自分にとって、最も都合のいい相手を見つける。

それはやっぱりいけないことなんだろうか。

俺は今、原村和に恋をしている。

だっておっぱいでかいから。

それに可愛い。

麻雀は超強いし、料理だって上手い。

箱入り娘な所もまたいい。あんなことやこんなことを色々教えてあげたくなる。

しかし現実は厳しい。

和は男子にも女子にも大人気だからライバルが多い。

そのうえ当の本人は俺が部活に連れてきた咲にゾッコンと来た。

正直色々と複雑である。

問題はまだある。優希が和に構われにくくなったので、俺によく絡んでくるようになったのだ。

かなりうるさい。

よく俺のことをパシリにするし、いちいち偉そうな物言いをする。

後、セックスアピールとかもしてくる。タイプじゃないし止して欲しいのに。

それでも見てくれはいい方だから突っぱねるのも結構心苦しい。

だけど俺にも意地がある。

決して貧乳の誘惑に屈してはならないのだ。

そう、決して。



「きょーたろー、もっと衣と一緒に遊んでくれ」

合法ロリがあざとく誘ってきても、

「お姉さんが優しく麻雀を教えてあげるのですよー」

なんかもう色々アウトな巫女さんが迫ってきても、

「一緒に山へ登ろうよ、京太郎!」

ジャージ一張羅の女の子が迫ってきても、絶対貧乳なんかに負けたりしない!



須賀京太郎…彼は小悪魔たちの誘惑に負けず、巨乳と無事お付き合いできるのだろうか?

そもそも何故貧乳にばかり懐かれやすくなったのか…謎は尽きない。

つづかない。