836 名前:名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/12(木) 02:57:25 ID:jMvk+7Xv
京「あー、課題忘れて居残りなんてツイてないよなぁ……こんな時間になっちゃったけどまだ部活やってるかな……」

    ワーワー!
ニャー!ニャー!

京「お、まだやってるみたいだけど……なんか騒がしいな……」

    がちゃ

京「おつかれ~っす。すいません、遅くなっちゃって……って……咲?」
咲「あ、え!?きょ、京ちゃん!?ちょ、や、やだ、見ないでにゃ!」
優「おー犬!遅いじぇ!何やってたんだじぇ!」
久「あら須賀君。いい所に来たわね」
京「いい所にって……なんで咲がネコ耳なんて着けてんですか?それに……なんか語尾が……」
咲「う~~///」
和「宮永さん……かわいいです宮永さん……ハァハァ」
久「ちょっと和は落ち着きなさい。実はね……」


837 名前:名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/12(木) 02:58:48 ID:jMvk+7Xv
~回想開始~


久「今日の練習はちょっと趣向を変えてみましょうか」
和「……いきなり何ですか?」
久「最近ちょっと刺激が足りないと思うのよね。いくら仲間内とは言え、適度な緊張感は必要だわ」
咲「そ、そんなものですかね?」
まこ(そんなこと言って、ホントは最近退屈しとるだけなんじゃろうなぁ)
優「趣向を変えるって、なにするんだじぇ?」
久「そうねぇ……東南戦をやって最下位だった人に罰ゲームってのはどうかしら?」
和「罰ゲームって……そんな子供じみたこと……」
久「問題はどんな罰ゲームにするかってことだけど……そうだ!これを付けてもらいましょう!」
咲「それって……」
優「おー!ネコ耳だじぇ!」
和「!?(も、もし宮永さんが最下位になったら……アレを宮永さんが着ける……と……)」
久「いや~、まこの店から拝借して来たけど使いどころが無くて持て余してたのよね~」
まこ「いつの間に人の店から……」
久「う~ん、でもそれだけじゃ芸が無いから、部活が終わるまで語尾に『にゃん』って付けてもらおうかしら」
和「すぐに始めましょう!」
久「おぉ、和もノッてきたわね。じゃ、始めましょうか」

和(でも宮永さんを最下位にするなんてどうすれば……かなり苦しいですが、宮永さん狙いでロンしていきますか……)

優(あれを着ければ京太郎に可愛いって言ってもらえるかもしれないじぇ!よーし、頑張って最下位を狙うじぇ!)

咲(な、なんか原村さんと優希ちゃんずいぶん気合入ってるなぁ……まぁ、あれを着けるのはちょっと恥ずかしいもんね。とりえあず最下位にはならないように……)

久(和が思った以上に燃えてるわね……ちょっと協力しちゃおうかな♪)


まこ(あれ?わしの席は?)



~回想終了~


838 名前:名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/12(木) 03:00:01 ID:jMvk+7Xv
久「って訳なのよ」
京「はぁ……」
咲「恥ずかしいよぅ…………にゃん」
京「なんか語尾の付け方がおかしい気もするが……でも意外と似合ってるんじゃないか?」
咲「え?」
京「うん、いいよ咲。いい……可愛いぞ!」
咲「ど、どうしたの京ちゃん。なんか目が怖いよ……にゃん」
京「いやぁ、俺は自分でも気付かなかったがネコ耳属性があったらしい……新しい自分に気付かせてくれてありがとよ、咲」
咲「よ、よく分からないけど……そっか、京ちゃんが似合うって言ってくれるならいいかな///」
和「…………チッ」
優「の、のどちゃん?」
和「部長。今日の部活は終わりにしましょう。もう遅いですし」
京「え?で、でも俺来たばっかり……」
和「なんですか?須賀君はさらに遅い時間に女子を帰らせようって言うんですか?」
京「い、いえ、終わりでいいです、はい」
久「じゃ、じゃあ今日は解散しましょうか!」
和「宮永さん、一緒に帰りま」
咲「京ちゃん、一緒に帰らないにゃあ?」
京「んぁ?……あー、そうだな。外も暗いし、一緒に帰るか」
咲「うんにゃあ!」
京「……で、お前はいつまでそれを続けるんだよ?」
咲「あ///(だって京ちゃんが可愛いって言ってくれたし///)」
京「ほら、帰ろうぜ。じゃ、お先っす~」
咲「お疲れ様でしたー!」


和「…………」
優「の、のどちゃん!ほら、一緒に帰ろうじぇ!」
和「ソウデスネ」


久「……いや~、思った以上に荒れたわね……」
まこ「そうじゃのぅ」
久「……帰ろうか」
まこ「うむ……」

名前:
コメント: