても助かりました」

    菫「そ、そうか……?」

    京太郎「そうですよ。俺、自分の本当の気持ちってやつ、ちゃんと見定めます」

    京太郎「それで、好きな人ができたときには、その人のことが好きだってちゃんと胸を張って言える男になるつもりっす!」

    菫「そうか……」

    菫(少しでも役に立てたんなら……よかったよ)

    京太郎「先輩の方は、もう用事済んだんですか?」

    菫「用事? あぁ……」

    菫(そういえばそんなこと言って出てきたんだっけか……)

    菫「まぁな。すぐに済むようなものだったし」

    京太郎「じゃあ一緒に買い出し行きませんか?」

    菫「……私とか?」

    京太郎「ええ、もしよければですけど。弘世先輩と二人で話す機会って滅多にありませんし」

    菫「……」

    菫(そうだな、ここは素直に誘いに乗ろうか……)

    菫「わかった。一緒に行こう」

    京太郎「はい!」


    ...スタスタ

    菫(須賀と二人きりか……)

    菫「……っ///」

    京太郎「……あっ、先輩」

    菫「わわっ、なななんだ!?」

    京太郎「膝のところ、少し破れかかってますよ。どうしたんですか?」

    菫「あぁ、これか……」

    菫(たぶん、さっき転んだときだな……)

    菫(でも、転んだなんて言うのは情けないし……ここは……)

    菫「さ、さっき木の幹に引っかけてな……うかつだったよ、はは」

    京太郎「木の幹ですか……林の中にでも入ったんですか?」

    菫「ん、まぁそんなところだ」

    京太郎「しかしけっこうひどいですね……直しましょうか?」

    菫「直すって……お前がか?」

    京太郎「ええ、道具さえあればすぐに直せると思いますよ」

    菫「そ、そうか。それなら……」

    菫(……いや待て。これじゃまるで、私ができないから須賀に頼んでいるみたいじゃないか! いやたしかにできないが……)

    菫(いずれにしろ、そんなのは私のプライドが許さん……!)

    菫「こ、これくらい自分でできる! 私をバカにするな」

    京太郎「そうですか? じゃあ、いいですけど」

    菫「……う、うむ」

    菫(……はぁ、なんで私はいつもこう強がってしまうのだろう)

    菫(素直に頼めばいいのに、そうできない……)

    菫(こういうとき、照や淡が羨ましく思うよ……)


    ―――――――――――――――――――

    ウィーン

    「いらっしゃいませー!」

    京太郎「んじゃ、ちゃちゃっと買いましょうか」

    菫「そうだな」

    スタスタ...

    京太郎「照さんはこれっと」ポイッ

    菫(お、このチョコレートおいしそうだな)

    京太郎「淡のやつも、なんか買ってかないとうるさいだろうしな。これでいいか」ポイッ

    菫(カントリー○ーム味か……すごく甘ったるそうだが、これはこれで興味あるな……)

    京太郎「弘世先輩はなにか食べたいものあります?」

    菫「え、あっ、いや……」

    京太郎「あぁ、それですか? おいしいですよね!」

    京太郎「んじゃそれも買いましょう」スッ

    菫「いや待て。要らんといってるだろう!」

    京太郎「でも、さっきすごく欲しそうにじーっと……」

    菫「み、見てない!」

    京太郎「うーん……ほんとですか?」

    菫「ほ、ほんとだほんと……!」

    京太郎「じゃあいいですけど……」スッ

    菫「……っ」

    菫(まただ……素直に欲しいといえばいいのに……)

