心があるから、軸がぶれるのだ。

ならば心など捨てればいい。

思考と論理さえしっかりしていれば、良い麻雀が出来るのだ。

事実私は、IM個人戦の覇者になれたのだ。

だからこの結論は正しい。

絶対に正しい。

麻雀を打つ理由に心は要るが、麻雀を打つことそのものに心は要らないのだから。


(…どうして和はああも無感情だったんだろう)

須賀京太郎はそんな事を考えていた。

彼の知る限り、原村和は沈着冷静という言葉がよく似合う人物である。

しかし決して無感情な訳ではない。

咲のプラマイゼロには強く憤っていたし、少なくとも麻雀に関しては非常に感情的なのだから。

県大会では、誰に憚る事なくガッツポーズまでしてみせた。

初めて見る回転寿司に興味津々だったその様は、年端のいかぬ子供を想起させたほどだ。

…そんな彼女を知る京太郎が、彼女を無感情などとは思えるはずもなかった。

だからこそ、あの二回戦には少なからず戸惑っていた。

京太郎のみならず、清澄高校麻雀部の全員が。

誰一人として、それを表に出す事はなかったのだけど。


「…ちょっといいですか?」

京太郎は不意に声をかけられた。

振り返ると、ジャージ姿の少女が悲しげな表情でこちらを見ていた。

少女の名は高鴨穏乃。

見間違えるはずもない。あんな姿で往来を堂々と振舞う人間などそうはいない。

(そう言えば、この人と和って昔なじみだったよな…だから変な格好してるのか?)

「…何か、失礼な事考えてません?」

「い…いえ、そんな事はないですよ。えと、俺に何の用ですか?」


「――和は、どうしてあんな風になってしまったんですか?」


そんなことはこちらが聞きたい、京太郎はそう思わずにいられなかった。