玄「…私のおもちを大きくする?」

京太郎「そうです」

玄「何で?」

京太郎「大きいからです。どうせなら、もっと大きくしてあげたいからです」

玄「私のってそんなに大きいかな?」

京太郎「大きいですよ!」

玄「身近過ぎて、あんまり意識してなかったよ」

京太郎「灯台もと暗しってやつですか」

玄「ナルシストっぽくて嫌だから、無意識のうちに避けてたのかも」

京太郎「…確かにそれは嫌な絵面ですね」

玄「それに、人のものだからこそ欲しくなるのが人情だと思うよ?」

京太郎「そうかもしれません。ですが、折角ならそのご立派なものを育ててみようとは思いませんか?」

玄「育てるって…私の成長期はもう終わってるよ?」

京太郎「成長期って…玄さんあなた、身長はせいぜい150とちょっとじゃないですか!」

玄「…背がそれなりにあるからって、それは失礼じゃないかな?」

京太郎「確かに失礼ですけど、成長期が終わっただなんて言うのもまた失礼だと思いますよ」

玄「どうして?」

京太郎「俺の知り合いに二人…いや三人ほど八つ橋レベルのおもちがいましてね」

玄「可哀想な子達だね」

京太郎「でもその子達は、自分達のおもちがまだ成長できると信じています」

京太郎「だから今日も豊胸に励んでいるんです。可能性を捨てていないんです」

玄「…そうなんだ」

京太郎「玄さん。あなたももう少し、自分の可能性に賭けてみても良いんじゃないですか?」



玄「…私も、もう少しセクシーな体形になれるのかな?」

京太郎「なれますとも!」

玄「私のおもちを大きくするの、手伝ってくれる?」

京太郎「いいですとも!」

松実玄と須賀京太郎。二人のおもち育成は、こうして始まったのだ――――。

カン!