    京太郎「……いや、やっぱり買いましょう」ポイッ

    菫「え……おい、待て。どうしてだ須賀!」

    京太郎「いや、これは俺がほしいから買うんですよ」

    菫「そ、そうなのか?」

    京太郎「ええ、そうです。それなら問題ないでしょう?」

    菫「う、うむ……たしかにな」

    京太郎「それじゃ精算してきますね」

    菫「あ、ああ」


    ―――――――――――――――――――

    ウィーン

    京太郎「よし、これであとは戻るだけですね」

    菫「そうだな」

    京太郎「あっ……そういえば、これどうぞ」スッ

    菫「ん? ……って、これはお前が欲しいといって買ったものじゃないか」

    京太郎「……先輩、いらないなんて嘘だったんでしょ?」

    菫「い、いや本当だ! 何を言い出すかと思えば……」

    菫「そもそもどうして私に嘘をつく必要があるんだ?」

    京太郎「そんなの知らないです。けど……」グイ

    菫「なっ……///」

    京太郎「先輩が欲しがってたのは間違いないと思ってますよ。俺の目はごまかせません」

    菫「ず、ずいぶん横暴な言い分じゃないか……何の根拠もなしに」

    京太郎「横暴でけっこうですよ。それで先輩が喜んでくれるんなら」

    菫「なっ……この、生意気なやつめ」

    京太郎「ついでに、途中で俺んち寄って、その膝のとこ直していきましょうよ」

    菫「それもいいといっただろう!」

    京太郎「じゃあ道具だけ貸しますよ。それならいいでしょう?」

    菫「ど、道具……いや、そんなのは自分の家で直すからいい!」

    京太郎「……先輩、ほんとに直せるんですか?」

    菫「なっ……! なんだその疑いのまなざしは! 直せるとも!」

    京太郎「じゃあ見せてください」

    菫「うぐっ……それは……」

    京太郎「はぁ……」

    菫「な、なんだそのあからさまな溜息は……」

    京太郎「先輩……疲れませんか?」

    菫「えっ…?」

    京太郎「そんなになんでも完璧であろうとしなくていいんですよ」

    京太郎「先輩はたいていのことなら何でもこなしますし、それはすごいことだと思います。けど……」

    京太郎「人間誰しも完璧なわけない。誰にだって得手や不得手があって……それに」

    京太郎「人の知らない、思いもしないような一面だってあります」

    菫「な、なにが言いたい……?」

    京太郎「先輩にもそういう一面があるんじゃないかって、俺は思うんです」

    京太郎「たとえば、いつもは気丈にふるまっていても、実は甘い物好きだとか」

    菫「なっ……!」

    菫(見透かされてる……なぜ!?)

    京太郎「先輩、俺が先輩のこと全然見てなかったって思ってます?」

    京太郎「先輩が俺ら部員をしっかり見ててくれたように、俺だって先輩のことずっと見てきたつもりですよ?」

    菫「な、ななな何を言ってるんだお前は……っ!///」

    京太郎「……先輩はドライに見えて、実はけっこう気にしいなところがある」

    菫「なっ……!」

    京太郎「先輩は何でもそつなくこなすと思われてるけど、実は陰で人一倍努力している」

    菫「や、やめろ……っ!///」

    菫(は、恥ずかしい……!)

    京太郎「そして……先輩は厳しそうに見えて、実際はやさしい」

    菫「はっ……!」ズキュン(ロン)

    京太郎「全部……俺が先輩をずっと見てきた中で感じたことです」

    菫「ぅう……お前、こんなことしてただで済むとは……」

    京太郎「思ってませんよ。だからお礼させてください」

    京太郎「先輩の制服、俺が直してあげるってのでどうですか?」

    菫「……っ///」

    菫「わ、わかったよ……それでいい」

    京太郎「はは、やっと素直になりましたね」ニコッ

    菫「……っ」プイッ

    菫(こ、こいつの顔をまともに見れん……!)

    菫「そ、それじゃ早く家へ案内しろ……///」

    京太郎「はい……!」


    ...スタスタ

    京太郎「……」

    菫「……」チラッ

    菫(まさか、こいつにあれほど見られていたなんて……)

    菫(気にしいなところも、陰で努力をしていることも……すべて図星だ。情けないことに)

    菫(だが、やさしいってのはなんだ……!? 私にはそんな心当たりは……)

    菫(それとも、私が気付いてないというだけで、須賀の目にはそう映ってくれたんだろうか……)

    菫「……っ///」

    菫(な、なにを嬉しそうに顔をゆがませてるんだ私は……!)

