怜は重い病気と闘っていたが、死期を悟って京太郎を枕元に呼んだ。
その時、怜娘ちゃんはまだ2歳。
「あんな、怜娘のためにビデオを3本残してくから。1本目は、怜娘の3歳の誕生日に。
2本目は小学校の入学式に。そして3本目は…○○○の日に見せてあげたってや」
まもなく、怜娘ちゃんのママは天国へと旅立った。
そして、怜娘ちゃんの3歳の誕生日。1本目のビデオがかけられた。
(ビデオからつないだテレビ画面に、病室のママが映し出される)
「怜娘ちゃん、お誕生日おめでとう。ママ、うれしいなぁ。でもママはな、テレビの中に引っ越したんや。
だから、こうやってしか会えない。パパの言うことをよく聞いて、おりこうさんにするんやで。そしたら、ママ、また会いに来るからな」
怜娘ちゃんの小学校入学の日。2本目のビデオ。
「怜娘ちゃん、大きゅうなったなぁ。おめでとう……。ホンマ、うれしいわ。どんなにこの日を待っていたか。
怜娘ちゃん、ちゃんと聞いてや。ママが今住んでいるところは、……天国なんや。だから、もう会えない。
でもな、パパのお手伝いがちゃんとできたら、ママ、もう一回だけ、会いに来るから。じゃあ、魔法をかけるで。
1、2、3、ダブル! ほうら、怜娘ちゃんは料理や洗濯ができるようになりました。ぱちぱち~ほなまたなー」
そして3本目のビデオ。そのタイトルは、こう書いてあった。
新しいママが来た日の怜娘ちゃんに
そして怜娘ちゃんが10歳の時、パパは再婚し、新しいママが来た。
3人いっしょに、3本目のビデオを見つめた。
なつかしいママの顔が映し出された。
「怜娘ちゃん、おうちの仕事、ようがんばったね。えらかったねぇ。
でも、もう大丈夫や。新しいママが来たんやから。
……
怜娘ちゃん。今日でホンマにお別れや。
……
怜娘ちゃん、今、身長どれくらいかなぁ?ママにはよう見えへん。
(泣き崩れ、カメラを抱え込む姿が映る)
ウチ、もっと生きたい…。
あんたのために、おいしいものいっぱいつくってあげたい…。
あんたの成長を見つめていたい…。
…………。怜娘ちゃん、これがママの最後の魔法や。
それは、『ママを忘れる魔法』。
ウチのことは忘れて、パパと、新しいママと、楽しい暮らしをつくっていくんやで。
ほな、魔法かけるで…………。1、2、3、トリプル!」
そこでビデオは終わった。
しかし、怜娘ちゃんに、この魔法は効かなかった。
京太郎と、竜華にも効かなかった。
怜は、みんなの心の中に、ずっとずっと残っていた。