京太郎「ふひー…」ダラーン

咲「あったかいねぇ…」グデーン

和「部活も重要ですが…こう寒いと…」ヌクヌク

まこ「まぁたまにはええじゃろう…」ズズー

ガラッ

優希「うぶるるる…寒いじぇ…」フルフル

咲「あ、優希ちゃん」

和「こんにちは、ゆーき」

まこ「遅かったのぅ。ま、部活が出来るような状態ではないが…」

優希「み、皆ずるいじぇ!私だってコタツに…コタツに…」ウロウロ

咲「ごめん優希ちゃん…優希ちゃんの場所は…」

優希「なん…だと…?の、のどちゃんは…」

和「ごめんなさい離れたくないんです」

まこ「すまんの…じゃがベッドが空いているじゃ」久「空いてないわよ?」モソッ「おったんかい」

久「ドッキリ的な…と言うわけで悪いわね優希」

優希「なんと…世界は…私を見放したのか…」ガクッ

京太郎「…しょうがねーな…ほら、こっちこい」バサッ

全員「!?」

優希「いいのか!?」

京太郎「俺も出たくないからお前は膝の上になるけど…それで良いなら来いよ」

優希「ありがたいじぇ京太郎!」モソモソ

咲「まっ優希ちゃ…ここ替わるか和「いえ私が!」」

京太郎「うぉっ…どうしたんだよ二人とも…もうおせーけどさ…」

優希「ぶぁ~…極楽だじぇ~…」ホコホコ

咲「ぐぬぬ」

和「ぐぬぬ」

まこ「これは…」

久「面白くなってきたわねー」モソモソ


優希「なー京太郎ー」ダルーン

京太郎「んー?」

優希「みかん食わせてくれー」

京太郎「んー…しょうがねーな…」ムキムキ

咲「!?」

和「ぎりぎりぎり」

まこ「」キラーン

久「」ニヤニヤ

京太郎「ほれ、あーん」

優希「はむっ…んー♪」モキュモキュ

咲「ぅぐぐ…」チナミダ

和「」ゴンッ ゴンッ

京太郎「和!?急にテーブルに頭ぶつけてどうした!?」

和「い、いえ…少し前の自分の選択に後悔していただけです…」ズキズキ

京太郎「何かよくわからんが大丈夫か…?相談なら乗るぞ?」

和「あ、ありがとうございます…」

まこ「ククッ……」プルプルプル

久「…………!!」ボフボフボフ

咲「和ちゃん…」ホロリ

清澄のコタツな1日

カンッ


続き書いた
本当は和に蜜柑をあーんとかしたかったけど際限なくなるので削った