    京太郎「あ、着きましたよ」

    菫「は、はい!」

    京太郎「……どうしたんですか?」

    菫「ごほんっ……な、なんでもない。さあ、とっととあがらせてくれ」

    京太郎「さあ、どうぞ。レディーファーストです」ニコッ

    菫「……なんか今日のお前はいちいちムカツクな」

    京太郎「ええっ、なんですかそれ!」

    菫「な、なんでもないよ」

    ガチャ

    菫「ほう……一軒家とは聞いていたが、けっこう立派なもんじゃないか」

    京太郎「ええ、借り家にしてはけっこういいところに住まわせてもらってると思ってますよ」

    菫「そうだな……そういえばお母様は? ひとつ挨拶をさせてもらいたいのだが」

    京太郎「母ですか? いませんけど」

    菫「え、じ、じゃあお父様は……?」

    京太郎「俺の両親、共働きですよ?」

    菫「で、ではこの家には……」

    京太郎「俺……と先輩だけっすね」

    菫「……」

    京太郎「……?」

    菫「……帰るっ!」

    京太郎「ちょ、ちょっと待ってくださいよ!」

    菫「お前、もしかしてそういうのが目的で呼び出したのか!」

    京太郎「そ、そういうのってなんですか!?」

    菫「お前には失望した! 大いに失望した!」グググ

    京太郎「お、落ち着いてくださいって! とりあえずそのドアにかけた手を放して!」

    菫「わ、私をたぶらかそうとおもっているんだろう! 照の妹に引き続いて、まったくお前というやつは……!」

    京太郎「ご、誤解ですってー!」

    (5分間の押し問答の末)

    菫「……」プイッ

    京太郎「い、いい加減、機嫌直してくださいよー」

    菫(まったくこいつは……自覚がないのかっ)

    菫(自分が周りの女子からどういう風に見られているのか……)

    菫(ほんと最悪のたらしだよ……お前は)

    京太郎「と、とりあえずお茶入れてきますね」

    菫「……」スクッ

    京太郎「逃げないでください」

    菫「……ふんっ」ストン

    ―――――――――――――――――――

    京太郎「はい、どうぞ」

    菫「い、いただきま……じゃなくて」

    菫「いただいてやる……」ズズ

    京太郎「あはは……どうですか?」

    菫「ん……」

    菫(こいつはどこで覚えたんだか……お茶の入れ方が異常にうまい)

    菫「ま、まぁまぁだな……」ズズ

    京太郎「そうですか。よかったです」

    京太郎「それじゃ、さっそく直してあげますね」

    菫「ん……あぁ、頼むぞ」

    京太郎「……んじゃちょっと失礼して」スッ

    ボカッ

    京太郎「いたっ!」

    菫「な、なななななな……!///」

    菫「何をしようとしてるんだお前はっ!///」

    京太郎「いやだから膝の部分を縫い直そうと……!」

    菫「お前、だからと言っていきなりスカートの中に手を突っ込むやつがあるかぁ!」ボカッ

    京太郎「ご、誤解ですって!」

    菫「はぁ、はぁ……」

    京太郎「そ、そんじゃ、少したくし上げてくださいよ!」

    菫「……今度は何をたくらんでる」

    京太郎「何も企んでません」

    菫「……」

    菫「こ、これでいいか……?///」スッ

    京太郎「ええ、オッケーです」

    ...スチャスチャ

    菫(まったく……デリカシーのないやつめ)

    菫「……しかし、ムダに器用だよな。お前」

    京太郎「ムダ、は余計ですよ」

    菫「いーや、ムダだよ。その才能が、どうして麻雀の方に向かなかったんだろうな、ほんと……」

    京太郎「み、耳が痛い……」

    京太郎「……でも、俺はムダだなんて思ってませんよ」

    京太郎「これのおかげでこうして今も、先輩の役に立ててるわけですし」

    菫「ま、またそうやってすぐ……」

    京太郎「ほんとのことですよ」

    菫「……っ///」プイッ

    ...スチャスチャ

    ―――――――――――――――――――

    京太郎「……はい、できました」

    菫「あ、あぁ……」

    京太郎「どうですか?」

    菫「ま、まぁまぁじゃないのか……? お前にしては」

    京太郎「はは、最大限の褒め言葉として受け取っておきます」

    京太郎「それじゃ、そろそろ帰りましょうか。照さんも待たせてることですし」

    菫「ん……あぁ、そうだな」

    菫「……」

    京太郎「……どうしかしたんですか?」

    菫「いや……」

    菫(も、もっと……二人で話していたい、なんて)

    菫「……っ」

    菫(言えるわけない、よな……)

