咲「ねえ、京ちゃん」

京太郎「ん?」

咲「あなたは今、幸せなの?」

京太郎「…幸せだよ。多分」

咲「多分だなんて言わないで。はっきり幸せだって言ってくれなきゃ私、不安なの」

京太郎「そう言われてもな…こればっかりはどうしようもないしさ」

咲「上手く麻雀を打てないのが辛いから?」

京太郎「俺はズブの素人だしそれは仕方ない。でもさ、気付いちまったんだよ」

咲「?」

京太郎「全国制覇の喜びを、麻雀打ちとして共感できない自分にさ」

咲「あ…」

京太郎「今後間違いなく、ウチに女子部員は沢山やって来るだろうさ」

京太郎「けど男子部員は増えやしない。所詮は県予選落ちの男が一人いるだけなんだし」

咲「で、でも諦めなきゃきっと何とか」

京太郎「少なくとも今の俺は、そこまで麻雀に精力的にはなれねえよ」

咲「…」ションボリ

京太郎「咲?」

咲「…京ちゃんは…京ちゃんは、麻雀が楽しくないの?」ウルウル

京太郎「いや、楽しいけど」シレッ

咲「へ?」キョトン

京太郎「でも初心者の好きじゃたかが知れてるし、どうせならもっと上手くなってから先を考えたいなーって」

咲「え、ええと」アワアワ

京太郎「だからさ、俺が麻雀上手くなれるよう手伝ってくれねえかな?」

咲「…うん、分かった!」カタカタカタカタ...

京太郎「あれ…お前携帯使えたっけ?」

咲「和ちゃんに色々教えてもらったからね…うん、これでよし!」

京太郎「一体どこに連絡したんだ?」

咲「衣ちゃんとお姉ちゃん。明日は休みだし、めいっぱい麻雀楽しもうね!」

京太郎「」


カン!