    菫「なんでもないよ。帰ろう」

    京太郎「はいっ」


    ―――――――――――――――――――

    ガチャ

    京太郎「ただいま戻りましたー」

    菫「……」

    淡「おっそーい!」バンッ

    京太郎「いてえっ! てめえなにしやがる!」

    淡「きょうたろーが遅いのが悪いんだよっ!」

    淡「ほら見てよ! テルーがもう人の姿を保てなくなってるっ!」

    照「……ぉか、し……」

    京太郎「うわ、大丈夫っすか!? 照さん!」

    京太郎「今お菓子あげますからねっ」ガゾゴソ

    照「き、京……ちゃ……」

    淡「早く、早く!」

    京太郎「よ、よし……はいこれ!」グッ

    照「もがもがっ……」

    淡「テルー……生きかえってっ!」

    照「……っ!!」ピキーン

    照「……復活」

    京太郎「よ、よかった……」

    淡「やったー! テルー!」ダキッ

    照「……あ、ありがと……京ちゃん」ボリボリ

    京太郎「いや、いいってことですよ……遅れたのは俺が悪いんですし」

    菫「……」ボー

    淡「そういえば、きょうたろー。なんでスミレと一緒に帰ってきたのっ?」

    菫「っ!」

    京太郎「いや、買い出し行くときに偶然会ってな。それで一緒に」

    淡「へえー、じゃあなんで遅れたのー?」ニヤニヤ

    京太郎「は……?」

    淡「買い出しにしてはみょーに長かったからさっ」

    淡「なーんか二人でよろしくやってるのかなーっと」プクク

    菫「ば、ばか! そんなのあるわけないだろ!」

    京太郎「そ、そうだよ! 何言ってんだよお前!」

    淡「ふーん、ならいいけどさーっ!」

    京太郎「はぁ、ったく……」

    京太郎「淡のやつなに考えてんすかねえ……?」クルッ

    菫「……っ!///」プイッ

    京太郎「……?」


    ―――――――――――――――――――

    照「……それじゃ、先に帰ってるから」

    淡「まったねー!」ブンブン

    尭深「……お疲れ様です」

    京太郎「はい、また明日」

    京太郎(てか、渋谷先輩いたのか)

    ワーワー

    京太郎「先輩は仕事が残ってるんですよね?」

    菫「ん……まぁな。だからお前も先に帰って……」

    京太郎「俺も手伝いましょうか? もしできることがあるなら」

    菫「なっ……いいよ! そんなの!」

    京太郎「でも、先輩に全部まかせっきりで変えるのも忍びないですし」

    京太郎「何かあるなら手伝わせてください」

    菫「……っ」

    菫「そ、それじゃ……頼めるか?」

    京太郎「もちろんですよ!」ニコッ

    菫「……っ」

    菫「じ、じゃあそこの牌譜の整理を頼む」

    京太郎「了解です!」

    菫「あぁ」

    京太郎「……」サッサッ

    菫「……」

    菫(またこいつと二人きりになってしまった……)

    菫(いや、今回のは完全に私が仕向けたことだ。こんな雑用、今でなくても全然いいわけだし……)

    菫(私は……こいつと一緒にいたいと思ってる。それはもう、ごまかしきれるものじゃない)

    菫(私は好きなんだから……こいつのことが……)

    菫「……っ///」

    菫(……なんだろう……今この瞬間を逃したら、この気持ちは一生伝えられそうにない気がする)

    菫(……でも、この気持ちを伝えて……私はどうしたいんだ?)

    菫(須賀が私を好きだなんてことは、万に一つもあり得ない……)

    菫(それに、こいつは昨日同じようなことを経験してるんじゃないか)

    菫(せっかく気持ちの整理をつけようとしているのに、そこへ私がちゃちゃを入れたら、ますますこんがらがってしまうだけだ……)

    菫(それでは、私がしたアドバイスもすべて無駄になる……)

    京太郎「……」サッサッ

    菫「……」

    菫(だが、本当にそれでいいのか……?)

    菫(本当に私はそれで、納得できるのか……?)

    京太郎『先輩……疲れませんか?』

    京太郎『はは、やっと素直になりましたね』ニコッ

    菫(そうだな……私はいままで自分を律しすぎていたのかもしれない)

    菫(完璧な理想を追い求めて、嘘をつき、偽り続けていたんだ)

    菫(一番の親友である照にさえ、本音をさらしたことはあまりない)

    菫(けど、こいつと話してみて思ったこと、それは……)

    菫(もっと素直になってみたい、もっと本音を吐き出したい……! そういったことだった)

    菫(たとえその結果、私が須賀のことを困らせるようなことになっても……)

    菫「……っ」

    菫(はぁ、結局人ってのは自己中な生き物なんだな……)

    菫「……須賀、少しいいか?」

    京太郎「はい、なんです?」

    菫「……さっき教室で、私はお前に『好きなやつはいるか』と聞いたよな?」

    京太郎「え、ええ」

    菫「……あれの答えを、もう一度聞かせてほしい」

    京太郎「……そ、それは」

    菫「……っ、須賀……私は」

    菫「……っ///」

    菫(いけ……私っ)

    菫「お前のことが、その……好きかもしれない」

    京太郎「え……」

    菫「……だ、だから……っ///」

    菫「お、お前の方はどうなのか……それだけ聞かせてほしい」

    菫(返答は……わかってる……)

    菫(けど、それでも……お前の口からききたいんだ……)

    菫(今ならわかる……照の妹さんの気持ちが)

    京太郎「俺は……その、俺も……っ」

    菫「っ!」

    京太郎「先輩のこと……好きかもしれない、です」

    菫「なっ……でも、お前好きな人はいないって!」

    京太郎「その、さっきまではそうでした……いやそうだと思ってました、けど……」

    京太郎「今日一日……短い間ですけど、先輩とたくさん話をして……思ったんです」

    京太郎「俺は、この人のことが好きなんじゃないかって」

    菫「な、なんだそれ……そんなの……」

    京太郎「嘘の気持ちだっていうんですか……?」

    菫「……っ」

    京太郎「……でも違いますよ、少なくとも今は」スッ

    菫「……ひっ!///」

    菫(す、須賀の……手が……)

    京太郎「もう一度言います……俺、先輩のことが好きです」

    菫「……っ///」

    菫(ほんと……卑怯だよ、お前は)

    菫(そうやって言われたら、信じるしかなくなるじゃないか……)

    菫「こ、こんな……こんな私でも……好きでいてくれるのか?」

    菫「わ、私は……全然素直じゃないぞ? い、意地っ張りだぞ? 神経質だぞ? それでも……」

    須賀「それでも、好きですよ。ていうか、そんな先輩だからこそ、好きでいられます」

    菫「……っ///」

    菫「お、お前……ほんと生意気だなっ」

    京太郎「はは、すみません……」

    菫「だけど……私も、そんなお前だからこそ、好きでいられるのかもしれない」

    京太郎「……うれしいっすよ」

    菫「……うん」

    京太郎「あの……先輩」

    菫「……なんだ?」

    京太郎「これからは、先輩じゃなくって……菫さん、って呼んでもいいですか?」

    菫「す、すすすスミレさん!?」

    京太郎「ええ、なんというかその……弘世先輩だとなんか距離感あって」

    菫「……っ、私は別にかまわないが……いいやかまうが!」

    菫「というかそれは……照たちの前でもか?」

    京太郎「? ええ、もちろんです」

    菫「な、なんか恥ずかしいな……///」

    京太郎「す、すぐなれますよ! ていうか俺だっていうの恥ずかしいですよ!」

    菫「じ、じゃあ! わ、私も付き合ってやる……」

    京太郎「えっ?」

    菫「お、お前のこと……これからは京太郎って呼んでやる……っ///」

    京太郎「……はい! お願いします!」

    菫「う、うん……///」

    京太郎「じゃあ、これからよろしくお願いしますね。菫さん」

    菫「あ、あぁ……よろしくすg……き、京太郎っ///」

    京太郎「えへへ……」

    菫「……っ///」

    京太郎「じ、じゃあ仕事終わらせちゃいましょうか!」

    菫「あ、うん……」

    京太郎「……よしっと」サッサッ

    菫「あ、あの……! き、京太郎……」

    京太郎「っ! な、なんですか?」

    菫「えと……その、だな……」

    菫「……っ///」

    菫「と、隣……座ってもいいか……?///」

    京太郎「えっ……」

    京太郎「ええ! もちろんっすよ」ニコッ

    菫「……う、うんっ」スタスタ

    京太郎「ほら、ここどうぞ」

    菫「ち、近すぎないか……!? これじゃ仕事に集中できんぞ……っ」

    京太郎「せ、先輩が言い出したんじゃないですか!」

    菫「それはそうだが……っ」

    京太郎「ていうか、先輩やっと素直になったんすね。自分から『隣に座りたい』とか言い出すなんて」

    菫「な……っ! だ、黙れっ! この、この!」

    京太郎「い、痛いですって! 先輩!」

    ワーワー

    菫「……ふふ」ニコッ

    菫(……京太郎となら、少しは自分に素直になって生きていけるかもしれない)



    カン


-----------

    京太郎(くそっ……あいつを傷つけちまった)

    京太郎(それだけじゃない……答えを言いよどんだせいで、あんなことまでさせて)

    京太郎(最低だ……俺)

    京太郎「……」

    京太郎(どうする……このままでいいのか)

    京太郎(よくない……けど、咲を追いかけたところで、余計にあいつを……)

    京太郎(いや、ここであいつを追いかけなかったら、俺はきっと後悔する……!)

    京太郎(あれこれ考えるのなんて、俺には似合わねえ……行動あるのみだ!)

    ダダッ

    京太郎「待ってろ……咲!」


    ―――――――――――――――――――

    ...トボトボ

    咲「……っ、ぇ……」ポロポロ

    咲(最低だよ……私)

    咲(いくら振り向いてもらえないからって……あんな汚いマネするなんて)

    咲(そりゃあ、京ちゃんにも好きになってもらえないわけだよ……っ)

    咲(それに……最後の最後に交わしたのが、あんな私の独りよがりな言葉だなんて……)

    咲(なんなんだろう……私。なにがしたいんだろう……)

    咲(みっともないよ……ほんとに)

    咲「……っ、ひっく……」

    「おーい! 咲ーーーっ!」

    咲「えっ……」

    「はぁ、はぁ……やっと追いついたぜ……っ」

    咲「き、京ちゃん……」


    京太郎「あんまり遠くに行ってなくてよかったよ」

    咲「な、なんできたの……」

    京太郎「そ、そりゃお前……」

    京太郎「あんな状態で、お前をほっとけるやつがいるかよ……」

    咲「……っ、なにそれ」

    京太郎「えっ」

    咲「私をこんなにしたのは、京ちゃんでしょっ!」

    咲「……っ、えっく……」ボロボロ

    京太郎「ご、ごめん……咲」スッ

    咲「触らないでよっ!」パシンッ

    京太郎「……」

    咲「……っ、ぅう……」


    京太郎(くっ……どうすれば)

    京太郎(俺には何もしてやれないのか……)

    咲「……っ、帰ってよ」

    京太郎「……」

    京太郎(でも、ここで帰ったら、こうして咲を追いかけてきた意味がねえ……)

    京太郎(なんとか……なんとか咲に話を……)

    京太郎「咲……さっきはほんとに悪かった。お前の気持ちも考えず……」

    咲「……」

    京太郎「俺は……まだよくわからねえ、咲のことどう考えたらいいのか……」

    京太郎「でも、今泣いてるお前を放っておけない……それだけは確かだ!」

    咲「……っ」

    京太郎「だから……ひとまず俺んちに戻ろうぜ。ここじゃ風邪ひくだろ」

    咲「……」


    ―――――――――――――――――――

    京太郎「ただいま」

    咲「……」

    京太郎「咲、お前風呂入るか?」

    咲「な、なに言いだすの急に……」

    京太郎「いや、お前もいろいろあって心落ち着けたいだろうしさ」

    京太郎「風呂でも入ればすっきりするかなって」

    咲「……エッチなこととか、考えてないよね?」

    京太郎「か、考えてねえよ!」

    京太郎「俺は俺で、食事の後片付けでもしながら頭冷やしとくからよ」

    咲「……わかった。入ってくる」

    京太郎「ああ」

    スタスタ...バタン

    京太郎(俺もちゃんと、どうしたいのか考えねえと……)


    ―――――――――――――――――――

    ジャー

    京太郎「……」フキフキ

    京太郎(俺は、咲のこと……女として見てなかった)

    京太郎(でも、さっきのこともあって……咲が本気で、その……俺のことが好きなんだってことが分かった)

    京太郎(咲の中ではもうとっくに、俺は“ただの友達”じゃなくなってたんだ)

    京太郎「……っ」

    京太郎(じゃあ、俺の方は……どうだ?)

    京太郎(今でもあいつを……ただの友達でしかないと言い切れるか?)

    京太郎(俺はいったいどうしたいんだろう……?)

    京太郎(……)

    京太郎(俺は、あいつを悲しませたくない……あいつの泣いてる顔なんて見たくない)

    京太郎(……それは、友達だからか? それとも、それ以上の気持ちがあるからか……?)

    京太郎(わからねえ……俺には……)


    ―――――――――――――――――――

    バタン

    咲「……あがったよ」

    京太郎「あぁ、おかえり」

    咲「……」

    京太郎「まあ、ここに座れよ」

    咲「……うん」ストン

    京太郎「……」

    咲「……」

    京太郎「……あのさ、咲。俺、考えたんだ」

    咲「……なにを?」

    京太郎「俺はどうしたいのか」

    咲「……京ちゃん」

    京太郎「なんだ?」

    咲「京ちゃんはやさしいから……たぶん、私のことを傷つけたくないって思ってると思う」

    咲「でも、傷つけたくないからって理由で好きになってほしいなんて、私は思わない……思えないよ」

    京太郎「咲……」

    咲「私も考えた……自分がどうしたいのか」

    咲「私はもう、京ちゃんのこと忘れたい……」

    京太郎「なっ……」

    咲「だって、京ちゃんのこと考えるの……苦しいから……っ」

    咲「好きになってもらえないんなら……一緒にいるだけで……それだけで辛いから……っ」

    京太郎「……っ」

    咲「私はたぶんすっごく意地が悪くて、ワガママなんだと思う……」

    咲「普通なら、好きな人と一緒にいられるだけで幸せだと思うはずなのに……私にはそれができない……っ」

    咲「私は独占したいんだよ、京ちゃんを! 京ちゃんを私一人だけのものにしたい! 他の子と一緒にいるのなんて嫌なの!」

    京太郎「咲……」


    咲「……でもそれはできないってわかった……もうわかったんだ」

    咲「だから、これ以上私が“嫌な奴”になる前に……っ」

    咲「……っ、京ちゃんのこと……もう忘れさせて」

    京太郎「……っ」ガタン

    咲「えっ……」

    ダキッ

    咲「ひぅ……き、京ちゃん……?」

    京太郎「俺は……っ! 俺は咲のこと、忘れたくなんかねえよ!」

    咲「……っ」

    京太郎「俺の……俺の方こそワガママだ……っ」

    京太郎「咲のことを傷つけたくないといいつつ、答えをはぐらかして、傷つけて……」

    京太郎「俺……咲のこと好きなのかそうじゃないのか……それだけを考えてた」

    京太郎「でも思ったんだ……答えはそれだけなのかって」

    京太郎「俺の中で不変なのは……お前と一緒にいたいっていうこの気持ちだ」

    京太郎「それが世間でどういう言われ方をしているのかわからない……」

    京太郎「もしかしたら、それも単なる“友達としての好き”の範疇なのかもしれない」

    京太郎「だけど、俺が自信を持って言えるのってそれだけなんだ」

    京太郎「俺はお前といたい……ずっと一緒に」

    京太郎「……咲の方は、どうだ?」

    咲「……っ」

    咲「わ、私だって……っ」

    ギュッ

    咲「私だって、京ちゃんとずっと一緒にいたいよっ!!」


    京太郎「そっか……ありがとう」

    咲「ぅ……ひっく……」

    京太郎「ごめん、こんな卑怯な言い方しかできなくて……」

    咲「いい……いいの……っ」

    咲「私には……私にはそれだけで、すごい宝物だよ……?」

    京太郎「……ありがとう」ギュ

    咲「……っ」

    京太郎「いつか、ちゃんとお前に『好きだ』って、自信を持って言いたい」

    京太郎「それまで、一緒にいてほしい……頼めるか?」

    咲「うん……」ゴシゴシ

    咲「よ、喜んで……っ!」ニコッ



    カン